最近のトラックバック

« Unlined(アンラインド) | トップページ | Foster & Son »

2007年9月 1日 (土)

コンビネーションシューズ

Combination01_2

スペクテイターシューズといえば黒と白か茶と白のコンビというのが通常だ。しかし、白の部分の素材にもよるが、写真左のクレバリーのようにホワイトバックを使った真のコンビ靴の場合、白を保つためにはそれなりのメンテナンスが必要になる。そこで、フォスターに頼んで右のような茶色のカーフ素材で濃淡のコンビ靴を作ったところ、メンテナンスが楽なため、このところ履く機会が多い。特にジーンズやカーゴパンツに合わせることが多く、上はBDシャツかポロシャツにジップアップニットまたはネイビージャケットといった合わせである。これが茶色と白の場合はホワイトバックスにジーンズの裾の部分の染料が付くのでデニム類は合わせられない。そのため、淡い色目のリネンやコットンパンツが定番になる。

いずれにしてもコンビの靴をドレスアップスタイルに合わせて様になるようにするにはそれなりの年季や気合が必要だが、ドレスダウンで合わせると気軽に履けるので、ネクタイをしないコーディネイトを考えて合わせを楽しんでいる。

9月に入り、ぐっと秋らしくなってきた。枯葉や木の実を思わせる茶色のコンビ靴は秋にも履けそうなので、ウール素材のカーゴパンツや5ポケットパンツにカシミヤのカーディガンといったスタイルに合わせて週末を過ごしてみたい。

« Unlined(アンラインド) | トップページ | Foster & Son »

誂え靴(Bespoke shoes)」カテゴリの記事

コメント

コンビのシューズオシャレですね。素晴らしい・・・。

matumatu様
コメントをありがとうございます。
せっかく作ったコンビの靴なのに出番が少ないので、まずはカジュアルに合わせてみようと思っています。また機会がありましたらお立ち寄り下さい。

こんばんは、茶色のカーフ素材で濃淡のコンビ靴てカッコイイて思います。この靴ならカジュアルでもフォーマルでも決まるはず。
いつもココを参考にしてみてます。色々、無料でご教授下さり感謝です。今後も宜しくお願いします。

matumatu様
お返事いただきありがとうございました。
コンビの靴をフォーマルで履くというのはなかなか勇気がいります。
これからもよろしくお願いいたします。

初めまして、私もコンビ靴愛好家です。1930年代ルックが好きなので欠かせません。また色々と見せていただき教えてくださいね。

アキノリ様
当ブログを訪問ならびにコメントまで頂き有難うございます。
アキノリ様のブログも見させていただきましたが、1930年代ルックがとてもよく似合っていらっしゃいます。コンビの靴やスェードの靴のページをじっくりと拝見するうちにスェードのギリーや新たなコンビの靴が欲しくなってしまいました。
またお時間がある時にお立ち寄りください。私もアキノリ様のブログを欠かさず見させていただきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Unlined(アンラインド) | トップページ | Foster & Son »