« 手元に残る40足(#01〜#06英国靴編その1) | トップページ | Bespoke Sample(ジョンロブパリの見本) »

2017年4月16日 (日)

reproduced leather(ロシアンカーフの復刻)

靴はデザインやフィット感、色に加えて素材に拘る楽しみがある。その極めつけが1786年に英国プリマス湾で船とともに沈んだ革を1973年に引き上げ、蘇らせたロシアンカーフだろう。だが、引揚後40年以上が過ぎ、オリジナルは枯渇状態。皮革メーカーやタンナーは「何とか昔ながらの製法で幻の革を蘇らせよう…」と開発を続けてきた。

その甲斐あって、数社が新世代の「ロシアンカーフ」の再現に成功、ようやく安定供給への道が開かれた。当初はビスポークメーカーで見るくらいだったが、少しずつ製品として市場に出回り始めているようだ。そこで今回はその出来栄えを確かめるべく、急遽英国から取り寄せた新世代の「ロシアンカーフ」を使った靴を紹介しようと思う。

1.Russian Grain(ロシアングレイン)素材の靴 

00

名前はPeebles、取り寄せたのはクロケット&ジョーンズの本国オンラインショップからだ。素材はRussian Grainと呼ばれ開発したのは英国のベーカー社(J&FJ Baker)。ロシアンカーフの特徴であるハッチ(平行な線を引くという意味)が表面に現れ、オリジナルに近いダイアモンド(ひし形)ハッチも確認できる。目下クロケットジョーンズに優先供給とのこと。

2.オンラインショップの攻勢

11

箱の中身。オンラインショップの充実にシフトする作戦が見て取れる。アメリカではオンラインショップの攻勢で、巨大なショッピングモールが次々と廃墟になっているらしい。メイシーズなどメインの大型店が撤退すると一気に過疎化が進むようだ。日本ではピエリ守山の再起が話題になったが今後は未知数。靴もオンラインで買う時代が来つつあるのを感じる。

3.内外価格差

02

日本のオンライン価格は119,880円。英国のオンラインショップの場合は定価からVATを引いて送料を加え、到着後関税を支払うとトータルで77,850円だった。国内定価よりも35%ほど安くなる。日本の靴にかかる関税の高さは予てから靴好きの間で話題になるところだが改めてポンド安、ユーロ安の今、欧州からの取り寄せは悪くない選択だ。

4.靴のソール

04

ロシアングレインはキップレザーを使用しているらしくカーフより肉厚なのが特徴。クロケットではカントリースタイルに仕上げ、それに合わせてソールもリッジウェイのラバーソールを装着している。クロケットのレザーソールは硬いという印象があるが、試着した感じではモッチリとした革とクッション性の高いソールとのマッチングは悪くない。

5.ロシアングレインの評価

05

つま先のキャップはイミテーション。一枚革という贅沢な作りだ。接写してみるとオリジナルのロシアンカーフに近く、素材を植物鞣しという古来の製法で1年以上かけて仕上げた革自体の魅力とバーチオイル(白樺油)の匂いが相俟って特別感がある。革好きには堪らないだろう。ホーウィン社やベイツ社のレプリカ品よりハッチパターンが分かりやすい。

6.靴のデザイン

06

デザインはメインコレクションのVeldt(ベルト=Veldtschoen constructionの意)をグッドイヤーバージョン(ストームウェルト)で仕上げたもの。外羽根からサイドに広がるV字の切り返しや大ぶりな外鳩目がカントリー靴を主張している。厚手のアーガイルソックスにコーデュロイ、モールスキンといった英国風かデニムの米国風、どちらでもイケる。

7.靴の両サイド

03

レザーのシングルソールにリッジウェイソールを重ねたダブルソールの作りは正にタフなカントリーシューズ。革の重なりがないつま先はフィット感の向上にかなり寄与しているとみた。オリジナルのロシアンカーフは所々ハッチグレインが薄い部分もあるが、復刻版はどこを見ても綺麗なハッチが型押しされているのが嬉しい。

8.ソックスとの相性

07

カントリータッチの靴に相応しい靴下をということで、お気に入りのブルックス特製ソックスを用意してみた。定番のアーガイルや動物などのモチーフがあしらわれたファンシーなソックスも相性が良いようだ。勿論ベリーショートソックスを履いて素足風に見せるトムブラウンスタイルも悪くない。

9.オリジナルロシアンカーフとの比較

12

元はロシアンレインディアと呼ばれていたことから素材はレインディア(トナカイ)のオリジナル(右)に対して復刻版のロシアングレインはキップを採用しており、両者は素材が違う。勿論革の厚みも違うし、ハッチの間隔も違うなど様々な相違点がある。復刻版ロシアングレインはオリジナルを尊重した新しいプレミアムレザーと見る方がよいだろう。

10.チノパンに合わせて…

09

カントリータッチに合わせてソックスをアーガイルに、ソックスと調和のとれたカーキのチノパンと合わせてみた。従来のスコッチグレインより陰影をともなったシボの凹凸が靴をより個性的に印象付けている。植物鞣しということだが、今後この素材でもう一段明るめでオリジナルの革に近い色目の革が出て来ることを期待したい。

