最近のトラックバック

« ファッションアワードの受賞 | トップページ | Sleep'n wait for good luck(果報は寝て待て) »

2016年12月17日 (土)

Like will to like(類は友を呼ぶ…)

最近改めてラルフローレン、それも以前の製品に目が向いている。ブルーレーベルと呼ばれる新商品はどうも相性が悪いので、買い物に出かけてもブティックより古着屋に、ネットでもオフィシャルサイトよりオークションに目が行ってしまうことが多い。

ラルフローレンのフットウェアの中でも特に人気の高いコードバンシリーズも既に発売されて随分経つ。昔のモデルが欲しいと思っていたところ、ここで運よく手に入れることができた。そこで今回は届いたばかりのラルフ旧製品を紹介しようと思う。

1.類は友を呼ぶ

00

こうしてラルフローレンのコードバンシリーズを紹介するのは何回目だろうか。諺に類は友を呼ぶと言うのがあるが、コードバンの靴を履いていると自然とコードバンの靴が集まるようになる。今回も以前紹介したものとよく似ているがどうやら色が違いそうだ。

2.リボンローファー"RHETT"

01

到着したのはラルフローレンらしいアイビー調のローファー"RHETT"(レット)。レットとは男性の名前らしいが、最近のものよりも明るいラベロコードバン色をアッパーに用い、鮮やかな緑のリボンをサドル部分に巻いたなんとも魅力的な1足だ。

3.買い逃した逸品

02

09年から展開したこのRHETTはリボン部分が赤や青、緑や橙など何色かあったようだ。最後に見たのはもう5年以上前だったと思う。当時は本国しか配達しないラルフローレンのオフィシャルサイトで見かけ、欲しいと思ったが諦めた経緯がある。

4.ソール

03

今回手に入れたのはebay、以前のオーナーが靴の修理屋に頼んで踵にゴムのチップを付けさせていたようだ。個人的には踵が安定しなさそうなので、つま先にメタルチップをお願いするついでに踵のゴム製品は取ってしまおうかと考えている。

5.サイズとウィズ

04

サイズはアメリカンサイズの9.5‐D。ただしウィズが細身なので英国サイズに換算すると8.5‐Eということになる。通常ならばやや大きいと思いがちだが、今の季節のように厚手の靴下で過ごすならば何の問題もなく、試した限りではドンピシャだった。

6.靴の外側と内側

05

欧米の人は足裏から踝までの長さが長いのだろうか踵部分の履き口までの高さがかなり高い。自分の足には少々高すぎてに履き口が触れるのが気になる。誂え靴ならば大きく抉らせることもできるが、既成靴となればそうもいかない。

7.摘みモカ部分

06

クロケットらしい間隔の大きいステッチがU字型に並ぶ。このあたりはオールデンに代表されるアメリカンハンドソーンのチャーミングさとは大分異なる。左右でヴァンプ部分の色が違うのはクロケットでも同じ…もはやコードバンの宿命ともいえる。

8.バックル部分

07

ちゃんとバックルやバンド、ループも機能する。もっとも緩めたり、締めたりすることはない。あくまでも飾りだ、が手抜きをせず作り込むことで靴全体を見た時の存在感が大きく違ってくる。このあたりはラルフローレン社からの指示だろうが流石だ。

9.踵部分

08

クロケットの靴はグリーンやロブに比べると踵が抜けやすい。ただ、この靴の場合踵のカーブがしっかりと付いたラストをチョイスしているようだ。見ただけでも踵への食いつきが良さそうに見える。この後試し履きをして、早速確かめたい。

10.エンブロイダリーパンツと合わせて…

09

カラフルな色目のリボンは流石にビジネスに履くのは難しい。いきおいオフ専用となるが、デニムよりはコッパン、しかもプレッピー調のエンブロイダリーパンツとの相性が良さそうだ。ただしパンツも靴も派手になるのでソックスは無地に抑えておくのを忘れずに…

サイズがやや大きめとはいえ、長年探していたリボンローファーを見つけることができたのは世界中から個人売買の品が集まるebayならでは。残念ながら日本のヤフオクでは欲しいものが見つかるまでにうんと時間がかかってしまう。

実はこの靴以外にも欲しいものを何点か買った。いままで探しても見つからなかったのにebayならある!ことも多い。おかげでつい買い過ぎたが、オークション形式も即売形式も慣れるとebayが俄然便利な存在に浮かび上がってくる。

« ファッションアワードの受賞 | トップページ | Sleep'n wait for good luck(果報は寝て待て) »

ショッピング(Shopping)」カテゴリの記事

コメント

ヤフオクでは欲しい物が見つかるのに時間がかかるとのこと、その通りだと思います。
何故かヤフオクではふらっと見ているときに限って、これはいいな!と思うものが出てくる気がしますし、そういうことが多いです。

ロマン様

お休みのところコメントを頂き有難う御座います。

国産のものを探す時はヤフオクが便利なのですが、海外製品を探す時はその国のオークションサイトにアクセスするのが一番ですね。

ebayで購入したものはどちらもアメリカからでしたが、やはりアメリカは広いだけあってアイテムも色々と出されています。もっとも人気が出そうなものは世界共通で、ビットしても競り負けてしまうことが多いですが…。

先日表参道の戦艦店に行きましたがつい夏まで展示されていたコードヴァンシリーズが無くなっていたような気がします。悲しいですね。

これぞラルフローレン!と言える商品だったのでそのような個性のあるアイテムがあまりにも希少になるとアウトレットにもありそうな製品に正規の値段をわざわざ払いたくなりたくなりますね。そのような意味では拘りの強い、法外では無いプライス設定のRRLにまたチャレンジしてみたいです。

管理人様がおっしゃる通り、メインラインであるポロラルフローレンのブランドをいかに再建させられるかに会社の繁栄がかかっているように思えます。一昔前はラルフローレンが衣装を手掛けた映画はアニーホールやグレートギャッツビーがあり、憧れの対象に見えました。是非アメリカ国産に拘るなで展開商品の数を減らすなりの手法によりカッコ良さを取り戻しつ欲しいです。

管理人様

これぞRL!というコードバンですね。でも、このシリーズはリボンの色違いを探してしまいそうです。危険な香りがします・・・

でも、それがRLの魅力なわけで。
これぞRL!と思った製品は、そのヴァリエーションをコツコツ集めたものです。

今、自分にとってそう思えるRLは本当に少なくなってしまいました。カシミアのケーブルニットくらいですか。これはポニーもついていないし、滅多にセールにもなりませんが、これからも買い集めていきたいと思っています。

RLにはこういう「集めていきたい!」と思わせるようなモノを腰を据えて作っていってほしいと、切に思います。

リボンとbuckle。この2品の使い方はラルフローレンが最も得意な分野ではないでしょうか!私もbuckle付きのスリッポンはヌバックのベージュ色のポロカントリーと一見コードヴァンに見えるヴァーガンデーカラーのスリッポン。どちらも南千住で造られました製品です。もちろんヒールは鳩の尻尾ですよ。それにしても目の覚めるような若草色に感激です。誰だっけかなこの色がお好きな御方は『笑い』

アラキ様

お休みのところコメントをいただき有難う御座います。

アメリカ本国のサイトを見てもコードバンの靴は殆どかサイズ切れ、なのにセールにならないところを見ると品薄状態なのかもしれません。コードバン靴の品薄状態はひとえにシカゴのタンナー、ホーウィン社の鞣しにかかっているかと思います。

メインラインのポロラルフローレンの魅力が失せたのはある意味当然でパープルレーベルや廃止されたブラックレーベル、ポロクロッシングにダブルRLなど個性のあるサブブランドがどんどん出てくれば皆の興味もそちらに行くのは当然、土台が疎かになっていたのかなぁと思いました。

BB様

お休みのところコメントを有難う御座います。

そうなんです。このシリーズ、リボン部分が赤も青も橙も、どれも良いのでもし未使用があれば集めちゃうと思います。

BB様お薦めのラルフローレン カシミアケーブルニットは発色といい、ケーブルの畝の感じといいとても良いですよね〜。昔から広告に使われていたいかにもラルフローレンらしい魅力に溢れた逸品だと思います。

このところラルフローレンがマイブームなので、ラルフ氏の50年の功績に敬意を評する意味でも、ちょくちょくポロの逸品を紹介していきたいと思います。

浦野様

なるほど確かに、リボンとバックルはどちらもラルフローレン氏のデザインソースにありますよね。アイビーと言おうかプレッピーと言おうか…

そんなソースをローファーのサドルににビビットな色目で盛り込んだラルフローレンのセンスは本当に大したものです。これを欲しくなる人は結構いるんじゃないでしょうか。

通常のbuckle付きの👞のbuckleは上から下へ通してありますがこの👞のbuckleは下から上へ通すようになっていますね!そこがラルフローレンの魅力でしょうね!

浦野様

なるほど言われてみれば確かに…と、よく見て見たらやはり上から下に通していますが、デザインの妙でどちらにも見えるようになっていますね。

細かなディテールですが手を抜くことなく突き詰めて行くことでチャーミングな靴が出来上がるんでしょうね。

やはりラルフローレン社のデザインチームの底力は凄かったんだなぁと改めて思いました。

そうですね!だから私もどっぷりとRLの👞にはまってしまい2ダース近い👞群を所有しております。

浦野様

RLだけで2ダースですか…それは凄いです。

私は1ダースくらいでしょうか。流石はRLをお好きな浦野様ですね~。

久々にコメントを投稿させて頂きます。
ラルフローレンのシューズ類(C&J製)は一度は足を通してみたいと思っています。ただeBayは怖くて入札出来ません。

クロケットと言えば・・・

まさに本日、BBから(限定だそうですが)BFの案内が送られて来たので、思わず買ってしまいました。
ネイビーのスリッポンですので、おそらく管理人様とお揃いになってしまったかと思います。失礼いたしました。
クロケットは初めてですので、管理人様のアーカイブで勉強しようと思っています。

👞箱、それに👞袋からトゥが見えるアングルはローファーやギリーシューズなどが過去にありましたね。よーく覚えております。思えば他のブランドの👞もあったはずですが私はこの2足に強烈な思いがあるんです。なんたってラルフローレンですからね!

まこと様

ebayは時々する程度ですが、品物が届かないなどの場合、ギャランティが付くのであまり大物でないものを買うようにしています。

日本のヤフオクよりは見ていてオオッと思うものがあるので飽きることが有りません。

BB様

なんと、BFのネイビーグレインレザー、タッセルスリッポンが限定で出されたのですか*\(^o^)/*

それは凄い、実はネイビーのタッセルもよく履いんです。中々気に入っているのでBB様も気にいること間違いなしですね〜。

履いてみた感想などお聞かせ下さいますと参考になります。

浦野様

ちらっと見せる写真を最初に持って来て興味を引く。

よくあるやり方ですいません。近いうちにまた別の靴でやろうかなと思っています。それを見たら、アァまたこれか〜なんて思われるかもしれませんね。何しろ最近昔の靴を新品で買うのに嵌っているので…。

この前はラルフローレンのクロコが出物でしたが、残念なことに買い逃してしまいました。

管理人様

コメントをありがとうございます。
BFのオンライン購入実績者に案内を送ったとのことでした。
勢いで2足買ったのですが(汗)、瞬殺だったようです。
今まで、いろいろと服を買ってきましたが、足元は恥ずかしいほど手抜きでした。
このブログに出会って遅まきながら靴にも興味が湧いてきました。
よろしくお願いいたします。

BB様

そのお話はブルックスブラザーズジャパンのことでしょうか…私は生憎実績がないので…。それにしても今となってはもう作られることのない、ブラックフリースの名靴、しかも2足のまとめ買い、良かったですね〜。笑う門には福来るでしたね😊✨✨✨

管理人様

レスをありがとうございます。
仰る通り、BBジャパンからの案内でした。
BFはマディソンでも買いましたが、大半は国内で買ったもので。
本当は管理人様のように、本国から取り寄せるような買い方ができればいいのですが。

思いがけず最後のBFを買うチャンスだったので、タッセル以外もいろいろ散財してしまいまた。
これからは管理人様のように、過去の逸品にも目を向けていこうと考えています。

BB様

それは素晴らしい。

やはり顧客になっておくと良いことがあるんですね〜。お話から察するに靴以外にも色々なものがあってそちらもゲットされたような…ただの古いものや人気のないものとは違う、惜しまれながら生産を終了したBFですので、これはと思うものがあれば買いですよね〜。

今回のラルフローレンで言えば、ポロダンガリー、ポロカントリー、初期の英国製パープルレーベル、ポロスポーツなんてどれも良かったです。アァあの時代に戻りたい…なんて思ってしまいました。

年も押し迫る中のご返答、誠に有難う御座います。確かに、ヤフオクはどんどんつまらなくなってきているかもしれません。特に管理人様のご趣味に合うカテゴリーはそうだと思います。少し前の話題になりますが、現行ラルフローレンの質の低下の記事はとても興味深く拝見させて頂きました。管理人様ご自身の人生を彩る装いの数々に、ラルフローレンが少なからず影響を与えている。だからこそのご発言なのだと感じました。ブログの題名である「not fashion but style」の精神そのものかもしれませんね。ラルフローレンの販売員が管理人様の記事を見たら、もはや苦笑いするしかなさそうです。さて、私はと言うと、eBayを色々と覗いてみたいのですが、英語が苦手なので、効率の良い検索の仕方も分からず結局ヤフオクを眺めてる事が多いです(笑)。今後とも管理人様のスタイルを楽しく拝見させて頂きます。宜しくお願いします。

まこと様

一時代も二時代も前のアメリカンクロージングが好きなので、その手のものが出回る絶対数では日本よりアメリカの方が遥かに多いと思います。となれば市場を探すしかない…というのがebayをチェックする強い動機になっています。

面白いもので、同じアイテムを探すのにも検索ワードの入れ方でヒットしたりヒットしなかったり、もっと言えばまた別の新たなものがヒットしたり…こんなところが面白くて時々見てしまいます。

ラルフローレンの現行品は何か作りがあっさりしていて拘りが感じられないのが残念です。今回の靴は、リボンがあると靴の手入れが大変かもしれないのですがそんなことを忘れさせる強烈な魅力があります。

この個性こそがラルフローレンのいうスタイルだったのですが…しばらくは昔のアメリカンクロージングを探してみようと思います。また、紹介できるかと思いますのでお気軽にお立ち寄りいただき、コメントを下さいますと幸いです。

管理人様の元に集まってきたモノ達がどれも素敵に見えるのは(実際に素敵なのですが)、愛着を持って収集、着用、メンテナンスされているからなのでしょう。素材、色、柄、ブランド、生産国など、それらの、自然だが華やかな組合せの妙技も、長年のキャリアにより身に付いた落ち着きを感じます。
暮れも押し迫っておりますが、まだ「よいお年を」と申しませんのは、管理人様が年内中にブログを更新して下さるのを暗に期待しているからでもあります。きっと他のコメント者様も同じようなお気持ちではないかと察しております。管理人様に催促しても仕方ないのですが(笑)。

管理人様

ポロカントリー、懐かしいです。
ポニーがなくてもRLが感じられる、濃いアイテムが多かったように思います。
まるで土の匂いがしてくるような、ニットやネルシャツを愛用していました。
今のRLは、街着に土をふりかけたような、あっさりした存在になってしまったような気がします。濃さが全然違います。

まこと様

ブログへのお褒めの言葉をいただき恐縮しております。

実際は買ってみてサイズの合わないもの、なんとなくしっくり来ないものなど様々な理由で去っていったものもあるので買い物上手ではない方です。

ただ、どちらかというと良いなぁと思って何もせず後悔するよりはなんとかしようとつい思うタイプなので色々なものが自然と集まってしまう…悪い癖だなぁと自省していますσ(^_^;)

ブログの方も予定どおり毎週末に更新できればと思うのですが、あまり中身のないものだったらすいません…と先にお詫びを申し上げておきます。

これからもお時間が御座いましたら、お気軽に訪問いただきコメントをちょうだいできますと幸いです。

BB様

的を得た表現を有難う御座います。

まさにポロカントリーは他のどのブランドも真似のできない、土の匂いがするようなウェアを出していました。あの世界が好きで今も憧れの対象になっています。

最近のものはあっさりして、それこそアウトレット専用品との区別がないいくらいのものになってしまったな〜と私も思います。だからでしょうかアウトレットでの掘り出し物が並ぶ機会がほとんどなくなってしまいました。

