« Nylon briefcase(軽い鞄) | トップページ | Care for suede(スエード靴の衣替え) »

2016年6月 4日 (土)

Short ribbed socks(ショートリブソックス)

インビジブルソックスはクールビズの必需品。真夏の外歩きを楽にする優れものだが問題もある。それは靴下を履いていないと思われることだ。元々「見えない靴下」なのだから素足に見えて当然なのだが、某俳優の「素足に革靴」のイメージが浮かんでくるようだ。

ならば「履いているのが見えて涼しい靴下を…」と売り場を探したらショートリブソックスに辿り着いた。しかも夏を前に色・柄共に豊富に揃っている。そこで今回は買い求めたショートリブソックスを中心に手持ちの靴との相性に付いて考えてみようと思う。

1.ショートリブソックス

000

このところ色使いが気に入ってソックスはたいていブルックスで買っている。今回のものは全てメイドインジャパンということでリブ編み部分がしっかりとしている印象を受ける。他にもアーガイル柄が数型あったが、暑い夏にダイア柄は少々重たく感じる。

2.インビジブルソックスの場合

12

インビジブルソックスは写真のようにローファーでさえ端がはみ出すことなく、しかも足表や足裏からの汗を吸い取ってくれる。お蔭で靴の中で足が蒸れることは皆無だ。しかし…確かに履いていないように見えるので、仕事上のアポがある時は注意が必要になる。

3.ボーダー柄(その1:ベージュ)

01

そこで試したのがショートリブソックス。ソックスの柄がくっきり見えるので「素足に革靴=蒸れそう」と思われることはなくなる。下から撮影したのでショートリブソックスがよく見えるが実際は上から見られることが多いので、通常のソックスと変わらずに見えるはずだ。

3.実際のコーディネート

11

上から見た感じでは通常のソックスと見紛う。しかし実際はショートリブということで足元はかなり涼しい。ソックスのワンポイントは片側にしかついていないので内側に来るようソックスを履いて撮影。ソックスと相性の良いコンビローファーはジョージクレバリー(誂え)。

4.ボーダー柄(その2:レッド)

02

かなりインパクトの強い赤のボーダー柄は週末専用。選んだのはホワイトパンツとブリックソールのタッセル、今は廃版となったブラックフリースのクロケット別注品だ。青のグレインレザーに白のタッセルとくれば赤のソックスを加えてトリコロールコンボにしたい。

5:別の靴と合わせてみる…

03

こちらは夏の定番エイコーンのカジュアル。赤のソックスに黒靴というのも有りだが、夏の暑さを和らげるには淡い靴が良いだろう。パンツはG.T.Aスリムフィット、靴はフォスター&サンの誂え。エプロンフロントでスプリットトウのスタイルはクローザーの腕の見せ所だ。

7.ボーダー柄(その3:ブルー)

04

今度は青のボーダー柄を合わせてみた。縞模様がピンクということで何を履いてもアクセントになる。ならばと個性の強い鰐革のタッセルスリッポンを合わせてみた。パンツもソックスのフリースに合わせて同じエンブロイダリー(刺繍)の入ったものを用意している。

8.別の靴と合わせてみる…

05

ローファーばかりでなく、紐靴との相性を確かめてみた。このところパンツの裾は短めなので紐靴でもソックスがアクセントになるようだ。パンツはレッドフリース、靴はジョンロブのシャンボード。今は廃版のアルディラカーフが使われた貴重な1足だ。

9.無地のショートリブソックスを履く(その1:グレー)

09

差し色替わりに履き口のピンクラインやフリースマークがちらりと見えるよう短めに裾上げしたダメージジーンズを用意。合わせた靴はキングオブローファー、ウェストンのクロコ180だ。実はこの組み合わせ、元ウェストン青山店店長が教えてくれたお薦めコーデだ。

10.実際のコーディネート

10

実際に履いてみた写真。ピンクの差し色に合わせ、赤いラッタンジの紐靴を用意。履き口のピンクラインは見えないがワンポイントのマークはかなりよく見える。撮影のためワンポイントを内側にしたが、外側にすると見え方もだいぶ変わってくるだろう。

11.無地のショートリブソックスを履く(その2:ターコイズ)

07

鮮やかなターコイズのソックスはそれ自体が差し色んある。セルビッジ付のインディゴデニム(ユニクロ)と合わせて、靴はビスポークの鰐革靴(クレバリー)を用意。チープシックを手本にしたファストファッションとクラシックシューズのコンビも悪くない。

12別の靴と合わせてみる…

06

同じクレバリーのビスポークシューズだがこちらは更に鮮やかなオレンジ色のプレーントウ・バルモラル。イタリアで鞣されたアリゲーターの革は発色が鮮やかなのが特徴、ソックスとのコントラストが一段と冴える。

クラシックなものであっても身に付けるものは色や素材、デザインやシルエットなど少しずつ変化している。今まで何回か靴と靴下との相性を紹介してきたが、靴下などは消耗品と割り切って常に新しいものと買い替えアップデートすることも必要だろう。

幸いな靴だけはスタイルもデザインも、色も変わらずクラシックであり続けている。「お洒落は足元から…」と言われる理由もそこにあるのだろう。しっかりした土台(靴)さえあれば靴下とパンツを替えるだけで着こなしを楽しむことができるという訳だ。

« Nylon briefcase(軽い鞄) | トップページ | Care for suede(スエード靴の衣替え) »

ショッピング(Shopping)」カテゴリの記事

コメント

ベーシックな色の良い靴に投資し靴下やズボンなどでリーズナブルな遊び心を満足させるアプローチを実践されている管理人様には大変良く勉強させてもらっています。実は管理人様に刺激されMarmolada, New Balance M576 Made in UK, そして本日タッセルローファーも買ってしまいました :). しかし賢い買い物をしていると実感しているので満足感は高いです:)

しかしベーシックすぎる、保守的な姿勢が煩い、気づけば同じ色調のダークブラウンの革靴がほとんど.... これからは少し勇気を出し明るいアイテムを賢くコレクトしてみたいものです(^-^)

しかし某俳優の素足のローファー履きによる強烈な印象は少しこまります。アメリカではJFK, そしてRalph Lauren推奨の履き方なのですがね....

返信はお待ちくださいませんでしょうか。今、今泉に電話して見て下さるように伝えましたよ!スタッフがたいへんに喜んでくださいました!

管理人様


ローファーが益々活躍する季節になりましたね。
私も、ローファーにあわせるべく、丈を少し短くしたパンツを用意したいと思っております。
ところで、管理人様は、5ポケッツのような形のパンツの裾処理は、どうされていますでしょうか?(シングルで仕上げていらっしゃいますでしょうか?)

おっしゃるように、靴下をちゃんと履いているのに、某俳優の「素足に革靴」と同様に見られるのは、少し抵抗感を覚えますね。

アラキ様

お休みのところコメントをいただき有難う御座います。

マルモラーダにNB576UKそしてタッセルローファーと聞くと、同じものを所有していながらもソワソワしてしまいます。どんな雰囲気か、履き心地や合わせ方などいろいろ情報交換させていただけますと幸いです。

仕事にもオフにもと思うと無難な色を揃えがちで、私も自身の誂え靴の変遷を思い返すと、茶白のコンビのオーダーは10足目、ゴールデンアリゲーターのサイドエラスティックが14足目でした。

最近はハッキリとオフに使うと決めてオーダーしているので迷いは無くなりましたが、ある程度ビジネスに必要なものを揃えると明るい色目が欲しくなるのでそこからは迷わず揃えられると良いのでは…と感じました。

浦野様

お休みのところコメントをいただき有難う御座います。

写真のソックス中々の優れもので日本製なので耐久性もありそうです。良いものを企画販売していただき喜んでいる旨、ブルックスのお店の方々によろしくお伝えくださいませ。

やまだ様

お休みのところコメントをいただき有難う御座います。

5ポケッツのデニムタイプはジーンズ仕上げにしたり、タタキ仕上げにしたり、ドレス風ならばシングル仕上げにすることが多いですが、ヤコブコーエンなどはデニスラやウールタイプでもダブルにしたりとそのパンツのシルエットや用途で決めています。

素足風の靴下は夏の暑い時期に欠かせないアイテムなので、毎年買い足しては古いものと交替させています。某俳優も本当に素足で履くのではなく見えないソックスを使ってくれると良いのですが…。

おはようございます。墓参り済んでファミレスで遅い朝食とりながら書き込んでおります。昨日今泉に電話すると、あああのブログ、クロコダイルの魅力ですね。と、お答えされました!検索エンジンがクロコダイルの魅力と伝えておりますので先方からはそのようなお言葉でた。さてショートリブソックスですが私は一足も持ち合わせておりません。見えないソックスのインジビルソックスは私の夏の定番昨年9月に博多阪急で購入青いシューレイスを纏ったRLのUチップ履くときだけですがね。

浦野様

週末のコメントを有難うございました。

日曜日は仕事が入り、本日は出張とやや忙しくしておりましたが帰ってきたところで返事を打っております。

夏でもきちんとクルーソックスを履くのが足元を大切にされる浦野様のイメージ、それにくらべると私は某俳優のように素足に革靴を履くイメージに近いアウトローかもしれません。でも、素足風ソックスもショートリブソックスも暑い夏を乗り切るグッズとしてはマイ優れもの100選に入れたいと思っています(笑)

梅雨入りした東京ですがこれからの足元や服装は何にしようか毎朝天気予報とにらめっこの日々が続きそうです(悲)

何時もながらの御丁寧なる返信にもう5年近く、感謝いたしております。ご存知のように私は決してガチガチのトラッドではありません!時代の流れを読み取る所作は持っているつもりです!ですから名球会のメンバーのご令嬢を嫁に迎えられたお方のように見えないソックスでレイスアップシューズ履くことも躊躇せずに夏場は行っております。自分はショートリブソックスは履きませんがよく書き込ませて頂きました、建材店の社長に、【おい、踝までの靴下は履くか、履くなら今、今泉にいるから土産に買ってくるぞ】と言いましたら【亮祐さんおれは気持ちは嬉しいけどどうしてもその靴下は苦手なんですよ!】と言われたので何時もの明るいグリーンのソックスを買って事でした。すみません。せっかく管理人様が新しいスレッド立ち上げて下さったのに、5月にRLやBBを福岡で購入しましたので普通のソックスで闊歩します。でも色合いは素敵ですね!管理人様より感化されましてビビッドなソックス好きになりました、自称このブログの筆頭書き込み人と自負する私でした!

浦野様

週初めのコメントを有難う御座いました。

ビビットなソックスやポロシャツ、小物などで色を加えないと服装全体が見栄えのしないものになりがちな年齢にかかってきているので、見えないソックスより少し見えるソックスの方が使い勝手が良さそうです。

若い方はダークなスーツやソックス、黒靴でも様になるので羨ましくもありますが、派手な色を合わせても許されるのは年配の特権かもしれません。これからも差し色で遊んでみようと思います。

ビビッドなソックスもかなり増えました。今月は梅雨明けに着るビビッドなポロシャツでも購入しようかと考えております。ビビッドと言えばビッグポニーのシャツあたりは数色使用した物も多く見受けられますが私は胸のポイントは小さくて同色の場合一見無地に見えるようなのも好きなんです。と言って引き算すると答えは見えてきましたね!昭和30年生まれの干支ですが。それとめったにない白いシンプルなやつも狙い目ですね。

浦野様

白の洗い晒しポロシャツは永遠のマストアイテム、私もラルフローレンの地厚なポロが欲しくなってきました。ビビットな色はラルフのお得意で一時期はラコステよりもたくさんカラーバリエーションがあったほどです。

最近はラルフも本国での売り上げが下がり、全世界で直営店を50店舗閉鎖するとのこと…お気に入りのブランドだけに頑張って欲しいなと思う気持ちで応援買いでもしようかと画策しています。

夏は、ソックスを短くしても、足先が覆われているとどうも暑くていけません。 

そんな私でも、今回紹介されているソックスは色柄が爽やかで、試してみたい気がします。
 
高い機能の素材や工夫された編み方のものだと、暑さもあまり感じないのでしょうか。
機会がありましたら、機能面についての詳細なお話(体験、情報)なども伺えると嬉しいです。

それにしても、これだけ夏が暑いと、装いも機能本位になりがちで、味わいや季節感などを感じるゆとりがありません。
そんな中、管理人様の記事は、私にとって一服の清涼剤。夏の装いに関する記事もとても楽しみです。

管理人様

自分も最近、ローファーやサイドエラスティックにインビジブル・ソックスを合わせることが多く、某俳優J.I氏を引き合いに出されることが多いです😅
それ自体は光栄なことと受け止めていましたが、ショートリブソックスを導入すれば靴との組み合わせ、特に色あわせの可能性が広がる事に気が付きました。
ありがとうございます!早速、ブルックに馳せ参じます!

oisan様

おっしゃるとおりで、私もこう暑くなってくるとドレスアップしようという気は失せてしまい、ドレスダウン、仕事着として見苦しくないように心がけるだけで精いっぱいです。

機能面で言えば、ショートリブソックスとインヴィジブルソックスでは涼しさがかなり違います。やはり足首下を覆う面積が少ないインヴィジブルの方が断然涼しく、ショートリブソックスは通常のソックスよりかなり涼しいもののインヴィジブルには及びません。

一方お洒落の面から言うとショートリブソックスは靴やパンツとのコーデが可能ですがインヴィジブルは不可能、かつ某俳優のイメージが好むと好まざるとにかかわらず加味されるおちうことがあります。

いずれにしても通常のクルーソックスはしばらくお休み状態、後はその日の雰囲気と何を着るかでソックスも決まってくる…そんな毎日を過ごしています。

Tantawaka様

ショートリブソックスはブルックスのブティックよりもブルックスのインショップを抱えるデパートが良いようです。

私はメンズ館を擁する新宿の某老舗デパート地下、靴下売り場にて買いました。色々ありましたが全てメイドインジャパンというところに惹かれてついつい5枚も買ったのでした。

ショートリブソックスの良いところはパンツと靴のつなぎ役になるという点、つまりお洒落の余地があるというところがが一番のポイントかと思います。素足風の靴下では素足しか見えないのでコーディネートにななりませんが、ショートリブソックスは違います。お洒落番長Mr.DJのTantawaka様でしたらショートリブソックスで洒落た足元を披露して頂けるものと楽しみにしています!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Nylon briefcase(軽い鞄) | トップページ | Care for suede(スエード靴の衣替え) »