最近のトラックバック

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

Winter Socks(冬の靴下)

今年も残すところ今日1日、思えば色々なことがあった。英国のEU離脱やトランプ新大統領の誕生、円安から円高そして再びの円安、事前の予想を覆すメイクドラマが繰り返されたが、それでも充実した気持ちで1年を締めくくれるのが嬉しい。

12月はデパート主催のプライベートセールや御殿場プレミアムアウトレットに出かけ、新しいソックスを買い求めた。新たに靴が2足仲間に加わったせいか、いつになくソックス選びにも熱が入る。そこで今回は「靴と靴下のコンビ」最新版を紹介したい。

1.季節もののソックス

00

今回手に入れたのは全てブルックスブラザーズのソックス。トラッド系のショップで一番品質の高いソックスを取りそろえているのはブルックスだろう。写真左3足は英国製でアウトレット購入品。右3足はプライベートセール購入品、思わず履きたくなる柄だ。

続きを読む "Winter Socks(冬の靴下)" »

2016年12月24日 (土)

Sleep'n wait for good luck(果報は寝て待て)

エルメスがエドワードグリーンを買収する…と聞いたのは1993年頃のこと、当時はOEM生産のクロケット製バロスを青山ロイドで見かけるくらいだったが、その後満を持してギャラリービームスに旧グリーン工場製ジョンロブが並ぶようになった。

買収した工場が本格的に稼働するとクロケット製ロブと旧グリーン工場製ロブの混在も解消、全てを自前で揃える既成靴界のキング、ロブパリが誕生する。そこで今回は靴の聖地ノーザンプトンを舞台としたドラマを靴を通じて振り返ってみたい。

1.ジョンロブプレタの意匠

00

かなり古い旧グリーン工場製(以下自社工場製と記す)ロブをebayでゲット、アメリカから到着したところを早速写真に撮ってみた。英国製の靴はどこも純正のシューバッグが洒落ているが、中でもクリームイエローのジョンロブは別格だった。

続きを読む "Sleep'n wait for good luck(果報は寝て待て)" »

2016年12月17日 (土)

Like will to like(類は友を呼ぶ…)

最近改めてラルフローレン、それも以前の製品に目が向いている。ブルーレーベルと呼ばれる新商品はどうも相性が悪いので、買い物に出かけてもブティックより古着屋に、ネットでもオフィシャルサイトよりオークションに目が行ってしまうことが多い。

ラルフローレンのフットウェアの中でも特に人気の高いコードバンシリーズも既に発売されて随分経つ。昔のモデルが欲しいと思っていたところ、ここで運よく手に入れることができた。そこで今回は届いたばかりのラルフ旧製品を紹介しようと思う。

1.類は友を呼ぶ

00

こうしてラルフローレンのコードバンシリーズを紹介するのは何回目だろうか。諺に類は友を呼ぶと言うのがあるが、コードバンの靴を履いていると自然とコードバンの靴が集まるようになる。今回も以前紹介したものとよく似ているがどうやら色が違いそうだ。

続きを読む "Like will to like(類は友を呼ぶ…)" »

2016年12月10日 (土)

ファッションアワードの受賞

2016年度の英国ファッション協会主催のファッション・アワードの功労賞がラルフローレンに決定したとハンツマンのインスタグラムで知った。英国のテイストを取り入れながらもアメリカ流のスタイルに拘った成果がようやく本家から表彰されるというわけだ。

1967年に始めたビジネスも既に50年。一貫してスタイルを追求し続けたラルフローレンの受賞は一ファンとして素直に嬉しい。何より受賞に当たって配信された本人のスーツ姿の格好良いこと…そこで今回は久しぶりにポロのスーツを着てみようと思う。

1.ラルフローレンのスーツ姿

001

英国風ドレープの効いた6ボタンのダブルスーツだが、下一つ掛けのロールドラペルや上襟と下襟の間が微かに開いたピークドラペル、6ボタンの一番上のボタンが左右に大きく開いているところなどサビルロウのダブルスーツより見るからに柔らかさを感じる。

2.チョークストライプのダブルブレステッドスーツ

00

上の写真を参考にダブルのスーツを出してみた。ラルフ本人のスーツは英国のダグラスヘイワード作らしいがこちらは日本での縫製。それでも特徴は掴んでいる。シャツは写真同様小振りな襟だがネクタイは無地から柄に変更、チーフは同じ3ピークで挿している。

続きを読む "ファッションアワードの受賞" »

2016年12月 3日 (土)

ダウンベストの季節(その2)

台風の多い年は厳冬になると聞いたことがあるが、その割には12月に入っても暖かな日が続いている。今年も暖冬なのだろうか、街行く人のアウターも軽めのものが多い。若いビジネスマンはスーツにマフラーだけの溌剌とした姿で通勤電車に乗ってくる。

こう暖かいとダウンジャケットでは流石に暑いが、そんな時は袖なしのダウンベストが重宝する。スーツやジャケットの上からでも、あるいはGジャンやセーターの上から着ても様になる優れものだ。そこで今回はダウンベストの続編をお送りしようと思う。

1.ツィードのダウンベスト

00

以前も紹介したがツィードのダウンベストはこの季節のマストアイテムだ。仕事着にも休日のカジュアルルックにも合う懐の深さはツィード素材のなせる技だろう。ここではニット&デニムルックのカジュアルルックに合わせてみた。

続きを読む "ダウンベストの季節(その2)" »

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »