最近のトラックバック

« Foster & Son | トップページ | RRL(ダブルアールエル) »

2007年9月 9日 (日)

Alligator skin

01_4

エキゾチックレザー、中でもクロコダイルの靴は景気がよくなったのだろうか、既成靴でもよく見かけるようになった。そこで今回はクロコダイルの靴を紹介してみたいと思う。写真の靴はいずれもクレバリーのもので、デザインを見ると気付くと思うが、つま先に切り替えしのないものをオーダーしている。クロコダイルの竹斑を味わうにはやはりシンプルなスタイルが一番。1足の値段が£3150とのことで、カーフ素材の2倍の値段だが、ベーシックな靴が一通り揃ったら2足の注文を1足にしても、こういったエキゾチックレザーの靴を注文する方がバリエーションが広がるのでよいのではないだろうか。雨模様の日や仕事には履かないので登場回数は少ないが、ドレスダウンやカジュアルスタイルに華を添えてくれるエキゾチックレザーの靴は重宝する。

写真を見ると分かるが、左の靴(3足目のプレーントゥバルモラル)のみ、つま先からクロコの斑の大きい部分が始まるが、中央(1足目のサイドエラスティックプレーントゥ)や右側の靴(2足目のレイジーマンプレーントゥ)ははつま先に斑の小さなクロコ素材を合わせ、徐々に斑が大きくなるパターンを採用している。クロコの素材そのものの斑の入り方やデザインでパターンが異なるのだろうが、1足毎に靴の表情が異なるところが個性的で面白い。

現在4足目のバックル&ストラップスリッポンをブラウンクロコで、5足目のプレーントゥアデレイドをバーガンディクロコで注文しているのもこうしたクロコ素材がもつ個性に惹かれているためで、暫くはエキゾチックレザーの靴が増えそうな気配である。

« Foster & Son | トップページ | RRL(ダブルアールエル) »

誂え靴(Bespoke shoes)」カテゴリの記事

コメント

いつもお世話になります。クロコいいですね。リザードの靴はお持ちですか?自分はクロコもリザードも持っていませんが、どちらにも魅力を感じます。

matumatu様
訪問ありがとうございます。
リザードの靴は既成でローファーとタッセルスリッポンがありますがどちらもずっと履いていません。正直なところ、リザードの靴もオストリッチも作ってみたいのですが今はクロコダイルの1足ごとに異なる個性的な表情に惹かれているので暫くはクロコダイルで行きそうです。

とても素晴らし靴です!ジャケットやスーツもオーダーですか?もし宜しければ掲載とコメントをお願いします。

てつさん
お立ち寄り下さいましてありがとうございます。
ジャケットやスーツの掲載にも今度トライしてみます。

掲載とても楽しみにしています。毎回、センスの良さに脱帽しています!素晴らしいの一言です!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Foster & Son | トップページ | RRL(ダブルアールエル) »