« Shoes,belt and bag(靴と鞄とベルトの合わせ) | トップページ | Recent Shopping(最近の買い物) »

2016年5月 7日 (土)

Around the watch(腕時計の着こなし)

腕時計、それも機械式が好きで、昔はアンティーク時計店から高級時計店まで足繁く通ったものだ。「仕事に精を出せば手の届く時計」をモットーに気に入った時計を1本、また1本と買ううちにいつの間にかささやかではあるがマイコレクションが出来あがった。

ところが毎日同じ時計をするせいか他の時計はストップしたまま…それがまた同じ時計ばかり使う悪循環になっていたので、今回ワインディングマシーンを配備、常に使える時計を何本か用意できるようにしつつ「腕時計まわりのお洒落」を考えてみることにした。

1.ワインディングマシーン

0000

使い勝手の良い4本巻き上げ用ワインディングマシーン。動いている瞬間を見ることはあまりないが、少なくとも回転台の4本は常に身に付けられるというのが嬉しい。気になるのが下のウォッチスペースが3本分空いていることだ。多分あと3本買い足すような気がしてならない。

~アンティークウオッチを身に付ける~

40年代製造のピンクゴールドにステンレスの裏蓋付き通称トロピカル。正しい名前はあくまでもロレックスオイスターパーペチュアルだが、バブルバック(アメリカで広まったそうだ)の呼び名の方がその外観をイメージしやすい。購入後ベルトはカミーユフォルネへの注文品と交換。ムーヴメントは秋葉原の凄腕職人にOHを依頼。その後すこぶる調子が良い。

2.ジャケッティングスタイルに合わせて

05

シャツはナポリのアンナマトッツォ。珍しいダブルカフ仕様になっている。時計のベルトに合わせてゴム製のノットカフリンクも同じ紫で揃えた。ジャケットはサルトリオ、既成だが袖のボタンホールは手縫い仕上げになっているなど気配りのあるショップだった。

3.ボンドカフのシャツと合わせて

04

こちらはシャルベのドゥミムジュールのターンナップ(ボンド)カフのシャツと合わせたところ。シャツの生地が淡いラベンダーなので紫色のベルトとピンクゴールドのケースとの相性は抜群。最後にベルヴェストのスミズーラジャケットを羽織ってコンボの完成だ。

~スポーツウォッチをシャツの上から巻く~

こちらは80年代のロレックスサブマリーナ16800。スペックは最近のサブに近いが、ダイヤルが縁なしインデックスで仕上げられているのが特徴。強いて言えばアンティーク顔の新参ものといったところか。もっとも新参者といっても既に製造後30年以上経過しているのでオールドウォッチの仲間入りするのもそう遠くないはずだ。

4.スプリングコートと合わせて

07

シャツのカフ上から時計を巻くのを流行らせたのは故ジャンニアニエリだったが、今でもピッティに集う洒落者達には支持されているようだ。シャツはバルバ、ロロピアーナのストーム・システム素材を使った英国製マッキントッシュと合わせてスポーティーに…。

5.ニットカーディガンと組み合わせてラフに

06

こちらは今はなきラグビーby ラルフローレンのクラブストライプ・カーディガンにこちらもラルフの定番デニムBDと時計を組み合わせた写真。スポーツウォッチらしくカジュアルな服装と良く合う。手に下げたトートバッグはブラックフリース、こちらも残念なことに廃版だ。

~金無垢の時計と合わせる~

こちらは18YGのケースとブレスが一緒になるとかなり重たいロレックスデイトナ。最新のモデルよりひとつ前の16528になる。ステンレスモデルでは現行よりも売値が高いひとつ前のデイトナ。その理由はムーヴメントにある。ロレックス純正の現行品に対してゼニス社のエルプリメロ(ロレックス社でチューンしているが)を搭載しているからと聞く。

6.デニムシャツの袖ボタンを外してラフに…

00

麻のジャケットの季節が来ると金色の時計が欲しくなる。茶系の上着にはゴールドのアクセサリーの方が映えるからだ。ジャケットはラルフローレン、袖を本切羽仕様に改造している。合わせたシャツはブルックスのデニム製カッタウェイカラーシャツ。

7.パープルレーベルと合わせて…

01

こちらは金時計に合わせて金釦のブレザーを用意。シャツは太縞ストライプのダブルカフで襟はクレリック、初期英国製のパープルレーベルだ。ノットのカフリンクスもゴールド系を用意。もちろんブレザーもパープルレーベルなので同じブランドで揃えた統一感がある。

~軍もの調時計を合わせる~

こちらはブレゲのアエロナバルタイプXX。軍隊支給品をデザインベースに街用にリデザインしたもの。フライバック機能付きというマニア好きの心をくすぐる仕掛付。もとはステンレスブレスだったが、ミシシッピーアリゲーターの竹斑を使ったオーダー革ベルトに交換。

8.シルバー釦のブレザーと合わせて

03

ブレゲはステンレスケース、ならばジャケットもシルバーボタンのブレザーが便利なはず。国内縫製のオンダータ―(タキザワシゲル)にアメリカ製ブルックスブラザーズのBDを組み合わせてみた。上着と時計との橋渡しをしてくれる青/緑のストライプ柄は中々重宝する。

9.リネンジャケットと合わせて

02

ここでは時計のベルトに着目し、グリーン系のシャツとジャケットを用意してみた。ジャケットはラルフローレンの大身返し(アンコン仕立て)、一方のシャツはオックスフォード地の大柄チェックBDでブラックフリース製。ブレゲとアメリカンブランド、思ったより問題なく合う。

~軍もの時計(その2)を合わせる~

フランス海軍の支給品アイライン(エイラン)はヴィンテージミリタリーウォッチでは有名なようでかなり高価で取引されているらしい。ムーヴメントはレマニアと聞いていたがどうやら名門バルジューを搭載とのこと。ブログを通じて知り合ったアメリカ人からの頂きもの。

10.ウィンドブレイカーと合わせて

08

軍もの時計らしくアウトドアスタイルと合わせてみた。オウンメイクのギンガムチェックBDシャツにユニクロのウォッシュデニム、上からミレーのウィンドブレイカーを羽織りアイラインの時計をドッキング。真っ赤なカミーユフォルネのベルトがアクセントになっている。

11.腕時計をオフスタイルに合わせる…

09

大柄チェックシャツはブラックフリース。袖を捲ってヴィンテージ時計をアクセント代わりに目立たせるのも悪くない。洗いざらしのヤコブコーエンはステッチが赤、そして腰のベルトも赤。時計のベルトに合わせテーマカラーを赤に決めたコーディネイトの完成だ。

朝忙しいと近くにある時計を付けて家を出がちだが、バッグやベルトの金具、ブレザー釦がシルバーなのにゴールドの時計をしてしまうと何だか落ち着かない。その点マシーンの回転台には常にゴールドとステンレスの時計がスタンバイしているので安心だ。

今やデジタルの時代、クォーツ時計やスマートウォッチの方が便利だが、機械式時計は装飾品でもあり嗜好品でもある。人間の手で組まれた機械式時計の放つ温もりを意識して時計回りのコーディネイトをあれこれ考えておくと朝の忙しい時に迷わず済みそうだ。

« Shoes,belt and bag(靴と鞄とベルトの合わせ) | トップページ | Recent Shopping(最近の買い物) »

小物(accessories)」カテゴリの記事

コメント

管理人様

久しぶりの時計の記事、楽しく拝見しました。
たしかに麻のジャケットには金時計がよく合いますね。
私は手持ちの時計はすべてステンレスブレスなので、文字盤の色(白、シルバー、シャンパン、ネイビー、黒)で服装に合わせるようにしていますが、いつも変わり映えのしない感じになってしまいます。


PMT 様

お休みのところコメントをいただき有難う御座います。

なるほどダイアルの色で服に合わせるというのもアリですね。私はスーツに合わせる薄めのドレスウォッチが欲しいなと思い始めています。ただ時計は靴と比べてそうしょっちゅう買うわけには行かないので時間をかけて見つけようと思っています。

ところでPMT様はインスタグラムはされていらっしゃいませんでしょうか?ヴィンテージのアメリカ靴を収集されてる方と相互フォローしているのですが、古いアメリカの靴の投稿が素晴らしくて、いつもオオッて感動しています。

管理人様

ご返信有難うございます。

薄型ドレスウォッチは私も欲しいです。バセロンやブランパン、ジャガールクルト等が思い浮かびますが、そうそう気楽に買える値段ではないので、熟考が必要ですね。時計って自分が買うと、妻にも買わなきゃと思いますし。

インスタグラムには興味はあるのですが、何か新しいことを始めるのに時間が掛かるたちなのでやってません。いずれは始めたいと思っています。

PMT様

パテックフィリップのカラトラバPGあたりが欲しいのですが中々予算に合う出物がない状態がずっと続いています。一方ルクルトのレベルソも良いなと思いますがつい大型で両面機能付きやシースルーバックの複雑系が好きな為にこれも予算オーバーの状態が続いています。

お気に入りの時計を買うというのは中々難しいなと実感しています。それにしましてもPMT様の「時計を買う時妻にも買わなきゃ…」とのくだりは感動しました。2回ほど時計をプレゼントしましたが圧倒的に私の方が数が多いというところは要反省、私も見習わなくてはと思いました。

アプリを入れると見やすくなりますがPCからでも見られるのがインスタグラムの利点、フェイスブック傘下ですが本家よりも利用者数が増えているSNSではあります。

管理人様


その時々の装いに応じて使い分けできるだけの時計コレクション、見ていて羨ましいなと思いました。

恥ずかしながら、初めての本格時計をつい半年前に購入したばかりで、その1台が私の唯一の手持ちとなっています。
ただ、ルクルトのレベルソデュオという両面仕様のものにしたので、表にしてみたり裏にしてみたり、何とか1台でコーディネートをやりくりしている次第です。

やまだ様

週初めのコメントを有難う御座います。

レベルソのデュオフェイスをお持ちとのこと、羨ましいです。いつかは欲しい時計の第一候補なのです。ナイトアンドデイのようにダイヤルがシルバーとブラックだとビジネスにもオフタイムにも使えるのでとても便利そうだなと思っていました。

やまだ様が他に気になる時計はどのようなものがありますでしょうか?私は丸型以外がが欲しいのでレベルソ意外ですとカルティエのトーチュあたりが気になります。

管理人様


管理人様もレベルソデュオを第一候補の1つとされているとお聞きし、嬉しく思いました。

他にはカルティエのレクタンギュラー時計が気になっており、当初はタンクを購入しようとしていました。
どうもレベルソのアラビアンインデックスは好きになれず、タンクのローマンインデックスの方が格好いいなと思っており、とりわけタンク・アメリカンを第一候補にしておりました。
ただ、タンク・アメリカンはゴールド仕様しかなく予算オーバー気味だったのと(あと、重たいし傷つきやすいし)、やはりムーブメントはルクルトの方が良さそうだなと思っていたところ、バーインデックスのレベルソデュオを見つけ、こちらの方を選びました。

おっしゃるように、バーインデックスのある白文字盤の方をスーツに、黒文字盤の方をカジュアルに合わせる等できるので、この点も決め手になりました。(いかんせん、本格時計を2本も購入する余裕がないもので)

管理人様のコレクションに、次はどの時計が加わるのか、非常に楽しみです。

やまだ様

やはりレベルソは一粒で二度美味しい時計なんですね。手巻きだと朝ネジを巻くのを忘れがちで自動巻きを優先してしまう自分は要反省です。

次こそはレベルソかカルティエのタンクまたはトーチュあたりをと思っています。ただ、お小遣いでホイと買えれば良いのですが…。

また時計の話で交流させていただけますと幸いです。

管理人様

薄型と言うことで私はウルトラスリムを思い浮かべてしまったのですが、レベルソやトーチュも素敵ですね。

管理人様のあと3本の収納スペースにどんな時計が収まるかとても楽しみです。手巻きも中々趣があると思いますし、パワーリザーブ表示のあるものや、ロングリザーブのタイプもある意味時間合わせの煩わしさが軽減されていいのではないでしょうか。

妻には20代の頃のチュードルに始まって5本贈りましたが、自動巻きよりクオーツの方がいいようです。シェル文字盤のサントスガルベが一番のお気に入りです。

PMT様

すみません、日頃厚みのあるサブやアエロナバル、デイトナなどが中心なのでつい薄手と言ってもブランパンやパテックのようなドレッシーな時計が中々思い浮かばないところがあります。

確かにロングリザーブのものならば手巻きでも少しつけていないうちに止まるといったことはないかもしれないですよね。それにしてもチュードルに始まって5本も贈られたとは素晴らしい(^_^)私は2本、やはりチュードルとエルメスでした。

時計が好きな殿方は女性にも良く似た時計を贈るものなんですね〜。

これまでは、腕時計のコーディネートはあまり意識した事がありませんでした。 

薄給のサラリーマンの身(笑)なので、腕時計は、仕事と冠婚葬祭用にウエンガーのブラックフェース、カジュアル用にタイメックスのODカラーのミリタリーウオッチ(広く出回っている廉価モデル。でも妻からの誕生日プレゼント)の2つしか持っていません(恥)。
 
今欲しいのは、オメガのスピードマスターのちょっとレトロなモデル。
管理人様のように、色々なコーディネートを使い分けるセンスはないので、シンプルながら多くのシチュエーションで使えて多少なりともお洒落に見えるこれが憧れです。
 
また、ミリタリーウオッチも好きなので、今回のコーディネートは楽しく拝見しました。ハミルトンのミリタリーウオッチなども垂涎の的です。
宝くじでも当たらないかなぁ……などと夢想する日々です。

oisan様

コメントをいただき有難う御座います。ousan様もミリタリーウォッチのファンということで嬉しくなります。

かくいう私も全くの素人、しかもいただいた時計で語るなどもっての外ですが、アイライン(エイラン)は軍モノ時計らしく装飾性を排し機能性を高めた文字盤周囲が却ってお洒落に見えるような感じが好きです。

時計はモノにもよりますが、高価なものが多く私も宝くじでも当たればと思いますが、その宝くじを買っていないことに気がつきました(汗)

管理人様

初めてコメントさせていただきます。いつもInstagram並びに貴blog楽しみに拝見させていただいております。

今回の時計の記事も大変楽しく拝読いたしました。
今までまだ似合わないかなと思い手を出して無かった金時計も拝見しているうちに欲しくなってきてしまいました(汗)
私も管理人様と同じくカラトラバPGが手に入れたい時計ですが、無い袖は振れないので宝くじに期待することにしております…

また鮮やかな色のベルトに交換するのも素敵ですね!
先日新しい時計を手に入れたので、次のオーダーベルトは少し華やかなものを誂えようと思います。

しちょ様

訪問並びにコメントを頂戴し有難う御座います。今後ともお時間がございます時にご訪問いただけますと幸いです。

しちょ様のブログを拝見いたしました。とても興味を魅かれる記事ばかりでついつい時間が経つのも忘れて読み進めて行きました。時計や靴や鞄、旅行にグルメと正にピタリと重なります(嬉)

ところで時計の材質ですが、ステンレスの時計には潔さと実用性があります。一方ピンクゴールドやイエローゴールドにはステンレスにはない華やかさがあるなぁとも感じます。ただ値段が値段だけにそう簡単に買うわけにもいかず、お気に入りを待つことも時には必要かなと思っています。

しちょ様のお目に適ったカラトラバのPGでしたら素晴らしい一生の伴侶となることかと思います。私もカラトラバのシースルーバックが欲しくて一時期探しておりました。薄型のドレスウォッチにも憧れがあるので、そんな素敵な時計に出会いたいなと思いつつ自分のウォッチケース3個分の空きにどんな時計を入れようかゆっくり考えながら時を過ごしていけたら…と思っています。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

ご無沙汰しております
流石のコレクションです

最近私も時計にはまっているのですが出たり入ったりが激しい状況で
時計の道もまた成りがたし
という心境です 笑

いつも素晴らしいブログありがとうございます

nn様

コメントを有難う御座います。

オンラインショッピングで靴を買うとき、届いて初めて見た時の色合いはどうか、身に付けた時の外観はどうか、履いた時のスタイルはどうかなど色々とポイントがあります。一方、腕時計の場合ですが、流石に現物を見ずにオンラインで買う方は少ないと思いますが、腕に付けて生活を共にすると、後々まで残るかどうかという点では靴や鞄に近い相性が大きく左右する感じがしました。

お時間がございましたら、お立ち寄りいただき、時計のことを色々とお教えくださいますと幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Shoes,belt and bag(靴と鞄とベルトの合わせ) | トップページ | Recent Shopping(最近の買い物) »