最近のトラックバック

« Knit jacket(山小屋での過ごし方) | トップページ | Fancy socks(カジュアルソックス) »

2016年3月26日 (土)

FreeShipping(送料無料)

暦の上では春、そろそろ気温も温む頃と3月中旬にカジュアルシャツを購入した。今や一年中セール品を扱っているオンラインショップ。時折チェックすると更に値段が下がっていたりと良いことがある。今回もお気に入りが更に値引いていたのでサイズをチェック、マイサイズが残っていたシャツを3枚買い求めた。

もちろん会計前に全て在庫有り(In Stock)かを確認。全て有りということでバックオーダーの心配もなさそうだと直ぐに注文。順調にいけばすぐ商品が届くはずだった。…ところが配達された箱を開けてビックリ、3枚注文したはずのシャツが2枚しか入っていない。ということで今回はその後の顛末を紹介しようと思う。

1.オンラインショップで手に入れたシャツ

00

大柄のチェックシャツを2枚とデニムシャツの合計3枚を注文したのだが、伝票には2枚分しか書かれていない。よく見ると国際送料49.99$分が引かれていてシャツ2枚の代金しか記載されていない。どうやらバックオーダーもないため送料無料となったようだ。

2.シグネチャータータン

01_2

注文したのはブルックスブラザーズ。シグネチャータータンと呼ばれる柄のシャツだ。定価195$を78$(≒8,820円)で購入したが、同じものが日本版ブルックスのオンラインでは15,600円と倍近い値(既に在庫切れ)が付いている。円高のせいか国内価格の高さが際立つ。

3.ライトウェイトデニムシャツ

02

こちらはデニム地のスリムフィットシャツ。カラースティッフナー付なのでカジュアルながらネクタイを合わせられる。イタリア製の生地らしく肌触りは良い。148$が59.2$(≒6,700円)とお買い得だが、国内ではセール価格が12,000円とこちらもほぼ倍近くなっている。

~チェックシャツの着こなしを考える~

4.スプリングコートの着こなし(その2)

03a

丁度今頃から暫くの間はスプリングコートの季節だ。特に花冷えの時など重宝する1枚だが、5月になるとに流石に暑い。届いたばかりのシャツに白のチノパンを合わせ、上からスプリングコートを羽織っている。テーマカラーは青なので靴もネイビーをチョイス。

5.スプリングコートの着こなし(その2)

04

鮮やかなマリンブルーのコートはロロピアーナの生地を使ったマッキントッシュのスプリングコート。従来のゴム引きとは違う新しいタイプのものだが縫製はれっきとしたスコットランド製。イメージチェンジを図っているのだろうか、最近のマッキントッシュは目が離せない。

6.マッキントッシュのボタン

05

マッキントッシュのファンはこのネームが入ったボタンに心惹かれると聞いたことがある。それを知ってか知らずかこのコート、袖やポケットから身頃に至るまであちこちにネーム入りボタンが付いている。確かに名前がなかったら何となく間延びしてしまうかもしれない。

7.ホワイトタッセル付ネイビースリッポン

06

選んだ靴はシャツと同じブラックフリースのスリッポン。ブリックソールのカジュアルな作りは別注品に定評のあるクロケット&ジョーンズで、素材はトムブラウン好きのネイビーとホワイトのグレインカーフ。ソックスはチェックシャツの赤から少し離れたピンクをチョイス。

~デニムシャツの着こなしを考える~

8.デニムシャツにネクタイを結ぶ

07

今度はシャツをチェック柄からデニムに着替えたところ。ホワイトチノパンはそのままでネクタイを締めてジャケットを着させ、仕上げにポケットチーフとハンチングキャップを合わせて靴を交換してみたところ。このままオープンカーで出かけたくなる雰囲気がある。

9.ジャケット回りの組み合わせ

08

ジャケットはアットリーニ傘下時のサルトリオ。80%のシルクにウールを20%加えて織り上げた生地感は独特だ。表面に微かな光沢があり、手で触った感触はかなりシャキッとしている。シルクジャケットは見た目より涼しくないが背抜きなので今の季節にはピッタリだ。

10.コーディネイト

09

合わせたネクタイは独特の柄と色の組み合わせが気に入って買い求めたもの。色使いが独特のポールスチュアートらしいコットン100%の春夏用ネクタイだ。チーフは茶色の靴を履く時はたいてい合う便利な1枚。ヴェネツィアの紳士用品店で買ったRODAのもの。

11.靴と靴下

10

ペールグリーンのソックスと茶色のフルバンドペニーローファーの組み合わせ。靴の名はマーロウ、言わずと知れたラルフローレンの紳士靴だ。コードバンシリーズ4型の中の1型。オリジナルのクロケット製コードバン靴よりラルフ別注の方が色艶が良いのはなぜだろう…

今回のシャツ2枚を国内で購入すると15,600+12,000+600(送料)×1.08=28,248円だった。一方のブルックス本国サイトからの購入ではカード引落金額が15,586円となっており、これに送料49.99ドルがもし加わったとすると5,650円が加算されるがそれでも国内より安い。

送料なしの恩恵もあって日本の方が1.8倍も高いという結果が出たが、やはりじわじわと内外価格差が広がってきているようだ。新聞に「買い物を極力しない生活こそ幸せ」と書かれていたが、次に幸せなのは「必要なものは賢く買う」ということではないかと思う。

« Knit jacket(山小屋での過ごし方) | トップページ | Fancy socks(カジュアルソックス) »

ショッピング(Shopping)」カテゴリの記事

コメント

夕刻になりますと、まだまだ寒さを感じます週末になりました。シグネチャータータンチェックのシャツ、素敵ですね!同じタータンチェックでもこちらは春にピッタリの柄ですね!以前この柄のシャツを管理人様のブログで拝見させて頂いたんではないでしょうか?煉瓦ソールのネイビーブルーに白のタッセル、組み合わせバツグンですよ。最後に『必要な物を賢く買う』銘ワードだと思います。

管理人様、

こんにちは、シャツ良いですね。オックスフォードやダンガリー、デニムのシャツはマスプロダクトが合っている気がします。これらの生地はイタリア的なハンドメイドではなく、イギリスやアメリカ的なミシンメイドが似合っていますよね。デニムシャツは背中がボックスプリーツになっているのでしょうか?
今期は梅雨に向けてビーンブーツでもと思っていたのですが、管理人様を見ていて、ダンガリー辺りのシャツが欲しくなってきました。

浦野様

お休みのところコメントを有難う御座います。

今回の赤いシャツですが、以前はオレンジ色の大柄シャツを載せたかもしれません。赤の大柄は初めての購入です。歳をとって派手なものが好きになったのだと思います。

必要なものを賢く買うには、本当に必要かじっくり考える時間も大切で、しばらくたって考えた時にそうでもないなと思ったら買わないことにしています。何しろ断捨離が全く進んでいないのです(汗)

れの様

さすがはれの様、おっしゃる通りボタンダウンやデニムシャツはマスプロダクツで、しかも洗ううちにパッカリングを起こすものが良いのではないかと個人的に思います。その点、元祖ブルックスのボタンダウンやラルフのRRLデニムシャツあたりはとても良い感じです。


お訪ねのデニムシャツの背中ですが、ボックスプリーツでした。何回か洗って少々使い込んだ感じが出てきてからが活躍してくれそうな予感がしています。

余談ですが梅雨時期はもとより降雪シーズンのビーンブーツの便利さは特筆ものかなと個人的に思っています。

管理人様
いつも素敵なコーディネートを紹介していただきありがとうございます! 今回も自分の好みにどストライク、かっこいいです!
今回は特に赤系のシグネーチャータータンと青系のスプリング・コート、青系のデニムとオレンジ・赤系のマドラスタイの補色の色合わせがなんとも春ぽく、やられました!
それにしてもBlack fleeceのサイト、終了が決まってから日に日にアイテムが減っていてなんとも寂しい限りです。
最後の記念に何かラスト・オーダーしようかと思案中です。

