最近のトラックバック

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月29日 (土)

Sartoria Napoletana(ナポリ仕立て)

前回はロンドンのテイラーが作るスーツを紹介した。立ち姿の美しいサビルロウスタイルのスーツは仕事の場において相手に対する信頼や安心感を無言のうちに醸し出してくれる。ここ一番という勝負所で常に、自らを奮い立たせてくれる武器でもある。

その対極にあるのがイタリアのサルト。中でもナポリのそれは手仕事による柔らかな仕立てで着ていることを忘れさせるほどだという。そこで今回はナポリのサルトが作るスーツをコーディネートを交えながら細部にわたって詳しく紹介してみようと思う。

1.アントニオ・ラ・ピニョッラのスーツ

02

ナポリの腕利きサルトアントニオ・ラ・ピニョッラ(以下ピニョッラ)のスーツ。僅かな期間日本に入ってきたピニョッラは仕立て服の技術で作り上げた既製服の決定版。ロープドショルダーから吸い付くような上襟にかけての美しいノボリが服好きを魅了する。

続きを読む "Sartoria Napoletana(ナポリ仕立て)" »

2017年7月22日 (土)

Savile Row(スーツの聖地:その1)

スーツをどこで仕立てるか…クラシコイタリア好きならばナポリが直ぐに思い浮かぶだろう。その昔、欧州(特にイギリスはロンドン)のテーラーに縫い子として修行に出たイタリア人がその技術を持ち帰り、今日のナポリ仕立ての礎を築いたという。

イタリアのサルト特有の甘い縫いからくる着心地の良さも魅力だが、スーツやジャケットの本命といえばサビルロウにとどめを指す。そこで今回から数回に渡り、立ち姿の美しさで世界中の紳士を魅了するサビルロウの仕立てを紹介してみようと思う。

1.段返りの3ツボタンスーツをサビルロウで誂える

00

サビルロウのテイラーに段返りの3つボタンスーツを頼んでも、決してブルックスのようなサックスーツにはならない。イングリッシュドレープの効いたジャケットと綺麗に落ちるトラウザーズで着る者を凛々しく見せる。それがサビルロウスタイルなのだ。

続きを読む "Savile Row(スーツの聖地:その1)" »

2017年7月15日 (土)

Altaration to a jacket02(古着を直す:続編)

既にスーツは買わない誂えないと決めているがジャケットは別だ…と度々書いているのにはわけがある。クールビズの登場でジャケットがビジネスの場で定着しつつあることも大きいが、休日着としてジーンズやチノパンなど幅広く使えるからだ。

ならばと以前から気になっていたヴィンテージジャケットを手に入れたことは既に紹介したが…問題は他人が着ていたものゆえ直しが必要だということだった。そこで今回は修理を終えて戻ってきたヴィンテージジャケットの続編を紹介してみようと思う。

1.ブルックスブラザーズの85年製スペシャルオーダー

00

ジャケットの袖を詰めた分ヒジの抜けが下に降りてきてシルエットが崩れがちな袖筒だが古着ならば直して着るのが当たり前。前回同様今回もクラブカラー(ラウンド襟)のシャツを合わせて古風な感じの組み合わせにトライしてみた。

続きを読む "Altaration to a jacket02(古着を直す:続編)" »

2017年7月 8日 (土)

手元に残る40足(#12~#17英国靴編その3)

手元に残る40足、今回は英国靴の3回目になる。かって一大勢力を誇っていたエドワードグリーンはかなり整理が進んだ一方で、魅力的な靴を次々とリリースするクロケット&ジョーンズが徐々に増殖し、今や一番の大所帯となっている。

初めてロンドンを訪れたのが1991年。今はなきバーリントンアーケードのBERKで購入したスエードのセミブローグも既に26年が経ち、リタイアも遠くないはず。そこで今回は別注王クロケットの中から手元に残る靴を厳選してみようと思う。

1.手持ちのクロケット&ジョーンズ

00_2

知らぬ間にか13足に増えていたクロケット。殆どはショップ別注かWネーム、自社ネームは僅か2足しかない。別注王という名が相応しいのも納得だ。中でもラルフローレン別注が最多の4足、しかも今後ラルフ別注品が更に増える可能性さえある…

続きを読む "手元に残る40足(#12~#17英国靴編その3)" »

2017年7月 1日 (土)

Altaration to a jacket(古着を直す)

海外のオークションサイトを通じて手に入れたヴィンテージジャケットをようやく直しに出した。店はいつものコーダ洋服工房。夏のセール前だから空いていて対応も良いだろう…と思ったら新しい受付が余りにも違う対応なので出すのを止めようとさえ思った。

それでも気を取り直して依頼…いつものように袖丈詰めをお願いしたら何やら「開き見せ仕様のジャケットの袖口に本切羽を付ける」という直しがあるらしい。そこで今回は新たな直しにトライ、仕上がったジャケットが届いたので紹介してみようと思う。

1.ラルフローレンの古着に本切羽を付ける

09_2

ラルフローレンがカスタムメイドを意識したパープルレーベルで本切羽仕様を採用したのが1994年。それまで袖口は開き見せでボタン穴のかがりさえないのが標準だった。出来映えもよく袖口を捲って手を洗う機会があるだけに助かる仕様だ。

続きを読む "Altaration to a jacket(古着を直す)" »

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »