最近のトラックバック

« Toe repair#02(つま先の修理その2) | トップページ | Altaration to a jacket(古着を直す) »

2017年6月24日 (土)

Collectionism (蒐集癖)

太古より男性は大切な狩猟道具を手元に抱え守ってきた習性が今もあって、蒐集癖が女性よりも多いらしい。バッグなど装飾品を多数持つように見えて女性は冷めているのに対して男性は蒐集し始めると夢中且つ際限なく集める傾向があるそうだ。

しかも蒐集するアイテムが非実用的なガラクタと見紛うものまで立派な対象になるとのこと。そんな話を聞いて我が身を振り返ると思い当たる節もある…そこで今回は知らず知らずのうちに集まっている物を中心に自身の蒐集癖をチェックしてみたい。

1.セルビッジデニムに拘る

00_3

いつの間にか集まっていたセルビッジ付デニム。元祖とお気に入りの両巨頭Levi'sとRRLだ。履きやすさでは最近の服に合わせた股上を設定したRRLだが、元祖リーバイスのオーラは侮れない。相方は凝りに凝ったフォスターの誂えブーツを用意した。

~ジーンズを集める~

2.アメリカのジーンズに拘る

01_2

ジーンズの元祖はアメリカ。やはり米国製に拘りたいが最近は日本産デニムをアメリカで縫製したりアメリカのデニムをトルコ縫うなどハイブリット化が進んでいる。写真はRRLとリーバイス(復刻版)。日本人好みの藍色というのも魅力の一つか。

3.イタリア製の美脚ジーンズを試す

10

勿論メイドインイタリーの美脚ジーンズ、ヤコブコーエンを試したこともある。シルエットは美しくフィット感も高い。クラシコ風ジャケットの相性も抜群だ。だが2本もあれば十分なのはなぜだろうか?…綺麗過ぎるのかジーンズは基本ラギットだからか…

4.アメリカ製のワークブーツに拘る

02

ラギットウエアとしてのジーンズを突き詰めると合わせる靴も適性価格で大量生産可能、加えてジーンズ同様メイドインUSAのワークブーツになる。写真はRRLのブーツ。同じブランドならばテイストはドンピシャの文句なし。ラギットアイビー一直線だ。

~ポロシャツを集める~

6.ポロシャツに拘る

03_2

ポロシャツは元祖ラコステにプレッピー愛用のラルフ、アメトラの雄ブルックスがお気に入りビッグ3ブランド。常にない色を買うといつの間にかポロシャツがうず高く積み重なってしまった。ラコステのワニに敬意を表してフランス製ワニ革のウェストンを用意。

7.生産国に拘る

04

ラコステならフランス製、ラルフローレンならアメリカ製(今は絶滅)ブルックスもアメリカ製(こちらも絶滅)に拘ってきた。流石のラコステは最近フランス製を復刻させた。アメリカ製のポロシャツは多分生産工場が消滅しているので難しいだろう。

8.旧製品に拘る

08_2

こちらは旧製品のフランス製ラコステ(以後フララコと呼ぶ)。復刻版のフララコもほぼ同じうだが旧製品ほど色の展開が少ないのが惜しい。旧製品は上から2段目と3段目のようにLACOSTEの前にCHEMISEがあるかないかなど細かな違いもある。

9.資料的価値に拘る

05_2

こちらは1990年代前半までのラルフローレン製ポロシャツ。全てメイドインUSAだが定番のポロネームからラルフネーム、珍しいオーセンティックラフウェアシリーズ、初期ロットの米国製RRLポロシャツなどラルフ好きには外せない資料的価値がある。

~ボタンダウンシャツを集める~

10.アメリカ製のボタンダウンシャツに拘る

06

アメトラにはたまらないポロカラー(以下BDと呼ぶ)シャツ。ここでは元祖ポロカラーの生みの親ブルックスのアメリカ製のみ積んでいる。靴はアメリカ製のシャツに合わせて同じアメリカ製のアンラインドローファー、言わずと知れたオールデン謹製だ。

11.BDシャツ本家のディテール

07

左は生産終了のブラックフリース製BD。前ボタンは7つだがロッカーループ付などデザイナーだったトムブラウンの拘りがある。一方右のシャツは襟後ろにもボタンが付き、前ボタンが6つなどアーカイブから出したディテールが満載のオウンメイク。

12.BDシャツに合わせるネクタイに拘る

09

BDシャツはクラブタイとブレザーに合わせてこそ引き立つもの。並べたのはラルフローレンとブルックスブラザーズ、それにポールスチュアートのNYトラッドトリオのもの。古いものはアメリカ製だが最近はどれもイタリア製に替わってしまった。

