« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月26日 (土)

Unlined Loafer(至高の履き心地)

以前好きで履いていたジョンロブのローファー、Ashley(以下アシュリー)がここで役目を終えた。面長のヴァンプ、モダンなスクェアトウ、アンラインドの柔らかな履き心地に魅了され、一時期は毎日履いていたのだから傷みが早かったのも頷ける。

ところが、ひょんなことからアメリカで色違いのアシュリーを発見。しかも新古品ということで値段は破格の設定になっている。となれば買わない手はない。そこで今回は届いたばかりの2代目アシュリーをプレケアを交えながら紹介してみようと思う。

1.黄色い箱時代のジョンロブ

00_2

初代の茶色い箱から黄色い箱に替わったのが2007年頃…届いた靴の革はミュージアムカーフのようなのでそれほど昔の製造ではなさそうだ。因みに現在箱の色は赤になっている。箱を開けて中を見ると革の表面が乾いている印象を受けた。

続きを読む "Unlined Loafer(至高の履き心地)" »

2017年8月19日 (土)

John Lobb(キングオブシューズ):前編

この夏は2週間の海外旅行を組んでみた。行先は4年ぶりの英国…4年前のパリ長期滞在中1泊2日でロンドンに泊まって以来だが、今回はロンドンも含め全てが英国内に長期滞在する予定なので今までやれなかったことができる絶好の機会だ。

中でも大きな目的の一つがジョンロブロンドンの訪問。誂える予定はないが懇意の靴職人が移籍したと聞いたら表敬訪問するしかない。そこで今回は千歳一隅のチャンスを生かしてジョンロブロンドンを訪問した様子を前後編に分けて紹介しようと思う。

1.ジョンロブのスペクテイター

00_3

最もジョンロブらしいスペクテイター。Aフラッサーによればジョンロブが1868年頃にクリケット観戦者の為に茶白のコンビを作ったのが始まりらしい。白の部分はバックスキンだが白さを保つチョークの粉によってヌバックのような風合い変わっている。

続きを読む "John Lobb(キングオブシューズ):前編" »

2017年8月12日 (土)

On Instagram(靴の投稿写真)

インスタグラムを開始してから既に2年以上が経過。このところペースは落ち続けているがそれでも当ブログ同様、気の向いた時に投稿している。最近は#burzanhandsというタグを付けて手に持った状態で靴を撮影、投稿するのが流行っているようだ。

世界中の靴好きが自慢の靴を手に取り撮影、投稿するのだから今まで以上に輪が広がるのは当然の事。実際新たな靴仲間に出会えたことを実感する。そこで今回は趣向を凝らしながら撮影した写真の中からベストなものを紹介しようと思う。

1.ライニングの色にこだわる(その1)

00

今までと違う靴のアングルは新鮮だったのか、インスタグラムの中でもポピュラーな構図になってきている。そこで日頃見え難い靴のライニングを紹介する良い機会と、クレバリーのローファーに配したグリーンのライニングを投稿してみた。

続きを読む "On Instagram(靴の投稿写真)" »

2017年8月 5日 (土)

Daily feet(毎日の足元)

日々の足元を撮影しておくと忘備録代わりになる…ということをインスタグラムで知ってから随分経つ。「いつ、何を履いたか載せてくと靴のローテーションや過去のコーデが分かって便利…」という女性のアカウントには毎日の様子が丁寧に記録されている。

自分も真似するようになったが毎日とはいかないまでも普段とは違うアングルから靴を撮影することでつま先の減りや靴の革の状態、パンツとの相性などが客観的に分かる。そこで今回は最近撮り貯めておいた「毎日の足元」を紹介してみようと思う。

1.久々にウールのスーツを着る

03

クールビズ姿ばかりではスーツの着こなしを忘れそうになるが、先日は久々にスーツを纏った。選んだのは極上のデュプイ黒革を使ったコージスズキのアデレイドにタキザワシゲルのスーツという日本連合。仕事が上手くいったのは言うまでもない。

続きを読む "Daily feet(毎日の足元)" »

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »