最近のトラックバック

« Vtg Ralph Lauren(80年代のポロ:その2) | トップページ | Go British(英国ブランドの小物) »

2017年1月28日 (土)

Gunclub Check(ウールの ダウンベスト)

週末は冬型の気圧も緩み、春到来を告げるかのような晴天だった。「ダウンジャケットの出番が少なかった…」という友人の言葉どおり今シーズンは暖冬のようだ。せっかく誂えたロングコートもクローゼットの中で防虫カバーに包まれたままだ。

代わりに大活躍したのがダウンベスト。手持ちの2着をとっかえひっかえほぼ毎日着回ししていたが、シーズン終わりになって新しいダウンベストが仲間に加わった。そこで今回は届いたばかりのダウンベストを中心に着こなしを考えてみたい。

1.ガンクラブチェックのシェル

05

茶系に赤の格子入りのガンクラブチェックはウール100%。襟部分はコーデュロイなので肌触りも良く汚れにくい。中身はダウン70%にフェザーが30%の平均的な割合。左右のハンドウォーマ付ポケットに加えて胸部分や内ポケットなど使い勝手が良さそうだ。

2.ダウンベストのコーディネート(その1)

02

ガンクラブチェックの下に着るならば無地が基本、ここでは編み込みが多少入ったセーターにしたが、ジャケットならばネイビーやブラウンの無地を選ぶだろう。耳付きデニムやワークブーツなどお気に入りのアメリカンカジュアルで組んでみた。

3.ダウンベストのコーディネイト(その2)

03

スノーフレークパターン入りの手編みセーターはラルフローレン。対するダウンベストもラルフの逸品。同じブランドならばテイストは共通、しかもウール地の緑縞や裏地の緑を意識して合わせた緑のセーターならば相性が良いのは言わずもがな。

4.デニムの腰回り

06

ラルフローレンの広告でよく見かけるのが上から羽織ったセーターの真ん中から敢えてベルトのバックル部分やベルトの端をチラリと覘かせる着こなし。ここではバックルよりもすっきりとしたOリングタイプのベルトを選んで覘かせてみた。

5.凝った作りの手編みセーター

04

遠目には緑に赤と白の模様だけ、ところが茶色の縞や緑の部分に編込模様が入るなど凝った作りのこのセーター、実はハワイのRLブティックで買ったものだ。常夏の島でセーターを買うなんて思いもよらなかっただけに記憶に残る1着となっている。

6.ハンチングを合わせる

07

今年はハンチングを被る機会を設け、「被り慣れ」したいと思っている。ロックのハンチングを取り寄せたばかりだが、ここでは日本を代表してVANのブラックウォッチハンチングを合わせてみた。つばを曲げて被っているうちに大分頭に馴染んできたようだ。

7.シャツ&タイ

01

セーターの下にネクタイ…ラルフ流プレッピースタイルの一つだ。この場合ネクタイはチーフ同様アクセントと考えたい。コーデュロイの襟首に合わせて茶系のネクタイ<ラグビーby RL)を締め、青と緑の2列縞BDシャツ(91年製ブルックス)を合わせた。

8.ガンクラブチェックのトートバッグ

08

90年代初期だから既にかなりの年代物となるガンクラブチェックのトート。度々登場する英国製ポールスチュアートのものだ。ダウンベストの柄とぶつかるかと思いきや相性は抜群。やってみなけりゃ分からないのが柄合わせということか…。

9.

09

リジット状態だったジーンズをワンウォッシュしたら縮み皺があちこちに出来たので、アイロンを当てて生地を延ばしている。そのせいかパンツにクリースが付いているが、チノパンだと思えば悪くない。そのまま撮影することにした。

10.ロングブーツ

11

アメリカのワークブーツメーカー、ソログッド(thorogood)に別注を掛けたワークブーツはRRLブランドのもの。ソログッドで言えば8インチクラスのブーツに当たる長さだ。色褪せた感じのレザー使いがRRLの世界観にマッチしている。

11.ジーンズの裾処理

10

RRLのジーンズは全てチェーンステッチの裾上げ。裾が長いので直しを入れるならばチェーンステッチに拘りたい。昔と違ってチェーンステッチのできる店も増えたようで、これは街中のリォーム店へ出したもの。実に上手に仕上げてくれた。

節分の名のとおり、季節を分ける豆まきが終われば、季節は冬から春へと移っていく。冬物をクローゼットの奥に仕舞い直す作業も間近だが、3月の大雪という例も多い。少しずつ衣替えをしながら4月の桜を待つのが賢いやり方だろう。

真っ先に仕舞うのがロングコートならば、最後まで手前に残したいのがダウンベスト。何しろ4月の花冷え時にも重宝するのは既に経験済み、今回紹介した新着のベストを加え、3着あれば残りの寒い季節を乗り切ることが出来そうだ。

« Vtg Ralph Lauren(80年代のポロ:その2) | トップページ | Go British(英国ブランドの小物) »

カジュアル(Casual wear)」カテゴリの記事

コメント

ダウンベストは日本の冬にとても重宝しますね。私も一着愛用しているお気に入りがあります。

今日、1月30日よりまた今の時期みたいに気温が下がるとか、季節感ピッタリのコーディネートですね。千鳥格子のベストなんて素敵です!以前にもベストとセーターの組み合わせを拝見させて頂いたようですね。私は今日は久々の小倉詣で。さて何を着ようかな?

jubileeさん

お休みの夜遅くコメントをいただき有難う御座います。

最近の暖冬傾向からすると真冬のロングコートやダウンジャケットの稼働率はかなり低くなりそうで、反対にライトなダウンベストがこれからも重宝しそうな感じがします。

1週間分の五着欲しいくらいです(^_^)

浦野様

日付が変わって月曜の深夜にコメントをいただき有難う御座います。

月曜から気温が下がるとのこと…九州も寒いのでしょうか?東京ではまだ暫くは冬物が欠かせませんが、少しずつ春物を用意していきたいなと思っています。

今回の小倉詣ではネクタイ有りのスタイルでしょうかそれともカジュアルドレスでしょうか…季節的にはもうチノパンが履きたいところですね〜。

管理人様

思わず12月3日の記事を読み返しました。同じ製品の生地、色違いでしょうか?ウールのパンツも勿論合うと思いますが、やはりデニムの方が若々しくていいですね。
私はウールのダウンベストは持っていないので、来シーズンは挑戦したいと思います。

暖かい御返信。ありがとう御座います!久々の小倉詣でですのでJPの4釦の紺ブレにラルフローレンのフラノのライトグレーのパンツ、足元は当初RLのスエードのSTでしたが出かけは小雨模様でしたのでREGALのスエードのWTに変更しました。こちらはダイナイトsoleなので安心です。レイスは以前岩田屋でお会いした三橋様に作って頂いた赤色ですよ。🌃はGUCCIの濃いイエローの小紋のネクタイ締めます!

PMT様

週明けのコメントを有難う御座います。

流石ですね〜、12月3日のヘリンボーンダウンベストと同じデザインです。とても扱いやすい型なのでつい色違い&素材違いを買い足してしまいました。

最近はカジュアルな服装で過ごしたい気持ちが高まっているので、デニムに合わせるものがどんどん増えています。スーツはもう要らないほど持ってますし、ジャケットも十分です。あとは趣味のヴィンテージものをコレクションするのが目下の楽しみです。

浦野様

ちょうど今グッチのビットローファーをネットで探していたところでした。家族の誕生日用にと思っているのですがいざ探すとなると定番ものは中々ないですね〜。

そのグッチのタイに赤い紐付きのスエードウイングチップというのがまたお洒落で良いですね〜。しかも上はダブルの4つ釦ブレザーとくればどこに立ち寄られてもその場が素敵な雰囲気になること間違いなし…。

楽しい小倉の夜をお過ごしくださいませ( ◠‿◠ )

おお!ガンクラブチェックの雰囲気とそれをまとめ上げるコーディネートがまた粋ですね!

柄合わせが滅法苦手な私としては、本当にJunさんの着こなしが教科書です!

確かにダウンベストは最近のビッグシルエット的なスプリングコートの下に滑り込ませても着れるので、着る時期が長いですよね。
お気に入りを足したい気持ちはものすごくわかります(笑)

全体的にアメリカ的なアイテムの向こう側にイギリスが見える装いにとてもワクワクしてしまいました。
いつも本当に素敵な提案をありがとうございます!

私も、このガンクラブチェックのダウンベストが気になっていました。買い足されていたのですね!

ツィードはヘリンボーンを入手すると、着回しがきくのでつい満足してしまいますが、ガンクラブチェックも存在感があるのですね。緻密に計算されたニットとのコーディネートがあってこそと思いますが。
私もオウンメイクのガンクラブチェックジャケットがしまったままだったことを思い出しました!

えいでん様

週初めのコメントを有難う御座います。

えいでん様から教わったアメカジの楽しさを、長年敬愛するラルフローレンの世界観と、イギリスやらイタリアやら今まで慣れ親しんだアイテムで組み合わせて着こなしを楽しんでいるところです。

今回はハンチングとベルトを除いてアメリカンブランドで組んでいますが、製造は中国製のニットやらイタリア製のネクタイやら、そして本家US製造ものまで色々でした。アメリカの新大統領が唱えるような一国の製造業だけで国が成り立つ時代ではないことが見えてきます。

BB様

週初めのコメントを有難う御座います。

BB様もガンクラブチェックのダウンベストが気になられていたんですね。私もヘリンボーン柄のものを購入した時からこちらのガンクラブチェックバージョンが気になっていました。結果的に当時より安く買えたのでオンラインショッピングは有り難いものだとつくづく思います。

BB様がお持ちのガンクラブチェックのジャケット、とても素敵な着こなしができそうな予感がします。ぜひ引っ張り出して着てみてくださいませ。オウンメイクならば雰囲気はこの上なくアメリカンな感じではないでしょうか(*☻-☻*)ドキドキ

管理人様、新年明けましておめでとう御座います(笑)。本年も、お買い物ブログを楽しみにさせて頂きます。宜しくお願い致します。さて、唐突ですが、数年前に秋葉原で開催された私物販売会、今後は開催のご予定はあるのでしょうか?実は、あの販売会において、パニコのジャッコーネという渋いハーフコートを購入させて頂いた者です。後れ馳せながら、あの節は大変にお世話になりました。管理人様に身分を明かしたくなかった訳ではないのですが、ともすると、ネットは「炎上」という、現実からは少しばかり乖離した、それでいて、微妙にではあるものの、現実と何らかの有機的連関を持っているという、ネット社会特有の、実に独特な環境が発生する可能性があります。まずは管理人様にご迷惑をお掛けしてはいけないと思うのと、私もかつて某芸能人のブログにてボヤ騒ぎを起こした事があり、管理人様も私も、か弱き一般人ですので、やはりネットでの交流は、深入りはよろしくないかと思い、あの販売会の件は特に話題にしなかったと記憶しております。「~と記憶しております」と申し上げましたのは、もしかしたら、管理人様の過去のブログを遡れば、販売会で購入した話を投稿させて頂いたかもしれない、その記憶は最早定かでないし、ブログのコメントを遡るような人は、まさかこの現代社会にあっては居ないだろうとの考えからです。いや、「ネット社会」の病理として、そのようなお考えを抱く特殊な人も存在するかもしれません。兎に角、ネットは楽しいですし便利ですが、面倒臭い側面も御座います。今後も、その微妙な世界を程好く楽しもうと思っておりますが。さて、かのハーフコートの後日談ですが、あの渋さ故に着こなしが難しく、その後、銀座の馴染みのリサイクルショップに買い取ってもらい、現在は現在はどなたか洒落者の手に渡っていると思われます。私自身、ここ数年、買い物の形態やモノの価値に対して変化が出て来ているのと、単純に、世の中に「面白い」、「素晴らしい」と胸をときめかすモノとの出会いが少なくなっています。これは、加齢と、収入の微増も影響していると思いますが(笑)、兎に角面白いモノが減ってきているのが実感です。これは現行ラルフローレンの衰退とも関係あるでしょう。このようなつまらぬ現状にあって、管理人様と管理人様お知り合いのような洒落の分かる方にエンターテイメントを提供して頂けるととても嬉しいのです。当方、TwitterもInstagramも現在はやっておりませんが、もし今後、Instagram等で参加を募って頂けるのでしたら、もう一度Instagram位ならばやってみようかなと思っております。結構疲れやすいので、また直ぐにアカウント削除してしまうかもしれませんが(笑)
長い文章になりましたが、本年もどうぞ宜しくお願い致します。失礼致します。

まこと様

懐かしい話を有難う御座います。

実はその後もう一回ガレージセールをやろうかと友人と話したことがありますが、仕事が忙しくなり、会場までとっておいたのに中止したことがあります。

今はそのような機会を設ける話は出てきていませんが、またやるかもしれません。その時はお知らせしたいと考えていますので、会場でまたお会いできれば幸いです。

〉管理人様
ご返事有難う御座います。余暇の楽しみ、気長に、そして期待してお待ち申し上げます。どうかお身体ご自愛下さい。当方も、なかなか買い物は止められません(笑)。ストイックな生き方、ミニマルな生き方が苦手です。つまり意志が弱いのです(笑)。でも買い物は、ストレス発散という側面もあるかもしれませんが、それよりも、エネルギー源や発奮材料として有効ですから、今後とも、集めては手放し、手放しては集め、好みを固めていければ良いなと思っております。

管理人様、返信遅くなってごめんなさい。今回も楽しく豊前小倉の素敵な🌃を堪能してきました!魚町にあります、武蔵と言うそれは小倉では有名な、何十年も値上げしてない居酒屋で長崎のお方とお話しが出来ました。翌日今泉に寄りますと私の担当の男性スタッフがこのブログを拝見させて頂きましたと、丁寧な御言葉をかけて下さいました!BBの事を良くアップしてくださりまして感謝しておりますとお伝え下さいとおっしゃってました。後ほど詳しく書き込みさせて頂きますので。

管理人様

コメントをありがとうございます。管理人様のコーディネートを見て、自分がガンクラブチェックジャケットを着なくなった理由がわかりました。自分の合わせる靴がジャケットに負けていたのですね。早速ブーツを調達しました。
これでガンクラブの出番は激増すると思います。
ご指南ありがとうございました。

絶妙な手編みのニットはハワイのRLで購入されたとのこと。いつ頃のことでしょうか。
昨年DFS店に立ち寄りましたが、ざっと見ただけで数分で退出してしまいました。もしもこんな逸品を見逃していたとしたら非常に残念です。

まこと様

買い物は衣服や革製品に限らずワクワクしますよね〜。ただ、スーツやジャケットといったオフィシャルなものや黒紐靴などは視界からなくなってきました。

ガレージセール仲間も、形に残らないものにお金を使いたいね〜と話しています。旅行であったり、おいしいワインであったり、ものが増えすぎると処分する時が必ず来るのでその時を考えるとそろそろ打ち止めに…と思っているのですがどうも中々そう上手くはいきません。

またお時間があるときにお探しものがあればメールでお知らせください。コメントを送信する際にアドレスを書き入れてから送っても画面には出てきませんが根理画面では確認出来ます。

浦野様

歴史ある居酒屋で同郷の方と一献傾けた小倉の夜、さぞ楽しかったであろうと想像します。

翌日のBB詣では、当ブログの話まで出していただき恐縮です。最近はラルフローレンの出番が多くなってますがブルックスブラザーズのエントリーも多数ありますので、多少貢献できたとすれば幸いです。

BB様

ガンクラブジャケットに合わせてブーツを買われたのですね。どんなブーツがとても興味が湧いてしまいました。

おっしゃる通りガンクラブチェックはかなりインパクトが強いので、やわなローファーでは負けてしまいがち。ソールの厚いダービーシューズやブーツが合いそうです。

件のセーターですが、アラモアナショッピングセンター内にあったラルフローレンのブティックで買いました。今も同じ場所にあるか分かりませんが、当時はどこに行ってもあの重厚な感じの店構え、サンド色の絨毯が似合うサファリシリーズ華やかだった頃です。

今年の夏は長期の休暇を貰って海外に家族揃って行く計画です。最近までアメリカ長期滞在をと考えてましたが、混乱がありそうなのでイギリスとスコットランドをメインに後フランスを少々に変更しようと思ってます。せっかくプレジデントが唱えるバイアメリカンをと考えていたのに残念ですが…

管理人様

なにぶんブーツは素人なもので(汗)。仕事帰りに立ち寄った閉店間際のリーガルでウイングチップブーツを入手しました。
ガンクラブチェックジャケットと短い丈のBFのフランネルパンツにあわせれば、休日の仕事にも使えると思ったのと、裏地がゴアテックスなので完全防水レインシューズにもなると言われたのが大きかったです。
実用本位で、洒落っ気がまるでなくて恐縮です。

昨年アラモアナのRLには行っていませんが、ワイキキのブティックの品揃えは銀座のデパートみたいな感じでした。ちょっと寂しいものがありました。

この夏は長期欧州ですか!
自分が行くわけではないのに、ワクワクします。今から戦果を楽しみにしています!

BB様

ウィングチップブーツならばガンクラブチェックにも負けない足元になりそうですね。

しかもリーガル製で防水機能もあるタフなブーツならばガンクラブチェックの名のとおり、ハンティングで着用した柄の出自にもぴったりかと思います。

この夏の欧州旅行は車で英国とスコットランドを回るのが中心、後はユーロスターでパリに行けたらと考えていますが、物騒なパリよりはイタリアか英国のみにするかも少し迷っています。

この夏はビスポークの予定は全くなしですので、30年物のスコッチウィスキーとかアンティークのカフリンクスとかそんな感じのものを買って帰るだろうなと…。

服飾関係の戦果は0かもしれません(爆)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205243/64824667

この記事へのトラックバック一覧です: Gunclub Check(ウールの ダウンベスト):

« Vtg Ralph Lauren(80年代のポロ:その2) | トップページ | Go British(英国ブランドの小物) »