« Unexciting weekend(ありきたりの休日) | トップページ | Derby shoes(外羽根の靴) »

2016年7月 2日 (土)

Summer look(夏の装い)

7月最初の週末、既に上着を着ていられないほど蒸し暑い日が続いている。本来ならば半袖のシャツとパンツ姿を紹介したいが、あまりにも色が寂し過ぎる。そこでアンコン仕立てのリネンジャケットと合わせて夏の装いを考えることにした。

上着もそうだがパンツも軽くて薄いものが欲しい。チノパンでさえ暑く感じるので、試しに流行りのストレッチツイルパンツを購入してみた。そこで今回は最近買い揃えたものと、自前のアイテムを組み合わせて夏の装いを考えてみようと思う。

1.自前の夏アイテム…パナマハット

04

日焼けして黄ばんだ帽子はボルサリーノ。昔灼熱のローマにたまらず店を探して入り、即決買いしたものだ。ランクは5段階、ラフな服装だったので中程度のものを買ったと思う。それでもローマやパリの名店に被っていくと帽子を(笑)よく褒められた。

2.自前のジャケットに新着スニーカー

00

半袖のボタンダウンに切羽を殆ど外し捲り上げたジャケット。白のストレッチツイルパンツに合わせたのは買ったばかりのナイキプリモントリオールレーサー(復刻版)。チーフとベルトによく似たオレンジ色のアイテムをいつものようにあしらってみた。

3.マドラスシャツとジャケットの相性

01

半袖のボタンダウンは今はなきブラックスリース。ブルーのジャケットに合わせてみたら妙にシャツだけ浮いてしまったのでカーキのリネンジャケット(写真はラルフローレンのもの)と交換。上着の皺がカジュアルっぽくてシャツとの相性もばっちりだ。

4.腰回り

02

オレンジ好きは「陽気で社交的な性格」らしい。当たらずとも遠からじといったところか。スニーカーのオレンジに合わせて同系色のベルトを用意。リボンベルトは革特有の色移りがないので白いパンツを履く時にはもってこいのアイテムだ。

5.ベージュの新着靴に履きかえる

03

スニーカーを新着のブルックスブラザーズbyオールデンと替え、ついでに緑のバッグ(これも新着品のフェリージ)と一緒に週末の仕事着風に組んでみた。緑が多いのに気が付いたと思うが緑も好きな色の一つ、緑好きは穏やかで堅実な性格らしい…。

6.パンツをベージュの新着品に替えてみる

05

白から夏の定番ベージュのパンツに交替。ついでに靴の方はシャツのチェックから青をひろってネイビー・タッセルローファーに交換してみた。言わずと知れたブラックフリースのものだ。手に持たせた鞄は緑の分厚いキャンバス地でこちらもブラックフリース。

7.ストレッチツイルパンツのフィット感。

06

涼しげな腰回り。生地が薄いだけでなく、ローライズ仕立てなのでハイウェストのものより断然涼しく感じる。少しずつプリーツ付きのパンツも出回っているようだが、蒸し暑い日本の夏にはローライズで軽く、ストレッチ機能のあるパンツが嬉しい。

8.ナイロン地からキャンバス地のバッグへ

07

暑い季節は革の鞄も中々の曲者。明るい茶色で軽さを感じさせる作りならばよいが重厚な革のバッグは重たくて色もも暑苦しい。許されるならばこうしたコットン地のカジュアルバッグで涼しげな服装を実践してみたいものだ。

9.バッグ&シューズ

08

シューズは言わずと知れたクロケット&ジョーンズがブラックフリース用に作ったタッセルスリッポン。履き心地がスムーズな上にソールがビブラム社のクッション機能付きブリックソールというところが嬉しい。

10.新着のサマーシューズ3択

10

この夏用に買いそろえた靴。左の2足はオンラインショッピングでセール時に購入、右は未使用新古品を店舗にて購入。いずれも履き心地は柔らかく足が蒸れないところが嬉しい。左からブラックフリース、オールデン、ナイキスニーカーの3足。

11.新着品のストレッチツイルパンツ

09

ホワイトとベージュはどちらもユニクロの今季もの。無料で裾上げを依頼できるがダブル幅を指定できないのが課題で、ユニクロでは3㎝のダブル幅と決まっている。少々短すぎなのでここは面倒でもDIYがベスト。今回は裾幅4.5㎝にしてみた。

商品の価値は価格ではなく用途にある。「ビスポークシューズにユニクロのパンツ?」と言う知り合いもいるが、ファーストファッションを侮ってはいけない。モノつくりに拘る日本のディレクションを通じた商品は一級品に負けないシルエットだったりするからだ。

« Unexciting weekend(ありきたりの休日) | トップページ | Derby shoes(外羽根の靴) »

カジュアル(Casual wear)」カテゴリの記事

コメント

蒸し暑い中に石積みしています。作業量は冬の7割位しかさばけません。管理人様がおっしゃるようにユニクロも決して悪くはないと思っております。今はJP,RL,そして今泉にしろ全てのパンツがアウトタックで斜めポケットですからそれならユニクロでも構わないはずですね!優雅なインタックのパンツは無くなってしまいました!残された所有のパンツを大切に履こうと思いました。

管理人様


ブラックフリースの製品も、「今はなき」逸品になってしまいましたね。写真を拝見して、もう少しブラックフリースのシャツを買っておけばよかったと思いました。

ユニクロは、うまくマーケティング・量産化することで、品質を保ちながら原価を抑えられているのでしょうか。いずれにせよ、ビスポークの靴が足元を締めているのが、効いているような気がします。
ビスポークの靴、あると心強そうですね。

いつも更新楽しみにしております。ユニクロのパンツですが昨年よりダブル仕上げが可能になりましたね。当地の店では、ダブル幅4.5でも問題なく対応してもらっています。市内に数店舗有り別々の店で対応可だったですよ。(けして、店員さんを脅かしたりしていません。)

浦野様

お休みのところコメントをいただき有難う御座います。

最近、うんと安くてコストパフォーマンスの良いものとそれなりに値は張りますがしっかりと作られているものとの両方をミックスするのがマイブームになっています。

少しずつタック入りで縦ポケットのトラウザーズも出始めていますが、まだまだタックなしは少数です。それと今シーズンのユニクロは股上が浅くてお腹を包み込む感じがしないのでその分涼しく履けるのが嬉しいです。

やまだ様

お休みのところコメントをいただき有難う御座います。

確かにロードサイドの量販店で買ったパンツでもビスポークシューズを合わせると様になることは多いかなと思います。中間の価格帯が軒並み苦労していると聞きますが消費者がものを買う時にメリハリをつけているのかもしれませんね。

ロンドンのビスポークシューズはこれからしばらくオーダーするのに最適な環境になるかなと思っています。ポンドが円に対して強くなるのはかなり時間がかかるのと、離脱が決まればパリやジュネーブなど欧州でトランクショウをやっていた分が全て関税を課す対象になるのでアジアのマーケットに軸足を本格的に移すかもしれません。

ついこの前まで3000ポンドのビスポークシューズが45万円だったのに今日オーダーしたら45,000円も為替の関係で安くなっています。年末ならば60,000円位安くなりそうです。予定通りビスポークシューズは60足で打ち止め、今59足目の完成を待っていて、最後の60足目は日本でと思っていましたがこのままだとその60足目も英国になるかもしれません。

コバヤシ様

お休みのところコメントをいただき有難う御座います。

なるほど店舗では4.5㎝幅の直しをしてくれるのですね〜忘れていました。このところオンラインでばかりかっているので実店舗という考えそのものが欠如していました。

こんどは店舗で直してみようかなと思いました。

特に体重の変化によりお気に入りのズボンが履けなくなることは数度経験しているので安価で気軽に買い揃えられ思い切り履き潰せるユニクロは心強い味方ですね。

さて実は初ビスポークシューズに挑戦したく、日本の職人さんにアポイントを取る寸前でしたが今日の管理人様の投稿により、もしやFosterを頼むのが今一番かも....と思ってしまいました^ ^

アラキ様

お休みのところコメントを有難う御座います。

インコテックスやロータ、イタリアのパンツ専業メーカーなどのパンツはさすがに高品質ですが、その8分の1に近いくらい割安なユニクロのパンツがそれだけ品質が落ちるかといえばそんなことは決してなく、その実力は中々のものだと感じています。

アラキ様も、もしフォスターでビスポークをとお考えでしたらどうぞ遠慮なくご連絡下さい。このコメントに書き込む時にメールアドレス書き加えてもここには掲示されませんのでこちらからコンタクトさせていただきます。

実は今日プロのシューシャイナーの方との会話の中からFosterは非の打ち所がないと称賛推薦されたので覚悟と決心がつきました。100万円近いBerluti/JLPと比べ歴史的なポンド安な近況を活用してみたいものです!^ - ^

日本の職人さんもきっとその次に依頼してみたい気持ちです。

アラキ様

お休みのところコメントを有難う御座います。

高円寺の某ショップイベントでは素晴らしい靴が出品されていて皆様良い靴を買うことができたと満足されていたと聞きます。昔の靴は安くて良い作りをしていたことを思い出しました。

さて、フォスターの件ですが、丁寧な作りとフィッティングの塩梅は流石世界最古の誂え靴屋だなと思わせるものがあります。次回のトランクショウのご案内が来ましたら是非間近でご覧いただければと思います。メールでお知らせいたしますので、宜しければご一緒いたしましょう。

