« Weekend trip(週末の小旅行) | トップページ | Shoes, gloves & watch(靴と手袋と時計) »

2017年2月18日 (土)

New socks for Spring(春の靴下)

暦の上では立春を過ぎて春。梅の花が咲き、日が長くなるのを感じるが、西日本に大雪をもたらす天候が再び繰り返されるなど、暖冬という予想を最後の最後でひっくり返すような寒波が各地で猛威を振るっている。

先日、雪を頂いた富士山を車中から眺めつつショッピングモールに出かけた。お目当ては春物のソックスだ。コットン製で色合いや柄の洒落たものをいくつかまとめ買いしたので、恒例の靴と合わせて紹介してみようと思う。

1.ブルックスブラザーズのソックス

00

ソックス売り場を色々覘くが柄や色、素材や発色などどれをとってもブルックスブラザーズのものが一番クオリティが高い。但し、値段に比して耐久性がないのが欠点、そこでセール時期にまとめ買いしておくのが賢い買い物ということになる。

2.日本製とイタリー製

01

左のドッグ柄3足は日本製。綿/化繊の素材は耐久性を高める為だろうが定価が2500円と高い。右はイタリー製のアーガイル。こちらも綿/化繊ただし綿の割合が日本製より高いので耐久性は低くなるが、価格も1500円とリーズナブルだ。

黒のアーガイルソックス

3.外羽根の靴と合わせる

02

黒のアーガイルには黒靴…ただしアーガイルに相応しいカントリーライクな外羽根式の靴が合いそうだ。用意したのはクレバリーのビスポークエプロンダービー。モミ革の屈強な靴からイメージするのはエジンバラ城でバグパイプを奏でるスコッツマンか。

4.スコティッシュブローグ

03

内羽根ならば同じスコティッシュ繋がりでシスル(アザミ)のパーフォレーション入りのウィングチップも合いそうだ。その名もスコティッシュブローグ…サンクリスピンのビスポーク品だが、本場英国製に負けないツボを押さえた作りでアーガイル柄と好相性を見せる。

グリーンのアーガイル

5.グリーンのドーバーと合わせて

04

グリーンのアーガイルにエドワードグリーン…語呂合わせという訳ではない。エドワードグリーンのチェスナッツ系とグリーンアーガイルは相性抜群。ここではやや薄めのヒュームドオークタンだが、それでもベージュのコッパンと合わせたくなる衝動に駆られる。

6.チェスナッツアンティークと合わせて

05

こちらは真打チェスナッツアンティークのエドワードグリーン製カドガン。既に靴紐を緑にしているが、グリーンのアーガイルでゴージャスな足元が完成する。週末にデニムと合わせても良し、5と同様チノパン+ブレザールックも良し、重宝しそうだ。

イエローのドッグモチーフ

7.ギリーコードバン(その1)

06

犬の散歩に出かける時もジャケットを着て家を出るカントリージェントルマンをイメージに合わせてクロケット製コードバンギリー(byラルフ)を用意してみた。モスグリーンのコットンパンツに上は麻混のネイビージャケットなんて良さそうだ。

8.ギリーコードバン(その2)

07

こちらはビスポークのギリーコードバン。サンクリスピン製だがこちらもつま先にスコットランドの花、アザミをモチーフにしたパーフォレーションが入る。馬革独特の皺を楽しむならば、クリースの入ったトラウザーズよりも皺の入ったラフなパンツが欲しい。

グリーンのドッグモチーフ

9.グリーンライニングの靴(その1)

09

グリーンソックスにはライニングがグリーンの靴はどうだろうか。履いてしまえば見えないが履き手だけの密かな喜びがある。用意したのはアリゲーターのサイドエラスティック!クレバリーで最初にオーダーしたエキゾチック系で勿論ライニングは緑だ。

10.グリーンライニングの靴(その2)

08

こちらは9のエキゾチック靴から時を経て最近オーダーしたピッグスキンのローファー。実はこちらもライニングがグリーンなので合わせてみたが悪くない。差し色ソックスとしてホワイトデニムあたりと合わせると洒落た足元になりそうだ。

ブルーのドッグモチーフ

11.ブルーの靴と合わせて

10

ブルーソックスにはブルーの靴。1足しかないネイビー靴、ブラックフリース(クロケット製)のタッセルスリッポンを持ってきた。チャンピオンのネイビーパーカーにホワイトパンツと合わせてブリックソールを差し色にするなんていうのも面白そうだ。

12.スェードの靴と合わせて

11

春先のスェード靴は人気が高い。SNSの投稿でも春先のスェード靴は頻度が高い。ここではクレバリーのタンスェードを用意。ネイビージャケットにネクタイを締めて、下はライトグレーのトラウザーズの写真のコンビをインするのはどうだろうか。

靴好きに聞くと「品質の良い靴下ほど穴が開くのが早い…」という感想が返ってくる。靴の中で足を邪魔せず湿気を吸いとる靴下は装いの要の一つ、それだけにお気に入りの靴下の耐久性に関しては何とかならないかと思う人も多いのではないだろうか。

しかも靴下は靴と同じように、「チラリ…」と見えるだけでもその人の装い方が見えてしまう重要なアイテムらしい。となれば普段から「ここの靴下ならば安心」というメーカー(ブランド)をよく知り、いざ出かける時に探さなくて済むようにしておきたいものだ。

« Weekend trip(週末の小旅行) | トップページ | Shoes, gloves & watch(靴と手袋と時計) »

小物(accessories)」カテゴリの記事

コメント

この手の靴下だと、履いているうちに下がってきませんか?
私はそれが嫌で常にロングソックスを履いているのですが…。

浪漫様

アップ後すぐのコメントを頂き有難う御座います。

幸いと申しましょうか、私はふくらはぎが太いのでソックスがしっかり食い込んでそれほど落ちることがありません(泣)

それでも時々引っ張らないとローファーの時はたるんだ靴下が見えてアーガイルの柄を壊してしまうことがあります。

私は逆にロングホーズが苦手でなるべく短いものをといつも考えてしまいます。このあたりは好みの問題なのでしょうね。

靴下一つ取り上げても各人の好みの差があり面白いものですね。
ロングソックスの欠点は、流通量が少ないので柄や色で遊びにくいことでしょうか。

お師匠様
予告通りの靴下と靴の組み合わせ記事、嬉しく拝見しました!
私の方もインスタグラムにブルックスの靴下と靴の組み合わせを本日アップしました(^^)
それにしても、高い靴下の方が耐久性が低いのは頭の痛い問題ですね。
同じブルックスでも本店で買った二千円オーバーのモノより、デパートで買った千円代の方がタフな気がします…
今回、DAKS名義のナイガイ製の靴下も購入したので耐久性も検証したいと思います。

「グリーン」とグリーンアーガイルのコーディネート、素敵です!

私も先日、御殿場に立ち寄ってみました。
収穫はやはりBBのソックスと、REGAL TOKYOのコードヴァンくらいで若干拍子抜けです。
RLに至っては滞在3分。本当に寂しくなりました。

BBのソックスは快適ですが、どんどん買い足さなくてはならないのが辛いところです。

国産のソックスは福助製品でしょうか?🐶柄が素敵ですね!このようなイングランドを思い出す柄を見てると素敵な小物を数多く世に出しておりました、クリケットブランドを思い浮かべますね!

浪漫様

確かにロングホーズは種類が少ないという欠点もありますね〜。無地のブラックやグレーはスーツに欠かせないアイテムで一時期よく買いましたが、最近はスーツ自体着なくなり、カジュアルな服装が増えた分ソックスもカラフルな柄物が増えました。

時代と共にソックスの好みは変わりますね〜。

Tantawaka様

週明けのコメントを有難う御座います。

インスタの方、早速拝見しました。御殿場で見て良いなと思った柄が載っていたので嬉しくなりました。ソックスは靴とパンツをつなぐ役目を担っていますが同時にトップスの色とかけ離れ過ぎるのもバランスを崩す元なので、差し色コーデでない限り一考する必要があると感じます。

その点、ソックスとタイを合わせたコーデをご紹介いただきましたので、上から下まで申し分のない着こなしに仕上がっていておおっ、格好良いなと思いました。

BB様

ラルフローレンは5月にCEOが退任するのでそれまではゴタゴタがあって商品の質は上がらないだろうなと思っています。

仕方なくebayでRRLのメイドインアメリカの未使用デニムを2本まとめ買いしました分同じ出品者からなので送料とディスカウントで60ドルくらい得しました。昔のものを買うのが今は楽しいです。

御殿場のラルフローレンは今は底ですね〜きっと(◞‸◟)

浦野様

おっしゃる通り、私もクリケットブランドを思い出していました。
御殿場のアウトレットにはクリケットの店もあるのですが、今も昔も変わらずジャパントラッドな感じがします。

いつもインスタでお世話になっております!
靴下は・・・面積が小さくともふとしたところで大きな存在になるのだなぁと改めて思う次第です(MJしかり・・・)

いつもアウトドア系の靴下ばかりを多用してしまうので、
もう少ししたら色気のあるコットンソックスを見てみようかなと思いました。

しかし、脱ぎ履きが多いのでどうしても耐久性で選んでしまうんですよね~。
悩ましいところです(汗)

えいでん様

週初めのコメントを有難う御座います。

春色ソックスの出番は思ったより短くて、6月くらいになるとベリーショートの素足風ソックスにチェンジしてしまいます。なのでその分好きな色目や柄で選んでいますが、耐久性がないのが痛いところですね〜。結局毎シーズン買い直しています。

でも比較的安価で気分をウキウキさせてくれるアイテムとして、つい手を出してしまうのでした(^^;)

3枚目のフォトのラベンダーカラーのレイスは姉のプラダのエナメルブルッチャーのエナメルWTと同じ色。5枚目のペパーミントグリーンは私のリーガルクラシックの6アイレットタンカラーSTと同じ色なんですよ!

浦野様

なんとお姉様のプラダと浦野様ご本人のリーガルに同じ色の靴紐が付いているのですね〜。それは光栄です。最近新色を買い足していないので買おうかななんて思ってしまいました٩(^‿^)۶

そんな、そんな。姉も私も同じ病で新しい👞、👠が買えなくてせめて、👞紐だけでも買って気分転換しているだけですよ!病名はズバリ、金欠病です。『笑』

浦野様

靴紐は、替えるだけで気分や着こなしが変わるので便利でリーズナブルなアイテムですよね。行きつけの靴屋であまり扱っていないのが難点ですが。

仕方なくネットで買おうとチェックすると送料が紐の代金とあまり変わらないので、えーならばまとめ買いして送料無料にしよう…とくまなく探すも欲しい色が在庫切れだったりして諦める…を繰り返しています。送料でケチるのも考えものですね(^_^;)

明日から連休です。週明けには歯医者です。20年前からのお付き合いでして、今は御子息が二代目を継いでまして、看護婦さんも以前のスタッフが一名で他の数名は新顔なんですが皆さんおきれいで、優しい看護婦さんなんです。私が現在厚生年金の基礎年金を支給されてる、と話しましたら、『浦野さん、若い』と言って下さったのでラフな格好はせずに季節的に初夏なのでポロシャツにソックスは例の御三家、RL,JP,そして今泉の日替わりにして決めております。歯科医院と言う事でリクライニングシートですとどうしてもソックスが見えるので、おっしゃれしておりますよ!

浦野様

流石ですね〜。

歯医者に行くときはソックスに気をかける。そこまでお洒落な人は中々いません。しかも女性が対応するとなれば、身嗜みにも特に力が入りますよね〜。私の歯医者さんは腕は経ちますが、おじいちゃんなので👴ワクワク感は全く有りません。

あれれ、少々不謹慎でしたね〜。失礼します😊

連休でジックリと休んでおります。この歯医者は私がブリッジ治療を施しました2014年まではスタッフの服装は白衣姿でしたが、今回行きましたらハーフスリーブの医者が手術の際に着られるような上着に変更されておりました。色は濃いカーキ色やラベンダーカラーも日によって変わりますのでポロ👚の色やメイカー、並びにソックスの色も変える楽しみ方もあっては良いと思います!管理人様の影響を受けてビビッドなソックスを多数揃えてきましたのでまだ履いていないソックス群がやっとデビューする時がやって来ましたよ!ちなみに私は白衣姿が好みです。管理人様同様に不謹慎かな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Weekend trip(週末の小旅行) | トップページ | Shoes, gloves & watch(靴と手袋と時計) »