最近のトラックバック

« Shoes & Socks(靴下の選択) | トップページ | 春夏用の靴 »

2016年1月30日 (土)

Shopping & alteration(買い物とお直し)

冬らしい日が続いているせいか、ようやく冬物が売れていると聞く。すぐそこまで春が来ているとはいえ、買い物客は最終セール価格で今すぐ使えるものが買えるところに魅力を感じて財布の紐を緩めているそうだ。

そういう自分もセールにつられてアウターを購入。ついでにデニムを新調したり、以前買ったボトムスを直しに出したりしていた。そこで今回は最近買った品や直しから戻ってきたものを色々と紹介しようと思う。

1.購入したアウター

00

英国の名門ミル「フォックスブラザーズ」社のタグ。フランネルで有名なテキスタイルメーカーだが、ここでは発色の綺麗な100%ウーレンファブリックを供給している。裏がキルト仕立てのアウターだが一体何だろう。…

2.マッキントッシュ

02

久しぶりに購入したマッキントッシュのキルティングジャケット「ウェバリー」。メイドインスコットランドの本場ものは以前から愛用しているものより袖ぐりや身頃が若干タイトで時代の流れを感じさせる。

3.コーディネイト

01

トルソーが壊れてしまったので全体をコーディネイトできないのが残念だが、フォスターのカントリーブーツに合わせるべく購入したもの。近いうちにもう一度紹介したい。イメージはこれにブルージーンズとブーツという組み合わせだ。

4.レイヤードルック

03

インナーはハケットのタッターソールシャツ。間にチェックの色を拾ってブルネロクチネリのカシミヤプルオーバーを挟んでみた。赤いスリップオーバー(ヴェスト)も着てみたが中々いい感じだ。

5.小物を仕込む

04

チェックの中に橙色のラインを発見。それに合わせて英国つながりのペッカリーグローブを忍ばせてみた。カシミアライニング付のコルク色とくればデンツ。このところの寒い日が続いているので大活躍だ。

6.直しを終えたパンツと新たに増えたパンツ

06

一番上はジャパンデニムを使ったリジットジーンズ。縫製も日本製と拘りの1本。下の2本は裾上げを終えて戻ってきたもの。春になったら履きたいヤコブコーエンとRRLのセルビッチデニム。

7.

05

どちらも裾上げはチェーンステッチ。となれば直しに出すしかない。モーダの国イタリーのヤコブコーエンと、ジーンズ発祥の地アメリカのRRLどちらもが日本製のデニムを採用している。日本人としては嬉しいところだ。

8.RRLとコードバン

07

RRLと合わせる靴は同じラルフローレンの定番マーロウ。クロケット&ジョーンズ製の外羽根ウィングチップはデニムやチノーズからウールパンツまでボトムスを選ばない。よく似たクロケット純正のカーディガン4よりも守備範囲は広いと思う。

9.ヤコブコーエンとローファー

08

ヤコブコーエンとローファーの組み合わせ。ただしオールデンではなくクロケット製ラルフローレンのペニーローファー、マーロウを合わせる。奇しくも同じ名前の靴だが、それほどこの靴の魅力は凄いものがある。

10.リジットデニムとオールデン

09

いよいよ真打オールデンの登場。ロングウィングブルッチャーは色目が昔のバーガンディと異なるが皺の入り方は変わらない。合わせたジーンズはプレミアムエディションとして破格の値段で販売されたユニクロのもの。

長年使ってきたトルソーが役目を終えた。新しいトルソーを買うか、ブログのスタイルを変えるか目下検討中である。いずれにしてもインスタグラムとの共通項や相違点を含め少しずつスタイルも変わっていくだろう。

思えば2007年にスタートしたブログも来年には10年を迎える。よく訪問していたブログの多くが情報発信の役目を終えた今、このNot fashion but styleをどうするか考える時に来ているのかもしれない。

« Shoes & Socks(靴下の選択) | トップページ | 春夏用の靴 »

スタイル(Style)」カテゴリの記事

コメント

初めまして。毎週楽しみにブログを拝見しております。
私はまだ20代前半ですが、学生の頃に貴ブログを拝見し、服装に軸を持つ事へのきっかけとなったブログであり、いつかこんなスタイルを確立したいと常に目標にさせて頂いております。
一ファンではありますが、これからも何らかの形で情報を発信していただければとても嬉しく思います。
いきなりのコメント大変失礼致しました。

レマン様

訪問並びにコメントを頂戴し、有難うございます。また、ブログへの励ましを頂き感謝の気持ちでいっぱいです。目下、トルソーをどうするか検討中ですので改めて当ブログにてアナウンスさせていただきます。

そろそろ春物が着たくなる時期になりました。身勝手なもので寒くなると暖かい季節が恋しくなるのに、暑くなると寒い季節が来て重ね着したと思ってしまいます。

ですが、ローファーを毎日履けるくらいの暖かな日々はそこまで来ているようです。

いつもインスタグラムでお世話になっております。
r7gtことえいでんです!

確かイタリア服のディティールを調べておりましたらたどり着きましたJunさんのブログ・・・インスタグラムでは語られない細かな解説を楽しみに拝読するのが土曜日の習慣になっております。

近年の雑誌や、そのほかのメディア以上に濃く、そして服飾への愛情、装うことへの情熱を感じさせる情報を発信されているブログはそうそうないと思います。

青臭い表現ですが、多くの人に憧れや夢を提案してくださる貴ブログ・・・大変かと思いますが、是非に継続されてほしいと、いちファンとして思います。

いつも本当に有難うございます!

長々と失礼しました(汗)

えいでん様

日曜のひと時、訪問並びにコメントをいただき有難う御座います。

またブログへの応援の言葉まで頂戴し、心より感謝申し上げます。
現在今あるトルソーを廃棄するか、直すか、部品交換するか、買い換えるか…あれこれ検討中です(汗)

取り敢えずはトルソーなしで暫くやってみながら新しい方法も含め見直してみようかなと思いますので、インスタグラムも含め交流させていただければ幸いです。

管理人様
今週も楽しい記事をありがとうございます。

Blogという発信形態に関するご考察、確かに時代の流れと共に、多くのサイトがInstagramその他の手法に移行していますね。 発信側にも読み手側にも、それぞれ一長一短あるのだと思っています。 読み手としては、Blogにはそれなりの情報量を期待してしまいますが、発信される側の継続的なご努力、ご負担もかなりのものだと推察します。 その代わり集大成としての情報の集まりには、かなりの読み応え、見ごたえがあり、一冊の書籍のような価値があるのも事実です。 一方でInstagramなどの即時性にも魅力がありますし、難しい所ですね。

私としては、管理人様には無理のない形で、引き続き服飾の楽しい世界をシェアさせて頂ければと願うのみです。 どうぞこれからも無理のない形で情報発信をお願いします。

管理人様


例のコードバンペニーローファーですが、(通知もなく)なぜか今頃になって送られてきました。(しかも、DDPで)
というわけで、管理人様のコーディネートを参考に、ジーンズを中心に合わせたいなと思っております。
ただ、ジーンズの場合、ボトムインした際のシャツやベルトへの藍の色移りが気になってしまいますが、管理人様は、特に気にはされていないのでしょうか?

PS  私が本ブログを拝見するようになってから4年程経ち、その間、些細なコメントにも丁寧なアドバイスをいただくなど、多くのことを学ばせていただきました。これらは、雑誌等を通じては、到底学ぶことができなかった と思っております。
本ブログを10年に亘り運営されてこられ、その間に活躍したトルソーが役目を終えたとのことですが、他のゲスト様同様、私としても続けていただければ有難いと思っております。
一方で、毎週ブログを更新する上でのご苦労も多々おありだったかとは存じますので、イ
ンスタグラムなり、何らかの形で、引き続き交流させていただければ幸いです。

Toshi様

月曜日の早朝よりコメントをいただき有難う御座います。また、ブログへの励ましを頂戴し感謝申し上げます。

このところ撮影が上手くいかないので内容も偏りがちだったのですが、その大きな理由の一つがトルソーの故障でした。

やはり経年変化で接合部の傷みが激しく、ここで粗大ごみとして出すことにしましたが、一部のパーツを保存しているので、残りを補充して復活させることができるか検討中です。

近いうちにブログの方で顛末を掲載できればと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

やまだ様

週初めの月曜にコメントをいただき有難う御座います。

ブルックスから靴が届いたとのこと。急なことで驚かれたかと思いますが、何はともあれ欲しかった靴が手に入られて良かったですね。

ジーンズの色落ちですが確かに夏場の厚い時期ですとタックインしたシャツに写ったりしますのでその季節はタックアウトしてカジュアルに着たり、タックインする場合でも半袖のBDにジャケットと汗をかきにくいスタイルでジーンズを履くようにしています。

何より夏はピケ素材のジーンズなど色落ちしないものを選ぶことが多いですが、気を付けないといけないのがベルトの茶色の染料の色落ちです。汗でホワイト系のジーンズに色移りしてしまうことがあるのでリボンベルトを愛用するようにしました。

ブログの件につきましては目下あれこれ考えているところですので、改めてご報告できればと思っています。やまだ様からの応援の言葉を頂き、嬉しくまた感謝の気持ちでいっぱいです。今後とも色々と交流できれば幸いです。

記事を見て感じるのですが、管理人様は、ジーンズの取り入れ方が大変お上手なので、写真のコーディネートなどはとても参考になります。
 
自分の中では、ジーンズ(デニム)はどうもトラッドやドレスのカテゴリーにはまらない印象で、カジュアル色が強すぎて少々敷居が高いです(苦笑)。
 
しかし、拝見した写真では、ドレスシューズとの組み合わせがいい味を醸し出しているので、自分にとってはかなり斬新でした。
コーディネートを考える時は、最低限のドレスコードやTPOを押さえておけば、寧ろトラッドだ、アイビーだ、ストリートだ等々の枠に縛られない方がいいのかもしれませんね。
 
 
私は、服飾のみならずITも音痴です(笑)。なので、インスタグラムやライン、ツイッターすらなかなか馴染めません。
唯一、ブログだけは親しめるので、管理人様の運営が大変だと思う一方で、このブログも末長く続いてほしいと願っています。

oisan様

週末のコメントを有難うございます。

什器が不調で思うような写真が撮れないのがもどかしくもありますが、ブログへの応援を有難うございます。目下策を講じておりますので近いうちにお伝えできればと思います。

ジーンズの魅力を再発見したのは最近で、革靴に合わせるようになったのはもっと最近、ここ10年くらいでしょうか。昔はアイビー青年でしたのでカジュアルといえばコッパン(コットンパンツ)でした。今は純粋なアイビールックをすることもなくなってきたせいか(軟弱)ボトムスはなんでもござれです。

それよりも、最近ネクタイをするのが億劫になってきました。ドレススタイルからカジュアルスタイルへ急旋回中です。

実は悠々自適のリタイア生活がいつ来るか待ち遠しかったりします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Shoes & Socks(靴下の選択) | トップページ | 春夏用の靴 »