最近のトラックバック

« A happy reunion(再会) | トップページ | Care for toe tips(つま先の修理) »

2017年5月20日 (土)

ウォータークリーニングの実力

服好きは気に入ったスーツをクリーニングに出すことをためらいがちだ。ドライクリーニングから戻ってきたときの独特の匂いや風合いのなくなってしまった生地、何より押しつぶされて返りのなくなったラペルにがっくりした経験があるからだ。

汗を含んだスーツをどうするか…その課題を解決すべく試行錯誤の上20年前に生まれたのがウォータークリーニングだった。そこで今回は元祖ナチュラルクリーンに出して戻ってきたばかりのスーツを中心にその実力を紹介しようと思う。

1.ナチュラルクリーン

01

宅配便で戻ってきたスーツ。写真のようにがっしりとしたハンガーに吊るされ、折り畳まずにそのまま配送される。ヤマト便だが荷物に対する心遣いは流石で、宅配会社の大変さが新聞を賑わす昨今、頭の下がる思いだ。

2.クリーニングの基本料金

03

今回出したのはフィレンツェのサルトG.セミナーラ製。柔らか仕立のスーツを巧みにプレスして仕上げる。基本料金は8,250円(税抜)。新宿のメンズ館を擁するデパート経由で依頼した。帽子はボルサリーノ、勿論これもクリーニング可能だ。

3.値段の違い

14_2

クリーニング店のスーツ1着750円から白洋舎の1,800円まで、市中のクリーニング店より割高なナチュラルクリーンだが、その理由は水洗いで生地を蘇らせ、縮みや型崩れを元に戻す工程の多さによるもの。手縫いスーツに相応しいのも頷ける。

4.綺麗なロールドラぺル

04

柔らかく返るラペルこそ仕立ての良いスーツの見せ場。ラペルがペタンとつぶれて戻ってくるクリーニング店が少なくない中。納品時よりもきれいなロールが出ているのに驚かされる。何でもナポリから有名な職人を呼んでプレスの指導も受けているそうだ。

5.ネクタイのクリーニング

12

ネクタイをクリーニングに出すと剣先が潰れがちだがナチュラルクリーンではふわっと仕上げてくれる。1,650円(税抜)と値段も中々だが大切なネクタイならば頼む価値はあろう。シャツはカルロリーバ使いのミコッチ、久々のイタリアンシャツだ。

6.ラペルのプレス

08

アメトラ風3ボタン段返りのスーツ。第1釦穴は表裏から穴かがりをと依頼したことで硬さが生じたが巧みなアイロンワークで綺麗なロールを出している。ネクタイは意外にも英国製、ポールスチュアートがシーワード&スターンに別注をかけたものだ。

7.スーツの裏側

06

裏側のポケット周りもプレスされていて、更に内側にあるタグまでもピシッとしているのに感動した。オーダーした年月を見ると2002年11月とある。何と15年間もクリーニングに出さずに着ていたことになる。さぞ水洗いの時に汚れが出たことだろう。

8.本切羽部分のプレス

05

自宅でジャケットを水洗いしプレスをかけた経験から、袖回りのアイロンワークはやっかいだ。裏地や切羽部分、ボタンホール周りのプレスなど実に難しい。ところがナチュラルクリーンではこういった部分もお手のものらしく、美しい仕上げに脱帽してしまう。

9.パンツのプレス

07

イタリアのパンツはリバース(アウト)プリーツが定番だが敢えて英国調にフォワード(イン)2プリーツで依頼した。プリーツの山が綺麗にクリースへと繋がる様はパンツのプレスが難しいことを知っているだけに感動さえ覚える。

10.レザー&ナイロンバッグ

10

実はナチュラルクリーンでは革製品もクリーニングを受け付けている。特にこれはできないというアイテムはないとのことで、革とナイロンといった異素材コンビのフェリージも汚れてしまったらクリーニングに応ずるそうだ。

11.パンツのクリース

09

綺麗にセンターに落ちるクリース。ナチュラルクリーンに出す前は最初のプレスラインから微妙にずれて勝手にプレスしていたせいかぼやけたクリースだったが、写真で分かるようにエッジの立った刃物のようなクリースがパンツを浮かび上がらせている。

12.靴のクリーニング

11

プレスラインの乱れがなく、足元まですっきりと見える。パンツだけのリピーターが居るのも納得だ。18年物の靴に履き替えてみたが、因みに靴もナチュラルクリーンでは水洗いするそうだ。せめて靴好きとしては靴ぐらいは自分でやりたい。

ドライクリーニングの欠点は水溶性の汚れには効果がないことだろう。スーツを長年着ていると少しずつ汗が染み込んでいく。脇の下や襟後だけでなく全体的に汗ばんでくるようになると、もはや水洗いしか有効な方法がないことになる。

また、ドライクリーニング店のプレスは優秀だが、テイラーには「仕立屋独特のプレスの仕方がある」らしい。それさえも体得したナチュラルクリーンには目下同業他社は存在しない。あるのは値段に納得して衣類を預けるかどうかだけなのだ。

« A happy reunion(再会) | トップページ | Care for toe tips(つま先の修理) »

衣類・靴のケア(Maintenance)」カテゴリの記事

コメント

管理人様


8,250円でも、十分価値のある仕上がりですね。
私も、お気に入りのスーツ等は、ナチュラルクリーンに頼んでみようと思います。

管理人様

奇遇ですね。実は二日程前、ナチュラルクリーンからジャケット三着が帰ってきましたがどれも発色の良さに驚きました。最近白洋舎にも依頼しておりましたが仕上がりは大分違いますね (値段も三倍くらい差がありますが)。

このような頼もしいサービスが充実しているとお気に入りの衣料が気兼ねなく羽織れるのでそれだけで休日がより楽しく過ごせる気がします^_^ 単純ですかね^_^

実のところブラッシングをしっかりしていればクリーニングなど不要と聞いたこともありますが、この仕上がりを見ると不要どころかむしろした方が良いのではとさえ思えますね。

やまだ様

手縫いのスーツほど効果は高いかと思います。

長年クリーニングに出さずに着続けた愛着のあるスーツにこそナチュラルクリーンが威力を発揮するので、どれもこれもという訳にはいきませんが、優先度を付けて出すのが賢い服のケアかなと思っています。

アラキ様

やはりアラキ様もナチュラルクリーンをご愛用されていらっしゃったのですね。戻って着た時の服の仕上がりやクリースの美しさ、風合いの良さはダントツでこれ以上のクリーニングは存在しないです。

値段はかなりお高いので、勢い高価な衣類に限られますが…

浪漫様

仰る通りで、どんなにブラシでケアしても目地に詰まった汗はブラシやドライクリーニングでは取り出せません。

そこでナチュラルクリーンの存在価値が高まる訳でケアやメンテナンスもさることながら、生地をリフレッシュさせる働きは目から鱗ものです。

是非一度試されてみてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« A happy reunion(再会) | トップページ | Care for toe tips(つま先の修理) »