最近のトラックバック

« My favorite Denim(お気に入りのRRL) | トップページ | Readymade shoes(既成靴の誘惑No.2) »

2017年3月11日 (土)

Readymade shoes(既成靴の誘惑No.1)

2010年12月に「後世に残す40足」をエントリーし、2013年11月には「40足の既成靴を20足まで減らす」という試みを再度ブログに掲載した。一時期順調に減っていた既成靴だが3年4ヶ月経ち、いつのまにか既成靴が随分と増えている…。

この間、寿命を終えた既成靴は2足。他にも整理した靴が何足かあるが、新たに加わったのは何と15足だ。そこで今回は2010年から新たに加わった既成靴の第1回を紹介しつつ、誂え靴とは異なる既成靴の魅力を探ってみようと思う。

1.この6年間に増えた靴

00

写真は新たに仲間入りした既成靴。人に譲った靴を入れれば数はもっと多いが、面白いことに黒靴は全く増えていない。既に仕事用のビスポークスーツを注文したり買ったりしなくなっているので当然ながら黒靴も増えないというわけだ。

2.購入した既成靴の傾向

01

購入した靴を並べてみると決まったパターンがあることに気付く。それは①アウトドア調のブーツ②スプリング(またはサマー)シューズ③コードバンシリーズの3パターンに分けられるということだ。つまりこの3種類が自身の琴線に触れる靴ということになる。

~スプリング&サマーシューズ~

薄着になる機会が多い春・夏は、靴にしても服にしても欲しいと思った時が買い時。ビスポークして出来上がりを悠長に待つより既成靴の方が旬を楽しめる。

3.ホワイトバックス

02

昨年秋にゲットしたウォークオーバーのホワイトバックス・サドルシューズ。今シーズンは春先から活躍しそうだ。麻混のシャツ(ブリーニ)とジャケット(イタリー製ラルフ)にコットンのネクタイ〈フランコバッシ)を締めて下はヤコブのブルージーンで…。

4.素足風ソックスと合わせて履きたいローファー

19

一番右の自社工場製ジョンロブ・ロペス以外は履く場所や合わせ方が限定されるが、そこが魅力でもある。左端はグレートギャツビーコレクションのコンビ(クロケット製)中央がトムブラウン率いるブラックフリース(クロケット製)…不思議とクロケットが多い。

5.華麗なるギャツビーの靴

08

こちらは随分前に購入したバイカラー(コンビの意)の靴。ミコッチのカルロリーバシャツにブルックスのチーフ、無地のネイビータイはドレイクス。ジャケットはメイドインイタリーの「カルーゾ」とやはりイタリア物でコーデ。

6.シルク紺のジャケットとブリックソール

11

久々のネイビー靴。モカステッチにタッセル、サイドレースまで白という実に洒落た1足だ。このあたりは既成靴ならではの遊び心が満載で、これと同じ靴を作ろうとしても現物を見ない限り思いもつかないデザインだろう。

7.ジョンロブをカジュアルに…

14

昔から好きなロブの既成靴ロペス&ラルフローレンの刺繍パンツ。靴の方はビスポークもできるがパリまで行っての注文は時間がかかり過ぎるだろう。それにしても親会社のエルメスが供給していた上質のグレインレザーは存在感がある。

8.パンツ&シューズ実践例(その1)

23

履き心地は芯がしっかりと入った如何にも英国風既成靴。ローファーのようなカジュアル靴にはやや硬すぎるきらいがある。アメリカのローファーとは別物と考えた方が良いかもしれない。それでもロペスならではの風格が感じられるのが嬉しい。

9.パンツ&シューズ実践例(その2)

25_2

こちらはチノパン(刺繍付)からRRLのジーンズに替えての写真撮影。アメリカ産のライトオンスのデニム地を使って仕上げたジーンズは洗い立てが一番。靴もおろしたてということで新鮮同士。既製品ならではのクイックな組み合わせだ。

10.パンツ&シューズ実践例(その3)

24_2

こちらは屋外で撮った写真、家の玄関前にあるプチガーデンの前で撮影。茶/白のコンビ靴も麻のスーツなどと合わせるとお洒落すぎるきらいがあるがカラージーンズと合わせてあくまでカジュアルに履きこなすのが楽しい。

この6年間で増えた既成靴はどれも用途や動機がはっきりとしているものばかり。自分の要望を満たす既成靴があれば、わざわざ注文せずとも、買って直ぐに着こなしを楽しむことができる既成靴のアドバンテージはかなり高い。

一方で誂え靴は目下満腹状態。あと1足で区切りの60足を前に食休み中と言えばよいだろうか。その間に既成靴は別腹というよりも用途や動機に合うサプリメントのように定期的に吸収されているという訳だ…この続きは次回第2弾で紹介したい。

« My favorite Denim(お気に入りのRRL) | トップページ | Readymade shoes(既成靴の誘惑No.2) »

靴(Readymade shoes)」カテゴリの記事

コメント

正直、新しいスレッドが立ち上がらないので管理人様に何かあったのではないかと、心配しておりました!これだけの靴群を披露なさるにはやはり時間が必要であった訳なんですね!書き込みさせて頂いて数年が過ぎて素晴らしいしゲストの皆様の末席を汚している私ですが今回の既成靴群を拝見させて頂いてますといろんな事が甦って来ます。先ずは私の戯れ言に答えてくださった内羽根のホワイトサドルシューズでしょうかね!

管理人様

ローファーとブリックソールの靴は本当に春の装いにぴったりですね。
その中でも6.のブリックソールのタッセルは特に爽やかな印象です。
以前スエードのブリックソールのローファーを探していたことを思い出しました。またちょっと探してみようと思います。

浦野様

週明けのコメントを有難う御座います。

確かに昨日は撮影と編集でほぼ一日かかりましたのでアップが夜中になりました。それよりも、最近は他のことに忙しいのと更新する内容が中々思いつかず…そろそろ潮時かもしれません。

取り敢えずは来週文の内容まで撮影したので次回は更新できそうです。ですが、もともとやりたい時に気ままに始めたブログがいつの間にか毎週締め切りのように迫ってくるのも何かが違うと思い始めています。

PMT様

週明けのコメントを有難う御座います=(^.^)=

春はやはり軽やかな靴が良いですね。最近軽やかな服装をボチボチ取り入れてるので、明るい色目の靴やシャツ、ザックリとしたパンツが欲しくなってます。

ブリックソールでスエードのタッセルスリッポンというのも中々良さそうですね〜。おっといけないまた既成靴を買ってしまいそうです。

下手なプレッシャーかけてすみません。楽しみにしているブログなので。

実際、更新頻度は減らして良いと思いますよ。
月2回がベターじゃないでしょうか。私が言うことでもありませんが。
正直、ファッション誌的になりかけているきらいもありますし…、それはそれで良いのですけども。

浦野様

いえいえ、全然プレッシャーだなんて感じていませんのでご安心ください。全て私の問題ですのでかえって気を遣わせてしまい申し訳有りませんでした。

早く暖かくなってウォークオーバーのサドルオックスフォードが履きたいなぁなんて思っています。

浪漫様

生憎ファッション誌は全く見ていないので、中身が似通っているのかも分かりませんが、常に自分が書きたいことを書いてます。

月2回或いは毎週と決めるといつの間にかルーティン化するのが課題の一つで、実はこのブログも昔は不定期、書きたい時に書いていました。インスタグラムも今は同じように不定期にポストしてます。ブログの今後は要検討ですね。

スプリング&サマーのコーディネート、キメすぎず、絶妙に力を抜くセンスに感銘を受けました。
ネイビーのブリックソールは靴のみならず、コーディネートも後追いさせていただきます(汗)。。


週末に沖繩に行っていたのですが、もう街行く人に黒靴は少なかったように思います。足元からも季節を感じるのはいいものですね。
もっとも管理人様のような卓越したセンスの人は見当たりませんでしたが。


ブログ新参者の私ですが、管理人様と皆様のスタイルの世界に接することができ、感謝しております。
毎週新しいテーマを見せていただけることは、非常に贅沢なことと思っています。
一方で、これだけのクオリティを維持されることは本当に大変なことと、お察し申し上げます。
毎回楽しみにお待ちしていますが、どうかご無理はされませぬよう、心よりお願い申し上げます。

BB様

コメントを有難う御座います。

ネイビーの靴はやっぱりボトムスがホワイトか或いは明るいグレーが良いななんて思いつつジャケットやシャツ、ネクタイをあれこれ引っ張りだして合わせてみています。

取り敢えずは来週分の更新内容はありますのでアップしてみます。それ以後はその時考えてみます。

管理人様

多忙の中ブログのアップデート、お疲れ様です。
誂えの洗練されたラストでは具現化出来ない洒落て、凝った個性的なコレクションですね。是非そのような視点とアプローチから今夏のローファーを購入する際参考にさせて頂きます。

今後はブログの更新に間隔が開くとの事。それは仕方が無いと思います。今まで膨大な量の執筆をなされたのですから過去の更新からも大いに勉強させてもらっています。例えば推奨なされたコーダ洋服工房はつい先日PT01のスラックスの裾直しを三着お願いし、その出来栄えには大変満足しております。

その他にウォータークリーニングの考慮、防虫剤の取り扱いやアウトレットを最大限活用するショッピング法など枚挙にいとまがないほどです。

アラキ

わかりました!つい、先週までは👢の特集でしたが一気に春めいてきましたね!エキゾチックレザーも今か今かと手ぐすね引いて待ってるかも?私ごとですが来月の10日~11日は小倉詣でなんですよ!ホテルも高速バスも予約完了。足元は好きなカラーでポロラルフローレンのラストNo.773のショートヴァンプのwingタッセルでも履きましょうかね!以前ホテルテトラ北九州のスタッフに差し上げたRECCのGY、プロセスと違って大好きなマッケイソールの靴でも履いて。

アラキ様

コメントを有難う御座います。

アラキ様も誂え靴が今年中には完成するようで、まずは仮縫いが待ち遠しいのではないでしょうか。そして完成したら、2足目、3足目と欲しくなるのが誂え靴の魔力…。

ですが、暫くすると既成靴ならではの良さも再認識する日が来るかと思います。確かに誂え靴と既成靴は違うアプローチで作られたものなのですが、琴線に触れる靴が既成靴というのも間々あるので、既成靴を選んで買う喜びも味わっていただけると良いな何て思いました。

また、過去の色々な特集までご覧いただき有難う御座います。取り敢えずは今週文をアップいたしますのでお時間がある時にお立ち寄りいただけますと幸いです。

浦野様

小倉詣での予約を完了、となると何を着て行こうか何を履いて行こうか、今が一番悩みつつ楽しいひと時ではないでしょうか…。

春めいて来ると私など装いのどこかにピンクを入れたくなるタイプでしてシャツだったり、時計のベルトだったりチーフだったりソックスだったりタイだったり…。さて、浦野様はどんな風に春の雰囲気を装いの中に盛り込むのか…色々想像しています。

何はともあれ心ゆくまで小倉詣でを満喫されますよう願っております。

ピンクですか?この色ですとJPのビッグブルドッグの半袖ポロシャツにトッズ好きの姉から貰ったJPのライトグレーのソックスの穿き口にピンクのストライプ入り位しか持っていないようですね!淡いピンクカラーは大好きな色ですね。最後のフォトの中にある白いヴァンプのコンビローファーの後ろに咲く可憐でそれでいて、きっちりと存在感を示す花。ピンクの可愛い花ですね!

浦野様

流石は浦野様、しっかりとピンクのポロシャツをお持ちとのことでお洒落ですね〜。他にも春といえばパステル調やネイビーとホワイトのコンビとか色々あります。

心ゆくまで迷われてみるのも良いかと(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« My favorite Denim(お気に入りのRRL) | トップページ | Readymade shoes(既成靴の誘惑No.2) »