最近のトラックバック

« Linen jacket again(リネンの新着上着) | トップページ | 梅雨を前に(靴の手入れ:その2) »

2015年6月 6日 (土)

Buying winter gear(秋冬物を買う)

今年も夏を間近に控え、お気に入りのオンラインショップでは恒例の秋冬物セールが始まったようだ。日本のウェブショップと違って年明けのセールから秋冬物がずっと売られているのも助かるが、週末のみの70%オフや、時には75%オフになる時をとらえると何ともお得な買い物になる。

中でもブルックスのは見応えがある。品数は豊富、全て網羅されているので、見るだけでも時間がかかる。この秋冬に向けてカジュアルなセーター類を探していたので的を絞って検索、注文を済ませると10日前後で到着した。そこで今回は初夏に秋冬物を買って、その装いを考えようと思う。

1.到着した商品

00a

届いたばかりの箱を開けたところ。セーター類は袋から出して撮影したが小物はそのままだ。クリスマス前まで定価で売られていたものがこうして安価で手に入るとなれば、自ずと定価で買うものセールで買うものと使い分けるようになる。今回はセーター2枚にベスト、ソックスとチーフの小物を購入した。

もう少し詳しく紹介してみたい…

2.キルティングベスト

01

冬の終わりに買ったダウンベストが実に便利だったので、今度は中綿のベストを購入してみた。色はブルーグレー、シェルはウール素材だ。ジャケットの上から羽織っても様になる感じだが敢えてカジュアルルックで組んでみた。首下はマフラーかネクタイか迷ったがタイドアップスタイルを選択した。

3.ブルックススタイル

02

ネクタイとカーディガンは共にブラックフリース、シャツこそイタリア製だがキルティングベストもブルックスのレッドラベル。同じブランドで揃えるのは野暮と言われるが、テイストが共通ゆえに違和感がない。それとタイとセーター、ベストが同じウール素材というのも重要なポイントだと思う。

4.フランネル素材のシェル

10

フランネル素材のベストはウェブカタログ上ではブレザーの上から羽織っていた。なるほど暖かみのある生地はツィードジャケットとの相性も良さそうだ。一方、デザインはアウトポケットが左右に付いたタイプでハンドウォーマの役割を兼ねたアウトドアでも使える懐の深さがある。

5.ベストのライニング

03

鮮やかな青チェックのライニングが目を引く内側。素材はコットンフランネルらしく、シェル共々暖かさにこだわった作りのようだ。欲を言えば襟部分のスタンドカラーにフードが収まっていると使い心地が更に良いのだが。目下ドル高のため、カジュアルアイテムとはいえ定価はそれなりにする。

6.隠しポケット

09

隠しポケットの付いたベストの内側。シルクタイと同じ縁取りがあしらわれたポケットはiphone6plusが丁度入る大きさだ。ブルックスはiphoneやipadの洒落たケースを小物で販売している。となればウェアのスマートフォン用ポケットのサイズも意図的にアップル製品を想定しているのだろう。

7.Vゾーン

04

カーディガンが作るVゾーン。カーディガンは一昨年に購入、ネクタイは昨年に購入したものだが相性は良い。元々トラッドブランド、テイストは変わらないので合わせ易いのは当然ともいえる。両者のタータンチェックもよく見ると別物だが、色の構成が共通しているのかすんなりと納まっている。

8.ウェスト周辺

05

ボトムスはルーマニア製造、イタリアのブランドGTAのカジュアル版メトリコのものだ。細かなチェックの入った厚手のコットン生地は秋冬用、週末のカジュアルルックに活躍してくれそうだ。最近のパンツらしく、股上が浅いのが特徴でベルトを締めると、ちょうど腰骨の辺りで留まる。

9.パンツのシルエット

07

裾幅はここ数年変わらない19㎝前後、ただし股下からワタリを細く仕上げている物が多いのでサイズ選びは試着しないと難しい。こちらはエストネーションの御殿場アウトレットで購入したもの。リヴェラーノやイタリアのカジュアルブランドを扱っていたが最近閉店になってしまったのは寂しい。

10.マウンテンブーツ

08

足元はマウンテンブーツ。どちらもタウンユース向きの軽いソールだが、本格派の雰囲気を漂わせている。左のマルモラーダは言わずと知れたジャコメッティの傑作、最近はベルルッティの靴を作っているとのこと。右のRL別注ブーツはオリンピックイヤーモデルとこちらも拘りがある。

ウェブサイトを覗いてみたら今週末も70%オフを再度行っているようだ。クリアランスセールに相応しく在庫を一掃しようとしているのだろう。昔あるショップで上代(定価)に対する下代(卸値)は5割程度と聞いたことがある。70%オフでは原価割れ?にならないのだろうか。

ところが、他のサイトも時期は違えど大抵最大70%オフまでセールを行っている。ということは70%引きでもまだ利益が出ることが分かる。真に欲しいものがあれば別だがワードローブに変化が欲しい程度ならばセールを活用したい。中でも秋冬物を夏に買うのはお買い得感が高い。

« Linen jacket again(リネンの新着上着) | トップページ | 梅雨を前に(靴の手入れ:その2) »

ショッピング(Shopping)」カテゴリの記事

コメント

今回ご紹介頂いた品物の数々、そしてコーディネート…どれも素敵で見入ってしまいました。特にトルソーに着せた写真を見ると、Brooks Brothers本店のディスプレイを見ているようで、Blogのヘッド画像と併せてNew Yorkを懐かしんでしまいまいた。

1ドル=125円のドル高でも、70% Offともなるとお得ですね!僕も久々にWeb Siteを覗いてみようと思います♪

梅雨入りしたばかりのこの時期にもう、秋冬物が出て来ましたね!さすがにしゃれた男の管理人様。私は先日述べましたようにやっとコバルトブルーのポロシャツを買ったばかりと言うのに!携帯を入れる隠しポケットのライニングに感動しました。ネクタイのタータンチェックは昨年のBBのクリスマス商品にこの柄と同じブルッチャーのwingチップがあったのを思い出しました。毎年、今泉ではクリスマスの時期になりますと、定番の濃紺の袋からチェック柄に袋の色が変わります。これを見たら今年のクリスマスの袋、どんなチェック柄になるのか楽しみですね。(笑)

管理人様


最近は円安のため控えていますが、ブルックスのオンラインショップはよく利用しました。円高の時は、本国のオンライン価格と日本の店頭価格との差がすごかったので、ブルックス・ジャパンは何も言わないのかな?と不思議に思いました。

ブルックスのものではないですが、私も、季節外れのセールで、いくつか商品を購入しました。
ドミニクフランスのネクタイを2つとル・リスのネクタイを1つです。
両ブランドとも、なかなか個性が強いので、セールだからという理由に後押しされて、ようやく購入したしだいです、

シロさん

お褒めの言葉を頂き恐縮します。

ブルックスもドル高で商品が海外で売れないのか、いつもより早くオンラインンセールのマックス状態が来ているようです。ブラックフリースのシャツもこの後最大75%オフになるかと思いますのでそんな時ならば買っても悪くないかもしれませんね。

ついこの前までトムブラウンのオンラインショップでも買い物をしようかと思っていたのですがいつの間にか円安になってしまい立ち消えになったままです。

それにしましてもNYに居た頃より一段と円安ですので、シロさんは滞在中良い買い物をされたと思います。改めてシロさんの先見の明に感服いたしました!

浦野様

流石はブルックスを良く訪れる浦野様です。

ベストの内側、携帯ポケットの縁取りがブルックスのNo.1ストライプになっていて、そう言えば浦野様が仰るようにクリスマス時期になると色々なところで使われていることを思い出しました。

それにしても、幾つになってもトラッドやアイビーが好きな気持ちは失せないものですね。ブルックスのセールは真に欲しいものがなくてもつい覗いてしまい、結局は何か買うことが多いので、いつまでたっても身の回りの断捨離が進みません(汗)

やまだ様

このところ私もブルックスのオンラインショップは覗かないようにしていたのですが、ダイレクトメールが届くとついつい見てしまいます。

やまだ様はドミニクフランスろル・リスのネクタイをお買い求めになられたのですね。ドミニクフランスは最も高価なネクタイの一つかと思いますが、とても個性的で興味があります。

一方、生憎ル・リスのネクタイは見たことがなかったのですが、ウェブで調べたところアルニスを辞めて2014年からスタートしたということでした。セッテピエゲを見ていたら実物を見に行きたくなりました。

セッテピエゲで思い出しましたが、今日は伊勢丹新宿に行ってマリネッラのセッテピエゲを買おうと思っていたのですが、本来の用事であるお中元を選ぶうちに時間が無くなってしまい断念しました。

近々いいネクタイを買おうと思っていますのでル・リスのネクタイも参考にいたします。良い情報を有難うございました。

管理人様


私もちょうど、(あくの強いネクタイばっかり増えてきたので)濃紺地に小紋のネクタイを、マリネッラで買いたいなと思っていたところです。

アルニスのタイとルリスのタイを見比べましたが、ほとんど作りが同じだったので、おそらく工場は同じだと思います。(同じく、Made in Italy)
*以前、管理人様が、アルニスの既成スーツはイザイア製とのことを、本ブログで記載されていましたが、ネクタイもイザイア製?とか思ったりしました。

今回のスレッドから話が逸れてしまって大変恐縮ですが、管理人様が近々購入されるネクタイに関しても、またの機会に、お教えいただければ幸いです。

やまだ様

実は買い物をする時は

①セールにならないものを買う
②セールまで待たずに買っても直ぐに使い始めるので後悔しない必需品を買う
③セールになるのを待って売り切れないうちに早めに買う
④セールになって売れ残った中から気に入ったものが残っていれば買う

といったカテゴリーが頭の中で自然とできています(笑)

今回のブルックスでの買い物は④に属するものです。一方これから買おうとしているマリネッラは①に属するものです。マリネッラは今や稀有な存在かもしれません。何しろセールにならずとも顧客が買ってくれる商品なんて今時中々ないからです。

ネクタイを買いましたらブログの方でアップいたしますのでお待ちいただけますと幸いです。

管理人様、おはようございます。

通販にはなるたけ手を出さないようにしています。BBのサイトやサンフランシスコのあるサイトやアウトドアサイトには絶対です。対ドルが125円を超えた昨今でも、欲しくなってしまうから。ちらっとサイトを覗いてみましたが、70%オフが目立っていましたね、本当に商売できるのかしら、在庫よりいいでしょうね。


さて、管理人様のご提案にはいつの時も、若さだけでは足りない「冒険」と「伝統」が混在した新しさを感じます、まとまってしまうところは、流石です。
上着の隠れたアイコンとなっているNO.1ストライプ、使われている箇所が多いです。日本の裏地に凝る、粋に通じるアイテムです。コットンパンツにも使われています。このような「遊び」には少々心が躍ります。

Tony様

週初めのコメントいつもいつも有難う御座います。

読み初めは「通販は良くない…」のかと思いましたが、読んでいくうちに「欲しくなってしまうから…」とのこと。やはりTony様も気持ちも同じなんだなぁとホッとしつつ嬉しくなりました。

仰るとおり在庫を抱えるより70%オフでも売り切ってしまう方が良いのでしょうね。日本はその点マックス50%から中々抜け出せず何シーズンも在庫を抱えてしまいがちだよなぁなんて一人で思っています。

コーディネイトの方はお褒めの言葉を頂き恐縮します。似たようなアイテムがブルックスネームでもあったのですが、ディフュージョンブランドであるレッドフリースの方により欲しいものがあることが多くて購入しました。

それが伝統と冒険のミックスにつながっているのかもしれません。

キルティングベスト、マットな質感がクラシックな装いにも合いそうで素敵です。
茶色のポケットチーフ、購入されたのですね!お揃いで嬉しいです。
どんな風にコーデュネートされるか、楽しみです!

Tantawakaさん

コメントを有難うございます。

実はTantawakaさんのIGに刺激を受けて茶色のチーフを買ってしまいました。お揃いと気が付いてくれてうれしいです!!!

着こなし例は後ほど(秋冬になったりして…とほほ)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Linen jacket again(リネンの新着上着) | トップページ | 梅雨を前に(靴の手入れ:その2) »