最近のトラックバック

« Shirt & Tie | トップページ | Chilly spring weather(花冷え) »

2014年3月 8日 (土)

The key to wearing(着こなしの要)

「靴は装いの要」とはよく聞く言葉だが、ボトムスも着こなしの雰囲気を左右する大切なアイテムという点では同じだ。裾幅や股下の長さ、股上の深さやシルエットの違い、裾はシングルかダブルカフか、デザインはフォーマルかカジュアルか、靴とともに着こなしの土台となるだけに、気に入ったパンツ探しは決して楽ではない。

毎年、春先はパンツを新調することが多い。付き合いの長いテイラーもその時々でトラウザーズのシルエットを変えているくらいだから、ボトムスにも旬のシルエットがあるのだろう。そこで今回は春の到来を間近に控え、着こなしの要となるパンツを中心とした着こなしについて考えてみようと思う。

1.新着のボトムスとポリッシング済のカントリーブローグ

01

春先恒例のボトムス買い。今回はウィンドペインのウールパンツにこの春のトレンド、カモフラ柄のチノパンツとホワイトデニムにカラーパンツの計4本を購入。一番上のチェックと一番下のカラーパンツはシーズンエンドの買い物。一方カモフラ柄とホワイトデニムはアーリースプリングの買い物。いずれもシルエットは細身のスリムフィットだ。

もう少し詳しく紹介したい…

2.トリッカーズの靴をアンティーク仕上げにする

02

履き込んだトリッカーズはシップスの別注、1990年代初期に購入したが、定価は39,000円という破格値だった頃のものだ。オレンジ色に近いチェスナッツ色が特徴のトリッカーズだったが、思い切ってシリコン入りのパレードグロスでポリッシングの上色入れを行った。リソールも行っているので新品の靴が増えた感がある。

3.カントリーブーツとブローグの比較

03

左はノーザンプトンのアウトレットで購入した長靴。右の短靴も元はほぼ同じ色目だったことを考えるとポリッシングで随分と変わるものだ。このところ快適なローファーを履く一方で、紐を結ぶのを面倒と思わず、丸く短く幅広の安定感ある靴も履くことが多い。ウェストンのゴルフが注目を集めるのも頷ける。

4.カモフラ柄のパンツ

04

今季のお奨めカモフラ柄のパンツはアメリカンブランドのもの。スリムでローライズのシルエットは本物の軍パンとは全く別物。ドレスアップスタイルにも合わせやすいデザインが嬉しい。街行く人のカモフラパンツはクリースなしが多いが、ここでは敢えて軽く織り目を付けてからジャケット&タイに合わせてみた。

5.洗いざらしのシャツを着る

05

ドレススタイルといえどもカモフラ柄に糊のきいたシャツは合わせ辛い。そこでクリーニングから届いたシャツを一旦水洗いして自然乾燥させる。すると残った糊が味わいのある皺と自然に撚れた良い感じに仕上げてくれる。勿論クリーニング済なので汚れのない洗いざらしのシャツという訳だ。

6.ウェスト周辺

06

迷彩色の中の色を拾った4ウェイのネクタイはエルメスのもの。シルクニットながらエルメスらしくエレガントな雰囲気が感じられる。一方腰に巻いたベルトはカジュアルパンツに最適のダブルOリング。バックルのベルトよりもぐっとカジュアルな留め金部分がリラックスした感じを演出してくれる。

7.合わせた靴

07

左の靴はフランスのランバンが別注したクロケット&ジョーンズのダーティバックス。文字どおり、泥跳ねの跡が残る年季の入った1足だ。一方右は冒頭で紹介したトリッカーズのカントリーブローグ。どちらも共通しているのがラウンドトゥで安定感のあるダブルウェルト(360度の出し縫いが走るタイプ)ということ。

8.パンツをホワイトデニムに替える

08

カモフラ柄のパンツから同じブランドのホワイトデニムに穿き替えたところ。シャツもそのままでネクタイのみチェンジ。白の面積が多い着こなしにはネイビーより一段明るいブルージャケットがよく合う。ネクタイが淡色なので、ポケットチーフと靴を濃い目にして、着こなしのバランスをとってみた。

9.コーディネイト(その1)

09

ブルーのジャケットはR.カルーゾ。ネクタイはフランス製造時代のブリュワーで、コットン&リネンの春色カラー。着こなしのアクセントにと挿した朱色のポケットチーフがフィナモレ。どれも欧州のクラシックブランドだが、シャツのみ1990年代のブルックスブラザーズ、スリムフィットのポロカラーとなっている。

10.コーディネイト(その2)

11

最近のデニムは股上が浅いのでベルトの金具も当然下に位置する。昔のネクタイをいつもどおりに締めると、大剣の先端がベルトの金具にかからなくなってしまうことがあるので、結ぶときには注意が必要だ。大剣と小剣のバランスを見ながら先端がバックルにかかるようにする。

11.合わせた靴

10

シャツもパンツも白になると、合わせる靴はあまり濃すぎない方が良い。ここでは黄金色のローファーを用意。左はゴージャスなアリゲーター素材のウェストン180。一方右はソフトな履き心地のE.グリーン製ハーロゥ。現行ではヴァンプの長いBuxton(バクストン)としてラインナップされているが、その柔かさは特筆ものだ。

今回は真っ先にカモフラ柄のパンツにトライしてみたが、思ったよりも重宝するのに改めて感心した。先週は久しぶりに週末を信州のコテージで過ごしたが、トップスはスェットパーカやハンドニットのセーターからフィールドコートやリーファージャケットまで、靴もトリッカーズからアイリッシュセッターまで幅広く合わせられる。

一方のホワイトデニムは白さが命。服飾のプロはクリーニングに出すこともあるらしいが、デニムはもともと作業着なので、汚れが落ちない時は思い切って交代させる潔さも必要だと思う。来週からは少しずつ気温の高い日も増えてくるようだ。真っ新なホワイトデニムで一足早い桜の花見にでも出かけたい。

« Shirt & Tie | トップページ | Chilly spring weather(花冷え) »

スタイル(Style)」カテゴリの記事

コメント

管理人様

おはようございます!decoyでございます。

すっかり春の装いですね。カモフラのクリースがとっても新鮮です。カモ柄のコントラストがはっきりしていて本格的にも拘らず、仰る通りシルエット故にいわゆる軍パンと違っていいですね。そして色を拾ったエルメスのタイとフィナモレのチーフが効いていて遊びのあるエレガントさが格好いいです。
ぼくはBBのカモフラポロカラ―シャツを愛用しているのですが、もっと柄のコントラストが弱くて主にグレーやベージュと合わせていました。このコーディネートを見て、春はネイビーのジャケットとペールトーンのパンツで合わせてみようかなと思いました。

トリッカーズの破格値にも驚きましたが、パレードグロスはやはり威力がありますね、すごく味わいある仕上がりで流石です!それにしてもトリッカーズの安心感は好きです。

管理人様

仰る様にボトムスは時代を色濃く反映しますね。しばらく穿かなかった細めのパンツを引っぱり出してみると、思った程細くなかったりします。

その点靴は時代に左右されない要素を多く持っているのでいいですね。
私も管理人様と同時期にトリッカーズを購入しました。友人から「みかんの様だ」と言われたことがあります。せめてオレンジと言ってほしかったです。

私はカモフラージュ柄はポロシャツとデイパックを持っていますが、意外と組み合わせやすいですね。とくにオレンジ系の色と相性がいいと感じます。
パンツにも挑戦してみたくなりました。

夏はやはりホワイトジーンズは外せませんね。純白も勿論素敵ですが、アイボリーのものもまたちょっと違った雰囲気でいいと思います。

decoy様

早速のコメントを有難うございます。

カモフラは今期のお薦めのようで各男性服飾雑誌でも取り上げられていますが、いずれも軍ものとは異なる今のシルエットです。decoy様の仰るように合わせ易さは昔の比ではないと実感します。試しにカモフラパンツの着こなしで検索してみたところ、大抵上はネイビーのジャケットやニットに合わせる場合が多いようでした。やはり軍パンのイメージとややかけ離れたものでコーディネイトしてバランスを取るのが良いのかなと思いました。

トリッカーズは本当に長持ちする靴です。そしていつの時代でもトリッカーズの似合う服装のスタイルがあるので流行り廃りなく愛用できるのが強みだと思いました。とは言うもののオレンジ色の単色では少しさみしいかと思い、思い切ってシリコン入りのパレードグロスで磨いたところ写真のように大変身と相成ったわけです。

後世に残す20足には選ばれませんでしたが、ずっと残る靴の代表と言えそうな靴、その中に間違いなくトリッカーズは入りそうです。

PMT様

早速のコメントを有難うございました。

カモフラの小物も素敵そうでちょっと興味が湧きます。また、オレンジ色との相性が良いとのご意見、私もそう思っておりましたので何だか嬉しいです。そのオレンジ色の靴の代表トリッカーズを購入されたのも同じ時期とのこと、確かあのころは今よりももっとオレンジ色の濃い感じがして数ある英国靴の中でも異彩を放っていました。

そのオンリーワンな感覚が突き抜けていて、今も多くの英国ファンの方に愛用されているトリッカーズのカントリーブローグシリーズですが、短靴よりもブーツの方がより人気が高いようにも見受けられます。今回は春を意識して短めのパンツにソックスを見せながら、カントリーブローグの短靴を合わせてみました。

アイボリーのデニム、私もよさそうなものを探しているのですが、中々見つからないので、ホワイトデニムを買い替えてしまいました。気持ちはようやく春夏物に傾いてきましたが、あの蒸し暑い夏がまたやってくるのかと思うと…お洒落心をどう萎えさせないか考える必要がありそうです。

ご無沙汰してます、
さすが管理人さま、カモフラとは攻めますね、と思って自分のクローゼットを眺めると、妙にカラフルなツイードが。冷静に見ると大柄なチェックもカモフラに負けない存在感を主張しているな、と感じました。変な先入観にとらわれず、カモフラも単なる柄物と考え、日々のコーディネートに取り入れる懐の広さを身につけないと、と感じている次第です。
パンツはベージュとグレーばかりになっていることに気がつきました。裾幅は大体20.5-21cmとクラシックより1cmほど細いものを選んでいます。最近のパンツの裾幅では、細すぎてふくらはぎがぱつぱつです。そろそろ反動で袴のようなワイドシルエットがくるのでしょうか。そろそろ春夏ものの準備をしないと、と感じています。

れの様

早速のコメントを有難う御座います。

私も 以前はカモフラを避けていたところがあります。ですが、れの様の仰るように大柄でカラフルなチェックツィードもカモフラも同じ柄物と考えると抵抗感がなくなり、着こなしを楽しめるようになりました。

それから、パンツのシルエットですが最近はスーパースリムまで出てきていて、流石に細すぎると感じるものもあります。試着して足が入らない細さに最早スキニーでは?という気もします。ただ、最近の若い世代はスリムで足も長く格好良いので、そういった人達には合うシルエットなのだろうなとも思います。

膝下ストレートのパンツが少しずつ出てきているようですが、ご存知のように、この膝下ストレートはシルエット的には見た目はちょいフレアー風なので新鮮さがあります。ワイドラペルで胴絞りの強いジャケットに合わせると格好良いかななどと妄想しています(笑)

春物に気分は移りましたが、その先の酷暑を考えるとどうもおしゃれ感が減退してきています。しばらくは靴や小物、カジュアルウェアに目が行きそうです。

管理人様
おはようございます。見事なカモフラパンツのコーディネートですね。春はパンツを主としたコーディネートを楽しむ良い季節ですからバリエーションのひとつとして是非TRYしたいです。最近パンツを少し整理したのですがその際発見したのは、ジーンズはブルー(濃~淡の各種)とホワイト、チノはベージュ、ウールはグレーばかりで同じようなものばかり多数ありました(笑)。今年は少し違ったパンツバリエーションを増やそうと思っています。
先週NAKED&FAMOUS(カナダ産)のデニムを購入しました。色はホワイトグレー。本当はオフホワイトを購入したかったのですが一目ぼれです。程よいスリム(細すぎない)で膝下テーパード。ホワイトデニムほど汚れを気にしなくてもいいし併せやすいですよ。春はもうすぐですね。

KEI様

早速のコメントを有難う御座います。

KEI様と同様に私も似た色のパンツが多いことに気が付き、目下手持ちのカラーバリエーションや柄物を多めに揃えているところです。カモフラもその一環と言ったらよいでしょうか。思い切って買い求めてみましたが、着こなしに変化を与えてくれるのでワードローブに取り入れて正解だったようです。

ベージュやホワイトグレーのデニムも欲しいですが、意外と一期一会だったりしてなかなかこれはと思うものに出会えていません。

管理人様、ご無沙汰しております。カモフラ柄は紺ブレザーと合わせるとチェックのトラウザースのようになって素敵ですね。最近似たようなコーディネートをしていたので偶然の一致に驚いています。
やはり春は柄を楽しみたい季節と言うことでしょうか。
それにしてもトリッカーズの価格に衝撃を受けました。値上がり後しか知らない世代としては羨ましい限りです(笑)

お久しぶりです。今年は前半に大きな仕事を落札し、人員も多いので昨年とは違い余裕しゃくしゃくです。が仲のよい同業者がさばけず応援で昨日の日曜日も出勤でした。トリッカーズの靴、なんといっても表鳩目のゴツサが売り物ですねCLUBNATOの若手のO君(といっても40代)ですが友の店でこのブーツを購入して会合に履いて来た事を思い出しました!!
追伸C&Jのダーテーバックス色目、デザインを詳しく拝見して見たかったです。私が所有するRECCのダーテーバックスとの違いがみたかったからです。

管理人様

ご返信有難うございます。

トリッカーズは20年前に比べると、少し味わいが無くなった感はありますが、人気が衰えないのは品質を保っているからでしょう。
私の周りでもトリッカーズの愛用者が何人かいます。

アイボリーのジーンズはLEEのウエスターナーか、LEVI"Sのカリホルニアンズ(どちらもヴィンテージになりますが)ならジャケットの下にも穿きやすいと思います。デッドストックだといいサイズがめったに出てこないのですが、同年代のブルーデニムよりは安いです。トリッカーズの定価よりちょっと高いくらいでしょうか。

昔は真夏でも我慢して長袖を着ていた頃もあるのですが、近年の酷暑となると、どうしても半袖一枚になってしまいます。毎年、小紋やバティックの’60sシャツ、あるいはポロシャツなので、少々飽きてきました。今年はボトムスも含め、ちょっと考えたいと思います。

兎男様

コメントを頂き有難うございます。

カモフラパンツとネイビージャケットの組み合わせはウェブ上でも見かけるコーディネイトの定番のようです。今季お薦めのカモフラ柄の中ではパンツが一番とっつきやすいと思うので、一足先に春を楽しんでみました。

トリッカーズは昔から我が道をゆく感じがあって、特にカントリーラインが好きでした。また扱っていたシップスも、当時は靴にこだわりのあったセレクトショップで有名でしたので、足繁く通い39,000円という奇跡に近い値段で売りに出されているときに買いました。

そのシップスも今はウェストンを扱わず、オールデンもクロケットも他のショップとあまり変わり映えしなくなってしまいましたが、当時はビームスやアローズと並んで別格でした。

そのビームスもクレバリーの扱いを止めたようで、時代の移り変わりを感じるこの頃です。

浦野亮祐様

コメントを頂き有難う御座います。

浦野様の所属されていたクラブのメンバーでトリッカーズを履かれていた方がいらっしゃったとのこと。アイビールックとトリッカーズをどのように組み合わせていたのか、興味が湧きます。

ダーティバックスはごく普通のプレーントゥで、ソールが赤のダイナイトソールです。またウェルトの出し縫いがぐるりと360°縫い込まれているタイプで、木型はスマートですが見た目はややごつめのものです。

いつか機会がありましたらもう少し詳しく載せたいと思いますが何しろ泥はねの残る本当にダーティな靴ですので、躊躇してしまいます(笑)

PMT様

早速の返信を有難う御座います。

Leeのウェスターナー…懐かしい響きです。マイサイズは中々見つからないとは思いますが、リー好きとしては気長に探してみたいと思います。

私も8月の暑さを考えるとおしゃれする気も失せてくるのですが、せめて5月の終わりまでは色や素材に拘って着こなしを楽しみたいと考えています。今季は麻に注目するのと、コンビのローファーを買うか、オーダーしてみようかと計画中です。

管理人様

Leeがお好きでしたら、Lot.200のツイルやLeensシリーズの股上の浅いテーパード等もよさそうです。
LeensのテーパードはLEVI'Sのカリフォルニアンズよりさらに裾幅が狭く今時な感じです。

私が初めて買ったアメリカ衣料はLeeのジーンズで12歳の頃です。ちょうど40年前になります。今はLEVI'Sの方が多いですが、Leeもほぼブランクなく穿いています。

麻の服というと、コンビの靴が頭に浮かんできますね。最近は別注等でいろいろな組み合わせがありますが、私はやはり茶X白に一番魅力を感じます。

御返信ありがとうございます。ダイナイトソールのDB機会がありましたら是非拝見させてくださいませ。CLUBNATOのO君は上2掛けのIVYモデルのミディアムグレーのスーツにこのタンカラーのブーツを履きこなしていました。話は少々ずれますが昨年女優の竹内結子が髪を切り何かしらの雑誌に登場したときにドレッシーな装いにあえてこのゴツイトリッカーズのブーツを履いていたグラビアを思い出しました。さすが!!!という着こなし、履きこなしでしたよ(笑)

PMT様

Lee200のツイル、良いですね~。Leensというのは知りませんでしたが最近のモデルなのでしょうか?

コンビ靴はPMT様のご推察通り茶×白のコンビです。ヴァンプ部分を白にして茶の部分をスムースレザーにするかグレインレザーの柔らかいものにしようか思案中です。

麻は上着を作っても日本では暑すぎて直ぐに着なくなりそうですのでまずはパンツから入ろうと思っています。その後は麻のジャケットを既成でよいので買う予定なのですが果たしでどうなることやら…

浦野様

浦野様の所属されていたクラブの若い方は正統的なスーツスタイルにトリッカーズのブーツを合わせていたのですね。中々格好良かったのではないかと想像します。

そう言えば英国スタイル好きの方の中にもツィードのスーツに(裾を短く仕上げて)ブーツを良く見えるように合わせるコーディネイトがありますがきっとそれと似た雰囲気かもしれません。

竹内結子のドレッシースタイル×トリッカーズももしかしたら上記の組み合わせの女性版かもしれませんね。見てみたかったです(悲)

ダイナイトソールのダーティバックス、近いうちにご紹介できればと思っています。

管理人様

Leensシリーズは60年代中頃に発売されたもので、膝下ストレートやフレアの物もあります。型番は400番台で、浅めの股上、センタークリース入り、それとバックポケットのホースマウスステッチなしというのが特徴です。

PMT様

早速の回答を頂き有難うございます。

デニムに詳しいPMT様ならではの丁寧なお答えに感謝しております。この週末はネットで検索してみようと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Shirt & Tie | トップページ | Chilly spring weather(花冷え) »