最近のトラックバック

« New socks for Spring(春の靴下) | トップページ | My favorite Denim(お気に入りのRRL) »

2017年2月25日 (土)

Shoes, gloves & watch(靴と手袋と時計)

2月も残すところ数日。春はすぐそこまで来ているが、まだまだ手袋が欠かせない日も多い。特に通勤の際に自転車を利用するので尚更だ。ライナー付の暖かなものからアンラインドまで。天気に合わせて使い分けているところだ。

ところで靴が黒ならグローブは何色を選ぶか…やはり「手袋も黒」という答が多いだろう。確かに鞄同様グローブも靴と同系色の方が安定するからだ。そこで今回は靴とグローブ、ついでに時計も含めたコーディネートを考えてみようと思う。

~休日のブーツスタイル~

1.10インチブーツを履く…

10

休みの朝早くウォーキングを兼ねてバードウォッチングに出かける。まだ寒さの残る今ならブーツが一番、お気に入りのRRLデニムにブルックスのウールジップパーカ、チラリと見えるチェックシャツはイタリアのフライだ。お気に入りで折衷スタイルを楽しむ。

2.合わせた靴と手袋と時計(その1)

11a

ブーツはフォスター&サン。極上の履き心地はビスポークならでは。そしてグローブもビスポーク。カピンチョ素材で手首を長く作るよう依頼したおかげで暖かさが違う。時計はベルトの色を合わせたヴィンテージのブライトリング。手巻き時計は味わいがある。

~雪の天気予報が出たら~

3.ウェストンのゴルフを履いて…

00

大雪の予報が出たら悪天候に強く何所へでも取材に行ける別名ジャーナリストシューズ、ウェストンのゴルフが必須。オウンメイクのホワイトオックスBDにハリスツィードのジャケットを着て、同じハリスツィード使いのグローブでコンボ結成。

4.合わせた靴と手袋と時計(その2)

01a_2

マグネットの留め具が付いたデンツの新作グローブが着こなしの目玉。合わせる時計はデジタルでモーター内蔵でない物になる。ジムでの使い勝手の良さを考え、アップル+ナイキのスマートウォッチを購入。機械式時計とは違う便利さは流石というべきか。

~春色の靴を履く~

5.インカ・カーフの色目

06_2

春らしい陽気に誘われ、靴棚から引っ張り出した明茶のノルウィージャンスプリットトウ。ノルヴェジェーゼらしい力強いステッチが靴の周りを360度走る様は圧巻という言葉が相応しい。ペッカリーのような独特のシボ感が光る。

6.合わせた靴と手袋と時計(その3)

07a

薄茶の靴には金時計が合う。生憎薄型のドレッシーな時計がないのでロレックスのデイトジャストコンビで代用。一方のグローブはローマのメローラ製。シルクライニングのフォーマルなものだが専らカジュアルに愛用している。

~週末の日帰り旅行に行く~

7.ホワイトデニム&ブーツルック

02

まだ寒いが一足早い桜や盛りの梅を見る週末の日帰り旅行がこの季節の楽しみ。新しい白のセルビッジデニムにブラックフリースのBDシャツを合わせ、カシミアのウールパーカを羽織る。綺麗に羽根が閉じる誂えのブーツを履くと気分もギュッと盛り上がる。

8.合わせた靴と手袋と時計(その4)

03a

ブーツはお馴染み、クレバリーのノルベビスポークブーツ。ステッチのごつさはルーマニアのVASS並みだ。これに使い込んだデンツのペッカリーグローブとロレックスのデイトナゴールドを合わせる。旅行の時こそ日頃身に付けないアイテムの活躍時。

~プレミアムフライデーを味わう~

9.イタリアン&ブリティッシュで

08

「プレミアムフライデーは街に繰り出そう」ということで久々にクラシコ調のジャケパンルックをチョイス。サルトリオにインコテックス、シャツとタイはリヴェラーノとここまではイタリアンだが、靴と手袋は敢えての英国製。

10.合わせた靴と手袋と時計(その5)

09b

手に馴染み、少々緩くなった感のあるだデンツのペッカリーグローブだが暖かさは相変わらず。一方の靴はラルフローレンの傑作マーロウコードバンを更に進化させたギリーブローグ。仕上げの時計は着用度No.1、安心のロレックスサブマリーナ。

~週末のオフィスワーク~

11.ノージャケットで仕事をする

04_2

誰もいないオフィスで仕事をするならジャケットもネクタイも必要ない。好みのパンツとセーターで十分だが、そんな時でも靴とグローブのコンビには気を配りたくなる性分…ここでは焦げ茶の靴に同じ色目のグローブを合わせている。

12.合わせた靴と手袋と時計(その6)

