最近のトラックバック

« Winter Sale(オンラインでスーツを買う) | トップページ | Black Fleece(海外通販顛末記) »

2012年1月15日 (日)

Price adjustment(海外通販総集編)

新年を迎えデパートやショップなど、どこも秋冬物のセールがひと段落したらしい。少しずつ春夏物の新作が入り、商品の入れ替えも進んでいるようだが、その分店内は統一感がなくどことなくよそよそしい感じがする。今期のセールは30~40%のオフプライスが殆どだったようでセール価格を見ても割高感がある。それよりも今はかってない円高の時勢、オンラインの海外クリアランスを利用する方がはるかにお買い得に違いない。

特にアメリカ本国のブルックスブラザーズ・オンラインは最も利用したショッピングサイトでU.Sメイドに的を絞り、シャツやジャケット、トラウザーズやスーツ、ベッドリネンなど随分注文した。ただし、確かにお買い得感は高いが同時にデリバリーのタイムラグやトラブルなど厄介なこともある。実際注文時の価格が発送前に更にリダクションされるという事態も起こった。尤もそこはオンラインショッピング先進国のアメリカ、Price Adjustment(プライスアジャスメント:価格修正)を要求したが、今回はオンラインショッピングの総集編として「個人輸入の利点と注意点」を紹介しようと思う。

1.ニューデリバリー

00

前回紹介したブラックフリースのスーツに続いて到着したセールのシャツ。手前右のストライプのものはセールになりやすいが白のオックスフォードは年明け後は元の値段に戻っていた。$175の白シャツをクリスマス直後のセールを賢く利用すると$105(約8190円)で買えることになる。今回はボタンダウンではなくタブカラーとワイドカラーを選択したが、イギリスやイタリーのシャツとは異なる風合いとデザインで、先に購入したブラックフリースのスーツと合わせるのが良さそうだ。

2.ワイドカラーのオックスフォードシャツ

01

カラースティッフナーの入らないワイドスプレッドのシャツ。洗濯機で洗いをかけ、手アイロンで皺の残る状態のまま着るのが様になりそうな雰囲気がある。襟がくたっとした感じは胴の絞りが強いサビルロウスタイルのジャケットやゴージの高いナポリ風のジャケットに合わせるとどうしても違和感がある。その代り、洗いざらしのままジャケットの下に着てノータイでラフに合わせるのに重宝しそうだ。余談だがブラックフリースのカフ部分は剣ボロにガウントレットボタンが付く。ブルックスのオウンメイクBDシャツよりも作りがしっかりしているのが嬉しい。

3.アイビールック

08

届いたバーストライプのBDシャツをアイビーモデルのメルトンブレザーにパイプドステムのセミフラノトラウザーズと合わせる。久しぶりに出した3パッチポケットのブレザーだが、実は同じデザインのものをブラックフリースで注文している。既に「発送した」とのメールがあったが、届いた箱には同時注文のトラウザーズ1本が入っているだけだった。その後、ブレザーもまもなく届いたがスリーブボタンが付属していなかった為、メールで送るよう要望している。このようにオンラインショッピングは商品がばらばらに届いたり、付属品が整っていなかったりと様々なトラブルがつきものだ。

4.Vゾーン

09

トリプルバーストライプのシャツは同じブルックスのナンバーⅠネクタイではストライプが似通ってしまうので縞の太いものを用意した。エンブレムは所属するクラブのものがないので、昔に購入した古い英国製(恐らくロンドンバッヂ&ボタン製)のものを仮留めしている。トラウザーズはプレーンフロントのパイプドステム。アメリカントラディショナルの流れを汲むアイビールックには古くて新しい魅力がある。

5.エンブレム

10_2

金糸を使ったハンドエンブロイドのエンブレム。昔はトラッドショップに行くと必ず置いてあったが最近は見かけることもあまりない。1980年代に購入したもので金糸の色も経年変化でだいぶくすんでいる。ところでアメリカ本国のJ.プレスのサイトを見るとチェスト部分が箱ポケットのブレザーにもエンブレムをつけているが、やはりパッチポケットのブレザーこそエンブレムが様になる。

6.ブレザーの裏地

11

今回撮影に用いたブレザーはJ.プレスのもの。赤のパイピングがブランドのアイコンだ。ブレザーはエンブレムより古いもので、日本にJ.プレスが紹介されたごく初期の1着。ライセンス品になる。1990年に初めてニューヨークに行き、J.プレスに立ち寄った時はこじんまりした店に驚いたものだが、当時は近くに有名なトラッド店Chipp(チップ)がまだ存在していて、本でしか知らなかったアメリカントラディショナルの名店巡りをしたことが懐かしい。

7.靴のコーディネイト

12

アメリカントラディショナルに合わせる靴といえばオールデンが本命。フローシャイムやジョンストン&マーフィーでないのはブルックスネームの靴をオールデンが請け負っていたからに他ならない。右はカーフ素材のブルックス別注タッセルスリッポン、勿論オールデン製。左はブルックスのアンラインドローファーを参考に日本のユナイテッドアローズが代理店を通して別注を掛けた10thアニバーサリーの限定品。

8 タブカラーシャツ

03

ブラックフリースのタブカラーシャツ。通常は小さめのカラースティッフナーが入るのがブルックスの特徴だが、こちらはワイドカラー同様くたっとした襟元になる。芯地が薄くナローなタイ以外は受け付けない作りで、ブラックフリースの細いラペルとタイトなVゾーンのジャケットに合うよう出来ている。今回のオンラインショッピングは全てブラックフリースのBB1を注文したのでサイズ違いこそなかったが、キャンセル扱いのスーツやブレザーの付属ボタンについてカスタマーサービスとは頻繁にやり取りしている。

9 ネクタイのコーディネイト

06

シャツに合わせたネクタイを選んでみたところ。シャツがUSメイドならばタイもアメリカ製に拘りたい。左は1990年代初めのナンバーⅠストライプタイ、中央は2000年代に入ってロゴが変わった頃のブルックス製ソリッドタイ、そして右が1990年代、香港のラルフローレンで購入したアメリカ製のレジメンタルタイ。当時ラルフローレンのタイは菱屋という日本のメイカーがライセンス生産をしていたが、ちょうどインポート物を扱うラブラドールのようなショップに入り浸っていた頃で、本国物に拘っていた時期でもあった。

10. プライスアジャストメントされたトラウザーズ

04

定価が$400だったフランネルトラウザーズが40%オフになった時に注文したので$240という表示が出た。ところがデリバリーの気配がないうちに50%オフの$200になってしまったので、あわててカスタマーサービスにメールを打ったところ、既に発送したので現在の価格に合わせて差額分をカードに返金するとの回答が届いた。どうやら注文の確認を受けてあわてて発送したようでこのあたりは世界共通、どこかドタバタ騒ぎのようで思わず笑ってしまう。

トラブルを解決する交渉力(英語で)と気長に待つ覚悟さえあれば、オンラインショッピングをそれなりに楽しむことができる。何といっても日本では考えられないほどリーズナブルな価格で手に入れられる利点がある。それにブラックフリースのように日本では入荷商品の数が少なく欠品が多い場合でも本国のサイトならば在庫はそれなりにある。後は買い時を逃さないようにすれば十分満足の行く結果になるはずだ。

一方、注文時にIn stock and reservedと表示されずにアイテムの発送が○月○日発送予定と表示される場合はトラブルが起こりやすい。在庫状況を確認し、オンラインショッピング部門になければ全米中の店舗在庫から発送するのでレシートにはロデオドライブ店やマディソン本店などあちこちのアドレスが印刷されていた。この段階こそヒューマンエラーが頻繁に起こる可能性が高く、厄介なトラブルを回避するにはやはり十分な在庫があるものを購入するのが一番だろう。

« Winter Sale(オンラインでスーツを買う) | トップページ | Black Fleece(海外通販顛末記) »

ショッピング(Shopping)」カテゴリの記事

コメント

こちらのブログでビスポークシューズやサビルロー仕立ての勉強をさせて頂いてましたが、初めてコメント致します。
私もアメリカ本国のブルックスオンラインショッピングは時々利用します。クリスマス明けの2日間が特にお得でしたね。ちなみに私は忙しい時の手抜き用にボタンダウンのノンアイロンエクストラスリムフィットをまとめ買いしました。
少し前にブラックフリースに凝っていて、ちょくちょくオンラインで購入しておりましたが、やはり時々トラブルはありました。それでも日本と比べると品揃えも価格も魅力的ですよね。
いつかラルフローレンが正規に本国からオンラインで購入できるようになれば嬉しいのですが。
今後もこちらのブログを楽しみにしておりますので、よろしくお願いします。

Takuさん

初めまして、当ブログへの訪問並びにコメントを頂戴し有難う御座います。これからもお時間がある時に情報交換ができますと幸いです。

さて、Takuさんもブルックスのオンラインショッピングをご利用されるとのこと、またブラックフリースも個人輸入されていらっしゃったようで同好の士に会えた嬉しさがあります。

しかもトラブルもご経験されているところもご一緒のようですが、コメントにもありましたように品揃えや価格は大いに魅力的です。

ラルフローレンの本国サイトからの個人輸入、できるようになると今以上に散在しそうですが、ぜひそうなってほしいなとも思います。

いつも楽しく拝見させていただき、五十路少し前の私は素晴らしいと感心させていただいております。

私も何度かブルックスUSAのWEBで購入しましたが、昨年はモデルもサイズも全くオーダーと異なるもの、ジップハンドルの無いものが送られました。
しかしクレームを伝えてからのレスポンスの良さは抜群に良かったですので、今後も利用しようと存じております。
購入していませんが、先日ラルフUSAのWEBショップでカートに入れチェックアウトしようとしてみました所、Country欄にJapanがありました。
宜しければ一度ご確認下さい。

