最近のトラックバック

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月25日 (土)

Shoes, gloves & watch(靴と手袋と時計)

2月も残すところ数日。春はすぐそこまで来ているが、まだまだ手袋が欠かせない日も多い。特に通勤の際に自転車を利用するので尚更だ。ライナー付の暖かなものからアンラインドまで。天気に合わせて使い分けているところだ。

ところで靴が黒ならグローブは何色を選ぶか…やはり「手袋も黒」という答が多いだろう。確かに鞄同様グローブも靴と同系色の方が安定するからだ。そこで今回は靴とグローブ、ついでに時計も含めたコーディネートを考えてみようと思う。

~休日のブーツスタイル~

1.10インチブーツを履く…

10

休みの朝早くウォーキングを兼ねてバードウォッチングに出かける。まだ寒さの残る今ならブーツが一番、お気に入りのRRLデニムにブルックスのウールジップパーカ、チラリと見えるチェックシャツはイタリアのフライだ。お気に入りで折衷スタイルを楽しむ。

2.合わせた靴と手袋と時計(その1)

11a

ブーツはフォスター&サン。極上の履き心地はビスポークならでは。そしてグローブもビスポーク。カピンチョ素材で手首を長く作るよう依頼したおかげで暖かさが違う。時計はベルトの色を合わせたヴィンテージのブライトリング。手巻き時計は味わいがある。

続きを読む "Shoes, gloves & watch(靴と手袋と時計)" »

2017年2月18日 (土)

New socks for Spring(春の靴下)

暦の上では立春を過ぎて春。梅の花が咲き、日が長くなるのを感じるが、西日本に大雪をもたらす天候が再び繰り返されるなど、暖冬という予想を最後の最後でひっくり返すような寒波が各地で猛威を振るっている。

先日、雪を頂いた富士山を車中から眺めつつショッピングモールに出かけた。お目当ては春物のソックスだ。コットン製で色合いや柄の洒落たものをいくつかまとめ買いしたので、恒例の靴と合わせて紹介してみようと思う。

1.ブルックスブラザーズのソックス

00

ソックス売り場を色々覘くが柄や色、素材や発色などどれをとってもブルックスブラザーズのものが一番クオリティが高い。但し、値段に比して耐久性がないのが欠点、そこでセール時期にまとめ買いしておくのが賢い買い物ということになる。

続きを読む "New socks for Spring(春の靴下)" »

2017年2月11日 (土)

Weekend trip(週末の小旅行)

立春を過ぎてから西日本では大雪、関東でも寒い日が続いている。春を前にした寒の戻りというやつだろうか。ゆっくり湯治でもしたいが年度末とあって忙しいのは何処も同じ。せめて週末、近場に小旅行でもしたいところだ。

首都圏からの小旅行と言えば房総半島や伊豆・箱根が思いつく。どちらも移動距離は短く「車で行くも良し…電車ならばなお良し」の至近距離だ。そこで今回は近場に1泊2日の小旅行に行く時の着こなしを考えてみようと思う。

1.ジャケットを着る

00

小旅行といえども夏場でなければやはりジャケットルックでチェックインしたいもの。ただ、シャツにネクタイ(アスコットでも)では日常そのまま、そこで役に立つのがタートルネック。休日らしく鮮やかな色目を着るのも楽しい。

続きを読む "Weekend trip(週末の小旅行)" »

2017年2月 4日 (土)

Go British(英国ブランドの小物)

暫くアメリカものの投稿が続いたが、入国規制問題で揺れていることもあって、この夏の米国行きを変更、久しぶりに欧州、特に英国を旅行しようと考えている。気分がそうだからなのか身の回りも少しずつ英国ものが増えてきた。

もっとも生産拠点を中国に移したり欧州に発注したりと、生粋のメイドインUKはだいぶ減ったが、それでも英国らしさを感じさせる逸品も多い。そこで今回は新着の英国ブランド品を紹介しながら色々な着こなしも考えてみようと思う。

1.英国ブランドの小物

00

パブリックスクールカラーのマフラーやグレインレザー調のバッグ、ツィードのキャップなど如何にも英国風のアイテムだ。マフラーこそ購入後使っていなかったケント&カーウェン(英国製)だが、バッグとキャップはどちらも新着品だ。

続きを読む "Go British(英国ブランドの小物)" »

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »