最近のトラックバック

« アートスペースJIKKA(続編〉 | トップページ | Harris Tweed »

2013年11月 2日 (土)

ギャラリーセール追加情報

昨日から始まった実家JIKKAでのギャラリーセールは初日ということもあって多くの人に足をお運びいただいた。午後からは小雨が降る生憎の天気となったが、手入れの行き届いた靴を履かれた紳士・淑女の皆様の訪問には感謝の念で一杯である。生憎合うサイズがなく、遠方よりお越しいただいた方には大変申し訳なかったが、目当てのものをお買い求めいただいた方もいらっしゃり、まずはアートスペースとしての認知が出来たことに安堵している。

本日は中日ということで、オーナーの追加商品があれば…との声を受け、女性ものを急遽出品することになった。オーナーである深野さんにはアートスペースとしての実家JIKKAの存在を少しでも多くの女性に知って貰いたい意向がある。そこでトラッドなものが中心だが展示するので、もし興味がある方はぜひ女性をお誘いの上来館していただければ幸いである。その中から女性らしい新たな活用が広がれば今回の企画も意味があると言えるかもしれない。

1.アメリカンブランドのバッグ

01

コーチのグローブレザーバッグは根強いファンがいるとのことで、青のミニショルダーを用意。バッグの口を上からフラップで覆うタイプ。もう一点は伝説となったラルフローレンのブラックウォッチバッグシリーズからミニボストンを出品。

他にどんなアイテムが追加出品されたのだろう…

2.コーチブリーフケース

02

男女兼用のグローブレザーブリーフケース。グローブレザーらしい色目のもので留め金がやや女性らしい感じだがストラップの長さも十分あり男性が使っても違和感はなさそうだ。

3.ブラックウォッチジャケット

03

上襟と袖口にベルベットをあしらったジャケットはラルフローレンらしいデザインのもの。勿論メイドインUSA。凝ったボタンはディテールに拘るラルフらしい仕上げ。

4.ネイビーブレザー

04

ラルフローレンらしいエンブレムの付いたネイビーブレザー。マニッシュなスタイルを得意としたラルフローレンらしいデザイン。カタログには度々登場する定番アイテムで、こちらもアメリカ製。エンブレムだけでも価値のある一着。

5.英国製ダッフルコート

05

フロントにジッパーのついた英国製のダッフルコートはブルックスブラザーズのもの。1990年頃の商品だ。今や中国製になってしまったダッフルも当時は英国の老舗ファクトリーに別注していた。

6.シルクカーディガン

06

前身頃がシルクスカーフ、身頃がシルクのニットで構成されたカーディガンは有名なエルメスのもの。海外のブティックで購入した正規品でゴールドの尾錠風ボタンはエルメスの意匠として有名。

7.ホップサックジャケット

07_2

こちらは紳士物で有名になったピオンボのジャケット。イタリアのメイカーらしく、紳士物のテイラードウェアと同じ作りになっている。勿論袖口を直しに出せば本切羽の本開きにすることも可能。

8.レディストレンチコート

08

ウールのライニング付オールドトレンチコート。1990年年頃の代のもので今のものとは違う質実剛健な作りが嬉しい。今年流行の軽快なトレンチとは一線を画す着丈の長いデザイン。ライニングのみクリーニングに出している。

9.ミニバッグ

09

こちらはアメリカのティンバーランドのヌバックレザーバッグとフランス製ディオールのハーフムーンポーチ。特にディオールの方はレトロでな1980年代のデザインが以外にも人気を呼んでいるらしい。

10.フランス製スカーフ

10_2

左はカレと呼ばれるエルメスのスカーフ。定番の青色は季節を問わず着用できそうだ。中央はカルティエのスカーフでこちらもフランス製。右は同じくエルメスのプリーツスカーフ。上の載った箱に入れての出品となる。

11.NYブランドのスカーフ

11

左はウールシルク素材のストールでラルフローレンのもの(日本製)。中央はシンプルなグレンチェック柄のスカーフでこちらはブルックスブラザーズ(日本製)。右は鮮やかな色目のシルクスカーフでラルフローレン(イタリー製)。

12.ラルフローレンシリーズ

12

左は日本製のウールストール、エトロを思わせるパターンは男性がしても様になりそうだ。中央はコレクションラインのもので、イタリー製のスカーフはエトロの生地を使っている感じだ。右のチェック柄はウール&シルクでコレクションライン、イタリー製になる。

13.

13

左はタグが取れているがラルフローレンのネームがプリントされたイタリー製のスカーフ。中央はコレクションラインのイタリー製ペイズリースカーフ。右は日本製の淡いフローラルパターン。

14.コールハーン

14

左は未使用、イタリー製のコールハーンストラップシューズ。右は同じくコールハーンのベルベットルームシューズでこちらも未使用。今、ルームシューズが人気だそうで名とは違い部屋の中ではなく外出用に履くらしい。

15.アリゲーターローファー

15

アメリカンアリゲーターを使ったメイドインメイン州のアメリカンモカシン。ポールスチュアートネームだ。ニューヨーク本店にて購入後伊勢丹の修理コーナーでラバーをソール前面に張っている。

その他にも少々紳士靴などの出品を予定している。また共同出品者の方も幾つか追加商品を用意されているとのこと。ギャラリースペースを活用したイベントも明日が最終日、オーナーの深野さんはヴィンテージの生地を出されているので是非そちらも興味のある方は見て頂けると有難い。

« アートスペースJIKKA(続編〉 | トップページ | Harris Tweed »

ショッピング(Shopping)」カテゴリの記事

コメント

管理人様


先日は、初めてお会いできて光栄でした。
また、シュー・ツリー、誠に有難うございます。

管理人様のように、長年に渡ってファッションを楽しんでいる方は、本当に素敵です。

また、ファッションのことを色々と教えていただければ幸いです。

 土曜日の午後にお邪魔させていただきました。
 ギャラリースペースの外で待ってもらっていた相方にも、お気遣い頂きありがとうございました。
 心魅かれたシューズがいくつもあったのですが、あいにくサイズが合わず、帰宅の途につきました。
 もっとも、うっとりするほど優美な佇まいのシューズをたくさん目にすることができて、とても嬉しかったです。このホームページで拝見するのと、実物をいろんなアングルから見るのとでは、異なると思いました。
 ガレージセールの成功を祈念しております。

 
 

やまだ様

初日は遠くからお越しいただきありがとうございました。お目にかかれてとても嬉しかったです。

サイズが合うものがなくご足労をおかけしましたが、このようなコメントを頂戴し嬉しくなりました。

今後とも機会がありましたらコメントや情報交換等できましたら幸いです。

unknown様

初のガレージセールにお越しいただき有難うございました。小雨の中の訪問、色々とご不便をおかけしたかと思います。次回は(全くの白紙ですが)同伴の方がお待ちできるスペースを用意できたらと思いました。

今回ギャラリーに来ていただいただけたことはブログの管理人としてこの上ない喜びです。これからも少しずつブログの更新ができればと思いますので交流ができましたら幸いです。

初日に伺いました。
いつも素敵な写真を提供していただいています。
角度を違え、また、実物を手に取りますとさらに深い味わいに変わってきます。

いいものは、末代までとは言いますが、最近の飽きっぽい風潮とファストファッションに代表される大量生産には、自身も飽き飽きしています。いいものを長く使うのが美徳かと考えていましたが、どうも時代の流れについていけないような、さらなる感じもしてきました。自身、質実剛健主義30~40年も前のものを平気で身につけますが、サイズ感や素材のヤツレは隠せません。処理しようにも処理できなく、決断力のなさに呆れます。

どうでもいいことを長々と列ねましたが、このようなガレージセール伝説になるのではないかと予感がいたします。

お眼にかかれ、管理人さまは、さらなる素敵な方だなと実感いたしました。
アンティークの英国製レザーバッグを手に入れた
Tonyより。

これからも、期待しています!!

初日小雨の中勤め帰り遅くに二人でお邪魔しました。
MOXSONの生地など心惹かれるものがありましたが持込可のテイラ-は心当たりがなくて断念いたしました。
企画設営等大変でしょうがこれからも続けられることを希望いたします。
なお久保田氏とは以前Gieves&Hawkesでカッタ-をされていた方です。
F様によろしくお伝えください。

行きたかったです。ラルフのブラックウヲッチのボストンバッグは6月に小倉に行ったときに着なくなったBBのポロシャツにバーバリーのチェック柄のシャツ、などをホテルスタッフに差し上げようと私好みのホテルスタッフに若い男性スタッフにやってくれ。そしてこのRLのボストン今ではどんな女性も見向きもしないものだけどだれか貰ってくれる女性スタッフがいるならやってくれと言いましたら私が頂いてよいでしょうか?と、言われましたので貴女が使って下さるなら嬉しいですと答えました【嬉しかったです】そしてエルメスのスカーフ以前お話いたしました【良い靴を履いていると良い出会いがある】と今でも私のワードに忘れえぬ言葉を言われました宝塚出身と言われても遜色ない女性【古い話ですが鳳蘭似】と最初に出会った時にWのオッドベストにこのスカーフを締めてらっしゃった事を思い浮かべました。管理人様ありがとうございます。ちなみにホテルの才色兼備のスタッフはこれまた宝塚
出の紺野まひるによく似てらっしゃいますよ。

Tony様

返礼が遅れまして申し訳ありませんでした。また、この度はギャラリーセールに足をお運びいただきお買い上げくださいましたこと誠に有難うございました。

Tony様からの心温まるコメントと励ましのお言葉にとても勇気づけられました。オーナーの深野さんも共同出品者も同じ気持ちだろうと思います。

また機会がございましたらお目にかかり服飾談義に花を咲かせられれば幸いです。それとお時間がございます時にはブログにお立ち寄りいただき、コメントを頂戴できればなお幸いです。

これからもどうぞよろしくお願いします。

長七郎様

この度は小雨模様の中、お越しいただき有難うございました。

やや肌寒い天気だったので、次回はエスプレッソマシンを置いてカフェコーナーでも用意したいとか、色々なアイデァがでました。

特に服地については「生地持ち込み可能なテイラーさん仕立て紹介券を付けて販売しようか!」なんていう案も出ましたので、実現するかは分かりませんがその時はアナウンスさせていただきます。

またお会いできる機会がありますことをオーナーのF野さん共々楽しみにおります。

浦野亮祐様

何時も心温まるコメントを有難うございます。

浦野様の周りにはいつも素敵な女性がいらっしゃって羨ましい限りです(笑)
実は、私の方も女性ものを幾つか出品しましたがお陰様で素敵な方々にお買い上げいただき嬉しい気分に浸っているところでした。

催し物にはお越しいただけなくとも、こうしてブログを介して浦野様との心温まるお付き合いが続いておりますことを喜ぶとともに、今後とも色々な楽しい話をお聞かせていただき、元気を貰えることを願っております。

初日の午後に伺い、バーバリーのハンチング帽を購入させて頂きました。小雨で肌寒い天候でしたが、初めて管理人様にお会いし、Gattoやラッタンジのお話を通して心温まる楽しい時間を過ごすことが出来ました。また管理人様が当日お履きになられていたクロケットのコードバンも素敵で、私も欲しくなってしまいました。他にも旧グリーンやフォスターの素晴らしい靴なども欲しかったのですが、生憎サイズが合わず購入には至りませんでしたが、またこのような機会があれば是非参加したいと思います。誠にありがとうございました。今後とも管理人様の素敵なファッションを楽しみにしております。

ラファエロ様

肌寒い小雨の中足を御運びいただき、ハンチングをお買い求めくださいまして有難うございました。

じっくりとお話しできず大変失礼しましたが、ラファエロ様の素敵な出で立ちに手前味噌ですが、出品した帽子がお似合いになっていて嬉しくなりました。

次回は未定ですが、その時はぜひお会いして服飾談義に花を咲かせられればと思います。また、お時間がございましたらブログの方にもお立ち寄りいただきコメントをいただければなお幸いです。

管理人様

ギャラリーセール、時間がとれず伺えませんでした。とても残念です。次の機会が有りましたら、是非伺いたいです。

先週木曜に新宿伊勢丹で開催された「アイビースタイル展」を見て来ました。ニューヨークで開催されたイベントが日本に上陸と聞いたので、期待していたのですが、展示品は10体余りで、とても物足りない感じでした。見る人もまばらでした。
日本ではVANの昔の服を展示した方が盛り上がるのかもしれませんね。

心温まる返信を下さった、管理人様ありがとうございます。さて話は変わりますがつい先ほどまで民放の番組でイギリス大使館の中を女優の山瀬まみ、他に男性2名が大使館の中を案内しているのが放映されました。一般ではまず目にすることが出来ない逸品っを拝見しました。そしてこの中に招待されました管理人様とこうしてブログを通じて仲良くなれましたことに改めて素敵なブログに巡り合わせて頂いた事に感謝いたします。

