最近のトラックバック

« Suede boots(裏革のブーツ) | トップページ | ファッションアワードの受賞 »

2016年12月 3日 (土)

ダウンベストの季節(その2)

台風の多い年は厳冬になると聞いたことがあるが、その割には12月に入っても暖かな日が続いている。今年も暖冬なのだろうか、街行く人のアウターも軽めのものが多い。若いビジネスマンはスーツにマフラーだけの溌剌とした姿で通勤電車に乗ってくる。

こう暖かいとダウンジャケットでは流石に暑いが、そんな時は袖なしのダウンベストが重宝する。スーツやジャケットの上からでも、あるいはGジャンやセーターの上から着ても様になる優れものだ。そこで今回はダウンベストの続編をお送りしようと思う。

1.ツィードのダウンベスト

00

以前も紹介したがツィードのダウンベストはこの季節のマストアイテムだ。仕事着にも休日のカジュアルルックにも合う懐の深さはツィード素材のなせる技だろう。ここではニット&デニムルックのカジュアルルックに合わせてみた。

2.グリーン基調のレイヤード・ルック(その1)

01

好きなグリーンを多用したレイヤード・ルックに挑戦してみた。袖があるダウンジャケットではインナーに何を着てもほとんど目立たないままだがダウンベストならば重ね着の甲斐があるというもの。マフラーも合わせるとなんと4層も重なっている。

3.グリーン基調のレイヤード・ルック(その2)

03

ベースのBDシャツは25年物のLLビーン。勿論米国製で、ドレスゴードン柄のオックス生地から黄色の格子が色抜けするほど着込んだものだ。上にブルックスブラザーズのウールジップアップパーカを羽織り、ポロのツィードベストを重ね着している。

4.ウールハンチング

09

ベースボールキャップほどカジュアル過ぎないハンチングが好きでブラックウォッチのものを新調してみた。どちらもタータン柄ということでドレスゴードンのBDシャツとの相性はすこぶる良い。さらに上からぶら下げたマフラーもタータン柄…タータン3重奏だ。

5.懐かしのVAN

02

一世を風靡したみゆき族の御用達VAN、世代が違えどアイビー好きとしてはハンチングもVANがマストだ。ということで久しぶりのVAN製品は両脇のエクステンションが往年の尾錠付アイビーパンツを髣髴とさせる出来映え。これぞアイビーという感じだ。

6.ジョンストンズのマフラー

05_3

お気に入りのカシミアマフラーはジョンストンズ製。オンラインショップで購入した中の1点で、柄の名はアンティークロイヤルタータン。ベースの色が赤の場合はロイヤルタータンだが橙になるとアンテーィク…となるようだ。タータンチェックは奥が深い。

7.腰回り

04_2

ジーンズのベルトループは大きめなので細いベルトでは心もとない。ラルフ御大がよく身に付けているコンチョベルトが欲しいところだがないので手持ちのベルトを巻いてみた。分かり難いがジーンズのステッチはオレンジとイエローの2糸使いという凝った作りだ。

8.リジットジーンズを洗う

06

前回も紹介したユニクロのリジットデニム。通常のユニクロジーンズはカイハラ製デニム地を中国で縫製しているが、このジーンズは全て国内生産のプレミアム品だ。90日履いてから洗うと良いそうだが、そこまで我慢できずに早々と洗ってしまった。

9.シャツに合わせて

07

ドレスゴードンのシャツに合わせて同じ柄のトートバッグを用意した。ブラックウォッチのトートがPVCコーティングなのに対してこちらの素材はコットン、雨や染みには弱いが発色の綺麗さは中々のもの。天気の良い日にはランチセットを持って出かけたくなる。

10.ブルックスのスエードブーツ

08_2

前回も紹介したブルックスのスエードブーツ。ブルックスには珍しいプランテーションクレープソールを採用したおかげで履き心地は最高、唯一自社の名前を出さず黒幕に徹するオールデンのお蔭だ。何処までも歩いて行きたい…そんな気になってくる。

昨年は暖冬と言われたが、年明けから急に寒さが厳しくなった。実はそんな時でもコートを羽織らずダウンベストで過ごす日が多かった。カシミヤのコートは肌触りも良いしリッチな雰囲気も味わえるが、防寒着としては重く軽快という訳にはいかない。

その点ダウンベストは腕まわりが少々寒いが、肝心のボディを暖かく覆ってくれるので思ったよりも寒くなく何より軽快だ。ここ数年で中綿タイプも含め冬用のベストがだいぶ揃ってきたが、今シーズン、もう何点か買い足してしまいたくなるほど愛用している。

« Suede boots(裏革のブーツ) | トップページ | ファッションアワードの受賞 »

カジュアル(Casual wear)」カテゴリの記事

コメント

タータンの良い所は、複数を組み合わせてもお互いが喧嘩をしないで上手く纏まるところかもしれませんね~。
素敵な組み合わせです。

私もハンチングが好きで、ロックやクリスティズなど愛用しています。
今年の夏はoldhatというお店オリジナルのハンチングを購入したのですが、中々良かったです。
帽子も、被り慣れてくると手放せなくなりますよね。

おお!見事なレイヤリングに見入ってしまいました!
チェックの重ね合わせがまた素敵ですね。
この装いならば真冬前でも暖かく過ごせそうですし、
なんといっても楽しくなりますね!

眺めていたらツィードダウンベスト、ウールパーカーと
またもや欲しいアイテムが出てきてしまいました(笑)

ウールという天然素材はなんとも魅力に溢れてますね。

浪漫様

お休みのところコメントを頂き有難う御座います。

ハンチングはロックのものを買おうと思っているのですが、セールにならないかな~なんて待っているところです。何しろデンツもグローブのセールをやっていましたので…

それと、浪漫様が仰るように、確かにタータンの良いところは重ねて着てもバッティングしにくいところでしょうか。尤もタータン着用を本来許されている氏族の方々は決してほかの氏族のタータンを重ねるなんてことはしないと思いますが(汗)

えいでん様

お休みのところコメントを有難う御座います。

仰るようにダウンベストのシェル部分がツィードやウールになるだけでぐっとタウン用に合わせ易く、カジュアルドレスの雰囲気にもっていきやすくなります。というところで、悪い癖なのですが同様のツィードのダウンベストがもう1枚欲しいなと画策中です(笑)

後、ウールのジップパーカが中々使い心地がよくて病み付きになっています。一番最初に買ったイタリア製のものは着古して処分したので今は黒と青と緑の3枚体制にしていますが、これももう1枚欲しいな…なんて思っています。

その前に着なくなった服は処分しないといけませんが(大汗)

タータン三重奏をツイードのダウンベストで締める…今回も見事なコーディネートで思わず見取れてしまいました。
トートの柄と25年物シャツ、ハンドル部とオールデン製ブーツの組み合わせなど細かいところまで計算し尽されているので、この雰囲気が醸し出されるのですね。


ウールのジップアップは私も重宝しています。
特にRLのゴルフウエアのジップは、結局一回もゴルフで使われることなく、街着として活躍しています。


このブログでのVANの登場は、意外というか新鮮な感じがしました。
自分の手許にあるVANといえば、もはや数年前のボートハウスとのダブルネームくらいしかありませんが、このダブルネームのトートを使っていると、結構声をかけられます。
今でもブランドとして、やはり別格のものがあるように感じます。

BB様

お休みのところコメントをいただき有難う御座います。

タイトルこそツイードベストになっていますが、着たかったのはグリーンのウールジップパーカでした。そこから下に着るドレスゴードンのBDシャツとユニクロデニムを決めてトートバッグとブーツを合わせ、仕上げがツイードベストに帽子とマフラーといった感じでした。

VANはやはり特別、帽子以外に若い頃買ったキャメルのブレザーがまだあります。何しろ親が記念に買ってくれたものなので捨てられません。息子に譲って三代着る…なんてことを夢想しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Suede boots(裏革のブーツ) | トップページ | ファッションアワードの受賞 »