最近のトラックバック

« Shirts from Arcihves(魅惑のシャツ) | トップページ | Weekend Tweed Jacket »

2011年7月15日 (金)

ダンガリーシャツ

前回のエントリー「魅惑のシャツ」でもお伝えしたダンガリーのタブカラーシャツだが、このダンガリーという生地、今までデニムの薄いものだと思っていたが縦糸にさらし糸、横糸に色糸を用いているので、共に綾織りながらデニムとは逆だそうだ。さらに、何とダンガリーシャツのオーダーメイドがお薦めと書いてあるウェブサイトを見つけた。

ところでダンガリーのシャツをオーダーするとして、どんなデザインにしようか考えた時、このタブカラーのアイデアを凌ぐシャツが中々思いつかない。ボタンダウンやワイドスプレッドでは凡庸過ぎる。強いて言えばピンホールカラーくらいだがタブカラーの亜流という気もする。それほどここで紹介するシャツはドレスとカジュアルを上手に折衷した名作ということになる。そこで今回改めてダンガリーのタブカラーを着こなしも含め紹介したい。

1.ダンガリー生地のタブカラーシャツ

10_2

ダンガリーのタブカラーシャツはドレスでもカジュアルでもOK、ならば合わせるアイテムの選択肢も多いはず。トラウザーズはコットン100%のカジュアル素材ながらドレス感の強いチャコールグレイのものを、ベルトはコンチョのあしらわれたカジュアル色の強いレザーベルトを、ネクタイはドレススチュアート、由緒あるタータンチェックでドレスにもカジュアルにも使えるものを選んでみた。

2.ジャケッティングスタイル

00_2 

スーツに合わせると全体がドレス色になるので、ドレスにもカジュアルにも使えるネイビーブレザーを用意してみた。ドスキンに金ボタンの定番ブレザーはナチュラルショルダーながらやや大振りなチェンジポケットが付いたブリティッシュスタイルのもの。ポロではこのブレザーをスポーツアイテムと合わせた着こなしを随分とカタログに掲載していた。そのコーディネイトに習って靴はローファーを合わせた。

3.コーディネイト

01_6

サックスブルーのポプリンシャツとは一目見て異なる雰囲気が感じられるのがこのダンガリーシャツ。シャンブレーのシャツでも似た雰囲気が出せそうだが、シャンブレーはダンガリーとは反対(つまりデニムと同じ)の縦糸に色糸を横糸にさらし糸(白糸)を用いた平織りのものとのこと。ダンガリーのように色落ちするエイジング感はあまり味わえないようだ。となるとダンガリーこそカジュアルオーダーシャツの生地に最適ということになる。

4.Vゾーン

05_2 

ブレザーにデニムシャツというのもありだが、写真のようにダンガリーシャツを合わせた方が端正な印象を受ける。ポケットチーフを入れると更にドレスアップした感じになるので迷うところだがリネンチーフを挿してみた。シャツとタイはポロ・ラルフローレン、ポケットチーフはフランコバッシのもの。

5.ジャケットのスタイル

03

1990年代初めのラルフ・ローレンのブレザー。通常のモデルにチェンジポケットの付いた限定品だったと思う。ナチュラルショルダーの肩から一気に絞りの入ったウェストまで続くラインは今見ても新鮮だ。チェンジポケットとその下に付くポケットともにフラップはかなり大きめでトム・フォードのジャケットと似ている。但しトム・フォードは2005年設立だからポロというブランドのデザイン力の高さを改めて感じた。

6.ポロキャップの金ボタン

06

ポロの金ボタンはポロ競技に使うキャップをデザインにあしらった被せボタン、ベンソン&グレッグあたりで購入する英国製のブレザー用のメタルボタンよりも一回り大きいようだ。1980年代のカタログには金ボタンのブレザーが効果的に使われている。ラルフ・ローレンはボタン一つにも拘ったという。ならば他のブランドよりも大きめく、ポロというブランドがすぐ分かるような金ボタンを指定したことも考えられる。

