カテゴリー「懐かしのアメトラ(Ivy fashion)」の12件の記事

2017年1月14日 (土)

80's Vtg Jacket(80年代のビンテージ衣料)

前回、80年代のラルフローレンに原点回帰していると書いたが、どうやら80年代のスタイルはアメリカでも注目されているらしい。米国サイトのオークションを覘くとラルフをはじめ程度の良いアメトラものはかなり高値で取引されているようだ。

件のオークションでブルックスブラザーズのビンテージジャケットを発見。ラルフより値段は安いが品質は上らしく思い切って落札した。クリスマスの影響による遅配はあったが先週無事当着したので、今回は届きたての古着を紹介しようと思う。

1.カスタムグレードのジャケット

02

生地は定番のヘリンボーン。杉綾模様が目立たずソフトに見えるがゴツイ手触りは如何にも昔のツィードだ。ゴージラインをみると手縫いのはしご掛けで上襟と下襟を繋いでいるように見える。どうやらただのオウンメイクではなくカスタムグレードらしい…。

続きを読む "80's Vtg Jacket(80年代のビンテージ衣料)" »

2017年1月 7日 (土)

80's Ralph Lauren(80年代のポロ:その1)

人間はどうも年齢を重ねてくると一番影響を受けたものに回帰するらしい。日本のアイビーファッションからアメリカントラッドの世界へ、そして英国仕立て、特にビスポークの世界へと導いてくれたラルフローレンに改めて興味が戻っている。

とはいえ最近の製品に食指が動くはずもなく、それより黄金時代と言われるラルフローレン80年代の製品を探し続けている。そこで今回はアメリカから届いたばかりのヴィンテージジャケットを中心にラルフ流コーディネイトを考えてみたい。

1.80年代のツィードジャケット

07

やや大ぶりなラペル、ゴージラインが肩線より下がり気味なところが80年代を感じさせる。シャツとネクタイは90年代初期のラルフ、チーフは大昔のKentだ。地厚でしっかりとしたツィード生地こそラルフローレンの世界、最近のものとは一線を画す雰囲気がある。

続きを読む "80's Ralph Lauren(80年代のポロ:その1)" »

2015年7月11日 (土)

Pullover shirts(半袖のシャツ)

プルオーバーのボタンダウン。アイビー好きならば一度は袖を通したことがあるのではないだろうか。特に半袖のバティックプリントやアロハシャツ風のプルオーバーは夏になるとよく着たものだった。当時は国産、それもVANのものが憧れだったが、よく似たものでも満足して着ていた。

嬉しいことに最近のプレッピースタイル復活にともない、本家アメリカの老舗ブルックスブラザーズもプルオーバーを再販している。長袖から始まり半袖に拡大、今年は何とクレイジーパターンまで出すほどだ。そこで今回は急遽手に入れた半袖のプルオーバーを中心に着こなしを楽しもうと思う。

1.ブルックスのUS製半袖プルオーバー

01

メイドインUSA、本国サイトではポップオーバーと呼んでいるようだ。胸の刺繍は大き目だが最新のシャツでは小さくなっている。楽に脱ぎ着できるようゆったりサイズが基本だが、最近の傾向か、スリムフィットに仕上がっている。敢えてタイドアップ用にマドラスタイを並べてみた。

続きを読む "Pullover shirts(半袖のシャツ)" »

2012年12月 1日 (土)

Made in U.S.A.(アメリカ製品)

テイク・アイビーという本をお持ちだろうか。 アイビーから服飾の世界を知ったにもかかわらず、恥ずかしながら持っていなかったので、アメリカで出版されたものをアマゾンを通じてようやく手に入れた。残念ながら日本語で書かれていないので楽しみながら読むという感じはしないが、昔憧れた本物のアイビールックが載っていて時が経つのを忘れて眺めた。大学名の入ったパーカやボタンダウンシャツの裾出し、あるいはペニーローファーの裸足履きなど、今見ても新鮮だ。

アイビーに感化された頃はアメリカ製品など知る由もなく国産品が全てだった。ところが1975年に「MADE IN U.S.A.」という本が出されると本物に夢中になっていく。音楽好きだったこともあり、ギターや弦、アンプにエフェクターなど全てをアメリカ製品で揃えた。服装もアイビーからジーンズやウェスタン物、ファーラーやトップサイダーと流行を追いかけていったが、その頃も今もずっとアメリカ製品に対する一種の憧れがある。そこで今回は久しぶりに購入したMADE IN U.S.A.の逸品を中心に昔から今を振り返ってみようと思う。

1.テイクアイビー

12b

アメリカ東部に位置する屈指の名門私立大学8校からなる連盟をアイビーリーグと呼び、アメリカのエスタブリッシュメントを構成する基となっているとのこと。1950~1960年代、当時の学生が好んで着ていたファッションをアイビールックとしてヴァンジャケットを中心としたメイカーが紹介し日本に定着させたのは有名な話。この本がアメリカで出版されると日本が作ったアイビー・ルックが逆上陸したと話題になった。3つボタンブレザーとボタンダウンシャツ、コットンパンツとペニーローファーは今も象徴的なアイテムだ。

もう少し詳しくアイビーについて触れてみたい…

続きを読む "Made in U.S.A.(アメリカ製品)" »

2012年6月16日 (土)

Repp tie

アイビールックが好きで昔はレジメンタルタイやクレストタイをよく揃えていた。当時は舶来物のネクタイを見ることもなく、専ら菱屋やジョージケントのトラッドタイを買い求めていた。もっともVANからブルックスブラザーズやJ.プレスを着るようになっても、縫製はダイドーやオンワードによるライセンス品で、舶来品を身に付けるようになったのはもっと後になってからのことだ。

やがて海外に行く度に記念の小物をということでネクタイを買うことが多くなった。ふと気がつくと昔は沢山あったはずの国産ネクタイはいつの間にか姿を消してしまい、今では外国製のものばかりになっている。最近再びトラッドスタイルをする機会が増え、アイビー調のネクタイを新たに買い足していることもあって、今回はその新しいネクタイを中心としたアイビールックを紹介してみようと思う。

1.ストライプタイ

09

トラッドな雰囲気抜群のストライプタイ。アメリカのオンラインショップを覗くとこの手のネクタイをrepp tieレップタイと紹介していることがある。だがこれはレジメンタルタイ(ストライプ)を指すのではなく、repp=畝のある織を指すとのこと。クラブタイのような雰囲気のあるネクタイは紫と緑という色の組み合わせが気に入って購入したもの。

もう少し詳しく着こなしを紹介してみたい…

続きを読む "Repp tie" »

2012年6月 2日 (土)

Indisposable pairs(思い出の靴:#2)

若い頃はアイビーやトラッド、ラギットやプレッピーなどアメリカの服飾文化が一番のお気に入りだった。一時期はカントリー&ウェスタンに傾倒し、カウボーイスタイルに憧れたこともある。80年代に入りヨーロッパをちょくちょく訪れるようになると徐々にイギリスやフランス、イタリアの服飾に興味も広がるようになったが、それでもワードローブはまだまだアメリカのものが中心、、メイドインUSAのものを探し出しては買い求めていた。

やがて英連邦加盟国に駐在したり、イタリア在住の知人を訪れたりするようになるとアメリカ中心のワードローブもぐっと変わり、誂えやヨーロッパのものがその中心になっていった。初めてグッチのビットローファーを買ったのもちょうどこの頃だ。ところが最近アメリカの製造業が復活を遂げつつあるようで、再びメイドインUSA に興味が出てきている。そこで今回は「思い出の靴」の続編として、1990年代の靴達を当時の様子を交えながら紹介したい。

1.コンバースのハイカット(その2)

02_3

ウェストサイドストーリーや理由なき反抗といった映画のタイトルが思い浮かぶコンバースのハイカット。日本のように靴を脱ぎ履きする国ではなかなか定着しにくいデザインだが、今履いても新鮮な印象がある。メイドインUSAのものは当時よりも高い値段で売られているようでオリジナルに拘りを持つ人も多いのだろう。ピッティに集まるファッション関係者も履いている写真が載っていたが、コンバースハイカットはいつの時代も変わることのないスニーカーの定番になっている。

続きをもう少し詳しく紹介してみたい…

続きを読む "Indisposable pairs(思い出の靴:#2)" »

2012年5月 5日 (土)

Indisposable pairs(思い出の靴:#1)

Disposableという言葉には「使用された後に処分できるもの」という意味があるそうだ。それではと反意語Indisposableを調べてみるとSomething that one cannot do withoutと書かれている。その意味は「欠かすことのできないもの」といったニュアンスに近い感じだろうか。週末を利用して屋根裏部屋やクローゼットの奥を整理すると懐かしく未だに欠かすことのできない思い出の品々(Indisposables)があれこれ出てきた。

今まで何回か紹介してきたが、22年間でずいぶん増えたオウンメイクのブルックス製ボタンダウンシャツ。1980年代終わりからお気に入りだったブランド、ポロ・ラルフローレンのUSメイドポロシャツ、インポートカジュアルがブームだった頃の懐かしいアメリカンモカシンなど、このままお蔵入りする前にもう一度愛用してみたい物が沢山ある。そこで今回は久しぶりに出てきた古いスニーカーや懐かしの靴達を復活させる試みの第1回をコーディネイトを交えて紹介しようと思う。

1.The Revival of the indisposables(思い出の靴の復活)

00

この春夏に復活させようと思っている靴達。US製のコンバース達やラルフローレンの広告で影響を受けたキャンバススニーカー、夏の定番デッキシューズやハンドソーンモカシンなど。他にもまだまだあるがどれも処分するには惜しく、もう一役活躍できそうなコンディションのものもある。ビットのデッキシューズ以外は全てUSブランドで、如何にアメリカンカジュアルに傾倒していたかが分かるというもの。

もう少し詳しく靴達を紹介してみたい…

続きを読む "Indisposable pairs(思い出の靴:#1)" »

2011年11月13日 (日)

現行品か復刻版か

以前も書いたがジム通いと早朝のランニングを欠かさず行ってきたせいか、だいぶ体質改善が進んだ。その代わりに手持ちの服は今までのフィッティングでは合わないものが多く出てきている。特にシャツは身体に直接身につける機会が多いこともあって気になることが多い。体の中で肩や首回りは体重の変化を受けにくい部分と言われているが、肉の付き方が変わるせいだろうか、肩幅は殆ど変わらないが肩の厚みが変わってくる。勿論首周りも例外ではなく、ハーフインチ程小さくなってきた。

昔からお気に入りだったブルックスブラザーズのポロカラーシャツ(以下BDシャツ)だが、余裕のあり過ぎる身幅が気になって途中からスリムフィットを選んでいた。特にオーダーシャツやタイトフィットのイタリア製既成シャツを着るようになるとジャケットの中でもたつく感じが気になって、ブルックスのBDシャツとは段々疎遠になっていた。ところが先日都心のデパートで昔風の前立て6ボタン復刻版で身頃がエクストラスリムフィットというブルックスUS製BDシャツを試着したところあまりのフィット感の良さに驚いた。その場で買い求めたのは言うまでもない。そこで今回はBDシャツの元祖ブルックスブラザーズによるカスタムフィット並みの復刻版シャツを紹介しようと思う。

1.トラディショナルフィットとエクストラスリムフィット

00

左は1990年代半ばのオリジナルポロカラーのトラディショナルフィットでデッドストック、右がデパート別注による復刻版のエクストラスリムフィット。生地は90年代のものの方がややコシがあるようだ。肝心のポロカラーはどちらも同じ作り。ノースカロライナ州に工場を持ちブルックスブラザーズ社の傘下であるガーランドというシャツメイカー製だ。洗濯機に入れて自宅で洗いを繰り返しよれた感じを出すにはブラックフリースもののようにもう少し打ち込みの厚い生地が欲しいところだ。

もう少し詳しく両者を比較してみたい…

続きを読む "現行品か復刻版か" »

2011年5月13日 (金)

ゴールデンフリース

ゴールデンフリースとはギリシャ神話に登場する黄金の有翼羊のことだが、アメリカ最古の衣料品店ブルックスブラザーズでは最高級品に与えられる称号、タグにはGOLDEN FLEECEの文字とリボンでつるされた羊が織り込まれている。その絵柄は昔織物業界が使っていたものが起源とされ、ゴールデンフリースという勲位の象徴でもあったとのこと。正にトップランクの商品に相応しい図案ということになる。

ブルックスのサイトによると最新のゴールデンフリースのスーツやジャケットはフルキャンバスの胸部や上質なボタンに手縫いのボタンホール、高級裏地が使用されており、職人による手仕事を多用した仕立てが快適な着心地をもたらすと紹介されている。そこで今回は今から20年ほど前にゴールデンフリースのタグが付けられていたネイビーのブレザーを紹介しようと思う。

1.コーディネイト

00

写真のブレザーはブルックスブラザーズの中では新しいスタイルに属する2つボタンのもの。同じゴールデンフリースのレーベルでⅠ型サックタイプのものも展開されていて迷ったがダーツ入りの方を選んだ。これにロイヤルオックス地のブルーピンストライプポロカラーとナンバーⅠストライプタイ、グレンチェックのパンツを合わせ、最後に茶靴を持ってきた。

もう少し詳しくブルックスのブレザーを紹介してみたい…

続きを読む "ゴールデンフリース" »

2011年5月10日 (火)

アメリカントラディショナル

ブルックスブラザーズのOWN MAKEと呼ばれる自社工場製最上級ラインがあることを知ったのは1980年代,の雑誌ポパイだったと思う。その後1990年に初めてニューヨークはマディソンAvの本店を訪れた頃は既に自社工場は閉鎖、最上級ラインは自社工場からサウスウィックやマーティングリンフィールといった高級手縫い既製服メーカーに替わっていたようだ。店内を見回して質のよさそうなスーツやジャケットを手に取ってみるとMAKERSの文字が織り込まれたタグが付けられている。それが最上級ラインだった。

最近久しぶりにMAKERSのタグが付けられたスーツを出してみた。自社工場製ではなく、ボタンホールはかつてのように手縫いではないが、それでも手仕事の跡が見て取れる。胴に絞りが殆ど入らないアメリカントラッドのスタイルは日頃絞りの入った服を着慣れているせいか、かえって新鮮に映る。そこで今回はブルックスブラザーズの最上級ライン、MAKERSのスーツを紹介してみようと思う。

1.Coordinate(コーディネイト)

00

グレンチェックの素材は英国製の生地で、赤のペインが切られたミディアムウェイトのもの。ハーフラインドだが、1960年代のアメリカ製ヴィンテージジャケットを見ると地の厚いツィード素材でも殆どが背抜き仕上げとなっている。背抜きの方が手間のかかる高級な作りということで、そこに拘っているのかもしれない。合わせたシャツとタイは約束通りボタンダウンシャツとストライプタイ。靴は黒と茶のブローグを用意してみた。20年以上前のスーツだがⅠ型のディテールは今も昔も変わらない。

もう少し詳しくI型トラッドのスーツを見てみたい…

続きを読む "アメリカントラディショナル" »

より以前の記事一覧