管理人様

毎回Blogを楽しく拝見させて頂いております。
ギャラリーセール初日午後に伺い、興味深い品々を拝見、その中で目に止まったラッタンジの外羽根を試着させて頂いて頂きました。好みのデザインと色、サイズもピッタリでしたが、予算の都合、また革鞄購入を希望していたこともあり、一期一会とは思いながらも断念した次第です。
次回開催とあれば、ぜひまたお伺いし、管理人様とお話などできたらと思っております。

PMT様

いつになるか分かりませんがまた開催しようと店長3人衆で話しておりますのでその時はお会いできれば幸いです。

アイビー展はネットで見ましたがPMT様が仰るように日本のVANの方が却ってリアリティがあるかもしれませんね。日本人特有なのかなと思いますが、当時のアイビーブームでは細部にまで拘っていましたから…。

当方は日曜日に上野の西洋美術館でミケランジェロとコルビジェを見てきました。このところ絵画もそうですが建築も気になっています。

浦野様

英国大使館、以前も話しましたが素晴らしいロケーションにあります。流石はかっての大英帝国です。英国調の服装ではなく至って普通の服装で入館したのが心残りですが…。

ペティス様

午後からは生憎の天気でしたが足を御運びいただき有難うございました。こうしてコメントを頂戴できますと、一層嬉しく感じます。

ラッタンジの外羽根はまだありますので次回も必ず出品いたします。その時はまたお会いできますことを楽しみにしてます。

また、お時間がございましたらブログの方にもお立ち寄りいただきコメントなどを下さいますと幸いです。

これからもよろしくお願いいたします。

3日、ギャラリーセールにてアントニオパニコのジャッコーネを購入させて頂きました。
 私には敷居の高い場所ではないかと多少の不安を抱いて飛び込みましたら、実に温かな雰囲気のセールであったこと、また様々な貴重なお品を前にして等々、諸々ありまして当日は、少し舞い上がってしまいました。
 さて、今回購入させて頂きましたパニコのジャッコーネ、ふんわりとした軽さと、黒とも灰とも焦げ茶ともとれる独特の色と、羽織ったときの雰囲気と、とても素晴らしく気に入り購入に至りました。本来、羽織る感じでスッキリとコーディネートすると粋なのかも分かりませんが、あれこれ思い巡らしながら楽しくコーディネートしたいと思います。いつかまた機会が御座いましたら伺わせて頂きます。
ありがとうございました。

椎名様

心温まるコメントを頂戴し有難うございました。

ジャッコーネは共同出品者の出品でしたが、大切に着て下さる方にお譲りできてさぞ嬉しいことと思います。

椎名様が訪問されたのは3日とのこと、確か対応させていただいたのはギャラリーオーナーの深野さんだったかと思いますが、こうして当方のブログにコメントを下さることで私もお近づきになれ、なお嬉しくなります。

次回(未定ですが…)お会いできますことを楽しみに、お時間がございましたらブログにお立ち寄りいただき交流できれば幸いです。

管理人様、blogを楽しみに見させていただいております。
ギャラリーセールには初日に伺いまして、ポールセンスコーンのドーバーを購入させていただきました。
ちょうどチノ等に合わせられるカジュアル靴を探していたところでサイズがちょうど良い靴に出会えたので、若干予算オーバーでしたが(笑)購入させていただきました。
手持ちの靴がほぼ内羽根なので貴重な外羽根の靴としてローテーションに組み込んでいきたいと思います。

この度はありがとうございました。

兎男様

この度はギャラリーセールにお越しいただき、お買い求めくださいまして有難う御座いました。予算オーバーのところ、せっかくの機会とご決断されたこと感謝申し上げます。

内羽根の靴が多い中で旧グリーンの名作外羽根のドーバーをコレクションに加えられたこと、それもポールセン&スコーンネームということで大切に末長くお履きいただける方にお譲り出来て嬉しく思います。

これを機会にお時間が御座いましたら当ブログにお立ち寄り下さいますこと、また次回のギャラリーセールにお会い出来ますことを願っております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アートスペースJIKKA(続編〉 | トップページ | Harris Tweed »