« FreeShipping(送料無料) | トップページ | Reversible ties(便利なネクタイ) »

2016年4月 2日 (土)

Fancy socks(カジュアルソックス)

春になると気になるのがソックスの色目。冬に履いていた地厚の物や暗い色目のソックスだと何となく心も重い。もちろん仕事着の場合は黒やグレーのソックスが中心だが、週末の花見や買い物、ランチなどカジュアルな服装ではカラフルなソックスが欲しくなる。

ならばと良く行くアウトレットモールへ出陣。たかが靴下で?と思うかもしれないが洒落た靴下は見つけにくいもの。あそこならばまとめ買いができるかも…と予想したとおり、洒落た靴下が沢山揃っていた。そこで今回は春らしいソックスと靴の合わせを考えてみたい。

1.購入した靴下

00

いつものブルックスでボーダー柄をゲット。若い人はOKだろうが年配のブルックスファンには少々派手なので売れ残るのだろう。左からブルックスのボーダー柄4足、いずれも発色の綺麗なイタリア製だ。一番右はリネンのショートソックス、ブラックフリースのものだ。

~ウォッシュ加工のデニムとブルーのソックス~

2.コンビ靴と合わせて

09

淡いデニムにブルーのソックス。同系色なので合わないはずもないがポイントはデニムのステッチがオレンジというところ。何気にボーダー柄のオレンジと合わせている。コンビの靴はピールネームのクロケット製。ホワイト部分はカーフなのでさほど気を使わずに済む。

3.ビスポークローファーとの組み合わせ(その1)

08

ここではオレンジの靴を用意。フルサドルのスプリットトゥカジュアルはウェストのくびれからも分かるようにビスポーク。ロンドンはフォスター&サンの逸品だ。一方のデニムはヤコブコーエンのJ688。イタリア製高級デニムと英国注文靴は思ったよりも良く合うと思う。

~ホワイトパンツとグリーンのボーダー柄ソックスの組み合わせ~

4.ボーダー柄とキングオブローファー

10

ホワイトパンツにはどんな色のソックスでも合うがここではミントグリーンのボーダー柄を合わせてみた。靴は言わずと知れたウェストンのアリゲーター180。2010年当時は20万円で買えたが今では倍の値段が付けられている。正に買いたい時が買い時だ。

5.コンビ靴と合わせて(その2)

11

ここではリアルホワイトバックスを使ったコンビ靴を合わせてみた。スマートラウンドなつま先にハーフサドルのカジュアルはG.クレバリーのビスポーク。ホワイトバックスのマットな質感が足元を引き締める。パンツはイタリアの専業メイカー、ヴァレンティーニのもの。

グレーのコットンのエンブロイダリーパンツ&レッドソックス~

6.ナンバー8のコードバン靴とボーダー柄

01

エンブロイダリーコットンパンツはソックスと同じブルックスブラザーズ製。ボーダー柄のグレーに注目して赤色をチョイス。ブルックスと言えばアンラインドローファー…オールデンとの関係は順次解消らしく、ブルックス製オールデンを買うなら今のようだ。

7.ブラックローファーに替えて

02

ここではローファーを5の写真と同じアンラインドペニーローファー、ただしブラックに替えている。上の5の写真と同じデザインはセレクトショップUAによる完全別注品。代理店契約10周年と15周年(今回の黒)の節目に相応しい肉厚コードバン使いのローファー。

~ファイブポケッツカジュアルとボーダー柄〜

8.インコテックスの青ミミ付きデニムとボーダー柄ソックス

04

赤と黄色のボールドソックスとウォッシュの効いたカーキ色のジーンズはトラウザーズで定評のインコテックス製。一方の靴はクレバリーのアリゲーター。ゴージャスな靴をカジュアルなパンツと組み合わせる妙を教えてくれたのはウェストンの店長さんだった。

9.ピッグスキンローファーと合わせて…

05

このジーンズ、見えにくいが青ミミ付きの生地ということで最初から裾を折り返すように出来ている。そこでまずは裾の長さを短めに裾上げ、更に折り返してソックスを大目に見せながら履くこのが良さそうだ。女性で言うところのサブりナパンツに近い感覚だろうか。

~カラフルパンツとリネン製ショートソックス~

10.マッケイ靴と合わせて

06

一見普通のウェストン180。しかし薄いソールとコバの張りの少なさからマッケイ製法のサマーローファーと直ぐに分かる。軽い履き心地が自慢のはずだが、ライニング付のアッパーとウェストン特注のタイトフィッティングは思ったよりかっちりとした印象を与える。

11.ビスポークローファーとの組み合わせ

07

こちらはアンソニークレバリーのデザインをサンプルにしたバンドオーバー。オリジナル同様アリゲータースキンでオーダーを入れたもの。一方鮮やかなグリーンカラーのパンツはベルウィッチ。後発組だが群雄割拠のパンツメーカの中でしっかり存在感を放っている。

たかが靴下だが、足元のお洒落を意識しだすとそれなりに拘りが出てくるもの。お洒落の上級者はもっと複雑なソックスとパンツの組み合わせを楽しんでいるが、トラッドから着こなしを学んだ世代にとっては今回の靴下でも十分刺激的だ。

もう一点、今回合わせた靴はスリッポンタイプばかり。サイドエラスティックよりも更に軽い履き心地の靴とくればローフ-以上のものは中々ない。今週で桜の見ごろもピークを過ぎる。何とか雨に遭わずに桜の花を次週も満喫できるといいのだが。

« FreeShipping(送料無料) | トップページ | Reversible ties(便利なネクタイ) »

カジュアル(Casual wear)」カテゴリの記事

コメント

僕も先週御殿場を訪れたばかりです。
同じくブルックスでソックスを3つほど買い足してきました。春夏用にコットンのソックスが欲しいところでしたが、やはり豊富に揃っていましたね!
僕はmade in UKのエジプト綿のソックスに手を出してみました。ミントグリーンをどう合わせようと悩んでいたため、今回の組み合わせを参考にさせて頂きます!


ところで、あの売り場にはイタリア製、アメリカ製、イギリス製がありますが、何となくアメリカ製よりも他二つの方が質が良いように感じています。

昨日より気温も上がり、桜の花も少し散りだした九州です。ソックスも春本番の色で素敵ですね!私も昨日は冬物肌着をしまい込みまして半袖になりました。『夜はまだまだ肌寒いですが』春らしいローファー群どれを見ても皆個性の強い強者ですね。レイスアップシューズが秋冬って感じます。

おはようございます。雨降りで迎えた日曜日、満開の桜もやや寂しそうです。
昨日はちょうどソックスの整理をしていました、履き口が伸びたもの、擦れて薄くなったもの、片方のみのもの、たくさん廃棄しました。また、忘れていたストックがこんなに多くあったのかと驚きもありましたcoldsweats01

拝見いたしまして、いろいろなスリップオンタイプシューとの相性がとてもマッチしています。

雨の中、東急プラザにソックスを見に行こうかしら。

初めて投稿させていただきます。
英国の装いに興味を持っており、いつも勉強させていただいております。

以前はコンテンツから適宜そのとき興味がある投稿を拝見していましたが、最近は最初から順に拝見しています。ただいま2012年までまいりましたが、ご挨拶したく現代に戻ってまいりました。

今後も楽しい記事を拝見できますことを期待しております。

yamakovv様

お休みのところコメントを頂き有難う御座います。

何と御殿場に行かれ、ブルックスでソックスをお買い求めになられたのですね。
お値段やや高めの英国製ソックスを選ばれたようで、私も迷いましたが今回はイタリア製の派手派手ボーダー柄に挑戦しました。

原産国ですが主流は中国製、時々米国製、イタリア製、英国製が混じっているようです。シャツなどは米国製のものが気に入っていますが、靴や鞄は英国製が、小物などはイタリア製に結構いいものがあるなぁ何て感じながらいつも店をぐるぐる回っています。

また情報交換をできますと幸いです。

浦野亮祐様

お休みのところコメントを有難うございます。

東京もまだ肌寒いとはいえ、4月になったからにはやせ我慢しつつ春物を着るようにしています。今日は春物のRLブレザーで出社予定です。

仰るとおりレースアップシューズは履く機会がぐんと減ってきました。その分この間にしっかりとお手入れをしてあげようかな…と思っています。

ネクタイも春物に衣替えしましたので次回はネクタイを紹介しようかな?なんて思っています。

Tony様

お休みのところコメントを頂き有難う御座います。

週初めの月曜日、生憎の雨で桜の花びらも殆どが散ってしまいそうです。昨日は井之頭公園に出向き大勢の人混みの中、既に盛りを過ぎたとはいえ桜の花を満喫してきました。

お目当ての飲み屋は当然のごとく満員で入れもせず、公園から離れた場所にある行きつけの店で今しがた見てきた花を頭にイメージしながら一杯やりました。

次の楽しみはゴールデンウィークに信州に行ってタラの芽のてんぷらを食する事でしょうか…ちっとも服飾ネタになっていないのですが(汗)

harupoko様

お休みのところコメントをありがとうございます。

過去ログまでお読みいただき恐縮します。どうぞお気軽に書き込まれて交流できますと嬉しいです。

次週はネクタイの事を載せてみようかななんて思っています。英国ネタにならないかもしれませんがどうぞよろしくお願いいたします。

管理人様

ご丁寧なお返事ありがとうございました。
最近、「これは!」と思えるネクタイがあまり見つからないので
次回のご投稿でヒントがいただければと思います。

さて、不躾ですが靴についてコメントを頂戴したいことがございます。
近々、フォスター&サンのトランクショーがありオーダーすべきか考えております。管理人様の2012年のご投稿では、フォスターの靴についてはお褒めのようですが、近年のシューツリーについては苦言を呈されていたと思います。評価について印象の変化などございましたでしょうか。

また、(2012年当時)管理人様は、靴は日本のメゾンでも発注をご検討といったコメントを拝見しましたが、たとえばマーキスの川口さん、福田洋平さんらの作品をご覧になっていましたらご感想などお聞かせいただけないでしょうか?

これまでグリーンやパリロブの既製ばかりでして、どこからビスポークに入ろうか悩んでおります。
究極的には全部のお店で作って、自分のお気に入りを見つける、になるのでしょうが残念ながら困難なところもありまして。

詳しい方の意見やそれぞれの店頭やショーで(事情をお店に説明して)合間に見学させていただいて、お話した印象などで決めるのもありかと思っております。

harupoko様

早速の返信ありがとうございます。

次回のネクタイはリバーシブルネクタイを紹介しようかと思っています。一粒で2度美味しいあるいは4度おいしいネクタイ特集です。

さて、まずツリーについてのご質問ですが、フォスターの靴はラストメイキングから始まり、フィッターの対応クローザーの腕前、ボトムメイカーの技術、どれをとっても一流です。ただツリーについては若干緩いかなと思うことがありました。ただ、これは主観ですので、満足される方も多いと推察します。


次に日本のメゾンでの注文ですが、今注文しているブーツが59足目ですのでラストとなる60足目の靴は日本の職人さんにお願いするつもりです。マーキスの川口さんも福田さんも素晴らしい靴を作られるので新しく靴を誂えてみたいという方には大いなる選択肢かなと思います。

自分はそういった環境になかった時代に靴をお願いしてきたので長い付き合いのあるロンドンの靴屋にならざるを得ず、日本の靴屋さんにお願いする機会を逸してきました。ただ、ロンドンに限らず欧州の誂え靴屋は多くの客に靴を提供してきた経験値があります。

日本の靴屋さんはこれから経験値を積むためにより多くの顧客に注文してもらうことが望ましいかと思います。そのためにはコストパフォーマンスがポイントになるので、60足目はコストパフォーマンスの良い日本の靴屋さんにお願いするつもりです。

最後に、もしharupoko様がフォスターでの注文をお考えのようでしたらこのコメントへの返信でメルアドを入力の上送信して頂ければウェブ上には出てきませんが私の方からご連絡を差し上げることができます。私もフォスターのトランクショウに顔を出しますのでご一緒出来るやもしれません。

カジュアルのソックスといえば、白のスポーツソックスかアーガイル柄のものくらいしか馴染みがなかったのですが、華やかな色の、しかもボーダーのものも楽しくていいですね。
季節柄、足元も軽くなりそうです。
レザーシューズとの相性も意外によいのは、自分にとっては新しい発見でした。 
 
最近、少し“冒険”してみました。某人気ファストファッションのお店で、縦ストライプのソックスを購入して履いてみました。
ストライプを細目、色合いも落ち着いたものにすれば、履いていて違和感がありませんでした。
カジュアルは、少々冒険してみると、新しい可能性が開けるものだと、改めて実感しました。

oisan様

oisan様もストライプのソックスにチャレンジされたのですね。
お仲間が増えたようで嬉しいです。仰るように革靴もカジュアルなソックスと合わせると意外や意外、結構合っちゃいます。

特にローファーやスリッポンタイプは抜群の相性で今回の特集も気がついたら全てローファーでした。というかローファーの方がソックスをたくさん見せられるので敢えて選んだとも言えます。

最近の若い方はタブーなく色を楽しむことを実践されていますが、私が若い頃は控えめな色ばかりで派手な色は年配になってから身につけるものだと思っていました。その点では最近、真っ赤な服を着ても違和感のない年齢になっている(なってしまった)ことを反省しています😅💦

管理人さま

今朝、アドレス欄に記載の上投稿しましたが
スパム対策で投稿者確認後に掲載とありました。

投稿は届きましたでしょうか。

念のため、アドレスを再送しました。

harupoko 様

無事届いておりますのでご安心下さいませ。

昨夜は久々に友と飲み会でした。出で立ちはそれこそ成人式をとうに過ぎまして三十代に向かおうとしておりますJPのシングルの紺ブレにRLの淡い黄色のハーフスリーブのRLのBDパンツは友の店でオーダーしましたKENTのインタックの綿パン『もちろん裾はW仕立て』さて春らしいカジュアルソックスを引き出しを開けてみましたら、RLの下から赤、しろそして一番上は紺色のソックス。もう一足は少し赤みがかったイエローのソックス。他にもJPのソックスも出てまいりましたが、今回はパンツに合わせて赤みがかったイエローのソックスに落ち着きました!靴は明かりタンカラーの年期物のRLのショートヴァンプのカジュアルなローファーでした。

浦野亮祐様

休みのところコメントを有難うございます。

JPシングル紺ブレにKENTのインタック2プリーツの綿パン、タンカラーのRLショートヴァンプローファーと正に浦野様らしいトラッドの王道を行く安定感抜群の着こなしですね。そこにイエローのソックスを差し色ではsむということはパンツに近い色+シャツとの相性もお考えの事と推察いたしました。

昨日は東京も暖かくて汗ばむほどだったのでショートソックスにしましたが今日は縞々のソックスを履いてブルックスのコードヴァンローファーでも履いて街に繰り出そうと思っています。

ご返信ありがとうございます。私は明日から約三カ月間振りの小倉詣で、何を着ていこうか、どの靴にしようかと思案中でございます管理人様が元、浜ちゃん二代目スーさんを履いて都会を闊歩なさっている姿が頭に浮かびます!さてソックスはどの色柄なんでしょうか?

浦野亮祐様

先ほど新宿から戻って参りましたが、今日は4番と5番の写真に出て来るミントグリーンの縞々ソックスにブルックスのアンラインン度ローファーで出かけました。

パンツはデニムでブルックスのBDにスプリングコートを羽織った出で立ちです。今日はすごしやすい気候で寒くなく暑くなく快適でした。浦野様の明日からの小倉詣では、やはり春らしくRLのローファーあたりでしょうか。

このミントグリーンのソックス周りがパッと明るくなるようなカラーですね。私も欲しくなりましたので明後日豊前小倉の帰りに筑前博多の今泉にでも寄ってみようかと思ってます。『そう言いながら絶対に毎回立ち寄りますが』 『汗』どういう訳か私のソックスは七割がRLで残りがJPなんですよ。靴の件ですが管理人様が今日履かれましたBBのコードヴァンローファーに合わせてRECCのコードヴァンタッセルにしようかなと、思いましたが季節に合わせてヴァーガンデーカラーよりちょい薄めの茶色の四半世紀以前のイーストコーストコレクションのキルテーモンクストラップ『この靴は小倉では未だ未公開』にと考えております。以前お話しました姪っ子がツリーの代わりにストレッチャーを精一杯右に廻して偏平足の私の足が痛くないように?してくれました思い出の靴なんちゃって『笑』

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« FreeShipping(送料無料) | トップページ | Reversible ties(便利なネクタイ) »