« 春遠からじ | トップページ | Selvedge jeans(耳付きジーンズ) »

2016年3月 5日 (土)

On the edge of season(季節を先どる)

週末は久々の両日ともオフ、ということでショッピングに出かけた。欲しいものはサイズ切れが多かったが春先に似合うペールトーンのシャツを発見。購入したのはいつものブルックスブラザーズ、この春で終了したブラックフリースのものだ。

本国では78㌦(≒8,900円)。一方日本ではセール価格9,000円の10%オフで8,748円(税込)と円安にもかかわらず日本の方が安いことになる。そこで今回は買い求めたシャツを中心に春の装いを考えてみようと思う。

1.ペールグリーンのチェックシャツ

04_2

購入したのはオックスフォードBD。白地に淡いグリーンのチェックと黄色の格子が入っている。シャツ単体では綺麗だがタイドアップ用のネクタイが決まらない。そこで白パンにリボンベルト、リネンジャケットとカジュアルに振ってみた。

2.首下にスカーフを巻く

02_2

ネクタイをしないのでシャツの第1ボタンを外し、麻の大判ポケットスクェアをスカーフ状に巻いてみた。色目はまったく同じだがペイズリーの柄が柔らかく首下を包んでくれる。この後本国サイトで合いそうなネクタイを注文しようか思案中。

3.麻のジャケット

03_2

昨シーズン補充した麻のジャケットが早速登場。パッチポケットだが気にせずチーフを挿す。首に巻いたものと同じ柄、ただし色は茶色だ。パンツはイタリアの名門バレンティーニ。時々ブリーチに漬けて白さを取り戻すようにしている。

4.ネイビーのスリッポンを履く

00_2

腰に巻いたネイビーのリボンベルトとホワイトパンツはこの靴を想定して用意したもの。ネイビー&ホワイトのタッセルスリッポンはブリックソールがポイント。ネクタイを締めないカジュアルルックにピッタリの靴だ。

5.シャツのカフ

05_2

袖の切羽を開いてみたところ。そう言えば昔ジャンコクトーの写真で切羽を無造作に捲し上げていたのを見たが中々格好良かった。ブラックフリースのシャツは角切りカフが特徴、ブルックスのオリジナルとはちょっと違う仕様に心をくすぐられる。

6.パンツ、ソックス、靴のトリオ

06_2

ネイビーの靴に一番合うのはホワイトパンツだろう。では靴下を何色にすればよいか。ここではシャツの格子色を拾ってクリーム色のソックスをチョイス。他には淡いピンクやラベンダーも悪くない。

7.小旅行に行く時の鞄

07_3

3月の3連休は信州のセカンドに行こうと計画中。このところ車は使わずに列車が多いので、着替えやアメニティなどを詰め込むのに最適なのがこのサック・シャス。使い込んでも壊れないのはヴィトンならでは。

8.靴をコンビシューズに替えてみる

01_2

ここでは靴をネイビーのタッセルから茶/白のコンビローファーに交替。白のパンツはビジネス用のコンサバな黒靴を除けば大抵の靴に合わせられるだけでなく、上に着るジャケットも選ばない。オールマイティなところが魅力だ。

9.選んだ靴

09_2

今回選んだ靴はどちらもスマートなラウンドトゥ。既成と誂えの違いはあるがよく似たシルエットで長さも殆ど同じ、違うのはつま先のシェイプと踵の大きさくらいだろうか。最近は専らラウンドの靴を買ったり作って貰ってばかりいる。

11.英国製の靴

10_2

左はブラックフリースの昨シーズン春夏物。製造はクロケット&ジョーンズだ。右はジョージクレバリーのビスポーク。白い部分は正統派らしく、バックスキンで出来ている。デザインやフィッティング同様誂え靴はディテールも抜かりない。

ブラックフリースの売り場はBB0~BB1でサイズ切れが多かった。日本での売れ筋サイズらしい。それによく見るとシャツやネクタイは確かに日本の方が安いがニット類や重衣料、靴はまだまだ日本の方が高い。買うものを選ぶことが大切だ。

季節を先取りしてペールグリーンのシャツを買ってみたので早速着てみようと思う。ただ例年3月の終わりは急に寒くなったり雪が降ったりすることある。暫くは天気予報を頼りに穏やかな日には季節を先取りした装いで出かけたい。

