最近のトラックバック

« Shoelace swap(靴紐の交換) | トップページ | Custom boots again(クレバリー2足目の長靴) »

2017年11月11日 (土)

Mountain Parka(アウトドアギアを着る)

ブログとインスタグラムの違いはインスタグラムが双方向のやり取りをリアルタイムでじで共有できることだろう。ブログは発信できる情報量が多いもののこちらの意図に対する返答や情報の共有という手段において限界にきている気がする。

今回の特集はインスタグラマーの@pmnt_87さんとその繋がり@tommys1879さんがポスト(掲載)していたマウンテンパーカの着こなしに影響を受けている。見知らぬ3人だがアメリカンアウトドアの着こなしを愛する者として見て頂ければ幸いだ。

1.マウンテンパーカの神髄

00

マウンテンパーカと言えばアメリカンアウトドアの愛好者には必須アイテム。インスタグラムではデニムではないチノパンと合わせることに拘っていたようなので、ここでは@pmnt_87さん同様ラルフのエンブロイダリーパンツを合わせている。

2.マウンテンパーカの元祖

01

マウンテンパーカの元祖はシェラデザインズ。写真は既に20年以上も前の購入品だが当時はアメリカ製品が次々とアジア製にシフトしていった頃…Made in USAをかたくなに変えなかったシェラデザインズに感激したことを覚えている。

3.60/40クロスの効用

02_2

60/40クロスとは縦糸にナイロンを横糸にコットンを配した生地の事で、雨などに遭って生地が濡れるとコットンが水分を含み膨張することで目地が塞がり、防水・保温効果が上がるという優れもの…勿論シェラデザインのオリジナルとのこと。

4.コーディネート

03

アメリカンアウトドアらしくポケットの多さが特徴のマウンテンパーカ。シャツはブルックスのオウン・メイク、ニットヴェストとマフラーが英国製、パンツ同様ベルトはポロラルフローレンと、お気に入りのアイテムでコーデするとこうなる…という見本だ。

5.ツィードトートバッグ

04

アウトドアスタイルと言えば元祖はL.L.Beanのキャンバストート。多くの人がL.L.Beanのトートバッグにはお世話になったことだろう。但し秋冬には少々寒々しいのでここはツィードのトートバッグにチェンジ。ハリスツィードの質感が堪らない。

6.オロラセットのアイリッシュセッター

05

モックトウではないプレーントゥスタイルが好きなのでオロラセットのレザーで復刻した時は迷わず購入した。ちょくちょく出かけては傷だらけになるが、以前紹介したように 時々手入れをしながら履いているお蔭で良い面構えになってきた。

7.ラグソックスを履く

06a

アウトドアに欠かせないのがラグソックス。ここではウールとコットンの混紡ラグソックスを紹介してみた。色はアイボリーからグレーの履き口付近。赤いラインが特徴のものでれっきとしたメイドインUSA、ポロラルフローレンのものだ。

8.プレーントゥに履き替える

07

レッドウィングをオールデンのプレーントウ"Dover"に交換。アメリカンアウトドアスタイルにドレスシューズを履くならやはりオールデンが筆頭か。誕生月ということでアメリカから運んできて貰った靴を合わせてみた。

9.首回りのこだわり

09

先に紹介したブルックスはオウンメイクのBDシャツ。バックボタンにロッカーループという知る人ぞ知るディテールにすこぶる弱いだけに生産終了は非常に残念だ。一方のヴィンテージマフラーも所々虫が喰った跡があるが色の配色が堪らない。

10.スリップオーバーを挟む

10

プレーンなヴェストを英国ではスリップオーバーと呼ぶらしいこちらはヴィンテージの英国製カシミアヴエスト。アメリカンなマウンテンパーカの着こなだが英国製小物がしっくりくる。もう少し寒くなるとヴェストからセーターやカーディガンが活躍しそうだ。

11.マックジョージとバーバリーのWネーム

11

父親の形見でもあるこのヴェスト…40年以上前のものだろう。タグの字体やスコットランドの老舗ニットメイカーマックジョージが載っているところなど如何にも古そうだ。物としては今でも十分暖かく、父の遺したものを息子に譲ることさえできそうだ。

色々な情報を発信することで反応が短期間に返ってくるインスタグラム。利用者は増え続け、インスタ映えという言葉さえ出てきている。一回に投稿できる写真も10枚、キャプションや動画、音楽まで添付できるとなれば機能はブログ以上だろう。

それにしてもインスタで拝見した@pmnt_87さんや@tommys1879さんのポスト(投稿)はとても楽しかった。同じアイテムを違う視点で着こなすことを教えてくれたお蔭で今回のブログ記事作成にも大きなヒントになったことは言うまでもない。

« Shoelace swap(靴紐の交換) | トップページ | Custom boots again(クレバリー2足目の長靴) »

アウトドア(Outdoor)」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
いやあ、大変興味深く拝見いたしました。
なつかしく、しかし新鮮なコーディネートです。

さて今夜は、シエラデザインズならず40年以上前のTNF、マックジョージならずプリングルを引っ張り出し。首元はカシミヤスカーフ、足元はダナーで寒気を避け出掛けるとしますか?

Tony様

休み明けのコメントを有難うございます。

ノースフェイスにプリングル、ダナーの足元…素敵すぎます。
メンクラ時代の男性はスーツスタイルだけでなくアウトドアやカジュアルにも一家言ある方ばかり…トラッドマンとして伊達に色々なことを少ない情報から学んできているのではないということがよくわかります。
実は昨日シェラデザインズを着て近所に出かけたのですが、機能的な作りに感動しました。やはり良いものは時を超えて良いということが分かります(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Shoelace swap(靴紐の交換) | トップページ | Custom boots again(クレバリー2足目の長靴) »