05b

時計はいつものサブマリーナを締めて靴はフォスターのエプロンフロントをチョイス。手袋はブルックスブラザーズの焦げ茶がピッタリ…ということで久々に引っ張り出してみたもの。シャーリング(シープスキンの毛皮付)グローブはかなり暖かい。

靴とソックス、靴とパンツ、靴と鞄など靴を中心に据えて小物との相性を考える中に、今回「靴と手袋」が加わった訳だが、こうして色々な組み合わせを日頃から考えておくのも悪くない。いざ出かける時に迷わずに済むからだ。

週末は天気も温み、春らしい穏やかな晴天が広がっている。この冬手元を温めてくれたグローブやブーツ類もそろそろ次のシーズンまで暫しの休養に入る。忘備録としてブログにアップしたが、この後はゆっくりと手入れをしようと思う。

« New socks for Spring(春の靴下) | トップページ | My favorite Denim(お気に入りのRRL) »

スタイル(Style)」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!二月の最後の週は👢で決まりましたね!来週の半ばはもう3月ですから。👢もステキですがコードヴァンのギリーシューズも大好きですよ!正確にはギリー風とでも申しましましょうか?この👞は管理人様ご存知のごとくアイレットでギリーと見抜いた私の眼力をほめて下さった👞なんですが、未だに御褒美を頂いておりません!せめて座布団の一枚でも?『笑』

圧巻ですね…。
私は、靴が黒い場合はグレー若しくはシャモアの手袋を身に付けます。

JUN様 はじめまして。

いつも素敵な内容のブログを拝見させていただいております。この度も圧巻の内容で目の保養をさせていただいております。

ところで、JUN様は自転車で通勤されているとのこと・・・・

もし、よろしければどんな自転車なのかお教えいただければ幸いです。

当方、通勤に英国製自転車とイタリア製自転車を交互に乗っていたことがあり。つい書き込んでしましました。

浦野様

お休みのところコメントをいただき有難う御座います。

ギリーシューズをピタリと当てた浦野様、本来ならば座布団どころか金のくちばしに相当するのでおもちゃの缶詰をプレゼントしたいところです。

春になればローファーの季節到来、今シーズン最後のブーツや冬靴を今のうちせっせと履きたいです。

浪漫様

なるほどグレーかシャモアですね。グレーの手袋はあいにく持っていないのでやっぱり黒ですね…。

カープフィッシャーマン様

初めまして、当ブログへの訪問並びにコメントをいただき有難う御座います。

さてご質問の自転車ですが、生憎英国製やイタリア製の高価な自転車ではなく、通勤用はルイガノ、カントリーハウスではビアンキを乗ってます。通勤用の方はペダルを革靴に優しいものに替えています。

こんばんは。JUN様

ご回答ありがとうございます!!

通勤用はペダルを交換されるとは!流石です。

わたしは、以前、ビアンキのクロスバイクで通勤していたのですが

ペダルがスポーツタイプ特有のもので、革靴を傷つけてしまった

ことがあり、それ以来、英国製のラレーやイタリア製のパパチャ

リ(ペダルがゴム製のタイプです)に乗るようになった経過がご

ざいます。

もったいないほどの御返信ありがとう御座います。おっしゃるとおり👢は来月の二十日前後までしか履けませんね。こうして拝見させて頂いておりますと本当に管理人様はスクエアトウがお好きなんですね!ミッキーマウスの時計が良く似合っておりますね。

管理人様


今回、とりわけご紹介されているエプロンダービー。
私も管理人様に触発されて、初めて購入してみました。
スプリットトウ(でスキンステッチ)のG&Gのものがセールに出ていたので、購入した次第です。

前回及び今回の、エプロンダービーと小物類との組み合わせ、是非参考にさせていただきます。
*Apple Watch、買われたのですね。私も、機械式時計だけだと心許ないので、デジタル時計を目下探しているところです。

カープフィッシャーマン様

私も元々はペダルがスポーツ自転車用のものだったので散々靴底を傷つけました。

今はペダルを替えましたがよく考えると張り替えの効くウェルト靴ならば様々な理由で靴底を擦ったり削ったり、穴を開けたりということはままあることなのではとも思うので、最近はソールの傷をあまり深く考えないようにしています(^_^;)

浦野様

暑さ寒さも彼岸まで、確かにお彼岸過ぎたら秋冬物は手を出さないというのもキッパリとしていて良いですよね〜。

ところで今回アップした6パターンの靴のうちよく見るとスクエアは2型のみですね〜。後の4型はいずれもラウンドトウ…実は最近ラウンドトウに凝っているのです(^^)

やまだ様

まずは初エプロンダービーおめでとう御座います。
G&Gだととてもスマートでお洒落な一足なのではと推察いたします。新しく加わった靴を大切にお洒落を楽しまれてください。