暑苦しい中に管理人様、ゲストの皆様のコメントを拝見しておりますと本当にレベルの高いワード、且つ全然嫌みの無さに心の中に一服の清涼感を感じさせて下さいます!本当にこのブログに遭遇させて頂き感謝しております。今日ネットの見出しでイチローがピートローズの事を述べておりました。人間相手が格下の時には優しく出来るが相手が同レベル、もしくは格上になると攻撃をする。思わず数年前のATCの事を思い出しました。私は皆様のようにビスポーク、いやインポートシューズすら持っておりませんが心優しい格上の御方方に尊敬の気持ちだけは所持しております。

浦野様

本日宿泊の出張から帰社しました。返信が遅れて申し訳有りませんでした(´・_・`)

浦野様をはじめゲストの皆様はものを選ぶ時にこだわりをもってセレクトしているのが、とてもよく伝わるので私も勉強になることが多いです。

何しろ私がユニクロのソックスを選んだりパンツを改造して履いたりしても、それなりの理由があると思ってくださるのか好意的に捉えてくださるのが嬉しいです。

管理人の私がそ思うのでゲストである浦野様が思われるのだとしたらゲストの皆様のおかげです。あまり中身のない更新ではありますが、これからもマイペースで続けられたらなと思うこの頃です。

管理人様、本当にありがとうございます。気分一新、来週梅雨明けしましたら筑前博多へ行きまして大好きなショップ探索してまいります。2~3年続きましたヴァンプが麻のローファーから御年30年を迎えました麻の6アイレットplainトウでも履きまして。

浦野様

早速の返信恐れ入ります。

梅雨明け後の博多訪問の様子を報告してくださる機会を楽しみにお待ちしております(^_^)

最近なかなかコメントできておりませんでした、おはようございます管理人様。

好きな色、ですか・・
私は紫が大好きでこの色のアイテムに目がなく、見つけてはついつい買ってしまいコーディネイトにはかなりの確率で紫のアイテムがあります。

管理人様は緑やオレンジが好きなのですね、普段茶靴を愛用されているところも合わせて見ると、穏やかで人間的な暖かみのある人なんだろうなと想像します。

いよいよ夏本番、植物の葉の緑色がグンと深まる頃ですので、緑やオレンジといった差し色がとても映える季節になります。
今回のコーディネイトで外出している時、きっと周囲の方もそれを見て心地よく感じているんだな~と思いました。

夏は気分が乗らないのでシンプルに黒コットンスーツに白Tシャツばかりの私は反省しておきます(笑)

夏は、どうしても暑くてジャケットは敬遠してしまいます。

それでも、デパートや映画館などで過剰に冷房を入れているところでは、上に着るものが欲しくなります。
 
今回のようなリネンジャケットは、そんな時に重宝しそうですね。
贅沢を言えば、折り畳めば鞄に入れて持ち運べるような、薄手でコンパクトなものがあると更にいいのですが(苦笑)。
 
夏(特に盛夏)の時期のジャケットの選び方や着方が色々知りたいです。

ボルドーカラーはどちらかと言えば秋冬の色ですが昨日眼鏡を購入しました!もちろん同級生のお店で銘柄は言わずと知れた、マサキマツシマ。前回はフルフレームでしたが今回は、初代、二代目と同じくハーフリムです。マサキマツシマ独特のワインレッド、もしくはボルドーで管理人様お好みのホーウイン社の靴によく似た色デスよ!

カメリア様

ご多用のところ返信をいただき有難う御座います。

私も紫が好きで秋冬になると差し色によく使います。この時期ですと紫を薄くしたラベンダーのような色も好きです。私も今の季節はもっぱら台襟付きの白ポロシャツにネイビーのジャケット、下はコットンパンツばかりです。インドに駐在していた英国軍はさぞかし服装に悩んだのではと想像しています。

おかげでグルカショーツが日の目を見たり、麻素材が進化したりと紳士の服飾界にも大きな貢献があったのですが…。

oisan様

まさに私も同じことを考えていました。コンパクトにたためて型崩れせず、羽織ればそれなりに様になるジャケットが欲しいなと思って居たところです。今回のジャケットを使ってみましたが、やはり畳むと皺になるのが気になります。

そこで思い浮かんだのがジャージジャケット。薄手でストレッチ機能が付いているものを今度試してみようかなと思っています。

浦野様

ご友人がデザインされているメガネを買われたのですね(^_^)

私も近いうちにメガネを新調するのでその時は真っ先に相談します(^_^)!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Unexciting weekend(ありきたりの休日) | トップページ | Derby shoes(外羽根の靴) »