最近のトラックバック

« What you like you will do well(好きこそものの上手なれ) | トップページ | Shoes & Socks(靴下の選択) »

2016年1月16日 (土)

Having nothing to do(徒然なるままに)

正月休みから仕事始めを迎え、再び成人式を含む3連休と慌ただしかったこの時期。ようやく平静を取り戻した今週だが、13日から始まった某有名デパートのセール初日は大混雑だったと聞く。既にアウトレットで買い物始めを済ませた身としては欲しいものもなく、行かずに済んだのは幸いだった。

一方で昨年から始めたIG(インスタグラム)は交流の機会が増え、生活スタイルにちょっとした変化が起きている。1枚の写真から広がる世界が魅力のIG、実際はポストしないまでも写真を撮っておくことがうんと増えた。そこで今回は「徒然なるまま」に撮りためた未公開の写真も含め最近の様子を紹介したい。

1.昨年を振り返る(その1)

02

昨年は数こそ少ないが大物を受け取った年だった。サビルロウ謹製の重厚なカシミアコートにヴィンテージクロスのスーツ、コードバンとコンビのローファーにブーツは全てビズポーク、これにお気に入りの既成靴が4足とかなりの充実だ。車に例えるなら今頃アウディA3に乗っていることになる。

2.昨年を振り返る(その2)

01_2

月に1足以上靴を購入する愛好家もいるが、自身も8足だから単純に一月半に1足の割合になる。数を絞ったはずの既成靴が増えた昨年だったが果たして今年はどうか(笑)。ビスポークが前列右側2足(クレバリー)と後列左(フォスター)、後は既成がコードバン3足とタッセルにマウンテンブーツ。

3.ウィンターホリデー(その1)

03

異例の好天で近くのスキー場がオープンできなかった暖冬の年の瀬。それでもコテージに到着した日から雪になり、翌朝には一面銀世界になった。厚手のソックスにガムブーツを履いて外へ出ると寒さが全身を包み込む。久々の感覚だと思ったが、それほど今季は暖冬なのだろう。

4.ウィンターホリデー(その2)

08

コテージに着いた翌日は年内最後のオープンとのことで馴染みのフレンチで年の瀬ランチを楽しんだ。名のあるシェフが作る料理はいつ行っても美味しい。右下から時計順に鹿肉とフォアグラのパテ→カリフラワーのスープ→牛ほほ肉の赤ワイン煮込み→キイチゴのソルベ&クレムブリュレまで堪能した。

5.ウィンターホリデー(その3)

04

写真3の雪は翌日にはすっかり消えたが、遠くの山々は新雪を頂いていた。青く澄んだ空に‐10℃の張りつめた空気の中を散策するのもまた楽しい。相棒の靴は購入後20年以上足元を支えてきたLL.Beanのメインハンティングブーツ。「機能が形を決める」をいう言葉が良く分かる1足だ。

6.新年の買い物始め(その1)

00

正月明けの御殿場アウトレットで初買い物。客が少ない中どこも品揃えは豊富で充実した買い物ができた。収穫はラルフローレンのパンツ3本にコードバンローファー。パンツはイタリア製ながら3点まとめ買いで20%オフ+提携カードの10%オフでユニクロよりも安い。勿論靴も半額以下と嬉しいお年玉だった。

7.新年の買い物始め(その2)

07

直しを終えたパンツを早速履いて外出。グリーンのウールフランネルパンツにオレンジのアーガイルソックスとラッタンジ製アスキット・アランチャ(オレンジ)を合わせてみた。既成靴ながらビスポークと同じハンドソーンを採用、シームレスヒールやビスポーク以上のシェイプがラッタンジの実力を示している。

8.新年の買い物始め(その3)

05

こちらはウールギャバのパンツにオールドカドガンを履いたところ。1991年初めてロンドンを訪れ購入した靴だ。当時のレートは1£=260円。1足8万円以上する高級靴(当時)だったが価格に見合う履き心地だったことを覚えている。あれから25年、今回靴の名に合わせて紐をグリーンにしたが評判は良いようだ。

9.新年の買い物始め(その4)

06

まとめ買いしたラルフのパンツ、しんがりはハウンドトゥース柄の1本だ。同じラルフのコードバンローファーと合わせ、ツィードバッグなど雰囲気を合わせている。日頃柄のパンツには無地のソックスを合わせることが多いが、ここではグリーンのアーガイル、但し甲にダイヤ柄が来ないものを選んでみた。

10.仕事始めのカーディガン

10

正月明けはスタッフが揃わず一人で仕事をする機会も多い。そんな時はジャケットを脱いでニットを羽織る。アーガイル柄のジップアップフーデッドパーカはブルックスブラザーズの逸品。ボトムスはグレーのパンツに正統の黒靴だがジャケットを脱ぐだけで実にリラックスして仕事始めを迎えられた。

年度末から新年にかけての様子を時間に沿ってアップしてみたが、写真を見て思い出すことも多い。随分前にフェイスブックを自分だけに公開して、「何を着たか、どこへ行ったか、何を食べたのか」を忘備録代わりに使っている人の話を聞いたことがある。インスタグラムでも同じ使い方をしている人がいるようだ。

特に女性は男性以上に仕事に着て行く服には気を使うらしい。上下が同じコーデを繰り返さないように心がけ、バッグと靴の合わせにも細やかに気を使っていると聞く。ルーティンになるといささか厳しいが、こうしてブログにその時々の様子をアップするのも自身の定点観測としては良いものだと感じている。

« What you like you will do well(好きこそものの上手なれ) | トップページ | Shoes & Socks(靴下の選択) »

スタイル(Style)」カテゴリの記事

コメント

管理人様


1の写真にある数々の逸品を拝見して、改めて、昨年は充実した買い物をされたとお見受けしました。

私も昨年は色々と買いましたが、某デパートの年末謝恩セールで購入し、直し中だったBelvestのスーツを本日ようやく受け取りました。一方で、Brooks Brothersのオンラインで注文したコードバンペニーローファーは、注文から2週間程経って突如キャンセルとなり、手に入れることができませんでした。(理由を訊ねても、「もう在庫がない。別の靴を注文してくれ」の一点張り。今後、Brooks Brothersで購入することはないでしょう。。。)

さて、私の乏しいワードローブも最低限揃いつつありますが、ローファー等の春夏に(素足風ソックスと)履くのに良い靴に関しては、今年も引き続き探していきたいと思います。また色々とお教えいただければ幸いです。(コードバンは、諦めた方がいいかも知れません)

やまだ様

お休みのところコメントをいただき有難う御座います。

ブルックスの件は残念でしたね。単純にオンラインショップの運営ミスで15%オフにならないようしなければならないところセール扱いにしてしまったのだろうと思います。

年末セールで買われたベルベストは私も大好きなブランドですので、いい買い物をされたのではないかと想像しております。その流れを春夏向きの靴探しに繋げられるよう願っております。

最近見たところでは、国内でもコードバン靴が割安で売られているので色々見てみるのもお勧めです。

改めて拝見すると昨年も実り多き年だったようで何よりです。我々ファンとしても、たくさんの眼福にあずかることのできた良い年でした!改めてありがとうございます。

備忘録としてのInstagramやBlogの活用、僕も大変有用と感じております。いつも朝の限られた時間の思い付きで装いを作っているので、つい偏った選択になってしまうようで…時々過去のpostを見返しては反省したり、「あっ、そろそろこれを着なきゃ!」と思い立ったりと大いに活用しております。

シロさん

お休みのところコメントをいただき有難う御座います。

忘備録としてのインスタという程活用はしていないのですが振り返ってみるとやはり履きやすい靴があって偏りがちだと気付くことがあります。ただ、今回のようにブログにすると様々なことが整理できてよいのは確かなので、今後も時々「徒然なるままに」をシリーズ化しようかなと思っています。

例えばですが、季節の変わり目も良さそうですので「次は春夏物への衣替えの時期…」なんて夢想していますが、さてその頃までに身の回りのことや装うことに何がしかの変化が起きているでしょうか?

今回は、ハンティングブーツに目を引かれました。
 
私が住んでいるエリアは、悪路が多く(下手くそな舗装あり、土そのままの道あり)、雨もよく降ります。 
本来、こうした土地なら、悪路早破可能なトレッキングシューズやラバーブーツを履けば良いのでしょうが、スーツ、ジャケパンとの相性や自分なりのトラッドへの拘りなどから、ハンティングブーツ・シューズ、ワークブーツの類もできるば揃えたいと願っています。
 
多くのスリッポンやレースアップもお持ちの中で、ハンティングブーツのような極めて機能本位(?)なものも使っておられて、管理人さんの生活はバラエティに富んでいて楽しそうに感じます。
そうしたライフスタイルにも憧れます。

oisan様

機能がデザインを決定する、ではないですが悪路や降雪、ブッシュなどを歩く時はハンティングブーツがとても役に立ちます。唯一の欠点は深雪をずっと歩き続けると寒くてしもやけになりそうな薄いゴム部分でしょうか。

それを改良してシンサレートをライニングに挟んだ耐寒性の高いものも出ていたかと思いますが、トラッド派としてはオリジナルバージョンに心惹かれ手が伸びてしまいました。

今度田舎の山小屋に帰った時は革の部分のお手入れをしたいと思います。

管理人様

1.の写真は昔のエスクァイアの1ページのようです。とても素晴らしい逸品ばかりですね。
7.~9.の単品パンツもいいですね。私はスーツの時以外はほぼジーンズなので単品パンツには興味が薄いのですが、特に7.のグリーンのフランネルは欲しいです。

私は昨年はここ10年で最も服を買わない年になってしまいました。靴の出物が無かった事が服を買わない要因になった気がします。
それで、10年以上着ていない服を何着か着てみたら意外に良かったりして、いいことも少しはありました。

今年は気合いを入れ直して、まずは予定表から作ろうと思います。

PMT様

私は今年もっと買うものが少なくなりそうです。仕掛かり中のものはツィードの3ピースのみ、後はクレバリーで30足目を頼むかどうかくらいでしょうか…。

一方で既成靴は既に何足か新年から買ってしまっているので自粛しないとならないのですが…。買う楽しみも少しは味わいたいので、全く買わない自信はありません(笑)

PMT様の方は出物の靴がなかったことで衣類はあまり増えず昔のものが時代に合って再び活躍できそうとのこと。羨ましいです。きっと今年の買い物リストにも良い影響が出そうですね(^-^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« What you like you will do well(好きこそものの上手なれ) | トップページ | Shoes & Socks(靴下の選択) »