装飾品に限っても靴や鞄、時計やタイピンなど男の蒐集癖はとどまるところを知らない。ソックスといえども気に入ったブランドがあれば買い足していくことは珍しくもなく、レディメイドは勿論のこと特定のメゾンに誂え品を作らせ続けることもよくある。

昔集めたものは廃版や生産国を新興国に移したものも多いが、一方でRRLのように第1期から第2期へと受け継がれるものやラコステのように復刻する物もある。すると「男は単純な生き物」と言われるとおりまたぞろ蒐集癖が再稼働してしまうのだ。

« Toe repair#02(つま先の修理その2) | トップページ | Altaration to a jacket(古着を直す) »

スタイル(Style)」カテゴリの記事

コメント

素晴らしいコレクションの数々を拝見でき、うれしく思います!
確かにデニムは気が付くとユーロ圏のものよりもアメリカ、日本のものばかりになってしまう・・・お気持ちはすごくわかる気がします(笑)

USAニットは今だとフェルコやチャンピオンくらいしかないかもしれないですね・・・。

ひとつひとつのチョイスがいわゆる原点を追い求めているような・・・本当に勉強になります。

いつぞやか資料館ができるのではないかと思う圧巻のコレクションだと思います(笑)

今の九州は激しい雨です。収集癖。私も👚や👞以外にも大切にしております宝物があります。ジーンズこそ一本も持ってはおりませんが以前お話いたしましたようにポロシャツはポロシャツとT👕専用の箪笥に入れております。T👕だけは白一色、『描かれている文字や絵は一枚ずつ違いますが』です。私のポロシャツはキングオブローファーの横にあるのは所持しておりません。箪笥の上から順番にBB,JP,RLとなっております。どれも好きですがここ2~3年はよそ行き、詰まり福岡市へは必ず寄る今泉に敬意を表して一番上を着ております。先日RLの773ラストタッセのがリペア持ち込みとが完了したとの連絡ありました時は長崎市内唯一の浜屋百貨店のメンズフロアに立ち寄った時にはと、あるメイカーの社内報に27年前に登載されましたので敬意を持って二番目のゴルフクラブを着ました。今では殆どのメイカーも海外で縫製しておりますが、今、箪笥の中のポロシャツを全て見ましたらこのメイカーだけは一枚を除いて全てメイドインジャパンでした!話は変わりますが私の住んでおります。島原半島は以前1市16町ありまして合併で現在は島原市、雲仙市、南島原市。と3の市ですが以前は縫製工場が百を超えてありました。今では約、三割にまで減っております。この数字を見ても分かるようにいかに海外生産が多くなったのか分かりますね。

素晴らしいコレクションですね。

ファッションに興味のない方から見れば「そんなに必要?」と言われてしまいそうですが、服好きから見れば羨ましい限りです。

今回ご紹介して頂いたアイテムはアメカジに通じるものばかりですが、実は私もここ最近週末はブレザー、BDシャツ、ブルーデニム、オールデンといった教科書通りのようなアイビースタイルが多くなっております。
そしてなぜか、数年前まで夢中になっていたイタリアンブランドに対する関心が全然なくなってしまいました。男の収集癖もある時突然方向性が変わる時があるのかもしれません。


えいでん様

お休みのところコメントをいただき有難う御座います。

インスタでは中々紹介できないディープな内容をここでは紹介してみました…。それにしても、自分で言うのもなんですが色々なものが集まってしまってます。これからどうやって断捨離していこうか悩ましくもあります。

アメカジ、と言うよりアメリカのファッションに影響を受けたこともあってメイドインUSA教があればすぐにでも入りたい信者です。もちろんイタリアものも好きですし、英国の装いに敬意を持っていますが、ローファーといいプリーツなしのトラウザーズといい簡素化されつつも洒落感があるところが怠け者の自分にぴったりです。

ただ、集めすぎたものをどうするかは難問…何年か前友人とガレージセールを開いて処分したことがありました。また今度やってみようかな〜なんて考えてみたりしています(*^_^*)

浦野様

お休みのところコメントをいただき有難う御座います。

ポロシャツの数は私よりも浦野様の方が充実していそうですね〜チェストに3段、BB、JP、RLですので私の好物ばかり…つい覗きたい衝動にかられます。そんなに必要かと他の人に言われてもついいつの間にか集まっているんですよね〜好きなものは(*^_^*)

