最近のトラックバック

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月26日 (日)

There is space for boots(ブーツは別腹)

料理を堪能して満腹だと思っても最後のデザートがすんなり入るのは世の東西を問わない。「デザートは別腹…」という言い方が各国にあるのは言わずもがな。それに倣えば十分過ぎる程短靴を持っていても「長靴は別腹…」という言い訳をしがちなのが靴好きの性だ。

前回と前々回に続いての「既成靴の誘惑」。今回は数としては少ないブーツ。故に既成靴(短靴)を減らそうとしている最中でも「ブーツはあまり持ってなかったはず…」と別腹論理を展開してつい手を出しがちだ。そうして増えたブーツをここで紹介しようと思う。

1.イタリアンプロダクツでラギットスタイルに挑戦

04

マルモラーダはイタリア製ながらラルフ御大推奨のラギットブーツ。出自に合わせイタリア製品でラギットなコーデを考えてみた。ボレッリのネルBDシャツにイザイアのツィードジャケット、締めのウールタイはマニファッととゥーレクラバッテとクラシコ三昧だ。

続きを読む "There is space for boots(ブーツは別腹)" »

2017年3月18日 (土)

Readymade shoes(既成靴の誘惑No.2)

靴自体は流行から一番遠いところにあるアイテムだがそれでもその時々の服装の影響を受ける。スクエアな靴が流行ればクラシックなスクェアトウが、細身のアンクルパンツが流行れば足元は無骨で安定感の大きな靴を履きたくなるといったように…

こんなスタイルに合う靴ないかな?と靴箱から探し出して見つからなかったら…これは危ない。イメージに合った靴に出会うといつの間にか買ってしまうからだ。そこで今回はそうして増えていった既成靴の第2弾を着こなしを含めて紹介しようと思う。

1.英国製クロケットジョーンズのコードバン靴

20

オールデンが品不足なのでクロケットのコードバン靴をゲット。上段左からラルフ別注RHETT、クロケットのHARVARD、ラルフ別注のREDBOURNE、下段は共にラルフ別注で左がLAWFORDに右が有名なMARLOW…見て分かるようにラルフは別注靴の王様だ。

続きを読む "Readymade shoes(既成靴の誘惑No.2)" »

2017年3月11日 (土)

Readymade shoes(既成靴の誘惑No.1)

2010年12月に「後世に残す40足」をエントリーし、2013年11月には「40足の既成靴を20足まで減らす」という試みを再度ブログに掲載した。一時期順調に減っていた既成靴だが3年4ヶ月経ち、いつのまにか既成靴が随分と増えている…。

この間、寿命を終えた既成靴は2足。他にも整理した靴が何足かあるが、新たに加わったのは何と15足だ。そこで今回は2010年から新たに加わった既成靴の第1回を紹介しつつ、誂え靴とは異なる既成靴の魅力を探ってみようと思う。

1.この6年間に増えた靴

00

写真は新たに仲間入りした既成靴。人に譲った靴を入れれば数はもっと多いが、面白いことに黒靴は全く増えていない。既に仕事用のビスポークスーツを注文したり買ったりしなくなっているので当然ながら黒靴も増えないというわけだ。

続きを読む " Readymade shoes(既成靴の誘惑No.1) " »

2017年3月 4日 (土)

My favorite Denim(お気に入りのRRL)

円安のせいか輸入靴がまた値上げするらしい。靴愛好家の間ではSNSを中心に○○が値上げするといった情報が飛び交っている。尤も靴だけでなく、衣料全般も昨シーズンより着実に値上げしているようで、物価はこうして上がっていくのだと実感した。

もっともスーツは仕事以外着る機会も減るので暫く前からオーダーするのも買うのも止めてジャケットをごくたまに…その分カジュアルウェアに力を入れている。そこで今回はお気に入りのデニムRRLを急遽アメリカから買い入れたので紹介してみたい。

1.インディゴブルーのRRL

00

左が今回購入したライトウォッシュ加工のインディゴブルー、右には前回購入したハードウォッシュ加工やダメージ加工が施されたものを参考に並べてみた。購入はラルフローレンのサイトからではなく、ebayに出品している個人からの購入だ。

続きを読む "My favorite Denim(お気に入りのRRL)" »

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »