最近のトラックバック

« Huntsman trunkshow(ハンツマン受注会) | トップページ | 額装を楽しむ »

2015年9月19日 (土)

シルバーウィークの買い物

今年のシルバーウィークは5連休ということで交通機関や宿の予約は好調のようだ。特に国内旅行が人気で、近場を選ぶ傾向があるらしい。となると日帰りでどこかに出かける場合、車は避けて鉄道を利用するのが賢いということになる。実際JR各社もかなりの混雑を予想しているようだ。

連休前の週末、雨の朝だったが一足早く休暇に入り、ショッピングに出かけた。晴れ間と雨の繰り返しという天気に加え連休を控えたせいか人出は少なく、滅多にないほどショッピングセンターは空いていた。そこで今回は連休前の買い物の様子とシルバーウィークのお薦めを紹介したい。

1.ショッピングモールにて…

01

出かけたのは品揃え豊富な御殿場のアウトレット。高速バスを利用しての日帰り旅行だ。開店と同時に到着するタイミングの良い運航スケジュールに感心するばかり。写真は休憩中の写真をフォトグリッドでポスター風に作ったもの。ブルックスのタッセルとソックスで出かけたお蔭で良い買い物ができた。

もう少し続きを紹介したい…

2.御殿場アウトレットの商品情報

00

良く行くラルフローレンはこの時期ファミリーセールを開催しているせいか欲しいものは見つからない。ただ最大70%オフの春夏物の中にイタリア製のリネンパンツがあったり、小さいサイズのRRLデニムがあったりと珠玉混交。ビームスやUAなどセレクトショップ系も目ぼしいものはなく移動した。

3.オウンメイクを追加購入

02

今回のターゲットもブルックスブラザーズ。前回「ワイシャツを着る」で紹介した軽井沢のオウンメイクは瞬間で売り切れたが、連休を前にここ御殿場に集結している。無論シャツ以外にタイも重衣料も豊富だ。写真は追加購入したシャツ、発売時期や生地によって値段は異なるがそれだけ種類が豊富ということになる。(靴は飾り)

4.Byu3 get 10% off

04

軽井沢の時よりもお得なのが3枚まとめて買うと更に10%オフになる特典がこの連休中につくというところ。右上は前回の軽井沢のものだが、今回は地付きのストライプなど定番と異なるものを購入。どれもブラックフリース同様、凝った作りと定番にはない生地使いと配色が特徴だ。

5.バックボタンとハンガーループ

05

オウンメイクだけのディテールにバックボタンがある。タイの端が襟からはみ出すことがないので便利だが、ジャケットを脱がなければ良いのに…と言われればそれまでではある。もう一点ハンガーループがボックスプリーツ上部に付く。これも脱いだシャツをちょっとかける時に便利ではある。

6.クレリックのボタンダウン

06

クレリックのBDシャツを最初に出したのはトムブラウン率いるブラックフリースだったと思う。最初は違和感を覚えたが、似たシャツがロードサイドの量販店から出るようになるとかなり見慣れた感が出てきた。価格は9500円とやや高いが、ロイヤルオックスの生地使いが珍しいので購入。(タイはロイドクロージングのもの)

7.地付きのストライプ

07

ブルーの色がオックスフォード地ではなかなか出せない色目ということで、店員も薦めていたシャツ。こちらは定番の白同様店頭に並んでいるものの中で7900円と一番お得な値段だ。他には白とキャンディストライプ、クレイジーパターンなどもありアメトラ好きならば思わず欲しくなるだろう。(タイはラルフローレン)

8.ブロードのストライプシャツ

08

こちらはブロード生地のストライプシャツ。定番だがこれを自宅で洗い「やや皺が残る感じで着るのが良い。」と店員が教えてくれた。ブロード生地のものは他にグラフチェックやマルチチェック、ペンシルストライプにベンガルストライプなど何種類かある。価格は8800円から11000円まで様々だ。

9.ブルックスのソックス

09

ブルックスブラザーズのソックスはイタリア製とイギリス製がある。今回は全てイタリア製を購入。価格は1000~1500円だが、まとめ買いしてもオフプライスにはならない。一番上はレッドフリースで何と1足700円。下4本はブルックスの正規品。アウトレット専用の346シリーズを選ばないよう品定めが必要だ。

10.リブ編みのクルーソックス

11

クルーソックスといってもやや長めの設定はアメリカのブランドらしい。素材はかなり上質のコットンで、耐久性については日本製に適わないだろう。但し発色の良さはこちらに分がある。同じオレンジやパープルでも色合いが柔らかいのだ。どちらも1000円はかなりお買い得だろう。

11.ウールのアーガイルソックス&ホーズ

12

これから使えるアーガイルソックス&ホーズ。ソックスの方がウールが77%でホーズが80%と素材は微妙に異なる。上のキャメル色のソックスが定価2500円を1500円で、下のホーズが定価2800円を1000円で販売しており、値段が逆転している。恐らくは発売時期の違いだろう。

12.ローファーに合わせる

Img_7770

これから寒くなるとローファーの活躍時期が減るがソックスを楽しむにはローファーほど便利な靴はない。購入したソックスを置いてみると「パンツは何を合わせるか、ジャケットやシャツはどうするか…」など色々な着こなしが思い浮かぶ。靴と靴下から装いを考えるのも時には楽しそうだ。

既に道路は渋滞、今日は連休初日とあって大移動が始まっているようだ。旅行客が立ち寄る可能性のある各地のアウトレットショッピングモールは特典を用意しているが、連休前日の様子を見た限りでは店によって品揃えはまちまち、中には客が全く入っていない店もある。

それでもアウトレットに行くと用のない店をつい見て回りたくなるが、店員が言っていたように、「ほんの一周店を回って戻ると売り切れてしまう」場合があるとのこと。ブラックフリースとオウンメイクがこの秋冬で終わりとなるこの時期こそお宝の並ぶブルックスの売り場は必見だろう。

« Huntsman trunkshow(ハンツマン受注会) | トップページ | 額装を楽しむ »

ショッピング(Shopping)」カテゴリの記事

コメント

最後のフォト、キングオブローファーやT靴店。個性派俳優に二枚目俳優。全てお見通しでしたよ。

ちょうど僕も先々週に御殿場を訪れ、Brooks Brothersでシャツを買い込んだところでした。と言っても、僕の方は今季で暫く休止とされているBlack Fleeceのオックスフォードシャツでした。Own Makeと同じく米国製で、作りはざっくりしていますがイタリアシャツには出せないBrooksらしい世界観が感じられて気に入っています♪

ソックスが英伊製との事、恥ずかしながら初耳でした!別の機会にまたチェックしてみたいと思います!

346がアウトレット専用だったとは知りませんでした…父が安いことに喜んでいつも買っているので教えてあげます笑
ラルフローレンのアウトレット専用品の見分け方などはあるのでしょうか?

浦野様

連休初日のコメントを有難うございます。

主役脇役、当プロダクションのタレントには皆頑張っていただかなくてはいけないので、連休前の更新は総動員体制で臨みました。

近々大物新人俳優が、当プロダクションに配属される予定ですので、その時は改めてご紹介します(笑)

シロさん

連休初日のコメントを有難うございます。

ブラックフリースは軽井沢で7000円だったのですが、御殿場では9000円のものが主流でした。また、3枚でさらに10%オフがなかったのでオウンメイクにしたという訳です。

BB1とオウンメイクのMではBB1の方がすっきりとしていますがオウンメイクのシャツ襟後ろのボタンとハンガーループの位置が如何にもトラッドな作りでそこに惹かれてしまいます(笑)

yamakovv様

昔はブルックスゲート、346シリーズもブルックスのサブブランドだったと思いますが今は正規店では展開されていません。ラルフローレンで言えばチャップスがそれに当たります。

さて、ラルフローレンのアウトレット品の見分け方ですが、月並みですがサイズが豊富なものはアウトレット専用品だと思っています。

昔のアウトレットはタグを切るか、ゴールドのマーカーでチェックを入れる等正規品を安く売るための工夫がなされていました。

いつの頃からかそれがなくなりましたが、アウトレット専用品を作るようになったのと相前後するようです。

メイドインイタリーあるいはメイドインUSA、メイドインインUKなどを探せばまず間違いないと思います。それらの国々にアウトレット専用品をわざわざ作らせていては商業ベースになりえないからです。

後はパープルレーベル、ブラックレーベル、RRLならば大丈夫ですがブルーレーベル(POLO)は殆ど専用品と思って間違いないくらいです。

そうそう、昨シーズンオンライン正規店で買ったダウンベストが1点アウトレットに回ってきて売り場に残っていましたが、気付く人があまりいなかったです…

管理人様

7.の地付きストライプ、とてもいいですね。私もブルーやピンクのこのタイプのストライプは好きですが、着こなしはやや難しいと感じます。何故かいつも同系色のネクタイを合わせてしまいます。
9.の一番上のグリーンのソックスは同じものを持っています。2年ほど前に青山店で購入しました。茶色の靴に特に映えますが、黒靴にも合わせています。

PMT様

お休みのところコメントをいただき有難う御座います。

同じ靴下をお持ちとは嬉しいです。それと地付きのストライプはオックスフォードクロスでは店員さんが言うように中々無い色目なので、買ってみました。

仰るように同系色のネクタイが合いそうです。ピンクの地付きはありませんでしたがピンクの場合もブルーのネクタイが合いそうですね。

私が住んでいる地域は、所謂「田舎」なので、いいショップがなく、ちょっとアイテムでも遠方に買いに行かねばなりません。
都会暮らしは苦手なのですが、ことショッピングに関しては、都市部・首都圏にいる人がとても羨ましいです。
 
バックボタンとハンガーループ、自分の身の回りで売られているBDシャツには、ありそうでなかなか見られません。
こうした基本的なディテールがきちんと備えられていると、まさに本物のトラッドのテイストが感じられて、嬉しくなってしまいます。

アーガイルのソックスは、自分のカジュアルの定番にしています。
アーガイルは、昔からある柄なので、私のようなお洒落音痴でも取り入れ易いし、落ち着いた色を選べばカジュアル感もありつつ大人っぽさを保つ事も可能なので、重宝しています。
 
やっぱり、オーセンティックなトラッドのアイテムは安心して着られて、これからも受け継がれていってほしいものです。

oisan様

お休みのところコメントをいただき有難う御座います。

バックボタンやハンガーループは昔のシャツについていたディテールなだけに、現在のシャツについていることが嬉しくてつい買ってしまうんです。細部には神が宿ると言いますが、確かに今回紹介したシャツは昔を彷彿とさせる神が宿っていました。

一方、アーガイルの靴下は仰るようにカジュアルからツィードルックのようなやや定番寄りの装いまで、幅広く使える秋冬の定番となっています。トラッドなアイテムは伊達に長い年月を生き抜いてきてはいなかったんですね〜。

秋冬の装いが楽しみになって来ました。

おはようございます。
管理人様のアウトレットでのお買い物報告、まるでこちらが自分の物を購入したような気持ちになり、見ていて楽しいです。

8.ブロードのストライプシャツ のブルーシャツとブルータイの組み合わせ、キレイですね~。
ブルーシャツ&ネイビータイの定番の組み合わせよりも、ブルー&ブルーのほうが鮮やかで華があって私は好きです。
シャツがブロード生地なのとネクタイの質感と柄もあってか、どちらかというとアメトラというよりはヨーロピアンな印象を受けました。
それにしてもアメトラが似合う人は本当に羨ましいです。
私はアメトラがすごく似合わなくて(他人からもよく言われました)、ブルックススタイルは心のどこかで憧れているところがあります。

それにしても靴下の安いこと!笑
私は普段着ではタビオのドレスソックスを履いていますが(ホーズで1500円、シルクホーズで2500円ほどを使い分け)、
それよりも安いではないですか!アウトレットの醍醐味ですね。
インポートの方が耐久性は劣るが発色が良いとはまさにそのとおり。
発色もそうなのですが、生地感もインポートのほうが言葉には出来ない何かがありますね・・
日本製はやはりどこか工業製品的な冷たさを感じます。
イタリア製のガッロの3000円のロングホーズと、日本製のタビオの2500円の最高級シルクホーズはともに高品質な高価格ソックスですが、やはり風合いはガッロに軍配が上がります。

これから寒くなるにつれてローファーの出番は減りますが、ニットアウターを着るときはもっぱらローファーを合わせます。
それではまたの更新を楽しみにしています。

カメリア様

お休みのところコメントを頂き有難う御座います。

8の写真、ネクタイはポールスチュアートのものですが仰るようにイタリア製でして、流石は目利きのカメリア様です。ヨーロッパの香りがする洒落たもので、よく締めているタイの一つです。

それから靴下の本当に安い事、今は最終ラインでタグを付けるだけでもメイドインイタリーですので中国か何かで作られているとしても、発色の良い糸や肌触りの良いコットンを使っているので仕上がりが日本の物と違います。これもカメリア様ご指摘のとおりです。

これから寒くなりますが時々はローファーに洒落た靴下を履いて街に出かけよう、そんな気にさせてくれる逸品に出会えたアウトレット詣ででした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Huntsman trunkshow(ハンツマン受注会) | トップページ | 額装を楽しむ »