最近のトラックバック

« スニーカー | トップページ | Azzurro e Marrone »

2008年6月 8日 (日)

ショッピング(第2回)

Top

今年は例年よりも四日早い梅雨入りだそうだ。そのせいか、このところ雨模様の日が毎日続いていて気分もなんとなく優れない。せめて気分を変えようと週末になると夏のアイテムを買いに出かけていた。上の写真は最近購入したもので、①写真左のOリング付クロコダイルベルトはラルフローレンのもの、②赤とオレンジのレジメンタルタイがブリュワーのもの、③ペパーミントのタイはエッリコフォルミコラネームでUAソブリンハウスもの、④ブルーチェックタイはバーバリー製。これらのアイテムを⑤シャイニーグレーのパンツ(トゥモローランド)と⑥ペガソのドレスシャツに組み合わせて上からネイビーのサマージャケットを羽織って装いの出来上がりとなる。

Coordinate

(1)靴とタイの色目を合わせる

Shoes_tie

夏は明るい色目の靴を履くことが多い。そこで靴の色とネクタイを合わせてみる。明るい色目の靴も、ネクタイで繰り返し色を使うことでコーディネイトに連続性が出る。写真左は赤みがかったクロコ靴に赤の入ったレジメンタルストライプを、右はオレンジ色のクロコ靴にやはりオレンジのレジメンタルストライプを合わせてみた。どちらもフランスのブリュワーのものだが、製造はイタリーとのこと。ストライプに白地が入っているところがポイントで、これが爽やかな印象を与える。もっとも仕事ではクロコではなくカーフ素材の靴を合わせるのが鉄則である。

(2)パステルカラーのタイ

Ties

このところ買い求めたネクタイはどれも夏に合う淡い色目のものが多い。前述したブリュワーのタイはどちらもシャーベットカラーといった感じだし、フォルミコラのタイは淡いパステルグリーンでライトグレーのスーツによく合う。一番右のバーバリーチェックのタイも定番のベージュではなく、サックスブルーというところが気に入って買い求めたものである。ホリデー&ブラウンやT&アッサーといった英国製のタイもみているのだが発色が綺麗なタイというとやはりイタリー製が多いようだ。

(3)クロコダイルのベルト

Shoes_belt

仕事にクロコのベルトをする時は、その日は上着を脱がないと分かっている時だが、週末の出張といったオフィスワークではない場合に限っては、写真のようなカジュアル色の強いベルトでもOKと考えている。ラルフローレンのベルトはリングが1つで折り返したベルトの端をループに入れて押さえる構造のようだ。ウェスト部分をきつく締めるのではなく、ジャストフィットで合わせる作りになっている。靴の色目と合わせるのが理想なのだろうが大振りのリングがジャケットの下から少し見えるのが気に入ってジャケット&パンツスタイルの時はにちょくちょく合わせてしまう。

« スニーカー | トップページ | Azzurro e Marrone »

ショッピング(Shopping)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スニーカー | トップページ | Azzurro e Marrone »