アップルウオッチはシリーズ2になってからかなり進化したようです。次のシリーズ3?になればほぼ完成形になるのかもしれません。それより最近また機械式の時計が欲しくなってます。ダメですね〜物欲もそろそろ卒業しなければならないのに散財しまくっています。

いつもお世話になっております。
まとめてみると圧巻の一言ですね!
グローブもどれもこだわりと愛着を感じます。
紳士の装いはグローブをもって完結するのだなぁと思いました・・・。

当方、グローブは黒と茶のコンビですので、どちらにも対応できてしまうという手抜き作戦ばかりです(汗)

Junさんのように違いを楽しむ大人になりたいと思うのですが・・・道は遠いです(苦笑)

えいでん様

週末のコメントを有難う御座います。

黒の手袋は生憎一つしかなく、フォーマルなものを欲しいなと思うのですが、それを身に付けていく場面がすっかり減ってしまったのでついつい後回しにしています。

靴も実は同様で、この10年で大きく社会を取り巻く環境が変わりました。特にクールビズによるノージャケット&ノータイルックの定番化は大きく、黒紐靴の役割現象低下と相反するローファーの用途拡大、茶靴の市民権獲得など、昔作った黒靴は履く機会がめっきり減ってきています。

歳を取って仕事人生から解放された時に着れる服や靴は何か…そう考えて準備をするのが賢い着こなしかなぁと思うこの頃です(^_^;)

昨年末、グローブと靴のコーディネートのご披露をお願いしていたこともあり、感動いたしました。
ここまで圧巻とは!ため息が出るばかりです。
デンツ用にアップルウオッチを入手されていることを知り、心構えからして違うことを痛感しました。

自分もグローブを収集しようと思っていたのですが、先日AirPodsを片方落としてしまい、大切なグローブを片方紛失したトラウマが蘇ってしまいました。
どうやら自分にはグローブを楽しむ資質がまだ足りないようです。
当面は、このブログを見て楽しみたいと思います。

BB様

週初めのコメントを有難う御座います。

私もAirPodsを欲しいと思っているのですが中々買えなくて、そのままになっています。最近は服飾関係にあまり消費しなくなっているので、その分目新しいものに飛びつく傾向にあるようです(^_^;)

アップルウオッチ2もその流れのようで、普段は息子が付けていますのであまりする機会もないのですが、いざジムに行ったり汚れやすい作業をするときは役に立つ時計ではあります。

グローブと靴のコーデは、確かにBB様からリクエストをいただいておりましたが、すっかり忘れて夢中になっておりました。スミマセン(^_^;)
最近IGにアップしていたものを改めて寄せ集めました。

早とちりして申し訳ありませんでした!ビスポークの👢のインパクトの押しの強さに全てがスクエアトウと勘違いしておりました!手袋も素敵ですがこの靴群に合わせるソックスはどのような物かと思っております。

浦野様

有難う御座います。

中々手袋と靴と靴下と時計を一緒に撮るのができなくて…構図をもう一工夫すればなんとかなるかもしれませんね。

なんて言っているうちに春が来てソックスもステルスソックスになり、また次のシーズンまで手袋ソックス時計と靴のコーデはお預けなんてことになったりして〜(^_^;)

AirPodsのフィッティングは自分はどうも相性が悪いようで、時々落下させそうになります。さらに妻と娘からは、似合わないから装着したまま近所を歩くのはやめてほしいと頼まれ、早くも出番がなくなってしまいました。(涙)


ところで、今dマガジンで、出たばかりのメンズクラブの松任谷正隆氏のエッセイを読んでいたのですが


「1980年代のラルフが着たくなった。
なぜだか自分でもわからないが今の時代の風がそう思わせる、としか言いようがない」

「今の(RLの)服は軽く着やすくなっているのは事実だが、昔のようなどっしりした風合いがなく、質も落ちているような気がする。
多少の重さには目をつぶっても重厚感が欲しくなってきているのかもしれない」


などと書かれているのを読んで驚きました。
これはまさに、このブログで語られてきたことですよね。
もしかしたら管理人様は実は松任谷氏かもしれないと思ってしまいました。(一瞬ですが)

BB様

実は…

なんてことは全くないのですが、昔青山にあったマルベリーへ、マルベリーロンドン店で買ったオイルドジャケットを着て行ったら、店員に「それと同じものを松任谷正隆さんが着ています」と言われたことがありました。何となく着るものの趣味が似ている部分があるのかな…と、その時は漠然と思いました。

もっとも当方はメンクラ世代、範囲の狭いアメトラよりな服装を好むので、たまたま今同じフィーリングになっているだけかも知れません。それにしても80年代のラルフを着たいとは…当ブログを読んでいるのかもですね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« New socks for Spring(春の靴下) | トップページ | My favorite Denim(お気に入りのRRL) »