Shigeさん

初めまして、当ブログへのご訪問並びにコメントを頂戴し有難う御座います。

トラブルにあわれながらも、クレーム対処の速さやレスポンスの良さに安心されてオーダーを今後も続けられようとのお考え、私もにも近いものがあります。

私もブルックスのカスタマーサービスならば適切な対応をしてくれるだろうという雰囲気がメールでのやり取りから感じられました。

さて、ラルフローレンのサイトですが、ビリングアドレス即ちペイスリップ(レシート)の発送先は日本を選べるのですが、次のステップのシッピングアドレスは相変わらずUnited Statesオンリーのようでした。

またサイトのトップ下にもU.S.Shipping Onlyと記されているのでまだ日本への発送は解禁になっていないようです。その理由に「だから世界中にラルフローレンのブティックがある」と書かれていましたが、品揃えや価格面で、日本とニューヨーク本店では随分と差があるようです。

ポロに限らずブルックスやポールスチュアートも含め、日本で展開しているブランドの価格差はかつてないほど高く、いくら良質なサービスを提供してくれたとしてもその価格差をなかなか埋めきれないほど差が広がっているのではと正直なところ思っています。

はじめまして。
私の身内がブルックスブラザーズが好きなのですが、私はスーツの事がさっぱり分からず、少し勉強しようとこちらに参りました。
紳士服とはとても奥深い世界なのですね!紳士、という言葉がふさわしい服飾ばかりで、うっとりしました。
私は男性ではないので、着る事は叶いませんが、絵画を鑑賞するように拝見しました。
ありがとうございました。

かくさん

初めまして、当ブログへのお立ち寄り、並びにコメントを頂戴し有難う御座いました。男性ではない方からコメントを頂戴したのは初めてかと思います。今後ともお時間がございます時に時々覗いていただければ幸いです。


さて、ブルックスブラザーズがお好きな方が身内にいらっしゃるとのこと。若々しいブラックフリースを好まれるのか、正統的なアメリカントラッドとしてのブルックスがお好きなのか、どちらにしましても身嗜みに気を使われる素敵な紳士ではないかと想像しております。

紳士服は流行の振れ幅が小さく割合長く着れるものですがそれでも10年前の既成スーツはどことなく古臭ささを感じます。見えないようでシャツもネクタイも勿論スーツやジャケットも、パンツや靴など全てがリニューアルしているのでワードローブもブログもアップデートを心がけたいと思います。

初めまして、数年前から度々訪問させて頂いているのですが今回初めて書き込みさせていただきます。

ビスポークの靴やスーツについて、それぞれ特徴や特色などを写真と共に紹介されているのがとても参考になり、数はまだ少ないですが私も色々とオーダーしています。

ところで、先日私もブルックスのオンラインで色々と購入致しました。
その時ゴールデンフリースの7フォールドタイも注文したのですが、これが思っていたより太めでた。
大検幅4インチと表示されていたので10cm位ならちょっと太めですが、まあ大丈夫かなと思っていたのでが、いざ実物が届くと思っていたよりかなり太く、実寸は10.4cmありました。
スーツを着るようになってからの期間が短いこともありワードローブも十分でなく、手持ちのスーツでは着こなせそうにありませんでした。
(ラペルが一番広いもので9cmほどでした。)

管理人さんならこのような太目のタイはどのようにコーディネートなされるでしょうか?
リヴェラーノのようなラペル幅が比較的あるようなスーツやダブルブレストのスーツに合うのではないかとイメージしていますが10.4cm位のタイと合わせるは、10cm位のラペル幅があるスーツにしないと、少しバランスが悪いかなあと、思っております。

初めての書き込みで突然の質問は失礼かとは思いますが、管理人さんなら良い助言をして下さるかと思い、書き込みさせていただきました。
今後もいろいろな記事を楽しみにしておりますので、よろしくお願いします。

トムさん

初めまして。当ブログへのお立ち寄りならびにコメントを頂戴し有難うございます。

さて、10.4cm幅のネクタイは流石に私も所有していないのですが、仰るとおり私ならばダブルブレストのものかシングルでもピークドラペルのものにすると思います。

又は3ピースを着て剣先をトラウザーズの中に隠すというのは如何ですか?肝心の結び目の大きさはがどれくらいなのか分かりませんが、通常のタイとあまり変わらないのならば結び目は小さく、大剣側を多めに余らせてトラウザーズインというのがベストかもしれません。

あまり役に立たない回答で申し訳ありませんでした。また時お時間が御座います時にでもお立ち寄り下さいますと幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205243/53739598

この記事へのトラックバック一覧です: Price adjustment(海外通販総集編):

« Winter Sale(オンラインでスーツを買う) | トップページ | Black Fleece(海外通販顛末記) »