振り返れば、私が服飾に興味を示した頃はVANにしてもKENTにしても身に付ける服のほぼ全てが日本製でした。その後ブルックスやラルフが入ってきた頃から少しずつアメリカ製のものを見かけるようになりましたが日本製の確かなつくりは昔から変わりませんよね〜。きっと全国各地の縫製工場で作られたものが並んでいたんだろうな…なんて往時を振り返ってます。

初めての舶来ものはLeeのジーンズとトニーラマのウエスタンブーツ、ギブソンのエレキギターでしたから全てUSA、アメリカ製品信者一直線だったことがよく分かります。今回はフランス製のラコステも入ってますが今も基本はあまり変わっていません…人は変わってきているようで変わらない部分が意外と多いものだと再確認しました。

AI様

お休みのところコメントをいただき有難う御座います。

休日のAI様の装い、私の好みど真ん中で思わずやった…と叫んでしまいました。ブレザーにBD、デニムにオールデンのチョイスは完璧でそれぞれどんなアイテムなんだろうなどと妄想を巡らせています。今度お時間があるときにでもお教え下さいませ(*^_^*)

確かにこのところ私もイタリアものに食傷気味なようで、土曜はイタリアのジャケットを着てましたし、ラルフの最近のジャケットはイタリア製ですが、ピッティの洒落者のような華やかな装いより楽で快適でトラッドなアメカジがフィットします。

きっといつの間にかすっかり歳をとってしまったのかもですね〜。

ポロシャツは夏場には欠かせないアイテムであると確信いたしております。数年前在籍しておりましたATC九州支部時代はメンバーに合わせてハーフスリーブBDが多かったのも事実ですが退会してからはポロシャツ一辺倒です。BDなら着用したらクリーニング出すに出さなければならないし、その点ポロシャツは自宅で洗濯出来ると言うのが助かります。またここ数年ポロシャツの値段が以前と比べてリーズナブルになったのも購入意欲も増す原因でしょうか?特に今泉商品に関してはオンラインで購入出来るのも増殖?したんではなかろうかと思っております。今泉までは高速🚌で二時間三十分ですがそうそう行けるものではありません。jpは長崎市内でも購入は可能ですので。🐶は飼っておりませんがこのメイカーのbulldogは大きいのが三匹、カラーはピンク、ブリティッシュグリーン、『この2色は小倉井筒屋で購入』レッド、そして子犬のゴルフクラブは浜屋百貨店での購入です。今日は歯医者です。今日のポロシャツはローテーションから言ってJP赤と紺の二色のゴルフクラブです。

浦野様

きちんとローテを組んでのポロシャツ愛用、流石です。

半袖のBDだったり、白のポロシャツだったり…その日の気分に合わせて着てしまう我が身を振り返り、反省しているところです。

大好きなポロシャツを着ていく場所があるというのも良いもんですね〜。

そうなんですよ管理人様!親不知を抜歯してからはいつの間にか20年のお付き合いとなりました歯医者です。二代目の御子息も腕の良い歯科医さん。看護婦さんも優しくてテキパキしています。二週間に一度の診察にポロシャツと足元は管理人様の影響でカラフルなsocksを武装して通っております。次回7月10日はローテーションからRLなので無地のイエローカラー『ポニーは四色仕立て』socksはJPのライトグレーにつま先と穿き口に淡いピンクをあしらったのにいたします。正直誰も歯医者は好きでないかも?しかしこうしておっしゃれして行く場所があるのも還暦過ぎにはまた楽しみですね!

浦野様

確かに気の進まない歯医者も、お洒落していけば楽しいですし、看護師さんも美しい人ならばお洒落のし甲斐もさらに高まるかと思います。

何と言っても男性は看護師さんの姿に弱いですからね〜。

そうなんですよ川崎さん!では無く管理人様。『かなり古いギャグ、でもこのコンビは根っからのトラッドでしたよね!』ですから気が抜けません。治療後💻のdocumentからポロシャツを引き出して表の中の日付、ポロシャツ、ソックスをブランドと色を記入してから前回とダブらないようにしなければいけませんからねー。まー、一応在庫いっぱいは着る事は無いでしょうが?そして歯医者では当たり前の行為ですが診察前にコップを借りて歯を丁寧に磨いてから診察を受けます。

浦野様

私の歯医者は腕の立つおじいさんですが、アシスタントはいないのでいたって気楽に受診しています。

もし美しきドクターだったら間違いなく診察前に何度も歯磨きするでしょうね…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Toe repair#02(つま先の修理その2) | トップページ | Altaration to a jacket(古着を直す) »