なんとかならないかなぁと探している日々です。

先ずはBB様の街着に土を振りかけた。と言うワードに共感を感じました!年に数回の小倉詣での際に行きます小倉の老舗百貨店の井筒屋、帰りの岩田屋のポロショップに行っても欲しいと言う前に、一寸詳しく見てみよう。と言う商品すら見当たらない。と、言う昨今ですね。先ずは👞のデスプレイが無いのが現状です。決して過去が良かったと回顧思考を申す訳ではありませんがポロの👞が売れなくなってしまったのは景気の減速もありますがリーガルシューズの店舗で販売が出来なくなったのが大きな原因だった!と声を大にして言えるはずです!私が最後にリーガルシューズ長崎店で購入した雑誌で見たポロのドライビングシューズ。『思い出しました、これも洒落たbuckle付き』この👞はリーガルシューズで取り扱う事が出来ない。ので本店のA👞店での購入した👞でした。今でもお付き合いして下さいます元リーガルシューズ長崎店オーナーのY様が浦野さんせっかく買って下さったのにリーガルシューズのポイントが付かないんです。と言われたのを覚えております。

浦野様

確かにリーガルショップでも以前はラルフローレンの靴をいくつか扱っていましたよね。他にはアメリカ屋という名の靴屋で買ったこともあります。

ラルフローレン社の指示なのかどうか、輸入元になっているリーガルで扱えずに時々こっそりとアウトレットショップで売られているのではリーガルとしても内心忸怩たる思いがあるのではと想像してしまいます。

そういった内情を含めポイントが付かないこともしっかりと伝えてくれる長崎店のオーナー様…顧客を大切にされる姿勢に感銘を受けました。

管理人様

ラルフローレンの旧品に注目されているとのことですが、学芸大学にある7thというショップをご存知でしょうか?
最近は少なくなりつつありますが、ラルフの旧タグの服、靴の扱いがあります。
「旧タグ」という言葉、古着好きには重要なキーワードですから、ラルフローレンの旧タグ、今後高騰するかもしれませんね。

PMT様

貴重な情報を祝日に頂き有難う御座います。

全くその方面は疎いもので足で情報を取りに行くということをさぼっておりました。

学芸大学駅前とのことで、年が明けたらお歳玉を握りしめて(笑)良いものがないか物色しに行こうと思います。

浦野様

コメントをいただき、恐縮です。
浦野様の投稿、いつも楽しみに拝読しております。

私も先日表参道に顔を出したのですが、残念ながら戦果ゼロ、過去最短の滞在時間となってしまいまた。
よく接客してくれるスタッフと視線が合うのが辛く、なんとも切ない時間になってしまいました。

管理人様
BFのタッセル、到着しました。
新品なのに、いきなり吸い付くように足になじみ、感動すると同時に、どうして今までトライしなかったのか猛省しています。
とは言え、幸い2足入手しましたので、これからこの靴と一緒に過ごしていけることに、喜びを噛みしめています。
このブログに出会わなかったらきっとこの靴に接することもなかったと思います。感謝しております。

BB様

BFのタッセルそのほか素敵な品物が届き、おめでとうございます。クリスマス前のギフトに思わず笑みがこぼれそうになっていることと推察いたします。

ピッタリと足に吸い付くフィット、良かったですね~夏になれば更なる活躍が期待できる靴、続報をお待ちしたいと思います。

BB様へ。私の戯れ言に温かい御言葉に感謝致しております!2009年に今は廃業なされてお亡くなりになりました諫早市にありましたVANショップのオーナーからアメリカントラッドクラブを紹介されて11月に小倉でありました例会に出席してからATCのメンバーになりまして、メンバーの自分達こそ最高のお洒落軍団と自負する割にはあまりにも👞に対するレベルの低さからクロコダイル靴の検索からこの素晴らしいブログにヒットさせて頂いて数年が経過しました。他のゲストの皆様みたいにインポート👞、EGどころかオールデンやC&Jすら持っておりません。このブログに書き込みなさるゲストの皆様の末席に座らさせて貰っております。本当に素晴らしいブログだと思っております。ハンドルネームがBBのゲスト様。BBと言えば師走になると毎年何時もは濃紺のショッピング袋から洒落たタータンチェックになりますね。これも今泉『Brooksbrothers福岡店』
での買い物の楽しみの一つですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ファッションアワードの受賞 | トップページ | Sleep'n wait for good luck(果報は寝て待て) »