« 春夏用の靴 | トップページ | Free & Easy に捧ぐ »

2016年2月13日 (土)

Changing equipment(什器の交替)

先日の粗大ごみ回収日、長年使ってきたトルソーを出した。これまでの間、ブログを運営するにあたって欠かせない什器だっただけに、様々なことが思い返される。何だか長年乗り続けた愛車を手放す時にも似た感覚で、部屋に戻るとぽっかりとスペースが空いていた。

今後はトルソーを使わないスタイルに変更すべきか…ブログの運営をあれこれ考えていたところ、新たな機能を盛り込んだ納得のいくトルソーを発見。早速取り寄せたところ中々使い心地が良い。そこで今回から心機一転、新たなトルソーで着こなしの提案をしたい。

1.靴とパンツのコーディネーション

10

今まで足元のコーディネイトは全て自ら履いて自撮りするしかなく、手間と時間がかかったが、新しいトルソーのおかげで撮影に集中できる。写真はモスグリーンのフラノパンツとボルドーのソックス&シューズのコーディネート。自分で履いて撮るより写りが断然良い。

2.ビスポークブーツのコーディネイト

00

新着ブーツのコーディネートを考えていたところ丁度良いジャケットを見つけたので新しいトルソーで提案してみた。当初はデニム+ブーツと思ったが敢えてのウールパンツをチョイス。ブーツの色目とキルティングの赤(+橙)の格子を合わせたのがポイント。

3.首下のコーディネイト

14

ノータイならばハイネックのニットもよいが、シャツを着る場合は首下にスカーフを巻くと寒さを感じさせない。写真はウール70%+シルク30%のイタリー製スカーフ。ラルフローレンのハンティングモチーフ柄で今のパープルレーベルが出る前のパープルラベルのものだ。

4.グローブを差し色変わりに使う

04

前回も同じような写真を掲載したが、グローブは実用的なだけでなく、こうしてジャケットのポケットに挟むだけで差し色効果がある。オンラインショップで購入したデンツは年季が入ってきたがカシミアライニング付なので寒い日の自転車乗りには重宝する。

5.腰回り

05

プレーンなパンツが主流になって随分経つ。プリーツ入りが復活しないのは工程が増える分コストが嵩むからだろうか…尤もアメリカントラッド派としてはすっきりした腰回りに文句もないが、そろそろ変化する時かもしれない。OリングのベルトはUAの型押し。

6.インナーのチョイス

13

柄もののジャケットを着る時柄のどの色に注目するかで着こなしの印象は変わる。今回はジャケットのベース色グリーンに注目、インナーも少々寒いが黄緑色のカシミアヴェストをチョイスした。同じスコットランドのジョンストンズ製なので色のマッチングも上々。

7.パンツのシルエット

06

実際はこれほど綺麗にクリースは落ちないが、理想のイメージが撮影できるので良しと思うことにした。タンカラーのウールギャバジンパンツやデニムも合わせてみたがどちらも納得のコーディネイトに仕上がる。パンツの交換が楽なトルソーは頼もしい存在だ。

8.ブーツ&フラノパンツ

07

ラギットなノルウェジアンブーツとデニムやチノパンは鉄板コーディネートだが、ウールパンツとの相性も悪くない。ただしヒダの深いプリーツが入ったドレッシーなパンツではなく、写真のような粗野なパンツが好印象、ホームスパンツィード素材ならばっちり合いそうだ。

9.ブーツの交換

08

フォスターからクレバリーにブーツをチェンジ。焦げ茶の縁取りがあるジャケットには濃茶ブーツの方が合う。ただし色目が暗くなるので色目全体のトーンが下がることになる。靴は僅かな面積でしかないが着こなしの全体を変える要だということが改めて分かる。

10.ビスポークブーツを履く喜び

09

既成では味わえないフィット感、デザイン、意匠など、ブーツをオーダーする楽しみは短靴を誂える時とは随分違う。左のクレバリーも右のフォスターも英国靴でありながらノルウェジアンコンストラクション、しかも履き心地はあくまでも軽いスペシャルな感覚が嬉しい。

今回トルソーを交換したことで今までよりぐんと撮影がしやすく、楽になったのは大きな変化だった。実はパンツの交換だけでなく、ジャケットやシャツの交換も今までのように支柱からアイテムごとにトルソーを外すことなくできる新機構が付いている。

先代のトルソーは、度重なる取り外しで硬化プラスチックへの負担が増し、劣化したため寿命となったが、今度の新機構付トルソーは長期間活躍してくれそうだ。ただ、そうなると今度はコンテンツの充実が大切で、決して楽ばかりではないということになるのだが…。

« 春夏用の靴 | トップページ | Free & Easy に捧ぐ »

スタイル(Style)」カテゴリの記事

コメント

新しいトルソーの到着、貴ブログのファンとしてはとても嬉しいニュースです!先代の木の質感も良かったですが、今回は足元がモダンな雰囲気ですね。新しい機能も備わって、着せ替えが楽になったとのことで一安心です。うちはトルソーを置くスペースがないので、自分自身で着た様子をご紹介するスタイルのままとせざるを得ませんが、見る度にトルソーが欲しくなってしまいます(笑)

靴は僅かな面積でしかないが着こなしの全体を変える要との事、まさに仰る通りでガラッと印象が変わりますね!トーンは落ち着きますが、パイピングの焦げ茶を拾ったクレバリーブーツを合わせたコーディネートも堪りません。ブーツの誂えはだいぶ先になると思いますが、カントリースタイルの似合う紳士になった暁には…と夢を膨らませております。

シロさん

お休みのところ、またお出かけ前にコメントを頂き有難う御座います。

本当は自分自身を上手に写すのが一番なのでしょうが、一度に撮影する枚数も10枚近くとなると、あれこれ着替える時間は取れず、着せ替えの楽なトルソーには時間の節約に大いに貢献してもらって居ます。

さて、今回の組み合わせですが、靴の色を装いのどこに合わせるかでガラリと印象が変わるという点では差し色の小物アイテム以上に靴は着こなしの要になっているなとつくづく思います。

それにしてもブーツのオーダーはとても刺激的でした。ビスポークシューズ2足を1足にしてもブーツを頼む価値はあるなと実感しています。

管理人様


新しいトルソーを調達されたとのこと、嬉しい限りです。
しかも、このトルソーでは全身を写せるとのこと。

今後、新たな買い物はなるべく控えられるとのことでしたが、
このトルソーをお使いになって、既にお持ちの服で、色々とコーディネートを紹介いただけると、大変嬉しいです。

引き続き、楽しみにしております。

新しいトルソーの到着、おめでとうございます!
このブログで多くの事を学ばせていただきましたが、特にトルソーを使用した全身のコーディネートが圧巻で、服に迷ったら過去のアーカイブを観て参考にしています。前回、トルソーの入れ替えとブログのこれからを思案されていましたが、無理のないところでこれからも素敵な全身コーディネートをご紹介下さい!

やまだ様

お休みのところコメントをいただき有難う御座いました。

トルソーの使い心地は殊の外良く、これならば靴とパンツのコーディネイトの度に何回も靴や靴下、パンツを履きかえてポーズを取る必要もなくとても助かります。

新着品はぐんと減るかと思いますが今までのものを組み合わせてチープ&シックな装いにもチャレンジしていこうと思っています。お時間がございます時にブログの方も覗いていただけますと幸いです。

Tantawaka様

お休みのところコメントをいただき有難う御座います。また、インスタグラムの規格へのご賛同並びにポストを有難うございました。

さて、当ブログの方ですが、ご心配をおかけしておりましたトルソーの件ですが、ここで新機能の付いたトルソーを得て、心機一転コーディネイトを再開したばかりです。

ゆっくりと更新していくことになりますがこれからもインスタグラム共々交流して行けますと幸いです。

おはようございます。
祝!ニュウトルソー
海の向こうでは、錦織、岩田選手の活躍ニュースがありました、こちらもおめでとう!です。

トルソーが新しくなり、着こなしシリーズがまたまた復活ですね。
楽しみがひとつ増えました。
手持ちのものでのコーディネート紹介を楽しみにしています。
中に着た、シャッツ、ベストが素敵です。

Tony様

週初めのコメントを有難うございます。

お蔭様でトルソーをチェンジし、心機一転コーディネイトにあれこれ悩む日々が戻ってきました(笑)

もう着倒せないくらいの衣料と履き倒せないくらいの靴に囲まれているので極力衣類は買わないようにと思っているのですが、それでは息が詰まるのでたまに買い足す程度にとどめようとしているところです。

コーディネイトも見慣れたアイテムが中心になるかと思いますが、お時間がございます時にご覧いただけると嬉しいです。

新しいトルソーで、ぜひこれからも色々なコーディネートを教えていただけると嬉しいです。
 
今回は、フラノパンツのコーディネートが印象的です。
カジュアルな中に大人のシックさを出すには、ウールやフラノ素材のパンツをいかに使いこなせるかが大きなポイントであり、子供や若者のカジュアルとの違いの一つではないかと思います。
 
私は、コーディネートに自信がないので、ウールやフラノ素材のパンツを選ぶ時は、濃いめのグレーの無地のものに偏りがちです。
それ以外は、モノトーンの細かいハウンドトゥースか小さめのグレンチェックのものがせいぜい。
 
そうしたものだと、大概のトップスと合わせられますが、そのためコーディネートが凡庸な感じになってしまいます。
今回の記事から、ウールやフラノ素材のパンツの選び方や履きこなしのポイントを勉強したいと思います。

oisan様

私もフラノのパンツと言えばグレーの濃淡ばかり買っていましたが、今回は珍しくグリーンを買ってみました。結論としては今までの装いに変化が出てとても良い買い物だったかなと思います。

ただ、フラノのパンツ自体中々見かけることが少なくなって来ているので色のバリエーションを増やすのは難しいのかもしれません。本当ならば茶系のフラノも欲しいのですが…。

今回はカーキに近いグリーンだったのでチノパンと同じ感覚で色合わせしてみましたがかえってその方が良かったかもしれません。あまりドレッシーにならずに済んだかなと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春夏用の靴 | トップページ | Free & Easy に捧ぐ »