最近のトラックバック

« Hats & Caps | トップページ | ジーンズ »

2007年4月12日 (木)

モダンクラシック

クラシックな靴が好きで、ロンドン、ミラノ、パリ、フィレンツェ、ローマとクラシックな靴を作る工房を訪ねては、クラシックな靴の製作をお願いしてきた。一方、クラシックな手法にモダンなデザインやフォルムを取り込んだ新しいスタイルの靴が、ベルルッティのルイヴィトンによる買収あたりから紹介されるようになると、その新鮮さが気に入って、既成靴を購入したり、新しいメゾンに靴の製作をお願いしたりした。今回はその「モダンクラシック」な靴を紹介してみたい。

モダンクラシックシューズ

3style

ベルルッティで働き、独立したコルテ、靴のトレンドを既成靴に落とし込むのがうまいシルバノラッタンジ、日本のコージスズキを並べてみた。まず目がいくのがラストの美しさで、どの靴もラストのフォルム自体が美しい。英国の靴のようにインサイドストレート、アウトサイドカーブではなく、双方からきれいにカーブを描いてトゥに至っている。エッジはあまり際立たず、控えめに主張している。

コージスズキ

Koji_suzuki_2

2足目のセミブローグアデレイド。履き口からフェイシングにかけてのパンチングラインが今までのデザインにない斬新さを感じさせる。ラストは横から見るとインステップの部分が長く続きそれほどロングノーズに見えないのだが、履いている靴を他者が見ると細長くきれいに見える。フィッティングとラストの美しさを他のメゾンにもない手法で融合させている。

シルバノラッタンジ

Lattanzi

アスキットよりさらに長いラストを使用した焦げ茶の ウェルト靴。まさにモダンクラシックなデザインはベルルッティの誂えを既成に反映させたもの。こうしたモダンなウェルト靴がミラノのショップに並んでいたことを思い出す。つま先にシルバノラッタンジのイニシャルが飾られている。履き心は素材が柔らかく快適。素材の柔らかさとつま先の反りがやや大きいためだろうか履き皺が若干出やすい。

コルテ

Corthay

ベルルッティを独立した職人が興したメゾンということで紹介され、翌年に靴の製作をお願いした。デザインは弟のクリストフ(コンパニヨン出身)と話し合って一から作り上げたもの。新しいデザインとクラシックな作りがバランスよく融合している。素材はこちらの指定。つま先のイニシャルは彼がイラストで書き上げたものを小さく、しかしはっきりわかるようにパンチングしてくれた。履き心地はパリの靴らしくタイトフィット。

« Hats & Caps | トップページ | ジーンズ »

誂え靴(Bespoke shoes)」カテゴリの記事

コメント

初めまして、テツと申します。とても素晴らしいコレクションの数々、参考になります。私は、ビスポーク靴は、クレバリー、ペロン&ペロン、古幡氏のものを作りましたが、満足だったのはクレバリーだけでした。お勧めのビスポーク靴が、あればご指南ください。よろしくお願いします。

テツさん
コメントをありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
クレバリー、ペロン&ペロン、古幡氏と3箇所でお作りになられているとのこと。私はペロン&ペロンや古幡氏の靴を知りませんのでどんな感じの靴か逆にご教授下さいますと幸いです。
個人的には英国の靴が好きなのでテツさんが満足されているクレバリーをはじめとしたロンドンの靴メイカーならば満足されるのではないでしょうか。
今はあまり時間がとれませんが、パリのロブやコルテ、ミラノやローマの靴屋を再訪して、オーダーを重ねていない靴屋に何足かオーダーを入れ、気に入った靴を作っていけたらと思っています。

返事ありがとうございます。オーダーされた靴をまたブログに掲載してください。他の分野も楽しみにしています。古幡氏の靴はガットで修業していたので、かなり近いものがあります。現在はミラノのメッシーナで修業していると思われます。ペロンは、フィット感がなく私には合いませんでした。借り縫いの仕方に問題があるのではと思います。
また御助言をいただけたら幸いです。

初めまして。マツと申します。ブログ拝見しました。どれも素晴らしいですね。自分も最近、靴に魅力を感じて”初ビスポーク”を行う予定です。ただ無知な分・不安が大きくて。もし宜しければアドバイス等々をご教授頂けないでしょうか?是非宜しくお願い致します。

マツ様
お返事が遅れて申し訳ありませんでした。またブログの訪問有難うございます。初めて靴を誂えられるとのこと。どのような靴をどのような色の革で注文されたのか、後で教えてくださいますと幸いです。というのは、何足作っても他の方とまったく同じものというのはなかなかないもので、私にとって他の方が注文した靴が大変参考になるからです。ですのでマツ様が欲しいと思った形・色・素材・デザイン・そして履き心地をしっかりと作り手にお伝えして自分だけの靴を手に入れることができるよう願っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Hats & Caps | トップページ | ジーンズ »