最近のトラックバック

« Altaration to a jacket(古着を直す) | トップページ | Altaration to a jacket02(古着を直す:続編) »

2017年7月 8日 (土)

手元に残る40足(#12~#17英国靴編その3)

手元に残る40足、今回は英国靴の3回目になる。かって一大勢力を誇っていたエドワードグリーンはかなり整理が進んだ一方で、魅力的な靴を次々とリリースするクロケット&ジョーンズが徐々に増殖し、今や一番の大所帯となっている。

初めてロンドンを訪れたのが1991年。今はなきバーリントンアーケードのBERKで購入したスエードのセミブローグも既に26年が経ち、リタイアも遠くないはず。そこで今回は別注王クロケットの中から手元に残る靴を厳選してみようと思う。

1.手持ちのクロケット&ジョーンズ

00_2

知らぬ間にか13足に増えていたクロケット。殆どはショップ別注かWネーム、自社ネームは僅か2足しかない。別注王という名が相応しいのも納得だ。中でもラルフローレン別注が最多の4足、しかも今後ラルフ別注品が更に増える可能性さえある…

2.クロケットのコードバンシリーズ

01_2

クロケット&ジョーンズはホーウィン社のシェルコードバンを使った靴をコレクションに加えている。ラルフの別注が更に火を点けたのだろう、このところ果敢に新作をリリースしてくる。写真は中央右のローファー以外全てラルフ別注品だ。

3.手元に残る40足:#12…不朽の名作マーロゥ

03_2

クロケットで言えばカーディガンやペンブロークと同じ外羽根式のウィングチップだが、ラスト選びや革使いや仕上げなどラルフローレンらしい拘りが感じられる名作だ。恐らくクロケットジョーンズ製の靴の中で最も売れた靴ではないだろうか。

4.手元に残る40足:#13…通好みのコードバンギリー

02_2

ラルフ別注のローフォードはギリー+コードバンという英米ハイブリッドが功を奏し、英国調でも米国流にもよく合う。このギリーをウィスキーコードバンでMTOしてみたいがスタートが650£でコードバンだとアップチャージもかなりになるだろう。

5.手元に残る40足:#14…プレッピーなリボンローファー

04_2

リボンベルトをあしらったラルフ別注のローファーの名はRHETT。鮮やかなグリーンラインが足元をポップにしてくれる。ブルーやレッド、オレンジのリボンが付いたバージョンもあり、気が付くと全て欲しい蒐集癖がまたぞろ出て来てしまうのが難点だ。

7.つま先の修理を終えたマーロゥを履く

11

今や1350$と高価なマーロゥ。数年前のセール時に680$で買ったのが嘘のようだ。アッパーには皺がでているもののソールのつま先を綺麗に整えたので見た目はすっきり。「靴の印象はつま先で決まる」というのは嘘でないことが分かる。

8.大き目のローファーを履く

08_2

ハーフサイズ大き目のローファーだが中敷なしでも脱げないのは剛性感が高いからか…シングルソールではあるがジョンロブやエドワードグリーンよりも厚いソールは返りが悪くつま先が減りやすい。万全ではないがメタルプレートはマストだろう。

9.手元に残る40足:#15…フォーマルな靴

07_2

最近は夜会に出席という生活も減り、タキシードを着る機会も中々ないが、いざという時の為に残したいのがオペラパンプス。パテントレザーの方がよりフォーマルらしいがSHIPSとのWネームとなるカーフバージョンも控えめで悪くない。

10.手元に残る40足:#16…茶白のスペクテイター

05_2

本来はホワイトバックス(マット)とカーフ(光沢)のコントラストが魅力のスペクテイターだがこの靴ではホワイトカーフを使用している。映画ギャツビーとのコラボ靴でアンラインドの柔らか仕上げかつ細身のDウィズという別注感が盛り沢山な1足だ。

11.手元に残る40足:#17…復刻版ロシアングレイン

06

ベーカー社と共同開発して幻のロシアンカーフを現代に蘇らせた「ロシアングレイン」の外羽根キャップトゥ。ひし形のシボがもう少し大きいと更に雰囲気が出るだろう。国内では12万円とコードバン並みの価格…クロケットでは破格だろう。

12.カントリーサイドで履く

10

春の信州で履き下ろし。リッジウェイソールは野道でも路面を捕えて安定感がある。革底だとそうはいかないだろう。英国風にモールスキンのパンツと合わせるのも良いが、田舎ではついアメリカンなRRLジーンズを選んでしまう。

気が付くと手元に残る40足の靴のうち、英国靴だけで半数近くある。これでもクロケットからのチョイスは厳選したがまだ伊仏米の靴が残っている。夢は10足の靴を上手に履いてお洒落を楽しみたいが断舎利は一筋縄ではいかない。

この夏は久しぶりに車で英国を旅行する。物欲は減ったが「旅の記念に」…とまた服や靴を買いそうな気もする。 友人からは「形に残らないものにお金を使え」とのこと。素敵なホテルや食事、快適な旅にという忠告を忘れないようにしたい。

« Altaration to a jacket(古着を直す) | トップページ | Altaration to a jacket02(古着を直す:続編) »

