« Bespoke Sample(ジョンロブパリの見本) | トップページ | ウォータークリーニングの実力 »

2017年5月13日 (土)

A happy reunion(再会)

グレンソン、ウェストン、チャーチズと昔からよく履いてきた靴が最近次々と役目を終え退役している。考えてみれば1980年代の終わりから履き続けているのだから20~30年は過ぎていることになる。その間よく足元を支えてくれたと感謝の念にたえない。

想定外の退役靴続出に補充策を考え、オンラインショップをチェックしていたら、ある時思わぬ靴と再会した。懐かしさと胸の鼓動を抑えられず、ふと気が付くと購入ボタンを押していたという訳だ。そこで今回は再会を果たした名靴を紹介しようと思う。

1.1990年代のデッドストック

Img_8966

実は今回紹介する靴は色やサイズは違うが以前所有していた靴と全く同じだ。初代はパリから取り寄せたが、サイズが合わずに手放した。それ以来中々出会えずにいたが、遂に再会を果たした。しかも当時とほぼ同じ年代のデッドストックもののようだ。

2.ジョンロブの傑作Darby(last #8695)

Img_8976

やってきた靴はDarby。靴のデザインはDerbyだがスペルが違う。色は先代がArdilla(スペイン語でリスの意)で今回がSquirrel(英語でリス)と両方とも栗鼠(リス)を指すらしいが、色は全く違う。但し革質は先代のアルディラに勝るとも劣らない上質なものだ。

3.ダブルレザーソール

Img_8983

ジョンロブのダービーは堅牢なダブルソールが特徴。ソールの返りが良くなる頃にはつま先が減ってしまうので、つま先にメタルプレートは必須だろう。ダヴテイルのヒールはJLヒールよりも古いもので20年近い時を経ていると考えられる。

4.プレートを埋め込む

Sole

早速新宿はマルイの7階にあるリファインアームズにてプレートを埋め込んでもらった。ラバーの半張りもお願いしようかと思ったが、せっかくのレザーソールなのにラバーの半張りで覆ってしまっては通気性が悪くなるという意見もあり、取りやめた(汗)。

5.色の補正とつま先のプロテクト

Img_8998

デッドストックらしく色の差がかなりあったのでまずはコロニル1909を使って左右の差がなくなるよう整え、次につま先のウィング部分とヒールカウンターにワックスで膜を被せた。ロブの革は上質すぎるのか思ったよりも鏡面磨きに時間がかかる。

6.磨きを終えた靴

Img_8989

ジョンロブが出回り始めた頃からある名靴「ダービー」。最近は外羽根靴を履く機会が多いのでダービーと打って検索したら出て来る出て来る、ダービーはもとより旧ロブがこれほど売られているとは。直営店にないものが買える…ネットの力は偉大だ。

7.Saymour(#8695)との比較

Img_8984_2

写真右のセイムールは中敷のJohnLobbの下にParisの表記が入るもので恐らく2000年頃のものだろう。左のダービーはParisuが入らないので2000年中期までのものと推察している。いずれにしてもこの頃のロブの革質は正にビスポーク級だ。

8.最近購入した自社工場製のロブプレタ

Img_8986

新宿のメンズ館でジョンロブバイリクエスト用のサンプルを見てきたが左のダービーはなく右のロペスもモカ縫いが摘みモカ風になっており写真のロペスとは大分雰囲気が違っていた。何よりミュージアムカーフ以外のバリエーションが少ない気がした。

9.ダービーのイン&アウトサイド

Side

写真はダービーのインサイド&アウトサイド。ドーバーのロブ版シャンボールドだと同じダブルソールでもハーフミッドソールを採用しているので快適な履き心地を味わえるだろうが、ダービーはハードなダブルソールなのでつま先の縁には要注意だ。

10.ジョンロブ初期の価格

Img_8988

1994年当時のダービーは3000FF(フランスフラン)で当時の円レート1FF=18.4161円を当てはめると価格は55,250円、デタックスで引かれた後消費税分が加算されて確か45,000円くらい払ったと記憶している。

11.懐かしの靴箱

Img_8975

最近はビスポークと同じボルドー色の靴箱だが、初期は写真のように素っ気なくも味わいのある箱だった。今回は国内購入の為1994年当時の3倍と高価だったが、現行品にはない極上の革で作られたキングオブシューズを手に入れられた喜びは大きい。

「何故、ビスポークの靴があるのに既成靴を買うのか…」と未だに聞かれる。「ビスポークは気に入った靴を作る喜び、既成靴は気に入った靴を買う楽しみ」と答えることにしているが、ようは靴の形が最後に来るか最初に来るかの違いということだろう。

個人的にはビスポークをある程度経験しても既成靴に向ける眼差しは変わらないと思う。人は最後に結果が分かる(誂え)だけではワクワク感を維持できず、最初に結果が示される(既成靴)ことで驚いたり興奮したりするのが必要なのだ。

« Bespoke Sample(ジョンロブパリの見本) | トップページ | ウォータークリーニングの実力 »

靴(Readymade shoes)」カテゴリの記事

コメント

管理人様


素晴らしい買い物をされたようですね。

ちなみに、旧ロブパリのデッドストックは、どちらのオンラインショップで見つかりますでしょうか?
管理人様をして、ビスポーク級の皮質と言わしめる旧ロブパリの逸品、私も探してみたいと思います。

やまだ様

楽天でジョンロブと検索すると出てきます。残念ながらダービーは売り切れですがまだ何型か残っていると思います。

昔の靴はやはりいいですね〜。

仮に、こちらのダービーや写真のロペスがデッドストックではなくセカンドハンドだった場合、管理人様は購入されましたか?

浪漫様

当たり前の回答ではありますが、セカンドハンドの場合はやはり値段と程度によります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Bespoke Sample(ジョンロブパリの見本) | トップページ | ウォータークリーニングの実力 »