7.コンチョベルト

04_2

1990年、ニューヨークのコール・ハーンショップで購入したコンチョベルト。当時コール・ハーンはファッション雑誌によく取り上げられるブランドで、渋谷にも一時期店舗を構えていた。アメリカの伝統的なモカシンとその対極にあるような洒落たイタリアンマッケイのブラガノの両方を並べていた。メッシュのバッグやこうした小物も含め個性が光っていたが、やがてナイキの傘下に入り昔の面影も今はない。既に思い出のブランドになっている。

8.スリーブボタン

09

金ボタンが4つ並ぶ袖口は中々目立つ。当時の既製服は写真のように開き見せで仕上げるものが通常でボタンホール風のステッチも付かないあっさりしたものだ。その後英国のハケットがブランドをスタートさせると、その頃の雑誌にアメリカのラルフ・ローレンがショップを訪れていたことが記されている。第Ⅰ期パープルレーベルが英国製にこだわり、本切羽仕様へと変わっていったのはハケットの影響かもしれない。

9.ローファー

07

ヴァンプモカシンとすくい縫いのペニーローファー。ドレスとカジュアルの折衷スタイルには重宝する靴達だ。昔のアメリカのローファーはヴァンプ部分が短いものが多く、裾幅の短いパンツには合わないものが多いが、写真の靴はどちらも甲部分が長めに作られている。このところ暑い日が続いているせいか特に紐靴を履くのが面倒になる。靴棚から出して履くのは専らローファーばかりの毎日だ。

10.ローファー(その2)

08

左のヴァンプシューズはコマンドソール装着でカジュアル寄り、右のコードヴァンローファーはレザーソールでドレス寄りと、靴選びもドレスとカジュアルの折衷を意識して選んでみた。どちらもアメリカ製で左がポロ、右がオールデン。近いうちにアメリカを訪問する予定があるので久しぶりにアメリカ製のペニーローファーを探してみようと思う。

カルロリーバや番手の高いエイコーンの生地を使ったドレスシャツは柔らかく上質な着心地だろうが、ネクタイを締めてドレスアップすることでよりシャツの個性が引き立つ。もっとカジュアルに、タイドアップしてもリラックスできるドレスダウンを考えた時、ダンガリーの生地でシャツを誂えてみるのもよさそうだ。あとはどこのシャツ屋で頼むかだが、ここはぜひ日本のシャツ屋に頼みたい。まずは良質のダンガリー生地を扱っているシャツ屋選びから始めようと思う。

« Shirts from Arcihves(魅惑のシャツ) | トップページ | Weekend Tweed Jacket »

服(Ready to wear)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。お久しぶりです。
これだけ厚いとローファー履きたくなりますね。(笑)
オールデンのローファーで思い出しましたが、BBで、ウィスキーのアンラインのローファー、限定で出したそうですが、ご覧になりました?、当然購入できず、それと、同じくダブルネームで、フローシャイム製のロングウィングが、これも限定で出たそうですが、一度もお目にかかれず、完売だそうです。アメリカ製だったのか、気になりますね。でも、革の質は期待できないでしょうけど。

deibu95さん

日本限定のウィスキーのローファーもフローシャイムの復刻版も全く見る機会がありませんでした。

恐らくはdeibu95さんが仰るように今回紹介したコードヴァンのアンラインドローファーのように高品質なものは2度とお目にかかれないかと思います。(笑)

暫く前、本国のオンラインショップで多分USメイドのリーヴァイスとブルックスのコラボ商品が載っていました。ブラックフリース以来ブルックスもまた違った方向を模索しているようです。

近いうちにニューヨークを訪問するので色々と見て、何かいいものがあれば購入してみようと思っています。

ブログで紹介できるようなモノ・事に出会えればよいのですが…

こんばんは。お久しぶりです!
ブログを拝見しました。
ダンガリーのタブカラーシャツ、素敵ですね!
私も見ていて欲しくなり、行きつけの金港堂に注文してきました。
出来上がりが、楽しみです。

グレートギャッツビーさん

コメントを有難うございました。

ダンガリーのタブカラーオーダーされたとのことで、とても羨ましいです。当方は行きつけの近くのシャツ屋ではダンガリーの生地を扱っていないようなので目下思案中です。

出来上がりましたら是非感想等をお聞かせください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205243/52175413

この記事へのトラックバック一覧です: ダンガリーシャツ:

« Shirts from Arcihves(魅惑のシャツ) | トップページ | Weekend Tweed Jacket »