Tantawaka様

お休みのところコメントを有難うございます。

Tantawaka様のコーデに影響を受けて大柄のシャツやオレンジ色のアイテムなど春らしく仕込んでみました。

ブラックフリースは仰るとおりインストックと記されていたのにいざとなったら欠品ということでがっくりしました。がもう一度何かオーダーしようかと企んでいます。

Tantawaka様もオウンメイクの大物を買われたのでしょうか、この時期は意外といいものが残っていたりして狙い目ですね。

管理人様


相変わらず、ブルックスオンラインのオペレーションは無茶苦茶なようで。。。

以前も紹介されていたと記憶しておりますが、マリンブルーのスプリングコート、良いですね。
ロロピアーナの生地というのも、魅力的ですね。

やまだ様

お休みのところコメントを有難う御座います。

確かにこのところブルックスのオンラインストアも、イベントが多すぎるせいでしょうか、ミスがあるのでしょうね〜。まあ、損はしていないので良いのですが一番欲しかったシャツが在庫切れだったのは残念でした。

スプリングコートの方は写真のようにコーディネートすると中々良い雰囲気になるので赤青チェックシャツを手に入れてよかったです。

こんにちは。

仰る通り、賢い買い物をする事こそがいつの時代においても通用する普遍的な理想の物との付き合い方だと思います。

最近は戦後の極端な物質主義に対抗する形でこれまた極端なミニマリストなどが流行していますが、
これは手段が目的になっており本末転倒、人間生きていく上では必ず物が必要となりまた物というのは豊かさのパロメーターであると思っています。
ミニマリストが生まれた背景には「低価格低品質の商品の氾濫への忌避」がありそれこそが実は直接的な要因なのに、まるで物そのもの自体が悪いかのように錯覚されているところを見ると、何だかなぁと感じます。
良いものを必要な分だけ買うという、普遍的な賢い買い物をしている人達は買い物疲れ、物疲れとは無縁ですしね。

なので私たちはこれからも良いものを安い価格で賢く買っていきましょう(笑)

いきなり自分勝手に語ってしまいました、
それより管理人様のコーディネートを見ていると、隣にリードで繋がれたワンちゃんが見えてくるようです。
都会的だけど適度にカジュアルリラックスなこのコーディネート、休日にペットと散歩、なんて素敵ではないですか!

カメリア様

週明けのコメントを有難うございます。

確かに物質文明の根幹をなすモノを買うという行為を全ての人がしなくなったら社会はダークサイドに飲み込まれて行ってしまうのですが、個人的には着ないシャツがあるのに新たにシャツを買うなんて…と内心忸怩たる思いが時折頭をかすめます。

さて、ペットの件ですが昔から犬を飼っていたのでもう少し年齢が進んで半分仕事、半分リタイアするようになったら犬を飼いたいなと思っています。尤も外国に行く時のことが心配なのですが。買う犬はやはり豆柴犬です。

管理人様

こんにちは。
毎回とても刺激になるブログを有難うございます。

特にネイビー×ベージュ系のコーデは私も大好きです。
挿し色でオレンジのチーフ、、たまらく素敵。

こんな素敵なファッションの方がもし私の隣を通りすぎたら
きっと振り返って見てしまいます♪♪

ミセスI様

コメントを頂き有難う御座います。
振り返って見られる経験があまりないので、とても嬉しいお褒めの言葉でした。
有難う御座います。

実は濃い色目のシャツ(インディゴ素材)は久しぶりでした。そこで昔のようにアウトドア風に着るのではなく、ネクタイを締めてみたら…そんな思いつきでしたが、シャツにもう少し着こんだ感じが欲しいので、このあと洗濯してみます♪

こなれた感じになりましたらまたアップしてみます。

チェックシャツは、単品だと派手(失礼!)な印象だったのですが、トータルのコーディネートを見ると、逆にスッキリして爽やかな感じがしました。
やはり、トータルバランスはコーディネートのポイントの一つですね。

デニムシャツはなかなか馴染みがない(食わず嫌い?)のですが、シックな味わいもあり、導入を検討してみたくなりました。

oisan様

週末のコメントを有難うございました。

大柄のシャツは私も久しぶりでした。が、ジャケットなどと合わせるのではなくカジュアルウェア(インコテックス)が提唱するスローウェアに賛同して買い求めました。

思ったよりも履き心地が良いのにびっくりしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Knit jacket(山小屋での過ごし方) | トップページ | Fancy socks(カジュアルソックス) »