11.デニムに合わせて…

10

こちらはアメリカンな組み合わせを意識してソックスをドッグモチーフに替え、ワンウォッシュデニムと合わせてみたところ。コーンミルズ社のセルビッジデニムを使ったRRLのジーンズは目下のお気に入り。不調のラルフローレンにあってコードバンのマーロゥと並んで数少ない目玉商品だと思うのがRRLのデニム。バッグは万双のブライドルレザートートだ。

今回はクロケットジョーンズのリニューアルしたオンラインショップを使ってみたがサービスやコンタクトの親密度などはかなり点数が高い。エドワードグリーンやジョンロブにはない戦略として売りにできるのではないかと想像している。何しろクロケットの製品はグリーンやロブのフォロアーとしては十分すぎる実力とデザイン、話題性がある。

しかも今回のベイカー社によるロシアングレインの復刻の陰には開発に成功した革を優先的に供給される立場にあるクロケット&ジョーンズ社が大きく関わっている気配さえある。このところオールデンやアレンエドモンズの専売に近かったコードバンを広く扱うようになるなど攻勢を強めているクロケット&ジョーンズに暫くは目が離せない。

« 手元に残る40足(#01〜#06英国靴編その1) | トップページ | Bespoke Sample(ジョンロブパリの見本) »

スタイル(Style)」カテゴリの記事

コメント

これは素晴らしいですね!
幻と言われた逸品を現代に蘇らせ、リアルなプライスで提供してくださるのは本当に素晴らしいです!

どんなボトムスにも合わせられる汎用性の高さと個性的な表情もまた素敵ですね!

もっちりとした感触・・・体験してみたいです!
なにせ、最近は麺ももっちりが好みなもので・・・(笑)

こんばんは、お邪魔しております。凄いお値段の靴なんでね(⌯︎¤̴̶̷̀ω¤̴̶̷́)✧︎私的に好きなデザインの靴だわ。ジーンズと合わせたコーデがとても素敵ですね꒰✩︎˙˟˙✩︎꒱又、拝見させて頂きたいです。

クロケットは色々な意味で靴作りが上手いですよね~。
管理人さんでさえ買ってしまわれるのも分かります。

えいでん様

週末のコメントを有難う御座います。

もっちり麺がお好きなえいでん様なら(笑)キップレザーを植物鞣しして紋様をつけたリバイバル版ロシアンカーフは気に入っていただけるかと思います。

ちょっとない革の表情が履き手心をくすぐる中々の出来栄えで、これなら一年中、中でも秋冬は大活躍しそうだなぁと思ってます。

少しずつ履き慣らし、秋冬になったら本格的にツイードジャケットなどと合わせてみようと今から寒い季節を想像しています٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

pekochan110様

お休みのところコメントをいただき有難う御座います。

靴の値段も何だか高くなって驚いちゃいますが、ここはひとつえいやっと気合を入れてイギリスまでわざわざメールを入れあれこれサイズを相談して買ってみました。半分は語学の勉強のつもりで←言訳(^_^;)

あまりスーツとか着なくなってるので専らジーンズばかりですがお褒めいただき嬉しくなってまたジーンズコーデにトライしてみます٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

浪漫様

お休みのところコメントをいただき有難う御座います。

おっしゃるとおりで、クロケットの戦略はじつに細やかです。オーダーから発送まで日本人のスタッフがやっているのかと思うような対応の素晴らしさと自然さが際立ちます。

そして、何よりプロダクツの素晴らしさが群を抜いています。底が硬く返りが悪い印象は相変わらずですが今回のロシアンカーフといい、ラルフ別注や自社ラインのコードバンを使った靴など、どれもクオリティと価格のバランスが良いのに驚かされました。

高級な素材をワイルドに表鳩目で仕上げる!カッコいいですね。私は10日~11日に小倉へ行きましたが両日も雨でして久しぶりに履きました773ラストのダースベイダーにシミが出来ました、インソールの前半分にもうっすらとシミ。しかし火曜日からの晴天で風通しの良い場所で陰干しで甦りました!

浦野様

小倉詣でに履かれたダースベイダーも折からの春雨(春の嵐?)に遭遇し大変だったかと思いますが何はともあれ復活してよかったです。

外鳩目の靴はそれだけでカントリータッチの靴へと雰囲気ががらりと変わるので選ぶ服装も変わるのがまた楽しくもあります。

ロシアンカーフで調べてたら、ここにたどり着きました。
クラシックな仕様の、大変魅力的な靴ですね。
この素材のカントリーブーツがあったら買ってしまうかも。

本物のセミブローグをお持ちなのも凄いです。
拝読していて、いろいろと勉強になります。

米・ホーウィンでも同種のレザーを復刻してますが
こちらもキップレザーだったと思います。
しかし、やはりトナカイという異素材に惹かれますね。

Shu様

コメントをいただき有難う御座います。

ここで紹介したロシアングレイン素材を使ったカントリーブーツ、同じクロケットから出ていますのでぜひオフィシャルサイトをご覧ください。中々良い雰囲気です。

これからも、お時間のある時はいつでも気軽にお立ち寄りください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手元に残る40足(#01〜#06英国靴編その1) | トップページ | Bespoke Sample(ジョンロブパリの見本) »