靴(Readymade shoes)」カテゴリの記事

コメント

ほとんどの靴に見覚えがあります。緑色のbuckleローファー大好きな靴です。ギリーにもたくさん思い出あります。

浦野様

お休みのところコメントを有難う御座います。

もうこれ以上は増えないようにと思い、今ある靴をどれだけ残すか…がテーマですので全てご存知の靴はばかりかと思います。

8月は英国に行きますので、靴を買わないようにと自制心をもって過ごしたいものです。

ブログの方も夏休みを取らせていただきます。

いつもながらに溜息の出るコレクションですね!
やはり洋服の源流はイギリスなんだなぁと改めて思いました。
八月の渡英の相棒も気になります(笑)

オペラパンプスが入っているところが「いざ鎌倉へ」のような気概を感じます・・・。
備えがあることが自信につながるといわれたのを思い出しました(汗)

管理人様お好みのグリーン。もちろんですがこのような素敵な靴は持ち合わせておりません。しかし最近私もグリーンが好きになってしまいまして、先月長崎市でJPの夏用のWリングのリボンベルト配色は緑、と申しましてももう少しくすんだ緑にえんじ色、紺、ゴールド白と多くの色を使った奴と、紺ゴールド、白の配色2本購入したしだいです。

えいでん様

お休みのところをコメント有難う御座います。

オペラパンプスは中々出番がありませんが、おっしゃるとおり備えあれば憂いなし…ですのでいちおうキープ(´ω`)でしょうか。後は使用頻度や今後の嗜好を考えてのチョイスです。

そうそう、夏の英国旅行の時履いて行く靴をどうするか…悩み中です。いっそフランス靴にしようかと。何しろ天邪鬼ですのでಠ_ಠ

浦野様

リボンベルトを2色買いですか…良いですね〜私も追加で買いたいのですが中々良いのがなくて…。このあたりはアメリカのブランドが一番ですね。

ラルフかブルックスかJプレスか…どこから覗こうか迷います。

その3のブランドどれを選んでも間違いないですよ。夏物パンツを買い増ししたいのですが御存じのように今ではインタックはパターンオーダーでしかなくてそれに三万円以上すると手が出ません。手持ちが6本あるので今のところ?

浦野様

インタックの方がニュートラッドな感じで良いのに何でかアウトタックばかりですね。縫製上の問題があるのかもしれませんね。

ちなみに今日はラルフのリボンベルトをしています。それと、一応BB、JP、RLのどれも1本ずつリボンベルトを持っていました…でも色物は何色も欲しくなりますね。

それに致しましても👞のレベルが高い!その一言しかこのスレッド、いやブログの質を表現するワードが見当たりません。決して、よいっしょ!の提灯ワードではありませんが通常では日本製靴のあのブランドを1ダース持っていてRLや今は無きECCにブリコレを合計1ダース持っていれば一般では靴のお洒落者。と言われても通ります。と。一昨年から知り合いになった北陸は毎年9月始めに行われる風の○恋祭りの地元のRSのオーナー様と語り合った事を思い出しております。いつの日かEGには手が届かなくても履いてみたいなC&Jでした。

浦野様

靴は値段だけでなく作りや履き心地、あるいはデザインや素材など様々な要素が絡んできます。ルイヴィトン傘下のベルルッティは素晴らしい靴かもしれませんが、値段は遥かに抑え目でも質や履き心地、デザインなどで決して負けていない靴も多くあります。

もしその靴を10足豊富なバリエーションで揃えるのとベルルッティだけ4足揃えるのが同じ値段だったらベルルッティを2足にして、お値段抑えめなおかつベルルッティに負けていない靴を5足揃えるのが一番賢いような気がします。つまりグリーンやロブだけ集めるよりもクロケットやチャーチズなどを上手く混ぜて靴全体でワードローブを構成するのがベストではないかと思いました。

温かい返信。改めまして管理人様の心の広さ、見識の高さに心地良い『畏怖』を感じております。おしゃれに目覚めある程度探究していけば、いろんな情報に惑わされている事に気づかないでいる。そんな自分に、『且つ!日曜の朝、張本勲』さんではありませんが、厳しくも温かいお言葉に。クロコダイルの靴からコメントさせていただいてから今日まで身勝手すぎた私ですが今後とも書き込みさせて頂きますので!
司会の関○宏さんの奥様、アカシアの雨に濡れて、西田幸子さん。結婚なさってから、表に出ず○口宏さんを裏側から支える本当に賢いお方とお察しいたします!九州は日曜日は日晴れです日靴で丁寧に製造されたポロ、敢えてラルフローレンではなくてポロの👞を磨き上げます!

浦野様

恐縮するようなお言葉を有難う御座います。

最近はコンテンツをどうしたものかと悩みながらの更新ですので、見応えがないかもしれませんが出来る限りマイペースで続けられればと思っています。

それにしてもこのブログ、とっくに無料の容量をオーバーしていて有料なのですが、10年間続けると写真だけでもかなりの容量になっているんだろうなと想像しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Altaration to a jacket(古着を直す) | トップページ | Altaration to a jacket02(古着を直す:続編) »