« 春遠からじ | トップページ | Selvedge jeans(耳付きジーンズ) »

スタイル(Style)」カテゴリの記事

コメント

春夏の素敵な装いをご紹介して頂きありがとうございます!
日本語で言うなれば萌黄色でしょうか、さわやかなグリーン系色が目に優しいシャツですね。こんな絶妙な色柄のシャツを展開するブランドが休止してしまったとなると、やはり寂しさを感じずにはいられませんね…ファンとして復活を待ちたいところです。

ヴィトンのサック・シャスも年季が入って格好いいですね~!僕はキーポルの55CMを愛用しておりますが、まだまだ使い込みが足りません(汗)管理人様のサック・シャスのような雰囲気を目指して月日を重ねたいと思います。

シロさん

土曜日はアウトレットでブラックフリースの最終コレクションを中心に色々と見てきました。残念ながらマイサイズのBB1はサイズ切れが多く、また重衣料や靴、鞄は本国より割高でしたのでシャツに目が向いたということになります(^^)

おっしゃるとおりこんな素敵なチェックのシャツがオックスフォード生地でアメリカ縫製なんて滅多なことではないので撤退は残念です。後はお気に入りを買っておいて徐々に下ろして使うくらいでしょうか。また良いものが入りましたらアップしたいと思います。

管理人様


いよいよ春といった様子ですね。

そう言えば、学生時代は、コクトーの本をよく読み、パリのアルニス本店にて店員とコクトーの話をしたことを懐かしく感じました。(ヴォーグやハーパーズバザー等のファッション誌に寄稿した、コクトーの記事も面白いです。)

春は、ジャケットを捲し上げて、颯爽と出かけたいものです。

やまだ様

週初めのコメントをいただき有難う御座います。

コクトーのファンだったとのことで、私がイメージしていた写真も直ぐに思い浮かぶのではと推察いたします。本切羽を開けて袖を捲し上げる時は長袖ではなく、半袖のシャツやポロシャツの方が結構様になる気がして、邪道と言われつつ半袖シャツにジャケットを羽織ることもあります。

何気ない仕草が様になるのはそれがいつもやり慣れていないとだめなので、帽子をかぶる、巻物をするなどと同じようにこの春夏は袖捲りも積極的にやってみようかと思います。

春とうからじからここ数日間は気温も上がり、一気に春になりもう季節を先取っても違和感ない今日この頃ですね。若草が萌え始める季節には管理人様本当にグリーンのお色が好みみたいですね!同色のアスコットタイもシャツと同色ながら互いに個性を出していますね!私は13日の日曜日は岩田屋でコロンブスのキャンペーンがありますので来店を予定しております。往復の高速バス島原号のチケット購入すんでおります。

初めてコメントさせて頂きます。
友人のファッショニスタの男性からこちらのHPの存在を教えてもらい、
以後、ファンの一人として楽しく拝見させて頂いております。

特に靴に関してはワクワクしながら拝見しています。

私は理想のファションを追い求めた結果、
自分で服を作る事に目覚めてしまい、今はあまり既製品を購入する事を致しませんが、
管理人様のブログから沢山の刺激を頂いております。

性別関係なくセンスの良い方の着こなしはとても参考になります。

ずっとコメントをしたかったのですが、皆様のコメントのレベルがあまりに高く、躊躇しておりました。
が、今回思い切ってコメントさせて頂きました。

これからも楽しみにしております。

長文失礼いたしました。

浦野様

コメントを有難うございます。岩田屋詣で、コロンブスのキャンペーンとなれば、何だかワクワクしそうなことが待っていそうですね。既に高速バスのチケットを購入されていらっしゃるところに今回の小旅行を楽しみにされている様子を良く表していると思いました。

仰るとおりグリーンが好きで、昔は扱いにくい色で嫌いだったのですがいつの間にか好きになっていました。今年も少しずつグリーンアイテムが増えて行きそうな予感がします。

ミセスI様

コメントを頂き有難う御座います。また以前から当ブログに目を通していただき感激です。これからもお時間がございます時は気軽にコメント等頂ければ幸いです。

理想のファッションを目指して服作りに取り組み、既製品を買わないところまで極めていらっしゃる所にとても共感いたしました。私も若かったら靴作りを始めていたのになぁ~と思うことが最近よくあります。

既にリーディンググラスが欠かせないので物づくりには不向きになってしまいましたが(汗)これからもブログやインスタグラムを通じて色々な方と交流できるのを楽しみにしているところです。

今後とも宜しくお願いいたしますhappy01

管理人様のようなお人であれば、タイドアップという言葉は使わない方が良いかと存じます。

リネン(麻)は夏の素材で、春はコットン(綿)だと思っていましたが、リネンの方がコットンより更に(印象としての)軽さが感じられ、爽やかなイメージですね。


リボンベルト!懐かしくも新しいアイテムです。その昔は、チノパンにリボンベルト、トップスにネイビーブレザー+ボタンダウン+ニットタイ、足元はペニーローファーという出で立ちで、アイビーでキメたつもりでいました(懐かしくも恥ずかしいです(笑))。
今回の写真を見て、久しぶりにリボンベルトを使ってみたくなりました。

浪漫様

そういえばタイドアップは和製英語でしたね。
でも使い慣れているのでしょっちゅう使ってしまいます。ひょっとするとアイビー時代からかもしれません、何しろ古い人間ですので…。

多分これからもちょくちょく使ってしまうと思うのでご容赦願います。

oisan様

チノパンにリボンベルト、リボンベルト、ボタンダウンにネイビーブレザー、そして足元はペニーローファー…なんて素敵な装いでしょうか。私の好みドンピシャです。

おっしゃるとおりリボンベルトは差し色になるので春夏の装いにはもってこいだと思います。

明日の出で立ちに悪戦苦闘しております!九州は午後から雨模様、季節の先取りで春らしい服や靴でもと思ってますが。雨天時にレザーソールには躊躇しております。今年2016年前半最後のスエードシューズ、以前お話しましたダイナイトソールのWTにでもいたそうかな?と、もっか思案中です。新しいゲスト、最後にミセス様。私からも書き込みお待ちしております。

浦野様

スェードは元々はカントリーシューズ、雨や露など悪路でも履ける靴でしたので良い選択ではないでしょうか。

又は替え靴を用意するというのも有りですが、私はあまりずぼらでして、替え靴をしっかりと用意するタイプではないのでスェード&ダイナイトソールに1票入れさせていただきます。

こんにちは。
春らしい色合いの装い、とても素敵です。

私も早く白パンツを履きたいのですが、なかなか暖かくならないこの頃の気温のためにまだクローゼットの中でスタンバイしてます笑

靴下ですとやはり淡い色合いが良いですね。
ラベンダーも素敵ですし、あげられていない色だとサックスブルーなんかもよかったり。
ウールだと色に深みが出て軽やかなコーディネートに違和感が生じるので、コットンが良いかもしれませんね。

こうして春夏の装いを談義していると、早く暖かくならないかなぁと待ち遠しくなります。
育てているツルバラの葉っぱが茂り出していますので、きっと春はすぐそこまで来ているんでしょうね。

カメリア様

お休みのところコメントを有難うございます。

春が早く来ないかなと思いつつ今日ブログにアップしたものは間の戻りに合わせて冬物を紹介したりしていますがお許しください(汗)

白パンツは清潔感が命、常に新しいものが欲しくなるようで、ついでに白ジーンズも買おうかなと思ってしまいました。ツルバラの葉が茂りだすと春も間近というくだりにカメリア様のセンスの良さを感じました。

>管理人様

「場ちがいなのでは」とハラハラしておりましたが、管理人様のコメントを読んでホッと致しました。
管理人様にご迷惑がかからない様にこれからもコメントさせて頂きます。
どうぞよろしくお願いいたします

>浦野亮祐様

新参者の私に暖かいお言葉有難うございます。
語彙力不足の私ではありますが
是非皆様のお話の中に参加させて頂きたいと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。

ミセスI様

こちらこそ先ほどまで前回のお返事冒頭、様を付け忘れておりまして大変申し訳ありませんでした。

おしゃれ談義や服作りのことなど色々と交流できますことを楽しみにしております。また、同じタイトル名でインスタグラムにも参加しておりますのでそちらも合わせてご覧いただけますと幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春遠からじ | トップページ | Selvedge jeans(耳付きジーンズ) »