最近のトラックバック

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月29日 (土)

Fair Isle Pattern(フェアアイル柄)

フェアアイルセーターは名前のとおりフェア島が発祥。トラッド好きならよく聞くシェットランド諸島に属する。昔スペインの船が難破してバスクの百合、ムーアの矢や十字架、グラナダの星など様々な模様を伝え、それがセーターのモチーフとなったらしい。

ローカル衣料だったフェアアイル柄を流行らせたのはかのウィンザー公。1920年代のことだから既に100年近く経っている。そこで今回は永世定番、フェアアイル柄のニットを中心に冬の着こなしについて考えてみようと思う。

1.スコットランドの伝統柄で…

00

スコットランドの沖合に位置するフェア島らしく同じスコットランドを代表するタータン柄との相性は悪くないはず…フェアアイル柄のセーターにタータンチェックのマフラーと裏地がタータン柄のベストを合わせてみた。

続きを読む "Fair Isle Pattern(フェアアイル柄)" »

2016年10月22日 (土)

Dress Gordon(タータンチェック)

タータンチェックは日本の家紋と同じで、本来はその柄を有する氏族(クラン)のみが着用するのを許されてきたとのこと。現在は継承者のアレクサンダーマックイーンを始めヴィヴィアンウェストウッドなど英国デザイナーはもとより世界中で用いられている。

最近、好きなタータン柄のトートバッグを手に入れた。秋冬物が活躍する時期を迎え、マフラーやネクタイなどに混じって大物タータンアイテムの合流だ。そこで今回は、新着のバッグを中心にラルフ調のチェックオンチェックコーディネイトに挑戦しようと思う。

1.ドレスゴードン柄

00

到着したのはドレスゴードンと呼ばれる柄のバッグ。ゴードン家のタータンの中でも太めの白いラインが入ったドレスバージョンの柄とのこと。確かに白の太いラインと黄色の格子柄が他にはない印象を与える。ネクタイも抜かりなくドレスゴードン柄で揃えた。

続きを読む "Dress Gordon(タータンチェック)" »

2016年10月15日 (土)

Quality control (品質管理)

一昨年のクリスマス、ラルフ好きの自分に家族がボディバッグを贈ってくれた。自分では選ばないが、心のこもったギフトとなれば話は別…大切に使っていたが、ある時ふと見ると外側のベルト部分の重ね革が無残にも剥がれていることに気が付いた。

昔のラルフローレンなら重ね革の部分はステッチで留めていたであろう。タイムレスな商品がラルフの持ち味だったのに真逆の事態に驚き、カスタマーセンターに伝えた。そこで今回は愛すべきラルフローレンについて壊れたバッグを交えて紹介しようと思う。

1.ボディバッグをたすき掛けした図

06

ボディバッグは使ってみると確かに便利で、ツィードランのようにジャケットルックで自転車に乗る時、たすき掛けにすればピタリと背中に寄り添ってくれる。バッグのストラップが濃茶なので同じ色のハットを被って雰囲気を合わせてみた…

続きを読む "Quality control (品質管理)" »

2016年10月 8日 (土)

Care for small goods(小物のメンテナンス)

9月は台風に付きものの雨が多かったせいか、身の回りの銀製品を中心に金属製品のくすみが目立っている。涼しくなって長袖やジャケットを着る機会が増えれば、カフリンクスや銀製品、金製品などの装飾品を身に付ける機会もぐっと増えるだろう。

欧州では銀食器を綺麗に保つために専用の執事を雇う貴族階級も未だに多いと聞くが、そんな身分であるはずもなく全てDIY…自分で手入れをしなければならない。ということで今回はくもりの出始めた金属製品のメンテナンスを紹介しようと思う。

1.メンテナンスを終えた小物たち

17

銀製品や金製品、ステンレス製品(一部だが…)のメンテナンスを終えてひととおり並べてみた。夏の間は暑くて時計以外のアクセサリーは一切身に付ける気も起きなかったが、乾燥して涼しい秋風を感じるとそろそろ付けてもいいかなと思うようになってくる。

続きを読む "Care for small goods(小物のメンテナンス)" »

2016年10月 1日 (土)

Classic Italian clothes(クラシコな秋)

最近はアメトラとブリトラの間を行ったり来たり、クラシコイタリアな服装から遠ざかっていた。だからといって正統派のブリティッシュスタイルかと言われればそうでもない。強いて言えばルールの緩いアメリカンな服装に傾いている節がある。

何しろ一時期は年に何度も訪問していたイタリアに行かなくなって4年、盛んにオーダーをしていた頃から数えると10年以上経っている。そこで、この秋は久々にイタリアンアイテムを中心にツィーディーな秋の装いを考えてみようと思う。

1.クラシコイタリアなアイテム

00

ナポリまで行ってオーダーするほど好きだったボレッリとクラシコブームの時一番最初に袖を通したイザイア、手仕事に圧倒されたアットーリーニのタイ。いずれもクラシコイタリア黄金期の逸品に後発のヤコブコーエンを合わせ、オールイタリアンで組んでみた。

続きを読む "Classic Italian clothes(クラシコな秋)" »

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »