最近のトラックバック

« Cordovan Tassel | トップページ | From the workshop(工房からの連絡) »

2015年4月25日 (土)

Spring coordinate(春の着こなし)

昔アイビー全盛だった頃、夏の装いと言えばシアサッカーやコードレーンと並んでシャンブレージャケットが印象に残る。VANやJプレス、ブルックスもライセンスとはいえサックスブルーの爽やかなジャケットを展開していた。当時は夏らしい白いボタンの付いたデザインに憧れたものだ。

最近は滅多に見ることもなくなっていたが、ここで久しぶりにサックスブルーのジャケットを手に入れた。素材こそシャンブレーではないが、身頃にも袖にも光沢のある白蝶貝ボタンが付いている。そこで今回は爽やかな季節に相応しいジャケットを中心に春の装いを考えてみようと思う。

1.コーディネイト

00_2

サックスブルーのジャケットに合わせるパンツはチャコールグレー、プレーンフロントで細身のパイプドステムというのがアイビー時代の基本だ。今の時代に合わせてボタンダウンをカッタウェイに、レジメンタルタイも洒落た色合いにチェンジしたが、昔の基本は今でも立派に通用する。

もう少し詳しく紹介してみたい…

2.アズーロエマローネ

01_2

青と茶の合わせはイタリア語でアズーロエマローネ。当然イタリアンクラシックな服に合う組み合わせだ。茶色の靴が好きなこともあって、迷った時は青と茶をミックスすることが多い。今回はボトムスが落ち着いたグレーなので、シャツとチーフに賑やかな青の柄物を、タイは茶系を用意してみた。

3.Vゾーンの色合わせ

02

ジャケットの素材はウール&シルク、リネンも若干入っているらしい。よく見るとヘリンボーンの織り柄が見える。春夏用の素材とのことだが高温多湿の日本では今が旬だろう。3つボタン段返りのラペルに絞りの入ったウェスト、微かだが、第二ボタンに見えるX状の皺が今風だ。

4.シャツ&タイ、チーフ

07_2

ローマのシャツ屋、ミコッチのカッタウェイにNY本店購入のポールスチュアート製チーフ。僅か1枚のチーフに対し、挿し方を教えてくれた素晴らしい店員がいたことを思い出す。ネクタイも同じP・スチュアートでこちらは国内購入。青/茶のイタリアンな配色だが製造は英国製。

5.本開きの本切羽

08_2

昔着ていたブルックスのシャンブレージャケットは開き見せだった。当時はそれが当たり前だったのに今や「本開き」仕様も多い。せっかくなので袖丈を詰めるついでに本開きにした。身頃と同じピッチのボタン穴や切羽部分の裏地処理など、毎度の事だがコーダ洋服工房の腕前は見事だ。

6.ジャケットのシルエット

03_2

シルクは繊維自体が軽く細いのでウールに混ぜると生地も着心地も軽くなる。その一方復元力が高いのでクセを付けて仕立てる手縫いの誂え服には不向きのようだ。写真を見れば分かるが、寧ろ機械で縫製したシルク混のジャケットの方が見た目は綺麗に仕上がるのかもしれない。

7.ウェスト周り

04

パンツはインコテックスJ35。元祖美脚パンツのアップデート版だ。プレーンフロントに股上の浅いシルエットは今風。慣れると中々良いものだと感じる。腰に巻いたベルトは年季の入ったエルメスのHベルト。最近はバックルだけ買えるようになったので付け替える楽しみがある。

8.素材の特徴

05_2

ジャケットは背抜きながら、しっかりとした作り。夏涼しく冬暖かいなど長所があるシルク/ウール素材を生かした背抜き仕様だ。もっとも太陽光に弱く、シミができやすいなどシルク混素材の欠点も考えると、太陽が照りつけ、汗をかきやすい真夏に着るには不向きとも考えられる。

9.パンツ+ソックス+シューズの組み合わせ

06_2

仕事ならばグレーのパンツにはライトグレーのソックスが定番だが、せっか爽やかなサックスブルーのジャケットを選んだのだから、ソックスもビジネスライクなものではなく鮮やかな色を選びたい。ここでは同じサックスブルーのソックス、ただし一段淡い色目のものを選んでみた。

10.リブ編みのソックス

09_2

選んだのはリブ編みのコットンソックス。爽やかな色合いが履き手だけでなく周囲にも涼しげな雰囲気を与えてくれる。これから5月を迎えると早くもクールビズが始まる。ソックスも年々薄く丈の短いものが増えてきているが、週末ならば素足風のベリーショートソックスも悪くなさそうだ。

11.選んだ靴

10_2

アイビー時代はシャンブレーのジャケットにリーガルのローファーだった。それを思い出してお気に入りのローファー2足を用意。選んだのはコードバン。クロケット(左)とオールデン(右)どちらもアンラインドだ。光沢のあるシルク混のジャケットには光沢のあるコードバンが似合う。

雑誌を見ると「イタリアの洒落男はジャケットスタイルが多い」と書かれている。最初は「スーツの方が用途が広いのに…」とも思ったが、自分自身、いつの間にかジャケットスタイルの面白さに嵌っている。色合わせや柄合わせ、素材合わせなど、装いを組み立てる楽しみがある。

勿論スーツにも着こなしの楽しさはある。ただスーツの場合は「どこに着て行くか」が求められるのに対してジャケットスタイルは「何を着るのか」が大切なポイントになる。コートの要らなくなったこれからがジャケットスタイルの本番。洒落た組み合わせを見つけ、春の着こなしを楽しみたい。

« Cordovan Tassel | トップページ | From the workshop(工房からの連絡) »

スタイル(Style)」カテゴリの記事

コメント

これからの季節にピッタシの着こなし、ジャケットの右内ポケットにチラリと見えるPの大文字に下の行に見えますbyの小文字。言わずと知れたあのブランドですね。そして合わせる靴はと申せば2枚目俳優の加藤剛と個性派俳優の福島県出身の、釣りバカ日誌さんですね!!

浦野様

土曜の朝一番のコメント有難う御座います。

ジャケットのタグから靴は加○剛と三〇連○郎のペアだと直ぐに思い出せる浦野様は記憶力も並大抵ではありません!!私自分の靴がどの俳優さんに例えられたのか忘れかけております(汗)

最近はコットンシャンブレーのジャケットが売っていないのですが昔はよく見かけました。アイビーで育った身としてはどうしても昔のアイテムが懐かしくなります。

管理人様

素敵な着こなしありがとうございます。
実は自分も先日ウールシルクのジャケットをオーダーいたしました。
自分は、もう少し濃いブルーで光沢のある生地です。
白か淡いブルーのボタンダウンシャツにミドルかライトグレーのスラックス、足元はウェストンのローファーにしようと思っておりましたが、管理人様の着こなしを見てチェックのシャツや違う色のパンツでもよいかもと思っております。
今日と明日は天気もよく久しぶりのお店も踏まえ色々と回ってきたいと思います。
管理人様も素敵な週末をお過ごしください。

F様

週末の早朝よりコメントを頂き有難う御座います。

ウールシルクのジャケットは仕立てるのが難しいと言われますが、手練れの職人さんならば素晴らしいものに仕上げてくれるのではないでしょうか。出来上がりが楽しみですね。完成しました暁には着心地も含め詳しいことをお教え頂けますと嬉しいです。

また、F様のお薦めコーディネイトも素敵です。ホワイトデニムのパンツをロールアップさせてウェストンのローファーを素足風に履くお姿を思わず想像してしまいました。

私も明日は買い物にでも行こうかと思っておりますのでお、F様もどうぞ良い週末をお過ごしくださいませ。

管理人様、単なる一つ覚えですよ。(笑)オールデンがスーさんのペアと来たならクロケットには数年前に亡くなられました江戸の名医のペアの南町奉行大岡越前の守と書き込んだ方が良かったのではないでしょうか?岩田屋でのセットランドフォックスの時には私、JPの2タックの管理人様と同色のパンツ履いて行きます。

浦野様

やはり浦野様、日本の俳優や出演した映画ドラマなど、たくさん覚えておいでで凄いです。きっと手持ちのワードローブもし一仮と把握されていらっしゃるのですね。

仕事上でも多くの方々とお付き合いがあったり、大勢の社員の皆様の事をいろいろ覚え気にかけていらっしゃるからかなぁと思いました。私も手持ちの靴に和名でもつけようかと思いましたが(三陽山長のように)かえって混乱するので止めました。

私もゴールデンウィーク前に出張、ゴールデンウィークはテニスとBBQ、その後また出張でそれが割ると夏も間近…。ジャケットを着る季節がどんどん過ぎて行きます。岩田屋さんに行かれましたら是非色々なお話をお聞かせください。

三陽山長の靴と来ましたか!ブラウン系のレジメン柄のネクタイの親会社ですね。この靴も岩田屋5階靴コーナーに置いてあります。岩田屋の靴コーナーもそれは充実しております。山長の靴にはそれはおもしろい名前がついておりますね。○○朗とか△△朗とか、話はまたまた脱線しますが私の地元には長吉郎と言う御方がいまづ。昭和一桁の生まれですが未だに古き昭和を感じさせています。正直者で私が心から尊敬しております。この名前で山長がストレートキャップトウでも造れば即買います!

浦野様

長吉郎というネーミングからするとロングノーズ(長)でタイト(きつくてきちきち=吉)なローファー(朗)かもしれませんね。少々苦しかったようですがはて座布団は頂けるのか…。

それにしましても岩田屋は靴の品ぞろえが充実しているのですね。昔から九州はお洒落な方が多いという話でしたが、そんな九州男児の足元を支えているのはやはりリーガルでしょうか?

すみません脱線しまして、長さんは体格も良くて笑顔が素敵な御方なんです。この笑顔を見たらどんなに怒ってる人も絶対に笑顔が浮かんでくる事間違いありません!さてコットンシャンブレーのパンツに合わせる靴は何が良いのか?ご指導願います。ちなみに2年前の8月小倉詣での際にはRLのリザードローファーでした。翌日岩田屋で若いお洒落な御方との談話、書き込んだ事を覚えております。

浦野様
こちらこそ、大切な方でいらっしゃる長吉郎様のお名前を靴の話題と一緒にしてしまいまして申し訳ありませんでした。お許し下さい。

恒例の小倉詣で、次回も岩田屋の若い方々との楽しいひと時があるのでしょうか、きっと話も盛り上がるのではないでしょうか。私も参加したいくらいです。

靴はやはりリザードのローファーか茶白のコンビでは如何でしょうか。色目もデザインも今の季節にぴったり。明るめのシャンブレーパンツならば黒の靴でも良いかと思いますが、茶の靴が好きなものですので…。

ジャケットの色に合わせられた、タッターソールのワイドシャツはパネルフロントではなく前立てがないフレンチフロントでしょうか?

浦野様

ネクタイに隠れて見えにくいシャツフロントですが、前立てのないフレンチタイプです。イタリアのドレスシャツはそのようなタイプが多く、自分もオーダーする時はほとんど(ボタンダウン以外)フレンチフロントにしています。

おはようございます。
晴れ間の出た週末でした。
シャンブレイのジャケット憧れでした。確かに最近見ませんですね。
上着の下ボタン位置、サイドのポケットフラップの位置、サイドベンツの切れ込み深さ、おそらく合っているのでしょうね。GWに外遊する政治家に見習わせたいです。
管理人様が世界中の逸品でコーディネートすると、何となく合ってしまうのですね、流石です。タイのブラウンが差し色です!

Tony様

週初めのコメントを頂き有難うございます。

昔のようにアメリカントラッドのブランドからシャンブレーのジャケットを出してほしいのですが、クールビズが主流、即ち暑くなればジャケットを着ないというのが当たり前の昨今。売れるはずもなかろうということなのでしょうか…寂しい限りです。

フラップやサイドベンツの切れ込みの深さまでは細かくチェックしていないのですが(汗)色合わせや素材感、そのあたりは一応昔メンクラを読み深めて得た知識をもとに組み合わせてみました。

イタリアンなジャケットでイタリアンな色合わせをする。しかしNYブランド、英国製のネクタイ、アメリカ製の靴など出自は様々で、それらをミックスする楽しさがジャケパンスタイルにはあります。
その楽しさはラルフローレンから教わりました。

リザードローファー。五月になったら是非履いてみたい靴ですね。管理人様や古くからのゲストの皆様は何度か書き込みましたのでご存知だと思うのですが踵の縫い目やコインを挟む形状などRLと若干の違いが垣間見えます、ご存知ブリフトアッシュでレッドソールにヴァージョンアップしましたSFのフルサドルローファーでもと思っておりましたがこの靴は今現在大分のトキハ百貨店にデスプレイ中で手元には無いので履けません!その後には新しくオープンしました岡山のパルコに展示されるとかでリペア終了後、私の足下には御縁が無いのです!

浦野様

何と!!!ブリフトアッシュチューンナップのシェットランドフォックスは今大分でディスプレイ中、かつこの後は岡山へ出張なのですか。浦野様同様とても多忙な靴になっていますね。履けないのは残念ですが「かわいい子(靴)には旅をさせよ…」ということで嬉しくもあるのではないでしょうか。

そういえば、ポロ銀座店でみたラルフのリザードローファー、飴色のような艶有の表面がなんともいえず、欲しかったのを覚えています。最近リーガルとビームスのコラボシューズが出来たそうです。天下のリーガルから復刻版エキゾチックシリーズとか出るといいなぁ!

管理人様
ご無沙汰しております。
短い春が終り、早々と夏の気配がしてまいりましたね。
私の方は相変わらず大阪と東京の二重生活で、出張ばかりの毎日です。
しかし、スーツスタイルだけでは味気ないので、機内持ち込みサイズのキャリーバックに収納出来る範囲で装いを楽しんでいます。そうなると履き替えのローファーは必須ですね。後はあれこれ考えるのが楽しみです。
今回もサマージャケットの素晴らしい着こなし参考にさせていただきます。荷物にならないネクタイやソックスなどの小物がいいアクセントになるのがわかりました。
茶色と青の組合せ素敵です。今の季節にピッタリな感じです。

shaky-ooi様

ゴールデンウィーク初日のコメント、有難う御座います。

大阪と東京の往復を快適に過ごす工夫を考えるのも楽しそうですね。勿論大変さはあるかとお察しいたしますが、せめて前向きになれる事を考えると移動の時間がまた違ったものになりますよね。

私もかれこれ20年前になりますが、海外に駐在していた時分、父の病気で頻繁に日本と現地の往復をしていた時期がありました。移動の間を快適にとニューバランスのスニーカーを買ったのが履き始めのきっかけです。
久々にその時の事を思い出しました。

コーディネートへのお褒めの言葉、有難うございます。一年中合うと思うのですが、それでも今の季節がアズーロエマローネにぴったりだと私も思います。shaky-ooi様と同じ感じ方という事で何か嬉しくGWを迎えられそうです。

今大宰府インターから福岡都市高速に乗りました。九州道は下りはかなりの渋滞ですが上りはスムースに流れています。初めに博多阪急百貨店に寄りまして何時も私の靴を磨き上げて下さいますColumbusの銘シューシャインナーのY様にお土産の吾妻味噌を手渡して、ラルフローレンのリザードローファーを磨いてもらいます。今日の出で立ちはJPのパンツに昨年買いましたスターリングシルバーのベルトにJPゴルフの少し紫色がかったポロシャツです。今思えばスターリングシルバー合わせで靴はラルフローレンのクロコダイルのmonogramslip-onが良かったかな?

浦野様

博多、小倉詣でへの道中コメントを有り難うございます。

スターリングシルバーのコンビも良いですが、リザードのローファーも今の季節にはぴったりですね〜。少し紫がかったポロシャツというのがなんともオシャレで良いです。当方は今回の信州詣で、何とポロシャツを置いてきてしまい、テニスもTシャツでプレイする羽目になってしまいました。トホホ、でも澄んだ空気と楽しい自然な中のアクティビティでリフレッシュ中ではあります。

靴を磨かれて靴談義、その後はショッピングに夜の会と楽しい一時を過ごされるのでしょうか?大いに満喫されて下さい‼︎‼︎

今高速バス、島原号を降りまして一杯飲んでおります。さてセットランドフォックスの件ですが岩田屋5階のオーダー会に着いて展示されてるモデルをみてますと、女性スタッフが(浦野様ではないでしょうか?)と声をかけられました。以前に諌早市のタウン誌に顔写真付きで、登載された資料を送っていましたのですぐにわかられたみたいです。こうなれば話は速く持参しました、旧セットランドフォックスソール、ヒールを使ったアランフラッサーのマット仕様のUtipの出番です。タップスのスタッフのA様が二年前にリーガルシューズ長崎店のオープンの際に飲んだ、フランチャイズの教育担当のO様との話で盛り上がりました

浦野様

本日東京に戻って参りました。

シュエットランドフォックス受注会の様子を早速お知らせ下さり、ありがとうございます。タウン誌に載った資料を事前に送った上での受注会参加、流石は浦野様です。

女性スタッフの素早い対応も見事ですが、アランフラッサーのマット仕上げUチップを囲んでのやり取りがさぞや楽しかっただろうなと想像できます。

靴の話で花が咲く、何とも素敵なGWではありませんか。こちらまで何だかうきうきして靴でも買いたくなりました(汗)

ありがとうございます。阪急百貨店ではColumbusの銘シューシャインナーのY様にも本邦初公開でAFを御披露致しました。マット仕様のクロコダイルの靴は初めて見たとおっしゃいました。そして靴を出しましては、磨き上げて下さいました!マット仕様であるがうえに、あまりに艶を出さず、しかし有る程度の光沢をかもちだすその技術に感動いたしました!!流石にGUCCI、PRADAの新製品の日本発売の前に磨きを頼まれるだけの銘職人であります。以前書き込みいたしまして、管理人様が是非とも見たいとおっしゃいました、ダースベイダー靴の話でも盛り上がりました!帰りに吾妻味噌のお礼にと新製品でありますColumbusの、outer&innerローションをお返しに頂きました。この商品は、主にインソールの汚れ落としに最適でありまして持参しましたAFのインソールやソールをきれいに仕上げてくださいました!このY様はきちんとお返しをなさいます御方でありまして私はbootsblackのsolelotionを購入しました。upperは3~4回履いてクリーナーで汚れを落としてラスターcreamを塗布しますが、solelotionは履く度に塗布しますので私のシューケアー商品の中では一番消費いたしますので減りも速いのです。

浦野様

連休後半の書き込み有難うございます。

AFの靴磨きからダースベイダー靴まで、楽しく語らい、盛況な雰囲気が伝わりどこでもドアでその場所に行ってみたくなりました。マットクロコの靴を磨き上げた感じはプロならではの控えめでしっとりとした感じなのでしょうね。

シューシャイナーY様からのお返しと浦野様がお求めになりましたシューケアグッズで、春うららかな休日に愛用の靴に手を入れる様子を想像いたしました。

ありがとうございます。今、773ラストNo.の靴を4足磨き上げて、一服してお茶でも飲んでおります。午後からはこのての靴群で一番手こずる以前書き込みいたしました、姪が名づけました、烏賊靴を磨こうかと思っております。何故手こずるかと申せば、4月にY様の手によって新品同様になりましたRLのダースベイダー靴よりも名のごとくキルトも多く且つ名前のごとくキルティーモンクストラップで真鍮の金具も付いておりますので小さなバックルの手入れがたいへんなんです!さーてと磨くとします。

浦野様

烏賊靴即ちキルティモンクはバックルと金具が付いているとのこと。真鍮の留め金を丹念に真鍮磨きで綺麗にされるのでしょうか、そこまでの手の掛けよう、素晴らしいです。

私は元々バックル付の靴をほとんど持っていないのですが数足ありまして、今まで金具の手入れを怠っていました!!!

何という手落ち(汗)…今週末は私も手を入れたいと思います。

管理人様、私もたいしてバックルが付いた靴は持ってはいません。月に一度、雨天で墓参りが出来ない時には仏壇の掃除をします。その時に蝋燭立てや、御仏飯などの真鍮仏具を磨くために購入しました真鍮磨き(チューブ入り)を使用するだけでありまして靴のバックル専用ではありません。真鍮磨きと申せば若い頃に消防団に所属していました時に出初め式の前日真鍮磨きで筒先の真鍮部分を先輩から、布が熱くなるまでピカピカに磨きあげるように言われた事を思います。

管理人様
ゴールデンウィークも終わり、私はまたいつもの出張生活が始まります。
さて、探してみれば意外とないもんですね、アズーロ エ マローネ のネクタイ。大阪高島屋には一本も無く、新宿伊勢丹でようやく見つけました。
ナポリのBORRELLI というブランドでシルクと麻の混紡です。
衝動買いで、その時々のひらめきでネクタイを選んでいた私ですが、こんなに沢山見たのは初めてでした。ようやく、喉のつかえが取れた気分です。ブルーのウィンドペン柄ジャケットに合わせて気取ってみます。
また、念願のオールデンコードバンシューズも手に入りそうです。ハワイに行ってる家内が見つけて、仕事の都合で留守番している褒美に買ってくれたそうです。「待てば海路の日和あり」でしょうか。
休み明け早々につまらない書き込みですいません。欲しいものが手に入り、大人気なく誰かに話したくなりまして。

浦野様

近所の消防署で、職員が真鍮の消火栓水デバイダを綺麗に磨き上げているところを見たことがありますがそれはもう見事でした。命を守る道具を常に最良の状態にしておくことは勿論ですが、磨くことで部位の異常がないか確かめているのではないかと思いました。

靴磨きもある意味ではとても似ていて、コバやソールにヒールなど…さらに浦野様のような達人ですとインソックやライニングにまで丹念に見つつ異常の有無をチェックし、綺麗に磨くとそれはもう出来栄えが違います。

私は中々その域までは達しませんが、今度ケアグッズを見に靴屋に行ってみたくなりました。

shaky-ooi様

ボレッリでアズーロエマローネのネクタイを見つけられたとのこと。おめでとうございます。やはりナポリのブランドだけあって押さえるところは押さえていますね~。ブルーのウィンドウペインのジャケットにきっと合うのではないかと思います。

更に朗報!コードバンの靴が手に入りそうだとのこと。奥さまがお土産に買ってくれたものとなると愛着もひとしお、まずはお帰りになられまして再会を喜ばれ、その後に念願の靴を見る時のshaky-ooi様の嬉しそうな顔を想像いたしました。

つま先にゴムか金属のチップを入れて補強し、アッパーに最初の磨きを入れていざ履くときの最初の皺が入るまでのドキドキ感、コードバンの魅力はそこから始まります。何やら喜びを共有している自分に気が付きました。

履きなれた頃になりましたら印象などお教えくださいますと嬉しいです。

例の足幅が日本人離れのBワイズの姉から24日日曜日に熊本市の鶴屋百貨店で何でも大阪から帽子の専門家が来るから行かない?とのメール。熊本は約、10年近く行っていないのでおもしろ半分行ってみたいと返信しました。連休の岩田屋詣でではJPのブルートラッドで決めましたので今回は、ゴールデンフリースで決めてみたいと思っております。今回はベージュやイエロー系で装い、ベージュの生地に青いストライプのポロシャツ、ベルトは同じくベージュ系の無地のリボンベルト、夏素材の薄手の綿パン、もちろんインタック仕様とくれば、靴はこの季節にピッタリのイタリアメイドの例のヴァンプがリネンのあの靴しかないでしょう!

浦野様

熊本に行かれるのですね。

熊本はお洒落な店があって、マイサルトのアントニオリヴェラーノさんもショップの招きで来日、阿蘇を見に行ったと言っておりました。私自身も2度行ったことがあります。食べ物がおいしく風光明媚なので大好きです。浦野様もお戻りになられましたら色々とお聞かせください。

靴はリネンヴァンプの例のRLイタリアンメイドで行かれるのですね!!最近よく似た靴を見かけましたがRL別注はどこかがちょっとずつ違っていて格好いいですよね。ぜひお洒落してお出かけください。

一週間前の熊本詣での事を、今書き込みします無礼をお許し下さいませ。パンツや靴は、書き込んだ通りでしたが、あまりにも同系色では刺激が無いのでポロシャツは前回岩田屋でありました、SFの受注会で着ましたJPのポロシャツとは少し、違う色合いの青色にしました。もちろんBB。鶴屋百貨店では新館のメンズコーナーは充実しておりました!管理人様がお好きな、山陽商会のPSもありまして、このブログ早速検索してくれるように頼んで来ました。靴コーナーではさすがに九州のヘソと呼ばれる熊本市ですがEG、JMWそれに旧、日本製靴、今、ラコダが販売権を持つ個性派俳優こそ置いてありませんでしたが、二枚目俳優のノーザンプトンやSFはデスプレイしてありました。結局私が買ったのは着ているシャツよりもっと目が覚めるような青いポロシャツ、姉は数万円のハットでした。

浦野様

お召しになっていた青のポロシャツよりもさらに目の覚めるような青いポロシャツと言いますとフレンチブルー当たりの色目なのでしょうか。はたまたサックスブルーに近い色なのかな?などとあれこれ想像してしまいました。どちらにしましても今の季節にピッタリですね。

熊本の靴事情ですが、とても充実していますね。九州の小倉に親戚がおりまして随分前に訪問してからずっと行っておりません。久々に再訪して、熊本まで足を延ばしてみたくなりました。

それにしましてもお姉様の買われたハット、気になります…

雨の小倉より書き込んでおります。JPのブルーシャンブレーのパンツ。先月岩田屋でのSFオーダー会場で履いたパンツにこれまた同じくJPの同系色のポロシャツ、靴と申せばRLのモノグロムスリッポンでソックスはライトグレーのこれまたRLで決めております。雨で傘が必要で荷物が増えまして上着は無しです。夜はポロシャツは先日熊本市で購入しました、コバルトブルーのゴールデンフリースで決めます!さてとシンデレラシューズを履く前にあちこちとカット播でも貼りましょうか!(笑)

浦野様

シンデレラシューズ、履かれた後の足の様子は如何ですか?ナイトである絆創膏が守ってくれたとすればハッピーエンドですね!

それにしましてもJPとRLのコンビでコーディネイトされた浦野様のシャキッとした姿が思い浮かびます。リラックスされた様子や、夜に向けてポロシャツを着替えているところなど、色々なことが想像できるのが浦野様のコメント、毎回楽しませてもらっています。

東京も梅雨入りしましたが今日はカラッと晴れています。
ウールジャケットを着て家を出ました。

暖かい、ご返信ありがとうございます。三軒ハシゴしました。カット絆と言います護衛の巡洋艦と言おうか、駆逐艦。今風で言いますと、イージス艦が空母を取り囲む輪形陣にて足は無事ホテルに着きました。が、朝右側のつま先に小さな白い傷が見えます!空母で言えば、艦首でしょうか?かなり呑んでその上、雨でしたのできずかなかったんでしょう。二度と発売されない貴重な靴ですのでコロブスの銘シャインナー様が出張先から帰って来られましたら相談いたします。 トホホ?

浦野様

何とシンデレラシューズに小さな白い傷が…何かにつまづいたのでしょうか。そんな時はがっくりするものですが、今やたいていの傷は目立たなくなるものらしいのでコロンブスの名シャイナー様にご相談されるのが宜しいかと思います。

それにしてもイージス絆創膏の戦闘能力はかなり高いものとお見受けしました。当方もきつきつの靴がありますので今度イージス艦を多数護衛に付けて出陣してみます(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Cordovan Tassel | トップページ | From the workshop(工房からの連絡) »